「貯金が絶望的にできない人」に共通する18のダメ特徴とその解決策

「貯金が絶望的にできない人」に共通する18のダメ特徴とその解決策誰もが「お金がない」という危機的状況にならないように、ある程度の貯金をしておきたいと考えているでしょう。

万が一のことが起きたときでも、貯金があるのと、貯金が全くないのとでは精神的な安心感が違います。

しかし、貯金したいけどもどうしても始めることができない、だったり、貯金をしているはずなのになかなかお金が貯まらないという人は少なくないです。

実はこのような「貯金ができない人」には、いくつかの共通した特徴があることが知られています。

そこでこの記事では、「貯金ができない人の特徴」と、その「解決策」についてお伝えします。

あなたはどれくらい「特徴」に当てはまっていて、それを改善するためにはどのようなことをするべきかを知って実践しましょう。

 

「貯金が絶望的にできない人」に共通する18のダメ特徴とその解決策

スポンサーリンク

 

将来のことを考えていない

「貯金が絶望的にできない人」に共通する18のダメ特徴とその解決策

貯金ができない人の多くに共通するのが、「将来のことをあまり考えていない」という特徴です。

先のことに備えるというよりも、今現在を思い切り楽しもうと考える傾向が強いとも言うことができるでしょう。

また、現在の生活が安定をしておらず、先のことを考える余裕がないという場合も少なくありません。

将来を考える癖をつける

多少なりとも「貯金したい」と考えているのであれば、普段から少しずつでも良いので将来のことを考える癖をつけていきましょう。

また、生活に余裕がなくて将来のことが考えられない場合、まず「今現在の生活には何が足りないのか?」について考えるようにしてください。

 

具体的な目的・目標を定めていない

「貯金が絶望的にできない人」に共通する18のダメ特徴とその解決策

貯金をしようと思っているのになかなかお金が貯まらない人は、具体的な目標金額やお金を貯める目的がハッキリしていない傾向があります。

目的や目標がハッキリしていない場合、「貯金」が具体的な行動ではなく漠然とした願望の次元に留まっていることを意味します。

要するに本気で貯金する覚悟が決まっていないのです。

具体的な目的と目標の決め方

本気で貯金する覚悟を決めるための「具体的な目的・目標を設定する」方法として、

・何のためにお金を貯めるのか、貯めたお金をどう使うのか、という「お金を貯める目的」と、

・そのために何時までにいくらのお金が必要なのか、という「金額や時期などの目標」

をしっかりと定めておきましょう。

目的や目標は、それを具体的にすればするほど達成のための戦略や道筋を鮮明にさせることができ、覚悟も強まります。

 

毎月の収支を把握していない

「貯金が絶望的にできない人」に共通する18のダメ特徴とその解決策

貯金ができない人の特徴に、毎月のお金の収支をアバウトにしか把握していないという傾向があります。

これは要するに、毎月の手取り額や利益から、一体どれくらいのコストが差し引かれているかについて無頓着である、ということです。

そして、そのうちでも特に大きな問題となるのが「借金」です。借金問題のなかで近年では特にクレジットカードが大きな問題になるケースが多いと言われています。

リボ払いや分割払いなどで買い物をしているうちに借金が膨らんでおり、返済不能になりカード破産してしまうケースです。

家計簿の活用と借金を完済しよう

収支を把握する方法としては、家計簿をつける方法が有効です。

家計簿というと手書きのノートをイメージするかもしれませんが、近年では家計簿がつけれるスマホアプリも登場し、誰でも手軽で簡単にお金の出入りなどを記録することができるようになりました。

特にスマホアプリの家計簿の利点として、支出を自動的にグラフにしてくれる機能があり、一目瞭然で家計の状況を確認することができます。

また、借金がある人は貯金よりもまずその返済を優先したほうが良いでしょう。

そのために借金の支払に関して、合計の残高や毎月の支配額、さらに全額を返済するまでにかかる期間などをしっかりと把握しておく必要があります。

その他に、しっかりと収支を把握し貯金をしていきたいと考えているなら、クレジットカードを使った買い物はなるべく控えてください。

カードではなくその都度キャッシュ(現金)で支払いをすることで、自分が今どれくらいのお金を使っているのかをリアルに実感することができるようになります。

 

