転職で成功する人はココが違う!最高の転職を実現する15の知識

転職で成功する人はココが違う!最高の転職を実現する15の知識日本では、転職というカードはなかなか使えませんが、めったに使えないからこそ有効に活用したい手段でもあります。

しかし、転職でキャリアアップできた人もいる一方、転職で賃金ダウンや、最悪のケースでは転職できないという事態になってしまうという人も少なくはありません。

転職に成功する人と失敗する人、どこに違いがあり結果を左右してしまうのでしょうか。

そこでこの記事では、最高の転職を実現するための知識として、転職に成功する人と失敗する人の違いや、具体的な転職方法についてお伝えします。

転職活動は正しくやれば誰でも成功できますが、そのためには材料をそろえることが大切です。この記事を読んで、あなたに必要な材料を見つけてみましょう。

 

転職で成功する人はココが違う!最高の転職を実現する15の知識

スポンサーリンク

 

目次

1.転職活動に成功する人と失敗する人の違い

2.最高の転職を実現する方法

3.まとめ

 

転職活動に成功する人と失敗する人の違い

転職で成功する人はココが違う!最高の転職を実現する15の知識

転職をキャリア全体からの視点で考えているか?

転職に成功する人は、「仕事」を主体的に考え、職業人生の中で何をしたいかという疑問から全体のキャリアを考えています。

一方で転職に失敗する人は、配属された部署や人間関係など、一時の職場環境が良くないという「気分」から突発的に転職する傾向があります。

確かに、今の環境に全く不満が無いという人もいるかもしれませんが、現実には多かれ少なかれ何らかの不満を抱えながら仕事をしている人が圧倒的多数です。

気分で転職を希望し、失敗しないようにするためにも、現在の仕事において待遇や仕事内容、人間関係に至るまでリストを一度作成し、譲れる条件と譲れない条件を一度整理してみる必要があります。

譲れない条件に近いものに不満を持っていても、それを今の会社に勤めながら改善する方法があれば、どのようにすればできるかを検討してみるのも良いでしょう。

 

「転職」というカードを気軽に使っていないかどうか

経験された方なら実感はあると思いますが、「転職」はあくまで最後のカードです。

転職に成功する人は、「転職」はあくまで希望実現の最後のカードであることを十分に理解しています。そのため、転職を実際に行うかどうかについては慎重に検討したうえで行動します。

しかし、転職に失敗する人は、不満があれば何度でも転職できると思い込んでおり、少しの不満ですぐに転職を考えようとします。

確かに、求人広告を見ると多くの企業で求人を行っており、いつでも転職できるような錯覚さえ抱くような状況ではありますが、人事担当者は転職歴の多い人材を採用したいとは思っていません。

なぜなら、企業の採用活動には求人広告から面接の人件費など、多くの経費が掛けられており、採用した人材がすぐに退職すると人事担当者のミスとして責任を追及されるからです。

転職回数が多い人より少ない人の方が優先されることは当然と言えます。

目安でいえば、30代までであれば転職回数は2回までという不文律の目安が人事担当者間では存在します。転職はあくまで慎重に行うべきです。

 

自分の強みと弱みを客観視し、面接でうまくアピール出来るか?

採用された後に面接を担当した社員に採用の理由を聞いてみると、自分では思っていなかった意外な採用理由を聞くこともあります。

それほど自分自身の強み弱みの客観視は難しいものなのですが、それでも、転職に成功する人は、自分の強み弱みを理解することに努めます。

転職の際には自分の強みと弱みを面接でのアピールに活用し、転職後はそれを伸び代として意識して成長するための指標として努力をすることができるからです。

そして、そのようなことができる人は共通してマネジメント能力にも優れています。

そのため、人事担当者は自分の強み弱みを理解できている人を採用するようにするわけです。

一方、転職に失敗する人は、自分の強み弱みを真剣に考えることをせず、「面接すれば採用される」といった甘い考えで転職活動をしてしまう傾向にあります。

しかし、不採用が続くと人格そのものを否定されたような気分となり、ますます落ち込み、もしくは「数撃てば当たる」とのごとく、企業研究をないがしろにして応募者数のみを増やしてしまうなど、ますます悪循環となってしまいます。

これが全てではありませんが、転職活動が上手くいっていない人は、「自分のどこを企業が評価するか」をもとに、評価してくれそうな会社をイメージしてみることも必要でしょう。

 

転職活動を退職前に行っていたかどうか

転職に成功する人は、退職前から転職活動を行っています。

その理由は、収入が途切れる心配がなく、余裕を持って転職活動ができるからにほかなりません。

転職活動をしたところで、必ずしも転職が成功できる保証がないことは言うまでもないところですが、退職してから転職活動をすると、生活資金が苦しくなり、妥協した条件で転職をせざるを得なくなることは珍しくありません。

そして、妥協した条件で転職してしまうと、短期間で次の転職も考えるようになります。

その様なことにならないためにも、会社を解雇された場合はともかく、退職してからの転職活動は厳禁と言えるでしょう。

 

転職時に譲れない条件を明確化しているか?

