年下彼氏との上手な付き合い方!やってはいけない5つのタブー

年下彼氏との上手な付き合い方!やってはいけない5つのタブー年の差婚も多い世の中ですが、男性が年上の場合と女性が年上の場合では、状況が違ってきます。特に女性は自分よりも若い彼氏を前に、年齢のギャップを埋めようとするあまり痛々しい失敗をする事もあります。

あなたの好きな人が年下の場合、やってはならないタブーを再確認して、年齢差のある恋愛だからこそできる二人の世界を育むようにしましょう。

この記事では年下彼氏と上手に付き合う方法として、年上女性がやってはいけないタブーをお伝えします。

 

年下彼氏との上手な付き合い方!やってはいけない5つのタブー

スポンサーリンク

 

若作りはダメ!メークより鍛えられた肉体を作る

年下彼氏との上手な付き合い方!やってはいけない5つのタブー
年下彼氏と付き合うとき、どうしても相手との見た目のギャップを気にしてしまいがちです。

ファッションにしてもメークにしても、トレンドを意識して彼の年代に合わせたものを選んだり、ショップを変えたり、彼の好きな色や好みに合わせようと涙ぐましい努力をしてしまうのも年上だからこその女心です。

しかし、彼はそもそもそんな外見を望んであなたとお付き合いしているわけではなさそうです。年齢を感じさせない“大人の女性”だからこそ、魅力を感じているのですから、交際がスタートしたからといって、外見や好みを無理して相手に合わせるのは本来のあなたが持つ“良さ”が半減してしまう逆効果になりかねません。

彼の好みを知ったり、興味のある事に理解をすることは大切ですし、その中で一緒に楽しめるものを共有する姿勢が彼もあなたも幸せを感じられるとスタイルと意識しましょう。

嫌いなものは無理して合わせる必要はないのです。外見を若作りする事はマイナスにこそなれ、プラスにはなりません。

それよりも、たるんだお腹や付きすぎた脂肪を均整のとれた筋肉に変える努力をしましょう。引き締まったボディーは、見た目もファッションもイキイキとして年齢を超えた美しさを引き出してくれます。若作りは外見よりも中身の肉体で表現しましょう。

また、服を脱いだ時が年上女性の本領発揮の時です。下着も上質なものを身につけて、彼の年代では着こなせない大人の風格を見せるのが大人流です。

 

お金の偏差値を持ち込まない!

年下彼氏との上手な付き合い方!やってはいけない5つのタブー
年齢差の近い年下彼氏ならそれほど問題はありませんが、5歳以上離れたカップルならどうしてもお金に対する価値観にギャップがあったり、自分よりも少ない収入でやりくりしている彼氏を見ると、ついつい支払う金額が大きくなったり、常におごったりという事もあるかもしれません。

しかし、これが大きな落とし穴にもなっていくことを知っておきましょう。できれば、お互いの経済状況や給与などの金額については話さないでおくことも大切です。生涯にわたってこの収入の差が続く訳ではないからです。

年下の彼氏でも年齢が上がっていくほどに今よりも成功して財産を築けるようになる可能性も高く、現状でやみくもにお金を出したりする事は、彼の成長を止めてしまい、お金をめぐっての感謝の気持ちもなくなったり、場合によってはあなたに平気でお金を借りたりということにもつながっていく可能性さえあります。

基本的に、彼らの世代が常識としている金銭感覚に合わせ、基本はワリカン!が鉄則です。ただし、誕生日などのお祝いごとは盛大にお祝いしてあげましょう。それ以外はできれば背伸びしてでも“彼氏”があなたに何かをプレゼントしてあげたいと思わせる事の方が重要なポイントです。

子供扱いされる事で彼もプライドを傷つけられている可能性もあります。

また、思っている以上に彼らは彼女が年上であるということを意識していません。年齢を聞くと「そうか、年上だったんだね」「でも、僕の方が年上のような気がする」と返ってくるかもしれません。彼氏が年下であろうとも、それを意識しないような対等な関係性を作るには、お金の偏差値を持ち込まない事が大切です。

 

肯定力を身につける!彼氏を否定しない

年下彼氏との上手な付き合い方!やってはいけない5つのタブー
キャリアを積んだ女性も、人生をやり直してシングルになった女性も、それなりの苦労や経験がその人の魅力になっているからこそ、年下彼氏は大人の女性を求めるのかもしれません。マザコンでない限り、彼らは同世代にはない年上が持つ豊かさに魅了されているのです。