毎月の貯金額を決めていない

「貯金が絶望的にできない人」に共通する18のダメ特徴とその解決策

いざ貯金を始めてみたものの、思ったようにお金が溜まっていかないこともあるでしょう。

このように、実際に貯金をしているのに上手く行かないという人には、毎月あたりの貯金額を決めていない場合が多いです。

具体的な金額を設定せずに何となく貯金をしているという程度では、なかなか目標額を達成することはできません。

積立貯金を行う

この場合、やはり「毎月の貯金額を定める」ことが一番有効な解決策です。

また具体的な貯金額を決めた後、おすすめしたいのが「積立貯金」です。

積立貯金では自分が指定した金額を月ごとに積立用の口座に振り分けるため、毎月コンスタントに確実に貯金することができます。

さらに、積立貯金は満期になると自動的に解約される契約になっている場合が多いため、「どのくらいの期間で目標金額を達成することができるのか」という計画が立てやすいというメリットも存在します。

 

衝動買いをする

「貯金が絶望的にできない人」に共通する18のダメ特徴とその解決策

貯金ができない人に非常に多く見られる特徴、それが「衝動買い」です。

ごく当たり前の話ではありますが、欲求のままにお金を使ってしまえば常に生活費を逼迫される状態となるため、貯金はできなくなってしまうのです。

衝動買いを抑える3つの秘策

衝動買いをしてしまう場合の解決策には異なった方法が存在するので、それぞれを分けて紹介していきます。

我慢をする

最も手っ取り早い解決策は「我慢をする」ことです。

何か欲しいものを見つけた場合、「今の自分に本当にそれが必要なのか?」と自問自答し、ひとまず見つけてから購入まで3日間待ってみましょう。

衝動買いとは文字通り「衝動的」な欲求であるため、時間が経てばその欲求は消えてしまうことも少なくありません。

そして3日経ってまだその商品が必要だと感じられたときに、購入を本格的に検討しましょう。

「消費」と「投資」を分ける

「消費」と「投資」を分けて考えるという方法も貯金をするためには必要なことです。

ここで言う「消費」とは一度使ってしまえばそれで終わってしまう商品やサービスのことで、一方で「投資」とはそれを利用することでさらに大きなリターンを期待できる商品やサービスを指します。

また、「消費」に関しては日常生活に欠かすことのできない「必需品」か、必ずしも必要のない「嗜好品」かについても分けて考えるようにしましょう。

このうち「消費」をまず最大限に減らすように努め、特に「嗜好品」は、真っ先に切り詰めるべき部分と言うことができます。

積立貯金

もっと確実に貯金をしていきたい場合は、「積立貯金」がおすすめです。

積立貯金を行うことで、指定された一定額を天引きして自動的に他の口座に振り分けるため、意識をせずとも毎月一定額の貯金を確実にすることができます。

また、普段使う口座には必要最低限しか残らないため、衝動買い以前に購入する持ち金がないという状況を作ることができます。

 

買い物に行くのが好き

「貯金が絶望的にできない人」に共通する18のダメ特徴とその解決策

そもそも「買い物が好き過ぎる」という人も、貯金ができない人の特徴に当てはまります。

例えば、特に用がなくてもついついコンビニなどに立ち寄ってしまう人がいますが、こうした人は買物をすること自体が趣味になってしまっているのです。

お金のかからない趣味を見つける

買い物好きを克服するには、お金のかからない趣味を見つけてみましょう。

図書館を利用した読書や勉強、あるいは運動など、お金をほとんど必要とせず、同時に自分への「投資」にもなるような趣味はたくさんあります。

また、趣味を見つけるときも、それが単に商品やサービスを「消費」して終わるのか、それとも自分に対する「投資」になるものなのかを判別するようにしましょう。

貯金をスムーズに行うことができる人になるには、趣味に関しても「お金がかからない」もの、そして「自分のためになるもの」を選択する必要があるのです。

 

小さな額のお金を無駄にしている

「貯金が絶望的にできない人」に共通する18のダメ特徴とその解決策

貯金ができない人は、数十円から数百円程度の小さな額の無駄遣いが多いという特徴があります。

例えば、ATMを深夜に頻繁に利用してしまいATM時間外手数料を無駄にしたり、スーパーマーケットよりも価格の高いコンビニで買物をしがちであるなどの傾向があります。

小さな無駄遣いに敏感になる

この特徴の解決策は、小さな無駄遣いに敏感になることです。

例えばATMの場合であれば、手数料無料の回数内で利用をするようにしたり、手数料無料の時間帯に利用をするなどの工夫が必要となります。

買い物の際も、価格が高めなコンビニではなくスーパーを優先的に利用するようにしたり、そのスーパーの中でも特に価格の安い店を優先するなどの工夫をすることができます。

そして、このような工夫によって小銭が余ったというときには、それを貯金箱で貯めていくのも立派な貯金方法です。

貯金箱を購入するときには、なるべくサイズが大きく、たくさんのお金を入れることができるものを選ぶと良いでしょう。

 