転職に成功する人は、決まって転職後の条件を明確にして転職活動を行います。

例えば、家族を持ったため収入を増やさなければならないから収入アップを目的に転職する、就きたい業界に就職するために転職するなどです。

しかし、転職に失敗する人は、現在の職場に対する「なんとなく」の不安から、目指すべき譲れない条件をあいまいにしたまま、何となくイメージのみで転職してしまい、結局望むものを中途半端にしか得られない転職をしてしまう傾向にあります。

そのため、転職しても「こんなものではなかった」と思い、また転職を重ねてしまうということにもなってしまいます。

 

転職情報の収集に人脈を活用しているかどうか?

転職に成功する人は、ハローワークや職業紹介会社以外にも、社外の人脈や知り合いを頼ってまで転職手段とすることが多い傾向にあります。

また、キャリアプランを実現させるために知り合いの経営者や業界関係者などを間接的に紹介してもらい、転職の情報を収集し、就職先としてアプローチすることもします。

なお、ここで注意しなければならないこととしては、露骨に「転職先を探しています」とお願いすることは厳禁ということです。

しかし、転職に失敗する人は、ハローワークなどのオープンネットワークにしか頼りません。

しかし、オープンネットワークの問題点は、経営者が広く求人活動をすることができるため、賃金水準等の待遇が低くなる傾向があります。

本当に良い求人は、公開情報にないところにあったりしますので、友人知人の力を借りることも時には必要となります。

 

一社一社の面接に全力を傾けているか?

転職に成功する人は、面接に行く準備段階から帰る時まで気を抜きません。

面接先のホームページで会社概要や想定問答を確認し、道順を確認し、必ず30分前後前には到着し、トイレで身だしなみを確認し、アファメーションを行います。

さらに、社内外を問わず面接現場付近では全員面接官であるという気持ちで接します。

一方で転職に失敗する人は、多くの会社を受けているという事情もあるでしょうが、面接先の情報収集を省略しがちになります。

また、面接も開始時刻ギリギリに到着し、十分な準備もできないままに面接に臨むことになってしまいます。

どちらが好印象となるかは明らかで、決して数多く就職面接を受けることが良い就職活動とは言えません。

 
スポンサーリンク


 

最高の転職を実現する方法

転職で成功する人はココが違う!最高の転職を実現する15の知識

「何故転職をするのか?」をリストアップする

まずは、あなたの転職に対する気持ちや考えを明白にさせる必要があります。

実際に転職をするにせよ、思い止まるにせよ、モヤモヤと悩んだ状態をいつまでも続けてしまうというのはよくありません。

具体的に自分自身が何に関して不満を持っているのか、あるいはどのような「希望」を持っているのかについて書き出してみてください。

さらに、実際に転職をするために今の職場を辞めた場合と辞めなかった場合の両方において、どのような「メリット及びデメリット」が生じる可能性があるのかを書き出しましょう。

そしてすべて書き出した後は、それが妥当といえるのかどうかを客観的に分析してみてください。

 

親しい人に話してみる

前項を実行し、ある程度自分自身を客観視したならば、次は肉親や友人、恋人など、親しい人に今の自分自身の状態や感じていること、考えていることを話してみましょう。

これをすることにより相手から自分では思い浮かばないような、意外なアドバイスを提供されるという可能性もありますし、自分の気持ちを他者へと伝えるという行為によってより自分自身をさらに客観視することができるようになります。

ただし、この時に気をつけなければならないのが、たとえ親しい人であるとはいえ、不要なトラブルを避けるためにも、現在の職場の関係者には話をしてはならないということです。

 

業種・職種・志望企業の情報を得る

前項までのことをひと通り行った上で、それでも転職の意志が揺らがないというのであれば、次にするべきことは希望する業種・職種や志望企業などに関する情報を徹底的に収拾するということです。

この時できるだけ多くの情報に接するということにより、自分の手元に存在する選択肢がどのようなものであるのかということをしっかりと認識することが可能となります。

まずは、転職紹介サイトやハローワークに登録したり、求人広告、求人専門誌などに目を通して、いろいろな企業を探してみましょう。

その中で気に入った企業が見つかったなら、公式サイトやIR情報、会社四季報、就職四季報などからより詳しい会社情報を収集してみるといいでしょう。

また、その会社アカウントのSNSや運営ブログなどにも、あなたが欲しい情報が載っている場合もあるので、チェックしてみてください。

 

