羽毛布団の選び方!高品質で快眠には欠かせない「7つのポイント」

羽毛布団の選び方!高品質で快眠には欠かせない「7つのポイント」寒い冬はどうせなら、暖かく通気性もいい「羽毛布団にしたい」と思いますよね。

ですが、羽毛布団の値段は本当にピンからキリまであります。安くない買い物ですからちゃんと満足できるものを手に入れたいものです。

そこで今回は、羽毛布団の選ぶときの7つのポイントをお伝えします。高品質で快眠できる羽毛布団の選び方を知って、購入で失敗しないようにしましょう。

 

羽毛布団の選び方!高品質で快眠には欠かせない「7つのポイント」

スポンサーリンク

 

価格の安さに惑わされない

羽毛布団の選び方!高品質で快眠には欠かせない「7つのポイント」
価格が安い商品の表示をちゃんと見てみましょう。「羽毛布団」ではなく「羽根布団」と書かれている場合があります。このふたつは実はまったく別物なのです。

羽毛布団の温かさの秘密は、水鳥の胸部の羽、いわゆるふわふわの「ダウン」が入っていることにより得られるものです。

しかし、「羽根布団」は羽根のみで、弾力性がなく、羽根だけではなかなかかさが出ないので、一杯入れることによって重い布団になってしまっています。

実際の寝心地はまったく違いますので、値段ではなく商品表示を必ずチェックしてください。睡眠の質が変わってきます。

 

においをチェック!

羽毛布団の選び方!高品質で快眠には欠かせない「7つのポイント」
「羽毛布団」は当然水鳥から採取された自然のものを使っているので、採取した直後は油脂・汚れ・雑菌が付いています。

それを人体に触れても安全なように洗浄・殺菌をするのですが、特に海外で生産されたものはコストカットのためにこの工程をおろそかにしているものがあります。

これを見分けるために、購入前は「におい」をチェックしましょう。

日本製の羽毛布団は厳しい洗浄基準が定められているので比較的安心して購入できますが、出来る状況であれば店頭でにおいのチェックをしておいたほうが良いでしょう。

また、においを消すために市販の消臭スプレーを布団にかけるのは絶対やめましょう。

羽毛は湿気に弱く劣化するスピードが上がってしまい、雑菌などが結びついてさらににおいを発生します。

 

羽毛の品質で選ぶ

羽毛布団の選び方!高品質で快眠には欠かせない「7つのポイント」
一般的に羽毛布団には、ガチョウやアヒルの羽毛が使われるのですが、ガチョウ(グース)の羽毛のほうが品質がよく高額で、特にマザーグースと表記のあるものは最上級品といえるでしょう。

また、羽毛の取り方でも品質と価格が変わってきます。

ライブハンドピック(生きた鳥から手摘みで羽根を採取)>ハンドピック(手摘み)>マシーンピック(機械摘み)となり、取り方で羽毛の傷みが変わってくるので品質に違いが出ます。

ただし、欧米では動物愛護の観点からライブハンドピックは規制され表記もされていません。最近では日本でもこの傾向にあり、最高級品質はライブハンドピックと言えますが、表記されていないところもあります。

 

ダウン比率で選ぶ

羽毛布団の選び方!高品質で快眠には欠かせない「7つのポイント」
ダウン比率とはフェザー(羽根)とダウン(羽毛)の混合比率のことを指します。羽毛布団のフェザーにはスモールフェザーという羽根の芯のそれほど硬くない部分が使われています。

一般的には、ダウン比率が93%以上の羽毛布団が、あたたかくフワフワと言われています。

ただしこの表示には明確な基準がないため、未熟なダウンやダウンボールが割れてつながり糸のようになった枝羽などが含まれる場合があります。

そのため、ダウン比率は一つの検討材料として、羽毛の品質や国産・外国産メーカー、実際に手で触ってみた感覚なども確認したほうが無難です。中身が詰まっているからといってダウンの質にこだわらなければ羽毛布団のメリットはありません。

 

側生地の違いで選ぶ

羽毛布団の選び方!高品質で快眠には欠かせない「7つのポイント」
生地には綿・シルク・化学繊維などがありますが、綿・シルクが通気性がよく軽く手触りがよくなっています。

シルクが最上級品とされ、機能性・質感ともに優れていていますが、その分価格も高くなっています。また、お手入れに気をつけないと劣化が早い場合があるので気をつけましょう。

綿とポリエステルの合成生地の場合、安価ではありますが、ポリエステルの比率が多いと通気性が悪くなってしまうので要注意です。

また、織り方の表示もチェックしましょう。品質の良さは、サテン織り>ツイル織り>平織りの順です。

折り方の品質がよく糸の打ち込み本数も多いものは、ダニが羽毛布団の中に入りにくくなるメリットもあります。

また、海外製品にありがちなことなのですが縦糸と横糸の太さにばらつきがある場合、羽毛が飛び出しやすくなってしまうのでそこも細かくチェックしましょう。

 

内部構造の違いで選ぶ

羽毛布団の選び方!高品質で快眠には欠かせない「7つのポイント」
おすすめは2層・3層構造の羽毛布団です。1層構造のものは縫製の部分がどうしても薄くなりその部分から冷気が入ることがあります。

2層・3層構造なら保温性もアップし暖かく、重さも1層構造に比べてそこまで重くなるわけでもありません。

また、薄手の羽毛布団を2枚あわせ夏は1枚にして使えるタイプもある程度保温性はあります。ただし、夏使うのであれば汗対策はきちんとしましょう。カバーをかけることをお忘れなく。

クリーニングは羽毛をいためてしまいますし、羽毛が汗を吸い込んでカビ等の原因になることもありますのできちんと対策をしましょう。

 

サイズはワンサイズ上のものを選ぶ

羽毛布団の選び方!高品質で快眠には欠かせない「7つのポイント」
羽毛布団はとくに、掛け布団と敷布団がぴったり密閉されることが暖かさの鍵になってきます。寝返りを頻繁にする方はワンサイズ上の掛け布団を選んでおくと良いでしょう。

最初から少し大きめに作られた羽毛布団も販売されており、就寝中足や体が出てしまわないことをポイントにして選ぶと良いですよ。

また、あまり知られていないことですが、羽毛布団の下に毛布を敷くと羽毛布団特有の保温性が失われてしまいます。

ぴったりと体にくっつくのが保温性へつながるので毛布を挟んでしまっては威力を発揮できません。暖かさがもっとほしい場合は羽毛布団の上から毛布を書けるようにしましょう。あまり重い毛布にしないこともポイントです。

 

まとめ

羽毛布団の選び方!高品質で快眠には欠かせない「7つのポイント」

 

・価格の安さに惑わされない

・羽毛の品質で選ぶ

・ダウン比率で選ぶ

・側生地の違いで選ぶ

・内部構造の違いで選ぶ

・サイズはワンサイズ上のものを選ぶ

 

いかがでしたか。

せっかく買った羽毛布団が合わなかったり、品質が悪いとがっかりしちゃいますよね。

このポイントをおさえて上質な睡眠を手に入れましょう。


スポンサーリンク

【今だけ無料鑑定】あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!
その中でも恋愛運が女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に導き出される『天声神語』が大好評です!

もしかしたら別れた彼かもしれないし、いま付き合ってる人かもしれません、
いつ、どこで運命の人と会えるのか・・・今なら『全員0円』で鑑定してもらえます。

今年もあと1ヶ月 恋愛運が気になる人は是非お試しください。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Dreamerから最新記事を毎日お届けします