通信費が大きい

「貯金が絶望的にできない人」に共通する18のダメ特徴とその解決策

毎月の支出のうちでも携帯電話やインターネット回線などの通信費が大きいことで、貯金に手が回らないという人は少なくないようです。

ここ20年ほどの時代の流れとしてインターネットが急速に発達したことで、家計に占める通信費の割合も非常に高くなってきている傾向があります。

契約プランを見直す

この場合の解決策としては、契約プランを見直すことが有効と言えます。

必要のないオプションを削ったり、家族割りなどの割引サビースに加入するなど、現在の契約プランが最適かどうか検討してみましょう。

また、スマートフォンに関しては格安SIMを利用するという方法もあります。

格安SIMは大手キャリアでの契約に比べ、月額料金を半額から3分の1程度にまで削減することが可能になる場合もあります。

ただし、格安SIMの場合、キャリア側で提供をしている通話サービスが使用できなくなったり、時間帯によっては通信速度が遅くなってしまったりするというデメリットも存在します。

また、インターネットに関しては、WiMAXなどが提供をするモバイル(ポケット)ルーターを使用するという方法もあります。

これはWi-Fiルーターひとつでパソコンからスマホまであらゆる通信機器のインターネット接続を可能にするもので、通信費を大きく削減することができるようになる場合もあります。

 

交通費が大きい

「貯金が絶望的にできない人」に共通する18のダメ特徴とその解決策

通信費と並んで家計を大きく圧迫しがちなのが交通費です。貯金ができない人の場合、この交通費が少なからずネックになっている場合もあるでしょう。

毎月のガソリン費に加え、電車やバスなどの公共交通機関の費用なども合わせると、月々1万円以上の出費となってしまうことも決して珍しくはありません。

自転車や徒歩で移動をする

交通費を抑えるために、自転車や徒歩で移動をするようにしてみましょう。

普段の買い物など近場へ外出をするときは自動車を使わず、自転車を使ってガソリン代を節約したり、通勤は一駅か二駅分を自転車か徒歩で移動することで切符代を節約することができます。

さらに自転車や徒歩で移動をすることは、健康にとっても非常に良い効果を発揮しますので、その点においても大変おすすめできます。

 
スポンサーリンク

 

自炊をしていない

「貯金が絶望的にできない人」に共通する18のダメ特徴とその解決策

自炊をしていない人は貯金ができない、というのはよく言われる話です。事実として、やはり外食は自炊に比べてコストが遥かに高くついてしまうことが多いです。

また、毎日のようにペットボトルの飲み物を買うというのも、やはり長い目では大きな出費になっていきます。

自炊と食材の買い方を工夫しよう

これを解決するには、やはり自炊をするようにしてみましょう。

例えば、300円の牛丼をランチとして食べる場合、それを自作の弁当に変えるだけでも遥かに節約になります。

さらに牛肉薄切りや玉ねぎなどの材料を買って麺つゆなどで味付けをすなど、自分で牛丼を作ったほうがコストも安くボリューム感もあるでしょう。

飲み物代に関しては、ペットボトル飲料を買うのではなく、水筒にお茶などを入れて持ち歩くだけでも節約になり、余ったお金を貯金に回すことができます。

もしどうしても自宅で調理をする時間が取れなかったり、疲れていて気力がなかったりするときは、夕方以降の時間帯のスーパーで割引された惣菜を買うようにするという方法もあります。

 

