やりたいことがわからない人が「転職」で「天職」を見つける方法

やりたいことがわからない人が「転職」で「天職」を見つける方法「毎日遅くまで仕事、仕事、仕事。」「いつ休んだっけ?」「昇給って何?ボーナスって何?」等、人それぞれ今の仕事に対する不満はあると思います。「もっといいところで働きたい…」と思うこともあるでしょう。

でも、これと言って特技もないし、明確にやりたいこともない。そもそも今不満に思っている環境でもなんとか生活はできているし、転職なんてリスク高すぎ…と思っているそこのあなた。もしくは、今のままだと体も心も壊す!限界を超えているというそこのあなた。

もしかしたら今が、転職を考えるいいチャンスかもしれません。

そこで今回は、やりたいことがわからない人のための転職方法についてお伝えします。あなたが天職を見つけるよきキッカケにしてください。

 

やりたいことがわからない人が「転職」で「天職」を見つける方法

スポンサーリンク

 

「やりたいこと」と考えるからややこしくなる

せっかく決まった就職先。この会社に納得して入ったはずなのに、何でこうもやもやするのだろう、と毎日の業務をこなしていませんか?

大抵の人がそのもやもやと折り合いをつけて、仕事をして、お給料をもらって、生計をなりたてています。しかし、そのもやもやが気にかかかって仕方ない、折り合いをつけられなくなったとき、それが転職を考える時期だと思います。

しかし、転職をして自分は何をしたいんだろう。何となく仕事をしてきたから特に「やりたいこと」もないし「得意なこと」もないから、面接になったら難しいな~そもそも志望動機書きようがないな〜と思われるかもしれません。

その「やりたいこと」「得意なこと」がないと転職できないという考えが、あなたの転職へのスタートダッシュを切らせてくれない原因です。

そもそも、「やりたいこと」を仕事としてできる人は、そこまでに精いっぱい努力をしてきた人です。もちろんあなたも多くの困難を経験し、努力もしてきたと思いますが、今働いているその職場で「やりたいこと」できていますか?

つまり、「やりたいこと」を仕事として成り立たせている人は最初からそこを目指しているのです。「やりたいこと」を今探しているのなら、それは転職先を見つける動機にはなりません。

 

仕事は自分の長所を生かす場所

「得意なこと」も特にないもんなーと考えているあなた。確かに「得意なこと」があれば転職をする上でも武器にはなります。

しかし「得意なこと」って言われても何も思いつかない人は、「今自分にできること」を考えてください。

例えば、仕事において、全くできなかったパソコンで資料作成ができるようになった、データ入力の仕事を通してタイピングのスピードが格段に上がった、営業の仕事を通して、お客様と関係を築くことで他社商品から切り替えを促せた、ということは今のあなたにできること、つまり武器だといえます。

また、できることとはできるようになったことです。できるようになるためにどのような努力をしてきたかも一緒に思い起こしてみましょう。

もちろん結果が全てですが、転職も結局は人と人との繋がり、あなたの人柄を見られます。なので、どんな行動を起こして、その結果に結びつけることができたのかということはあなたの人柄、長所であるといっていいでしょう。

どんなに小さなことでも構いません。仕事に限らなくても、例えば、プライベートで飲み会を企画して、みんなにまた開いてよと声をかけてもらったということも、あなたの企画力の高さが詰まっています。

まずは自分にできること、そのためにどう努力してきたのかを明確にし、新天地でどのように生かせるかを想像してみましょう。

 

譲れない条件をリストにしよう

転職は、文字にすると、受けたい企業向けの書類作成や面接に行くだけのように思えますが、想像以上に体力が必要です。受ける企業に合った応募書類を作るのもありきたりの志望理由じゃ通らないので、真剣に考えなければなりません。

そしてなにより履歴書。パソコンでの作成を良しとするところも多くなってきましたが、やはり手書きが好まれる傾向にあります。

修正テープ、訂正印も不可なので、ミスしたら何枚も書き直しなんてことはザラです。書いているうちに心が折れそうになります。在職中であれば書類作成は帰宅後になることが多く、寝る時間も削られますし…。

体力面もですが、精神面も強くないとできません。今働いている職場に「辞めたい」と伝えることも、容易なようで難しいものです。退職の意向を伝えた後の人間関係に悩まされることだってあるくらいです。

しかし、体力的にも精神的にもきつい転職活動を乗り越えた先に、自分が何を求めているのか一度整理してみましょう。

給与?評価制度?人間関係?休日休暇?勤務時間?人によって転職を決心した理由は様々だと思いますが、絶対に妥協できない条件を持っていれば転職先を見つける際の指針になります。

 

転職サイトで探すコツとは?

