驚きのヨガの効果!健康美人になりたいならヨガをすべき10の理由

驚きのヨガの効果!健康美人になりたいならヨガをすべき10の理由美容や健康を目的として、ヨガを始めようと思っている人は多いでしょう。日本でもたくさんのモデルさんや女優さんがやっていて、海外のセレブにも人気です。

そもそもヨガはインドにおけるバラモン教やヒンドゥー教など諸宗教の修行法で、今から4,000年ほど前のインダス文明の時代には既に行われていました。

また、「ヨガ」という言葉はサンスクリット語で「繋がり」という意味を持つことからも、ヨガはその修業を通じて「肉体と精神」もしくは「身体の各部位」を「一つ」であると見なし、それらを調和させながらより良い状態を作り出すことを目的としています。

もっとも現在ではヨガは元来の宗教的なニュアンスが薄められ、世界中であらゆる宗教および民族の人々によって実践され、一般的に知れ渡るようになりました。

さて、このようにヨガには大昔から心身に対して非常に良い効果が目白押しとされますが、具体的にはどんな効果があるのでしょうか。

そこでこの記事では、毎日をイキイキとした状態へ導いてくれる「ヨガの驚きの効果」をお伝えします。

 

驚きのヨガの効果!健康美人になりたいならヨガをすべき10の理由

スポンサーリンク

 

呼吸を整える

ヨガというと一般的には「いろいろなポーズを取る運動」というイメージがありますが、実はその中心にあるのは「呼吸法」です。

すなわち、ヨガにおける最も基本的かつ最大の効果は呼吸を整えることで、質の高い呼吸によって高いリラックス効果とストレス解消の効果があります。

私たちは日常生活の中で、さまざまな出来事や感情の動きなどによって、呼吸が乱れたり浅くなったりします。そしてこの乱れた呼吸や浅い呼吸は、人間の自律神経のうちでも緊張感などを司る「交感神経」を活発化させます。

交感神経が活発化することは、集中力を向上させるなどのメリットもありますが、感情が昂(たか)ぶりイライラしやすくなったり、ストレスを感じやすくなるなどデメリットのほうが多く存在します。

ヨガにはそうした呼吸の乱れをリセットしながら正しく深い呼吸をすることで、「副交感神経」を活発化し精神を安定させる効果があるのです。

副交感神経はリラックス感などを司る神経であり、これが活発化することでイライラやストレスを緩和することが可能になります。

また、交感神経が過度に活発化した状態が続くと「自律神経失調症」という病気の可能性がありますが、現代ではこの治療においてもヨガは活用されていたり、近年ではうつ病などの精神疾患に関しても、ヨガをすることによって症状が良くなっていくことが明らかになっています。

 

脳機能の活発化

ヨガには脳機能を活発化させる効果も存在します。

ヨガでは日常生活ではなかなか行わない呼吸法やポージングをします。これにより脳が刺激を受け、脳細胞であるニューロン同士を繋ぐシナプスが生成されることで、新たな脳神経回路が作り出されます。

この働きによって、ヨガをする習慣がある人はそうでない人に比べて、記憶力や発想力などが高くなる傾向があるとされ、近年では企業の経営者などでもヨガを行う人が増加していると言われています。

また、人間(霊長類)の脳には他者の言動に対する「共感」などを司るミラーニューロンという細胞があるのですが、他の人がヨガをしているところを見るだけでも、このミラーニューロンの働きによって脳に刺激を与えることができます。

なので、ヨガをするときは多人数で行うと、さらに脳を刺激できその効果を高めることができるでしょう。

 

身体の歪みを矯正する

ヨガのポージングには、身体のさまざまな歪みを矯正する効果があります。

現代では多くの人々がデスクワークに従事するようになりましたが、人間の身体は長時間に渡って座りっぱなしでいることや、前方にかがんだ姿勢でいることに必ずしも適した作りにはなっていません。

その結果として、たくさんの人が日常生活の中で背骨や腰(骨盤)などに歪みを生じるようになってしまっています。

ヨガはポージングで身体を柔軟に動かすことにより、こうした歪みを矯正する効果を持ちます。特に骨盤の歪みから生じる「メタボリックシンドローム」や「血流悪化」に対しては高い効果を発揮します。

 

