知れば得する!ビタミンCの5つの効果を検証する

知れば得する!ビタミンCの5つの効果を検証するビタミンCが、体にいいというのは、あなたは聞いたことあるかもしれません。肌にいい、抗酸化作用がある、などの効果はとてもよく知られています。

「でも、本当にそんな効果があるの?」

という疑問は多くの方が抱きます。健康情報には怪しい情報も多く、なかなか信用しきれないかもしれません。

ですが、肌にいいことと、抗酸化作用の効果は、生物的、科学的、歴史的に証明されています。

それ以外の効果は、諸説ありますが、やはり有力とされている説があります。

今回は、ビタミンCの効果を、5つ検証してみます。

 

知れば得する!ビタミンCの5つの効果を検証する

スポンサーリンク

ビタミンCは肌にいい

ビタミンCはコラーゲンの合成に深く関わっていて、しっかりビタミンCを取ることによってコラーゲンが体内でどんどん作られていきます。

このビタミンCがコラーゲンの合成に関わってることで肌にいいという効果は、一番科学的に証明されている効果です。

ただし、ビタミンCだけではコラーゲンは作られません。コラーゲンの材料となるタンパク質(正確にはタンパク質を形作るアミノ酸)や、ビタミンCの働きを助ける鉄も必要になります。それなので、肉や魚のようなタンパク質と一緒にビタミンCを取ると、非常に肌にいいと言えます。 

 
このコラーゲンは体内には多く存在するタンパク質(全タンパク質の約30%を構成)で、不足すると病気になります。

この病気は壊血病という病気で、大航海時代には大きな問題となりました。当時は原因不明の病だったのですが、壊血病の患者を調べてみると、全員がビタミンCが不足していたのです。
 
・壊血病はコラーゲン不足が引き起こす病気
・壊血病になった人となってない人の違いはビタミンCの有無
・ならばビタミンCはコラーゲン合成に関わっている

まるで三段論法のようですが、これは対照研究という立派な研究モデルになっています。意図的に行われたわけではありませんが、大航海時代に偶然そうなってしまいました。

現在ではさらに研究が進み、コラーゲンの合成の、どの部分にビタミンCが関わっているか?ということまでわかっています。

 

ビタミンCは抗酸化作用をもつ

2つめはビタミンCの強い抗酸化作用についてです。ビタミンCの効果の中では、抗酸化作用が最も有名でしょう。

つまり、ビタミンCはとても酸素と反応しやすいという性質を持っています。

食品にビタミンCが酸化防止剤として入っていることがあります。これはビタミンCがとても酸化されやすい物質(抗酸化作用が強い)ためです。食品が酸化されるよりもビタミンCが優先的に酸化されることによって、食品の酸化を防ぐ役割があるのです。

体内でも同様です。この酸素と反応しやすい性質を利用して、体内から悪い酸素を取り除きます。酸素は生きていく上で必要なのは間違いないのですが、一部には悪さをする酸素(活性酸素と呼ばれます)も存在するのです。

具体的には動脈硬化を引き起こしたり、DNAを攻撃してガンを引き起こしたりします。ビタミンCは活性酸素と自身が反応することによって、活性酸素を取り除いてくれます。この活性酸素を取り除く働きが抗酸化作用と呼ばれるものです。

ちなみに、この酸素と反応しやすい性質は体内ではとても助かるのですが、ビタミンCを取るという意味ではちょっとやっかいです。

空気中でも普通に酸素と反応してしまいますし、この反応は加熱することによって加速します。

つまり加熱には弱いのです。

それなので、ビタミンCを取りたいならば、生で食べるようにするのが一番です。また、ジャガイモなどの芋類に含まれるビタミンCはでんぷんに守られていて加熱に強いので、おすすめの食品になります。

 

