垂れた胸を改善して、ハリのある「上向きおっぱい」を取り戻す方法

垂れた胸を改善して、ハリのある「上向きおっぱい」を取り戻す方法昔はピンとしたハリが自慢だった胸が垂れてきたとき、女性としてとてもショックですよね。ダイエットや授乳をきっかけに、一気に垂れてしまう場合もあります。

しかも、垂れた胸のせいで、

  • 女性としての自信を失ったり
  • パートナーと向き合うことができなくなったり
  • 着る服に困ったり…

と、ストレスの原因になっていませか?

胸が垂れるのは仕方ないと諦めようとする人も多いようですが、実は、垂れた胸を改善するためにできることはたくさんあります。

この記事では、垂れた胸をできるだけ早く回復させて、ピンとハリのある上向きおっぱいを取り戻す方法をご紹介します。

 

垂れた胸を改善して、ハリのある「上向きおっぱい」を取り戻す方法

スポンサーリンク

 

目次

  1. 毎日の生活に隠れた胸が垂れる原因
  2. 垂れた胸とサヨナラする改善方法
  3. まとめ

 

毎日の生活に隠れた胸が垂れる怖い原因

垂れた胸を改善して、ハリのある「上向きおっぱい」を取り戻す方法

垂れた胸を改善するために、まずは胸が垂れる原因を知っておきましょう。

あなたが無意識に行っている習慣が、垂れた胸を作り出してしまう、怖い原因になっているかもしれません。

加齢によるコラーゲンの減少

20代の頃の胸と40代の頃では、胸の形や大きさが変わってきます。これは加齢による変化です。

年齢を重ねると体内にある「コラーゲン」が減少する、という話は聞いたことがある人も多いでしょう。

実は、胸が垂れないように上向きに支えている靱帯と、加齢によって減少するコラーゲンには、密接な関係にあります。

胸を支えている靱帯のことを「クーパー靭帯」といい、クーパー靱帯は胸全体にネットのように張り巡らされていて、乳房を包み込みつり上げるように支えています。

胸はあるのに谷間ができない!「離れ乳」4つの原因と改善方法
画像引用:http://www.skincare-univ.com

そして、このクーパー靭帯はコラーゲンの束でできているのです。

しかし、体内のコラーゲンが減少することによってクーパー靭帯の力が弱くなると、次第に乳房を支えきれなくなり、胸が垂れていくというわけです。

 

激しい運動やノーブラでの生活

上下に胸が揺さぶられるような激しい運動や、ノーブラでの生活も胸が垂れる原因になります。

先ほどご紹介した「クーパー靭帯」は、胸が激しく動かされると、その反動で伸びたり切れたりしてしまい、胸を支える力がどんどん弱まってしまいます。

さらに残念なことに、一度伸びたり切れたりしたクーパー靭帯が、自然に元に戻ることはありません。

そのため、クーパー靭帯を傷めないように、胸を激しく揺らさない工夫が必要です。

 

胸の筋肉不足

胸全体を包んで支えるクーパー靭帯と一緒に、バストの上向きに大切なのが、胸の土台となっているのは「大胸筋」という筋肉です。

垂れた胸を改善して、ハリのある「上向きおっぱい」を取り戻す方法

この土台がしっかりしていないと、胸が垂れたり傾いたりしやすくなってしまいます。

大胸筋は、縁の下の力持ちとして、胸を支えているのです。

 

合わないブラジャーを使っている

バストサイズに合わないブラジャーを着け続けていると、胸を適切に支えることができず、胸のお肉が横や下に流れてしまい、胸の位置がどんどん下にずれていきます。

また、胸の位置が下にずれたままブラジャーで締め付けた状態が続くので、バストの組織を傷めることにもつながり、バストの下垂が進行してしまいます。

 

姿勢が悪い

猫背になると、それだけで胸が垂れ下がります。

猫背の状態で毎日過ごしていくうちに、徐々に垂れ下がった状態が定着するので、胸の形自体が下垂しまうのです。

さらに、姿勢が悪いことで血液やリンパの流れも悪くなり、上向きのバストを維持するために必要な栄養が胸に届けられなくなります。

これにより、クーパー靭帯や大胸筋にも悪影響が出てしまい、胸の下垂の加速につながってしまいます。

また、最近ではスマホやパソコンの使い過ぎで姿勢が悪くなり、胸が下垂している人が急増しています。

特に、スマホは目線が常に下向きになり屈んだ体勢になるため、胸がどんどん垂れ下がる原因になっているのです。

 

女性ホルモンバランスの変化

胸と女性ホルモンは密接な関係にあるため、女性ホルモンのバランスの変化に影響して、胸の状態も変わります。

特に、妊娠出産を経た後に胸が垂れることは非常によく発生します。

妊娠時と出産後の赤ちゃんに母乳をあげている間は、胸が大きい状態が続きます。

これは母乳を作るために乳腺が発達するためです。

しかし、卒乳後に母乳を作る必要がなくなると、胸がしぼむのと同時に垂れてしまうことが多いです。

 