代謝を良くする

さまざまなヨガの効果のうちでも特に実感を得やすいものとして、代謝の改善が挙げられます。

ヨガの呼吸法やポージングでは、通常の筋トレではなかなか鍛えることができないインナーマッスルを鍛えることができ、インナーマッスルが増強すると熱が生じやすくなるため代謝機能が活発化するのです。

そして、このインナーマッスルの増強による代謝の改善で得られる最大の恩恵は、脂肪燃焼が促進されるということです。

ヨガがダイエットに効果があるとされるのは、この代謝の改善によるものと考えられます。

またダイエット以外にも、代謝の改善は体内の老廃物の排出を促進するデトックス効果も持ちます。

デトックス効果は、肌のターンオーバーを促し美肌を作り出せたり、体内に毒素が滞留しなくなることで免疫力が強化できる、さらには冷え性の改善などさまざまなことにもつながっていきます。

 

血行の改善

「身体の歪みを矯正する」でも少し触れましたが、ヨガのポージングは血管に対してストレッチをする意味を持ち、血液の循環(血流)を活発化する効果を発揮します。

肩こりや腰痛などは血流が悪化して、血中の疲労物質が流れずに滞留してしまうことで発生しますが、ヨガによって血流改善をすることでこれらの症状を改善することが可能となります。

さらに、血行が活発化することは血中の栄養素が体の隅々まで行き渡りやすくもなるため、スタミナが豊富で疲れにくい体質を作ることもできます。

また、ヨガの呼吸法によって深い呼吸をすることは、それだけ多くの酸素を吸い込み血中の酸素濃度を上昇させ、身体のあらゆる細胞に新鮮な酸素を供給しやすくなることも意味します。

 

ホルモンバランスを整える

これまでにも述べてきた通り、ヨガは脳と血管に作用をするのですが、これらに対する作用はホルモンバランスにも良い影響を与えます。ホルモンは主に脳で作られ、血液に乗って全身を巡るためです。

まず、ホルモンバランスが整うことによって最も大きな効果が表れるのは睡眠です。

人間の脳は日中にセロトニンというホルモンを分泌するのですが、このセロトニンは意識を覚醒させ、活発に活動をすることを促す働きを持っています。

しかし、セロトニンは時間とともに徐々に分解されていき、その過程でメラトニンという新たなホルモンを生成していきます。このメラトニンは人間の意識や活動を緩慢にし、眠気を催させる働きを持っています。

一日の生活の中で夕方から夜にかけて徐々に体がだるくなり、眠気が起きるのはこうしたホルモンの働きによるものです。

つまり朝から日中にかけて大量のセロトニンを分泌させることができれば、それがメラトニンへと変化していき、結果としてスムーズな睡眠をとることが可能となるのです。

このことからヨガをする場合、特に朝から午前中にかけて行うと不眠症や睡眠障害の改善に効果があるとされています。

また、睡眠以外でも、更年期障害などホルモンバランスの乱れに起因する症状に対し、ヨガをすることは高い改善効果が期待できます。

 

不妊症の改善

これまで紹介してきたヨガの効果である代謝の活発化、血行の改善、ホルモンバランスの調整などは、いずれも不妊症の改善において非常に密接な関連があるとされています。

まず代謝が活発化することは基礎体温の上昇につながります。一般的に不妊症の人は基礎体温が低い傾向があるとされ、体温を上げることによって妊娠しやすくなる場合があるのです。

次に血行の改善に関しては、血行が良くなることによって胎盤へ栄養や酸素が供給されやすくなり、卵子や受精卵にとって良い環境を作ることにつながります。

最後にホルモンバランスに関しては、現代社会ではストレスや高齢化の影響によりホルモンバランスに変化が生じ、女性の卵子の数が少なくなる傾向があるとされています。

ヨガには女性ホルモンのバランスを元に戻す効果もあるため、妊娠をしやすい体を作ることができるのです。

こうした効果が期待されることから、近年では不妊症の女性などを対象としたヨガ教室が数多く開かれるようになってきています。

 

筋肉を解きほぐす

ヨガにはインナーマッスルを鍛えたり、血行を良くしする効果が存在しますが、さらに副次的に筋肉を柔らかくする効果ももたらします。

筋肉が柔らかくなることは身体全体の柔軟性が増すことを意味します。元々身体が固いと悩んでいる人も、ヨガをすることによって徐々に身体を柔らかくしていくことができるのです。