ビタミンCは鉄の吸収をよくすることで、貧血に効果がある

女性の貧血は、たいていの場合鉄分の不足が原因で起こっているので、これも女性に嬉しい作用です。

鉄をはじめとする金属類は、基本的にあまり体内に取り込まれません。体内に蓄積して、中毒を起こすので、吸収したがらないのです。

ですが、鉄はヘモグロビンにも含まれているとても重要な物質で、どうにかして取り込まなくてはなりません。このときに、ビタミンCが作用して、取り込まれやすくしてくれるのです。

また、体内でビタミンCが働く場合にも鉄は必要になるので、鉄はぜひビタミンCと一緒に摂取したい成分と言えるでしょう。

 

ビタミンCは、ビタミンEを再生する

ビタミンは単体で働くだけでなく、ビタミン同士で相互作用をする場合もあります。

その代表がビタミンCによるビタミンEの再生機能です。

ビタミンEも、ビタミンCと同様に抗酸化作用を持っているビタミンです。ですがビタミンEも一度抗酸化作用を発揮してしまうと、活性を失ってしまいます。このときにビタミンCを一緒に摂取しておくことによって、ビタミンEが復活します。

ビタミンEは植物性の油であるオリーブオイルやコーンオイル、アーモンドなどのナッツ類、青魚に多く含まれています。このようなものを食べるときには、ビタミンCを一緒に取るように工夫するとよいでしょう。

 

免疫力をアップするという説がある

次はビタミンCの免疫力の強化についてです。(※諸説ある中から紹介します)

ビタミンCをとると、風邪の治りが早くなるとされると期待されています。

風邪をひいたとき、人間はウイルスに感染しています。このとき人間の体内ではウイルスを排除しようと、いろいろな種類の白血球が働きます。

ここで白血球同士がうまく連携をとるためには、連絡を取り合わないといけません。この連絡はインターフェロンという物質によって行われるのですが、インターフェロンの合成にビタミンCが関わってきます。

ビタミンCをしっかりとってインターフェロンを合成しやすくしてあげることによって、免疫がよく働き、治りが早くなりるとされています。

さらに、ビタミンCは、コラーゲン合成など体の新陳代謝には欠かせない栄養素ですから、摂取が足りなければ風邪にかかりやすくなります。ですのでビタミンCを満足に取ることによって、ある程度の予防の効果もあるとも言えます。

ただし、上記ような科学的な根拠は確定しているわけではないといった実情です。現在研究が進められている途中です。

よって風邪の予防・治療などの病気の対処については、ビタミンCだけに頼らないようにしましょう。

 

ビタミンCが多く含まれる食べ物

ビタミンCが多く含まれている食べ物は代表的なものとしては以下のようなものがあります。

<ビタミンCを多く含む食べ物> 可食部100gあたり,mg
ビタミンCを多く含む食べ物

まとめ

知れば得する!ビタミンCの5つの効果を検証する

 

5つの効果をまとめると、

・コラーゲンの合成に関わっているので、肌によい
・抗酸化作用をもつ
・ビタミンEを再生する
・鉄の吸収をよくして、貧血を防ぐ
・免疫力をアップするという説がある

となります。

一般的にビタミンCは1日100mg、レモン果汁にして5つ分が必要量とされています。

普通に食事をしていれば十分に取れる量ですが、加熱をしないでビタミンCの豊富な食品を食べるなど、ときには意識をしてビタミンCを取るようにすると、よりビタミンCを摂取することができるようになります。

取りすぎて体に毒になる(過剰症)ということも、ないので、女性の方は特に積極的にビタミンCを取っていくようにしましょう。


スポンサーリンク

【今だけ無料鑑定】あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!
その中でも恋愛運が女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に導き出される『天声神語』が大好評です!

もしかしたら別れた彼かもしれないし、いま付き合ってる人かもしれません、
いつ、どこで運命の人と会えるのか・・・今なら『全員0円』で鑑定してもらえます。

今年もあと1ヶ月 恋愛運が気になる人は是非お試しください。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新記事をお届けします