時は金なり!「時間の使い方が上手い人」がしている14のこと

時は金なり!「時間の使い方が上手い人」がしている14のこと人間が持つことの出来る時間には限りがありますが、これをどのように活用するかは当然のことながら「人生の質」に直結する問題です。

では、具体的に時間を上手に使うためにはどのような方法、スタイルが存在するのでしょうか。今回は、時間を有効活用する人が実践する「上手な時間の使い方」をお伝えします。

それでは、早速見て行きましょう。

 

時は金なり!「時間の使い方が上手い人」がしている14のこと

スポンサーリンク

 

スキマ時間を活用する

人の一日の生活には移動時間やトイレに入っている時間など、さまざまな細切れの「スキマ時間」が存在します。

これらの時間は、一回一回はごく短いものかもしれませんが、それを累積すると一日あたり数十分程度にはなるのではないでしょうか。時間を上手に使うということを考えるのであれば、この時間を無駄にする手はありません。

読書やメールチェック、さらに英単語の勉強など、短時間に出来るタスクを1つか2つ程度常備しておき、スキマ時間が到来した場合にはすぐにそれに取り掛かれるようにしておきましょう。

 

前もってやっておく

ある重要なタスクが存在する場合には、前項で述べた「スキマ時間」を活用するなどして、その準備を前もって少しずつやっておくということを心がけましょう。

このようにしておくということは、ただ単に本番の作業の際の時間を短縮できるというだけではなく、心を落ち着け、精神的な安定に寄与するというメリットもあります。

 

起床直後と就寝直前に一つタスクをこなす

起床直後と就寝直前というのはどちらも無駄にしてしまいがちな時間であります。

もし可能であるのなら、これら2つの時間帯にタスクを1つ程度こなすということを心がけるようにしましょう。また、ここでこなすべきタスクはできる限りそれほど難しくないものを選択するのが良いでしょう。

「スキマ時間を活用する」でも挙げたような語学や読書、メールチェックの他、資格取得のための勉強などもオススメです。

 

思いついたら即行動する

なにかやりたいことを思いついたらならば、できる限りその場ですぐに取り掛かることを心がけましょう。

「やりたいけど今はやることがあるし、また後でいいか」と考えてしまうことは心のなかにモヤモヤを残し、結局長期スパンでの効率を落としてしまいます。

また、思いついたアイデアはそれを即実行してみることにより、メリット・デメリットや改善点などをすぐに具体化させることができるようになります。

 

物事にかける時間を意識する

一つのタスクにダラダラと時間をかけてしまうのは止めましょう。

あるタスクに取り組むのであれば、終えるべき時間やかけられる時間などを意識し、常にタイムリミットをかけておきます。

もしその時間を超過してしまった場合には、例えそのタスクを完璧に仕上げることが出来ていなかったとしても一区切りをつけ、別のタスクへと移行しましょう。

 

短時間に集中する

前項「物事にかける時間を意識する」とも関連するのですが、物事に取り組む際には常に「短時間で一気にやる」ということを意識しましょう。

人間の集中力には45分から50分程度という時間的な限界が存在し、それ以上の時間をかけたところで効率は下がっていく傾向にあります。

45分程度集中して作業をする時間を取ったならば、その後5~15分程度インターバルを置き、そして別のタスクに移行するというのが良いでしょう。

 

マルチタスク化させない

物事に集中して取り組むためには、マルチタスク化を避けねばなりません。

マルチタスクをこなしていくということは一見効率的であるかのように見えますが、人間の脳はマルチタスクすべてに均等に意識を集中したり、簡単に各タスクに関して気持ちの切り替えをするようにはできていないため、かえって効率を落としてしまいます。

あくまでも基本は「短時間に一つのタスク」に対して集中し、全力を注ぐということにあると理解しましょう。

 