ストレスに弱い

「貯金が絶望的にできない人」に共通する18のダメ特徴とその解決策

貯金ができない人は、全体としてストレスに弱く、耐性がない傾向があると言われています。

そして溜まったストレスを買い物をすることで発散しようとするため、結果としてお金が貯まりにくくなります。こうした状態を「買い物依存症」と呼ぶこともあります。

また、元々買い物依存症ではなかったものの、何らかのストレスを経験したことによって突如「発症」してしまった、というケースも少なくありません。

もちろん「買い物依存」だけではなく、「ギャンブル依存」も貯金にとっては大敵です。

これらの依存症は重度になると、単に「貯金ができない」だけでなく自己破産や自殺などに繋がっていってしまう危険性があります。

ストレスを溜めない生活スタイルを目指そう

依存症から脱却するには、先ほどの「お金のかからない趣味を見つける」ことに加え、ストレスを溜めない生活をする、もしくは専門家の意見を聞くことがおすすめです。

近年の研究では、セレトニントランスポーターという遺伝子の働きにより、ストレス耐性はある程度先天的に決まってしまっていることが知られています。

特に日本人を含めたアジア人は、このセロトニントランスポーターの働きが弱く、依存症にもなりやすい傾向があるようです。

こうしたことから、ストレス耐性が弱い人は今から鍛えて耐性をつけようとするよりも、ストレスを溜めないライフスタイルを上手く選択していく方がより確実であると言えます。

ストレスを溜めないために大事なこととしては、やはり第一に睡眠をしっかり取ることです。

人間にとって適切な睡眠時間はおよそ6〜8時間と言われていますが、ストレスが溜まりやすい人はやや長めの睡眠時間を確保していくと良いでしょう。

また、どうしても自分でストレスをコントロールできない場合は、精神科などの医療機関を受診したり、カウンセリングを受けたりして専門家の意見を参考にしてみることも有効です。

 

他者依存をしがち

「貯金が絶望的にできない人」に共通する18のダメ特徴とその解決策

依存症には「買い物」などの「物や事」を対象にするものだけではなく、「人」を対象にするものもあります。貯金ができない人には、この他者依存的な傾向も強いと言えます。

例えば他者依存傾向の強い人が恋をした場合、その相手に莫大な金品を貢いでしまうことがあります。同様にホストやキャバクラ、風俗店などで散財をしてしまうケースもあります。

また、家族に対して強く依存をしてしまうこともあり、その典型的な例が「教育ママ・パパ」です。

子どもに対し本人の希望や適性を考慮せずに見境なく教育投資をし、結果として大きく失敗をしてしまうことがあります。

他者に過度の期待をしない

専門家の意見を聞くのが最も良いのですが、自分自身でも心がけるべきことは「他者に過度の期待をしない」ことです。

そもそも「何故他者に依存をするのか?」という理由を紐解けば、それは「他者は自分の思い通りに動いてくれるだろう」と「期待」をしているからです。

しかし、根本的に人はそれぞれその都合によって動いており、自分のために動いてくれるとは限りません。

にもかかわらずそのことを理解できずに他者に依存をし続けてしまうと、自分にとって大切なお金などの財産を無駄にしてしまうこともあるのです。

もしあなたが他者に依存している自覚があるのであれば、他者ではなくてあなた自身に対して依存をするよう、考え方を変えてみましょう。

好きな人や自分の家族に何かを「やってもらう」ことを考えるのではなく、自分で何かを「やってみる」ということが重要なのです。

 

周りに合わせて行動する

「貯金が絶望的にできない人」に共通する18のダメ特徴とその解決策

貯金ができない人に多い特徴としては、意志や自我が弱く、受動的で周囲に合わせて行動をしがちな傾向があります。

例えば、たいして行きたくもない飲み会に付き合って無駄な出費をしたり、時間ばかりを浪費する無駄な仕事を断れずに引き受けてしまったりするなどです。

それ以外にも、その時々の流行に流されやすい人もこうしたタイプの一類型と言えるでしょう。

自己意識や自我が弱いため、その時に流行っているもの以外を選ぶことができないのです。その時々で流行の服などを買い求め続ければ、当然の事ながら貯金などはできるはずがありません。

こうした特徴は一見すると「他者依存をしがち」で挙げたタイプの人々と同じであるようにも見えます。確かにこの両者は似通っているのですがその心理的な内実はやや違っています。

前項のタイプが他者に依存することに「生き甲斐」を求める「依存性パーソナリティ障害」傾向であるとするならば、こちらの人達は「他者から嫌われたくない」「見捨てられたくない」という思いから結果として他者に依存しがちとなってしまう「境界性パーソナリティ障害」の傾向があると言うことができます。

自分をしっかり持つ

こうした境界性パーソナリティ障害傾向のある人達の場合も、やはり「専門家の意見を聞く」というのが一番の解決法です。

それ以外に自分でできる改善法としては、やはり「自分をしっかり持つ」ということになります。

このときに重要なのが、自分は何が好きで何が嫌いなのかという意思表示をハッキリさせるとです。

いつもの生活から「自分にとって本当に大切なものは何なのか?」と自問自答をする癖をつけたり、流行りのファッションや音楽などに流されるのではなく、自分独自の感覚を持てるように心がけてみると良いでしょう。