次の転職先で叶えたい絶対に譲れない条件をリスト化したら、次にそのリストに順位をつけましょう。すべて譲りたくないのは分かりますが、とはいえ、希望条件がそろった仕事というのはとにかく倍率が高いものです。

そもそも希望条件をすべて叶える仕事というものはおそらく数少ないのです。なので、希望条件リストの中でも優先順位をつけてください。
そして、紙媒体での求人より、今はWEB媒体での求人の方が探しやすく情報も詳しいので、各大手の転職サイトに登録はしておきましょう。登録が済んだら、早速仕事を検索してみましょう。

まずは、希望条件に当てはまる項目のチェックボックスを選択します。その内容に合った仕事の情報のみピックアップされますので、気になるものをクリックして見てみてください。

この時点で職種や業種を絞れていればベストですが、なんせ「やりたいことが…」と考えている皆さんですので、おそらくぼんやりとしか浮かんでいないでしょう。なのでこの時点では職種も業種も選ばなくてもいいと思います。

気になる仕事情報の仕事内容を穴が開くほど読み込んでください。その仕事内容に興味があれば応募のボタンを押してください。残念ながら興味のある仕事が見つからなかった場合は、譲れない希望条件の優先順位下位のものからチェックボックスをはずしていくと少しずつピックアップされる仕事が増えていきます。

とにかく応募してみないと始まらないので、応募のボタンは積極的に押しましょう。転職サイトおよび掲載企業によってはWEB選考もあるので、応募ボタンを押す時点で志望動機や自己PRも考え、文にしておくことも必要でしょう。

 
スポンサーリンク

 

応募書類の役割をきちんと知ろう

志望動機や自己PRを作っておくように書きましたが、実際にどう書けばいいか、初めての転職になる人であれば分かりませんよね。
転職で必要な応募書類は新卒での就活とは異なります。履歴書は共通していますが、“職務経歴書”というものが必要になります。まれに必要ない企業もあるようですが、どの企業にも提出できるよう準備は必要です。

職務経歴書に書くことは、自身の職歴の詳細と自己PRと志望動機です。「履歴書と何が違うの?」と思われるかもしれません。私も思ってました。「なんで似たような書類作らないといけないの?」と。

でも、各書類のそれぞれの役割を知ることで、必要な書類だと知ることができました。

まず、履歴書ですが、自身の名前や年齢などの個人情報と、学歴(多くは中学卒業から)と職歴、資格、志望動機と通勤時間等を簡易にかつ正式にまとめたものです。入社後は正式な書類として企業に保管される重要な書類になります。

それに加えて職務経歴書です。履歴書で企業名や所属名は書けたとして、仕事の内容があの狭い記述欄にかけるでしょうか?書けませんよね?履歴書で書けなかった詳細の部分を書くのが職務経歴書になります。

また、履歴書にはあなたの人柄が分かる情報が書かれていませんので、自分を売り込む企画書を作ると思って作ってください。私がハローワークで指導を受け、実際に書類選考率が80%を超えた職務経歴書の構成をご紹介します。

 

書類選考率を通過する職務経歴書の書き方

●志望動機
どうしてその会社のその仕事を選んだのか?
その会社のどんなところに惹かれたのか?
その会社に入って自分のどんな力を生かして、どんな活躍をしていきたいか?

●職務経歴
企業名/期間/職種/仕事内容(箇条書き)
働いた企業の数だけ
身に着けた能力
今までの仕事を通してできるようになったこと、評価をしてもらっていたこと

●自己PR
できるようになったことをもとに自分のアピールポイントを2、3個タイトル化
1つのタイトルにつき3行くらいの説明文をつける

●資格
取得資格だけでなく、今取得に向けて動いているものもあれば勉強中という書き方で記載

●私が貴社のために貢献すること
自己PRをもとに、応募先企業の業務内容に沿ってどのように仕事に取り組むのか、30字程度、3項目でまとめる

この内容をA4用紙に多くて2枚以内でまとめます。これが難しいのです。書き始めると感じると思いますが、意外に自分仕事してたんだな…と書きたいことがあふれてきます。このタイミングで自分をほめちぎってあげましょう。