集中できる時間を見つける

「人間の集中力には限界がある」と書きましたが、一日の内で集中ができる時間帯にも違いが存在します。

よく「集中力のピークは午前中」というようなことが言われますが、これは実は正しくなく、人それぞれに調子の良い時間帯が存在し、またそれはその日の体調などによっても変化していきます。

「自分自身が最も集中してタスクに取り組める時間がいつか?」ということを常に考えておくようにしましょう。

 

優先順位を決める

集中できる時間帯におおよその検討をつけるのと同時にやっておかねばならないのが、タスクに優先順位を付けるということです。

最も集中できる時間帯に最も重要なタスクを配置できるよう、スケジューリングを工夫するようにしましょう。

 

メモを頻繁に取る

スケジューリングをする際に、自分の頭を使って考えるというのはたしかに素晴らしいのですが、それでは時間もかかってしまいますし、エネルギーを消耗してしまうということも考えられるのではないでしょうか。そんな時に活用できるのがメモです。

具体的にはまず一旦さまざまな要素をメモ帳などにすべて書き出しアウトプットしてしまい、その上で優先順位や時間配分などを考えていきます。

最初に自分の頭の中をアウトプットしてしまうことにより、思考を外部化しより客観視することができるようになります。

 

難しいタスクは分割する

タスクを書き出す際に注意したいのが、ある程度の困難や複雑さを伴うタスクの取り扱いです。

そのようなタスクに関しては、タスクの完遂までに必要とされる作業をすべて明確化し、それら各作業を分割してスケジューリングをしていきます。

このようにすることで具体的な作業内容やそれに要する時間などを正確に見積もりすることができ、時間終了期限の間際になって慌ててしまうことを予め回避することができるようになります。

 

生活をパターン化する

スケジューリングをする際は、余程のことがない限りにおいては毎日の日課にあまり急激な変化をつけることのないようにしましょう。

このように日々の生活をある一定のパターン化することにより、一定のリズムで機械的に無駄のない行動を取ることができるようになり、またもちろんスケジューリングそのものの時間節約にもなります。

 

達成度合いを記録する

前項までで挙げたようなポイントは、決してやりっ放しにしておいてはいけません。

毎日記録をとって、どの程度目標を達成できたのかを参照できるようにしておきましょう。「継続は力なり」といいますが、仮に目標達成率が0%であったとしても、とにかく記録だけはつけるようにしてください。

もし次の日、次の週に達成率が10%であったのならば、それは10%分あなたが成長したということを、目に見える形で残すことになるからです。

また、もし余裕があるならばチェックリストのようなものを作成し、どのポイントについて達成できたか、できなかったかを視覚化するのも良いでしょう。

 

100%に固執しない

前項でも述べたように、問題は「あなたが長期スパンで、どのような成長線を辿っているか」ということです。

「0か100か」というような完璧主義的な判断には意味ないということを常に頭に入れておくようにして下さい。

 

まとめ

時は金なり!「時間の使い方が上手い人」がしている14のこと

 

・スキマ時間を活用する

・前もってやっておく

・起床直後と就寝直前に一つタスクをこなす

・思いついたら即行動する

・物事にかける時間を意識する

・短時間に集中する

・マルチタスク化させない

・集中できる時間を見つける

・優先順位を決める

・メモを頻繁に取る

・難しいタスクは分割する

・生活をパターン化する

・達成度合いを記録する

・100%に固執しない

 
いかがでしたか?

ぜひこれらのポイントを押さえ、効率的かつ生産的に時間を使えるようになって行きましょう。


スポンサーリンク

【今だけ無料鑑定】あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!
その中でも恋愛運が女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に導き出される『天声神語』が大好評です!

もしかしたら別れた彼かもしれないし、いま付き合ってる人かもしれません、
いつ、どこで運命の人と会えるのか・・・今なら『全員0円』で鑑定してもらえます。

今年もあと1ヶ月 恋愛運が気になる人は是非お試しください。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新記事をお届けします