 

実行力がない

「貯金が絶望的にできない人」に共通する18のダメ特徴とその解決策

貯金ができない人の特徴には、「実行力がない」ということも挙げられます。

頭の中では「貯金をしたい」と考えているものの、具体的な行動の一歩を踏み出すことができないのです。

そして実行力がない人は言い訳として、「次の給料が入ってから始める」とか「その気になればいつでも節約をして貯金をする」などのことを口にします。

こうした言い訳、特に「その気になれば〜」というような発言は、単なる言い訳ではなく、本人が繰り返し自分に言い聞かせ続けてきたことにより本気でそう思い込んでしまっている可能性があります。

思ったことはすぐ実行する

もしあなたが実行力がないと感じているなら、これからは思ったことをすぐ実行するようにするようにしましょう。

やろうと思ったことを引き延ばすのではなく、思い立ったその場でスタートさせるようにするのです。

現に起業家などにおいてはこの「実行力」が高いという傾向があります。彼らは自分にとって面白い話を聞くとすぐさまそれを行動に移そうとします。

 

部屋が散らかっている

「貯金が絶望的にできない人」に共通する18のダメ特徴とその解決策

貯金ができない人に多い特徴に、整理整頓が苦手で自宅の部屋が散らかっている、ということが挙げられます。

一般的に整理整頓が得意な人は、自分の頭の中を整理して物事を考えるのが上手い人であると言われ、物事に優先順位を付けることが容易にできるため、お金の勘定なども得意な傾向にあります。

一方で整理整頓が下手な人は、お金の勘定や物事の優先順位に関してもいい加減になったり混乱しやすく、貯金もスムーズに行うことが難しい傾向にあるのです。

専門家に相談する必要も

整理整頓が得意か下手かということに関しては、脳の器質による影響が大きいと言われ、特に幼少期から整理整頓が苦手な人はADHD(注意欠陥多動性障害)である可能性も高いと言われています。

もしそうした脳の器質に関して疑いを感じる場合には、専門家の意見を聞くことが第一の解決策となるでしょう。

特に2013年からは旧来では未成年にしか処方が認められてこなかった医薬品「コンサータ」が成人に対しても処方をされるようになり、それを使うことによって症状をある程度抑えることも可能になりつつあります。

ただし、脳の器質は成人後であっても本人の努力次第で改善することが可能です。

元々整理整頓が苦手なら、最初から完璧に部屋を綺麗にするのではなく、まずは「いらないものを捨てる」ことから始めてみると良いでしょう。

今持っているものを「あれはいらない、これはいる」という風に「分類」して考える癖をつけることで、次第に思考を整理したり優先順位をつけることができるようになっていきます。

 

収入を増やすための努力をしない

「貯金が絶望的にできない人」に共通する18のダメ特徴とその解決策

貯金ができない大きな理由に「収入が低い」ということがあります。生活がギリギリであるため、貯金をするだけの余裕がないという状態です。

しかし収入が低い人の中には、「収入を増やすための努力をしない」人が多いのも確かです。

例えば、収入を増やす努力をしない人は、自由な時間にテレビやゲームなど全く生産性のないことをしがちではないでしょうか。

その他にも、一円にもならないどころか出費ばかりが膨らんでしまうような「付き合い」をしたり、サービス残業をする傾向もあります。

そして何よりもこうした人達は、自分が時間を無駄にしていことに全く気が付いていないことが多いです。

副業をする

こうした状況を解決する方法、それはずばり副業をするということです。現在ではインターネットの発達により、個人でも比較的簡単に副業を始めることができるようになってきています。

例えば、投資、アフィリエイト、転売など個人が仕事終わりや休日などを利用して始めることのできるビジネスは数多く存在します。

それ以外にも副業に関係ある資格の取得を目指すというのも良いでしょう。

また、もし自分に向いている副業が分からない場合は、まずは「情報収集をする」ことから始めてみましょう。

そして、少なくとも無駄な付き合いやテレビ、ゲームなどに費やしている時間をなくし、その時間を有効に活用できるようになりましょう。要するに「無駄な時間を作らない」ことが重要です。

 