どうしてもA42枚にまとめるのが難しければ、「資格」の項目は書かなくてもOKです。履歴書でもカバーできるので。

しかし、充実させなければならない必須項目は「志望動機」「職務経歴」「自己PR」です。ここで面接に進められるか決まるといっても過言ではありません。

志望動機なんて履歴書にも書くじゃんと思われるでしょうが、履歴書を見れば分かるとおり、記入欄が狭いです。なので、職務経歴書で志望動機をまとめたうえで、さらに要約して履歴書に書き込む流れがいいです。

職務経歴も履歴書に書いていない仕事内容は特に重要!どんな仕事をしてきたかという部分は企業が最も重要視するポイントなので、簡潔かつ分かりやすく書く必要があります。

そして自己PRです。私を採用するとこんなにいいことが!と言わんばかりの謳い文句をつけるイメージです。

例えば、「迅速かつ丁寧な業務処理能力に自信があります」という項目タイトルをつけ、その説明にどんな仕事を通してその自信をつけたのかを説明するのです。これを理想としては3つほど書いておくといいでしょう。

そして、この自己PRをもとに、最後の「私が貴社のために貢献すること」という項目をまとめるのです。

例えば、先ほどの自己PR

“迅速かつ丁寧な業務処理能力に自信があります”

と言う項目で、お客様からの受注入力をミスなく一日に100件だったのを150件まで件数を増やすことができたことをもとにまとめたのなら、この項目では、

“ミスなく業務に取り組み、お客様やともに働く皆様に安心を届けます”

とまとめれば、自分の持ち味を活かしながら、受ける企業の仕事をしている自分の姿をイメージしてもらいやすくなります。太字で書くとなおよいでしょう。

職務経歴書は、パソコンでの作成が原則です。パソコンスキルのチェックをしているという話もあります。なので見やすい構成で作成する力も必要でしょう。

 

プロへの相談が無料で?

“転職エージェント”をご存知でしょうか?WEBで求人を検索していたら、「非公開求人」という言葉を見る機会があるかと思います。その非公開求人に応募する際に連絡を取り、面談やあらゆるアドバイスをくれるのが転職エージェントです。

転職エージェントのメリットは、多くの人の転職活動を支援していることで、採用に繋がるコツを知っていることにあります。書類の添削から、面接対策等、様々なサポートがあります。これだけのサポートがありながら、サービスの利用は無料です。

「やりたいこと」が定まっていない転職初心者の皆さんにはうってつけのサービスではないでしょうか?

私自身も利用していましたが、自分では気づけなかった自分の強みや経歴の棚卸が面談を通してできたので、転職エージェントを介しての活動でなくても、面談を通して得た内容をもとに応募書類と面接の対策ができました。

ちなみに、ハローワークにもそのようなサービスがあります。

一人で悶々と悩むより、誰かに相談しながら転職を進めるというのも、客観的な意見がもらえて、転職に向けての新たな武器を見つけることができますよ。悩んだら第三者に積極的なアドバイスを求めるのも転職成功のための一つの方法です。

 

まとめ

やりたいことがわからない人が「転職」で「天職」を見つける方法

 

・「やりたいこと」と考えるからややこしくなる

・仕事は自分の長所を生かす場所

・譲れない条件をリストにしよう

・転職サイトで探すコツとは?

・応募書類の役割をきちんと知ろう

・書類選考率を通過する職務経歴書の書き方

・プロへの相談が無料で?

 

さて、やりたいこがわからない人の転職方法をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

厳しいことを言いますが、最初は失敗が続くものだとも覚悟しておいた方がいいでしょう。しかし、今できることをきちんと把握している人なら、自分の強みを理解し、自分の売り出し方が自然と身についてきます。

失敗にめげず、納得のいく会社に転職ができることを祈っております。


スポンサーリンク

【今だけ無料鑑定】あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!
その中でも恋愛運が女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に導き出される『天声神語』が大好評です!

もしかしたら別れた彼かもしれないし、いま付き合ってる人かもしれません、
いつ、どこで運命の人と会えるのか・・・今なら『全員0円』で鑑定してもらえます。

今年もあと1ヶ月 恋愛運が気になる人は是非お試しください。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Dreamerから最新記事を毎日お届けします