そして、身体が柔らかくなることは運動神経の向上、ケガをしにくくなる、スポーツや筋力トレーニングの後にも筋肉痛を起こしにくくなるなどのメリットをもたらします。

また、筋肉が柔らかいと成長ホルモンの分泌量を増やすことにもつながり、成長ホルモンの分泌量が増えることで、それだけ筋肉がつきやすい体質を手に入れることができるのです。

さらに女性に嬉しい効果として、生理痛の原因の一つである、下腹部の筋肉が収縮によって固くなる症状が、ヨガで該当箇所の筋肉を柔らかくすることで改善することも可能となります。

ヨガによって身体が柔らかくなっていく期間には個人差がありますが、早い人で一ヶ月、遅くとも半年以内にはほとんどの人がその効果を実感できるでしょう。

 

消化機能の活発化

胃腸など消化器官がもともと弱かったり、あるいは最近調子が悪かったりする人は、ヨガをすることでその症状を改善できる可能性があります。

ヨガのポージングは消化器官に対してマッサージをする役割を果たし、臓器に刺激を与えることでその活動を活性化させます。

また、ヨガの血流を活発化する効果を利用して、食前食後に軽いヨガを行うことは、消化器官に血液をスムーズに送り込み消化を活発化させることにつながります。

さらに特に腸に関しては、ヨガの深い呼吸やひねる動作によって蠕動運動が活発化し、便秘を解消する効果も期待できます。

 

性機能の活発化

ヨガは性行為や性機能に対しても良い効果を発揮します。

世界最古のセックスマニュアルである「カーマ・スートラ」は、4〜5世紀のインドにてヒンドゥー教向けの経典として書かれたことからも分かるように、ヨガとセックスは古来より深い関連があると言われています。

特にヨガの血流を活発化する効果によって、性器にも血液が十分に流れるようになり、感度などが向上します。実際に欧米などでは勃起障害の治療法としてヨガが推奨されることもあります。

また、「筋肉を解きほぐす」で述べた通り、ヨガは筋肉を柔らかくし身体の柔軟性を高めることができます。これによりさまざまな体位を行うことができ、性行為にマンネリを感じにくくなります。

 

ヨガを行うときの注意点

ここまでさまざまなヨガの嬉しい効果をお伝えしてきました。

今すぐにでも始めたいと感じたと思いますが、ヨガを行う際にはその効果を最大限に高めるため、いくつか守っておきたいポイントも存在します。

最後にそうしたポイントについて簡単にご紹介をしていきます。

無理をしない

体力や柔軟性などは人によって異なります。

自分のレベルを考慮せず無理をしてヨガをすることは、事故やケガなどの原因になる場合もあるので注意しましょう。

持病を持っている人は注意して行う

高血圧性のある人や女性で生理が重い傾向がある人、あるいは妊娠中の人などは、なるべく医師に相談をしてからヨガを始めるようにしてください。

継続して行う

ヨガは元来少しずつ自分の心身を整えていく「修行法」であるため、特にダイエットや体質改善を目的とする場合、即時的な効果が得られないことがあります。

すぐに結果を出そうと焦るのではなく、毎日少しずつできることから継続をしていきましょう。

 

まとめ

驚きのヨガの効果!健康美人になりたいならヨガをすべき10の理由

 

・呼吸を整える

・脳機能の活発化

・身体の歪みを矯正する

・代謝を良くする

・血行の改善

・ホルモンバランスを整える

・不妊症の改善

・筋肉を解きほぐす

・消化機能の活発化

・性機能の活発化

・ヨガを行うときの注意点

 

ヨガは単なる健康法ではなく、心と体のバランスをとってくれる嬉しい働きがあるため、過度なストレスや積み重なる疲労を抱えている現代人に、とても役立つ健康法だと言えます。

準備するものもなく、自宅ですぐに始められる方法なので、今日からぜひ実践して、健康的な美を叶えてみませんか?


スポンサーリンク

【今だけ無料鑑定】あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!
その中でも恋愛運が女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に導き出される『天声神語』が大好評です!

もしかしたら別れた彼かもしれないし、いま付き合ってる人かもしれません、
いつ、どこで運命の人と会えるのか・・・今なら『全員0円』で鑑定してもらえます。

今年もあと1ヶ月 恋愛運が気になる人は是非お試しください。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新記事をお届けします