夜型生活者である

「貯金が絶望的にできない人」に共通する18のダメ特徴とその解決策

全体的な傾向として貯金が得意な人は朝型生活者であることが多く、貯金ができない人は夜型生活者であることが多いと言われています。

朝型生活者は早寝早起きをし、早朝の時間帯にしっかりと目を覚まします。そして日中は活動的に動き回ります。このような人には自然とお金が入ってきやすくなります。

一方で夜型生活者は無駄な浪費をしてしまうことが多く、貯金がなかなかできません。

例えば、夜中はインターネットのショッピングサイトの来客数が多くなる時間帯でもあります。

これは日中に受けたストレスを解消するため、夜中に買い物をしようとする人が多いためだからと言われています。

夜更かしをしない

この場合の解決策は、夜更かしをしないことに尽きるでしょう。

夜は睡眠をしっかり取ることを目指し、朝早く起きて早朝に目を覚まして日中はしっかりと生産的な活動をしましょう。

もちろん夜中にショッピングサイトの長時間閲覧などはしないようにします。

朝型生活者はストレスの解消を「買い物」ではなく、「睡眠」によって行う傾向があるため、それが節約にも繋がっているようです。

 

家族・親族に浪費癖のある人がいる

「貯金が絶望的にできない人」に共通する18のダメ特徴とその解決策

貯金ができない人の中には、家族や親族に浪費癖のある人がいることで貯金ができないケースも少なくありません。

この場合、どんなに当人が貯金を頑張ろうと思っても、その相手が浪費をしてしまうために一向に目標達成ができなくなってしまいます。

話し合いをする、または縁を切る

こうした問題の解決策は、第一に相手としっかりと話し合いをすることです。当人に対し自分の意志を伝え、貯金に対して協力をしてもらうようにしましょう。

話し合いが上手く行った場合には、二馬力三馬力で貯金をすることができるようになることも考えられます。

一人で貯金をするよりも二人やそれ以上で貯金をするようになれば、その効果は遥かに大きなものとなるでしょう。

しかし、話し合いをしても協力してもらえないことも考えられます。

特にその人がアルコールや買い物などの依存症になってしまっている場合には、自分のお金をこっそり抜き取られて浪費に回されてしまうこともあるかもしれません。

もしそのような依存症的な状態になってしまっていて、貯金が全くできないなら、少々厳しい事態ではありますが「縁を切る」という方策も考えなければなりません。

具体的な方法としては、現在住んでいる家から出て行ったり、もしくは相手に出て行ってもらったりして、それ以後は連絡も絶つようにします。

もちろん現在の日本の法律では血縁関係にある親子や兄弟の縁を切るということはできません。

ただし「離縁」を申し渡し、それでも尚相手が付きまとってくる場合は、警察などを呼んで対処をすることは可能です。

 

まとめ

「貯金が絶望的にできない人」に共通する18のダメ特徴とその解決策

 

・将来のことを考えていない
→将来を考える癖をつける

・具体的な目的・目標を定めていない
→具体的な目的と目標の決め方

・毎月の収支を把握していない
→家計簿の活用と借金を完済しよう

・毎月の貯金額を決めていない
→積立貯金を行う

・衝動買いをする
→衝動買いを抑える3つの秘策

・買い物に行くのが好き
→お金のかからない趣味を見つける

・小さな額のお金を無駄にしている
→小さな無駄遣いに敏感になる

・通信費が大きい
→契約プランを見直す

・交通費が大きい
→自転車や徒歩で移動をする

・自炊をしていない
→自炊と食材の買い方を工夫しよう

・ストレスに弱い
→ストレスを溜めない生活スタイルを目指そう

・他者依存をしがち
→他者に過度の期待をしない

・周りに合わせて行動する
→自分をしっかり持つ

・実行力がない
→思ったことはすぐ実行する

・部屋が散らかっている
→専門家に相談する必要も

・収入を増やすための努力をしない
→副業をする

・夜型生活者である
→夜更かしをしない

・家族・親族に浪費癖のある人がいる
→話し合いをする、または縁を切る

 

あなたにも当てはまる特徴がいくつかあったでしょうか?

貯金をしたいと考えている人は、この機会にこれを参考に普段の生活を見直していってみてください。


スポンサーリンク

【今だけ無料鑑定】あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!
多くの女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報から導きだされる『福音ソウルメイト』が大好評です!

もしかしたら別れた彼かもしれないし、いま付き合ってる人かもしれません、
いつ、どこで運命の人と会えるのか・・・今なら『全員0円』で鑑定してもらえます。

今年もあと1ヶ月 恋愛運が気になる人は是非お試しください。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新記事をお届けします