ここで彼らがまだ経験していない事や自分の体験からのアドバイスをする事はとても大切な意味を持っていると思います。しかしながら、その中でやってはならない事もあります。それは「お説教」です。アドバイスと説教は違います。

怒ると叱るが違うように、彼氏が今何に対して悩んでいるのか、何を気にしているのか、しっかりと聞いた上でさりげなくアドバイスする事が大切です。「だからダメなのよ、しっかりしなさい」
「そんなの絶対ダメよ!」などと母親のようにダメだしをしてはなりません。

「わたしもそういう経験あるよ、辛いよね。でもこうしたら解決するかもしれないね」と共感した上で解決策を一緒に考える事で、安心して悩みを相談できるパートナーとして大切に思ってくれます。

世話を焼きすぎることは女性としてよりも“母”としての要素が大きくなり、彼にとっても魅力が半減してしまう可能性もあります。人生の先輩という前に同じ人間として対等な会話を心がけましょう。

 

「一つの得意技」で彼を引きつける

年下彼氏との上手な付き合い方!やってはいけない5つのタブー
あなたがもし、料理が好きで上手だったら胃袋を操縦する事で彼氏とのお付き合いも格段に楽しく嬉しいものになるでしょう。また、もし片付けやお掃除が得意なら、綺麗で清潔な空間は居心地の良さを提供してくれ、家にいる時間も長くなるでしょう。

年上の女性だからという訳ではありませんが、女性だからこそ“底上げする女子力”を持つことは、最大の武器です。

もちろん、寝技という武器もありますが、彼が不得意とすることや好きなジャンルを共有できる技術力があれば、長続きできる要素にもなります。

料理が彼氏の方が上手なら後片付けを手伝ったり、一緒にいる時間を楽しむためにも、何か一つ得意となるものを身につけたいものです。とはいえ、やり過ぎは禁物です。ここという時に“やるじゃん”と思わせるものがあるかないかは大きな差となっていくでしょう。

女磨きは技が決め手とも言えそうです。

 

意外性が引きつける!スキンシップ

年下彼氏との上手な付き合い方!やってはいけない5つのタブー
女性も男性も、それぞれに女性性も男性性も持ち合わせています。特に一人でいる時と、二人でいるときに見せる顔や言葉使い、態度はふだんの姿とは違うことも多いのではないでしょうか?

ふだん年下の彼氏の前で“オトコマエ”に振る舞う女性もベッドでは従順であったり、恥ずかしがりだったり、意外にも素直な一面が出たり。それは年下男性からは可愛いく感じられ、男性上位になれる事で自信を持つことにもつながります。

逆に、いつもは“いばりんぼ”の年下彼氏に素直に従っている女性は、ベッドでは大胆に彼を翻弄させてみましょう。女王様への変身もありです。

このギャップは、彼にとって自分だけが知っている“あなた”の秘密でもあり、そのことが大いに喜びにも繋がっていきます。普段見せないあなたの素顔こそが、彼氏の特権です。しかし、ベッドタイムがどんなであろうとも、そこから離れたらいつもの二人に戻る事も重要なポイント。

いつも同じだからというあなたは、時には大胆に変えてみる事も有効な手段となります。また、お酒の力を借りる事も、二人にとって相乗効果を生み出してくれる可能性もあります。

 

まとめ

年下彼氏との上手な付き合い方!やってはいけない5つのタブー

 
・若作りはダメ!メークより鍛えられた肉体を作る

・お金の偏差値を持ち込まない!

・肯定力を身につける!彼氏を否定しない

・「一つの得意技」で彼を引きつける

・意外性が引きつける!スキンシップ

 
最後にとっておきの秘策をお教えします。

それは「涙」です。ただし、この涙は女の武器の「涙」ではありません。

年下彼氏といつまでもラブラブでいたいなら、うれし涙を流してあげましょう。それこそが“本物の年上女性の知恵”です。


スポンサーリンク

【今だけ無料鑑定】あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!
多くの女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報から導きだされる『福音ソウルメイト』が大好評です!

もしかしたら別れた彼かもしれないし、いま付き合ってる人かもしれません、
いつ、どこで運命の人と会えるのか・・・今なら『全員0円』で鑑定してもらえます。

今年もあと1ヶ月 恋愛運が気になる人は是非お試しください。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新記事をお届けします