たくさんの求人情報に目を通す

また同時に行うべきこととして、求人サイトや情報誌、あるいはハローワークなどで、なるべく多くの求人情報に目を通すということです。

これをすることによりあなたが希望している仕事に関して求人側がどのようなことを条件として課しており、どのような人材を希望しているのかを知ることができます。

同時にそれは、その条件下におけるあなたの市場価値がどの程度であるのかということをも浮き彫りにします。

また、そうしたハードルをクリアするためには、どのようなアプローチが有効であるのかという事に関するヒントを得るということにも繋がるでしょう。

 

履歴書を作成してみる

おおよその求人の相場や自分自身の市場価値を理解したのであれば、次に行うべきことはそれを実際に履歴書へ落としこむという作業です。

その業種や企業などがどのようなニーズを有しており、そこに対して自分という人材は何を提供することが出来るのかということを具体的に記述をしていきましょう。

採用担当者は、「なぜ他社ではなく、この会社を選んだのか」「自社の独自性や強みを理解しているか」という点を見ています。

自己PRを含めながら、どのように貢献できるかという点について、自分という商品を売り込むことに集中して書いてみましょう。

 

転職エージェントへの相談をする

ある程度方向性が定まってきたのであれば、次は転職エージェントなどに相談をし、プロの力を借りてみましょう。

転職エージェントでは、一般には公開されていない「非公開の求人」も紹介や、「履歴書の添削」や「アフターフォロー」も充実しています。

また、転職エージェントに依頼する際には、出来るだけ詳細にオーダーを伝えるようにして下さい。

自己分析して得た情報を詳しく伝えておくことで、あなたが理想する企業が見つかる精度が高まります。

 

退職前に面接等を受けておく

実際に相手方企業との面接あるいは相談という段階になったとき注意したいのが、企業との間で合意形成がなされ、「採用が決定されるまでは、今の仕事を辞めないようにする」ということです。

「転職活動に成功する人と失敗する人の違い」でもお伝えしましたが、退職してから転職活動をすると、妥協した条件で転職をせざるを得なくなることもあります。

最高の転職を実現するためには、退職前に転職活動を終わらせることが必然とも言えます。

相手方の企業に対しては、今現在自分自身が転職中でありまた退職前であるということをしっかり伝え、そのことを前提とした上で入社日程などを決めていきましょう。

 

円満な退職をする

転職において現在の職場を退職をするということは最後の仕上げの段階となります。

この際に気をつけたいのは、出来る限り現在の職場における心象を悪くせず、円満に退職をするということです。

たとえその会社を退職したとしても、今後においてまた何らか別の形にてその会社と関係を持つという可能性が考えられます。

職場に対する不満などを表明するのではなく、あくまでも感謝の気持ちを述べるに留めましょう。

もし現在の会社に未払賃金などの問題があるようでしたら、退職後に正規の手続きを踏んだ上にて対処するようにしてください。


 

まとめ

転職で成功する人はココが違う!最高の転職を実現する15の知識

 

転職活動に成功する人と失敗する人の違い

・転職をキャリア全体からの視点で考えているか?

・「転職」というカードを気軽に使っていないかどうか

・自分の強みと弱みを客観視し、面接でうまくアピール出来るか?

・転職活動を退職前に行っていたかどうか

・転職時に譲れない条件を明確化しているか?

・転職情報の収集に人脈を活用しているかどうか?

・一社一社の面接に全力を傾けているか?

最高の転職を実現する方法

・「何故転職をするのか?」をリストアップする

・親しい人に話してみる

・業種・職種・志望企業の情報を得る

・たくさんの求人情報に目を通す

・履歴書を作成してみる

・転職エージェントへの相談をする

・退職前に面接等を受けておく

・円満な退職をする

 

転職活動は、「あなたという商品」を買ってもらうための営業活動にしか過ぎません。

商品を売れるようにすること、高く売れるようにすることは、通常の営業活動と何ら変わりがないと考えると、あなたという商品を「買う人の目線」で考える必要があります。

転職についても成功する人は、高く自分が売れるように工夫をしているわけです。

この記事を通して少しでも具体的な行動をイメージでき、あなたの転職活動に役立てば幸いです。


スポンサーリンク

【今だけ無料鑑定】あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!
その中でも恋愛運が女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に導き出される『天声神語』が大好評です!

もしかしたら別れた彼かもしれないし、いま付き合ってる人かもしれません、
いつ、どこで運命の人と会えるのか・・・今なら『全員0円』で鑑定してもらえます。

今年もあと1ヶ月 恋愛運が気になる人は是非お試しください。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Dreamerから最新記事を毎日お届けします