胸をケアする習慣がない

若い頃に、何もしなくてもツンと上向きで美しい胸だった人ほど、胸をケアする習慣がなく徐々に胸の下垂が進んでしまう傾向にあります。

毎日顔のお手入れをするように、胸にも毎日のお手入れが必要です。

何もケアせずに放置していると、どうしても胸の下垂は進行してしまいます。

 

垂れた胸とサヨナラする改善方法

垂れた胸を改善して、ハリのある「上向きおっぱい」を取り戻す方法

胸が垂れる原因が分かったところで、いよいよ垂れた胸を改善していきましょう。

コラーゲンを摂取する

コラーゲンでできている「クーパー靭帯」を維持するためには、単純なことですが、コラーゲンをたくさん摂取しましょう。

コラーゲンは「20歳」をピークに年々減少していくともいわれるので、20歳を過ぎたら意識してコラーゲンを確保する必要があります。

コラーゲンが多く含まれる食べ物には、下記のようなものがあります。

  • 手羽先、鶏皮
  • 牛すじ、牛テール
  • 豚足
  • 鮭などの魚の皮周辺
  • エビ、カレイ、うなぎ

また、食べ物から摂取するよりも、より吸収性を高めたコラーゲンのサプリメントがあるので、上手に利用しましょう。

 

大胸筋を筋トレする

「筋トレ」というと大げさですが、胸の土台となる大胸筋は、日常生活の中で簡単に鍛えることができます。

超簡単な大胸筋トレーニング

垂れた胸を改善して、ハリのある「上向きおっぱい」を取り戻す方法

その方法とは、両手を胸の前で合掌するように合わせて、押し合うだけです。

腕と床が垂直になるようにひじを上げ、息を吐きながら15秒、ギューッと手のひら同士を押し合ってください。腕の力で押すのではなく、胸の筋肉に意識を向けて押すのがコツです。

ちなみに、この方法はとても簡単ですが、その分、筋肉を鍛えた効果が出るのも遅くなりがちです。

もっと強力に鍛えたい人は

垂れた胸を改善して、ハリのある「上向きおっぱい」を取り戻す方法

さらに本気で大胸筋を鍛えたいなら、「腕立て伏せ」がおすすめです。

大胸筋を鍛える腕立ては、「ワイドプッシュアップ(腕の幅を広く取った腕立て伏せ)」と呼ばれ、手をつく位置を肩幅よりも広めにして行います。

最初はつらくても、たった5回でも続けるうちに、徐々に回数がこなせるようになっていきます。それを楽しみながら続けてみてください。

本当にきつい人は、膝をついてチャレンジしてみましょう。

 

ブラジャーを変える

まずは、あなたが今身につけているブラジャーのサイズが合っているのか確認しましょう。

いつの間にかバストサイズが変わっていることが多いので、一度メジャーで正確に測り直して、今のバストサイズに合わせたブラジャーを選んでください。

また、すでに胸が垂れ始めている人は、それを積極的にケアして下垂を止める必要があります。

サポート力の弱っているクーパー靭帯や大胸筋の代わりに、胸をしっかりホールドし上向きにしてくれる「補正ブラ」に変えてみましょう。

特に、運動するときには必ず補正ブラを着けてください。

ダイエットのためにジョギングをする人も多いでしょうが、胸が支えられていない状態で運動をすると、クーパー靭帯の破損が進んで、どんどん胸が垂れてしまいます。

ほかにも、普段の日常生活の中で、

  • 階段の上り下りが多い
  • 歩く時間が長い
  • 体をよく動かす仕事をしている

などの、胸が揺さぶれる機会が多い人もブラジャーに気を使う必要があります。階段一歩一歩の刺激でも、クーパー靭帯にダメージを与えています。

さらに、睡眠中専用のブラジャーを使用するのもおすすめです。「ナイトブラ」や「おやすみブラ」などの名前で販売されています。

寝ている間は無意識に胸に負担のかかる体勢になっていることがあるため、寝ている間にもクーパー靭帯への刺激を予防する必要があるのです。

睡眠は毎日行うものなので、ダメージもどんどん積み重なり、クーパー靭帯の破損も多くなっていきます。できるだけ早めに対処しましょう。

→3D補正のおすすめのナイトブラはこちら

自分に合ったブラジャーの選び方

自分に合うブラジャーを選ぶために最も必要なのは「採寸」です。

過去に採寸したことがあっても、胸のサイズは1~2kg体重が増減しただけでも変わるので、ブラジャーを選ぶ度に新たに採寸するようにしましょう。

採寸するときは、「アンダーバスト」と「トップバスト」をメジャーで測ってください。

アンダーバストとは、胸のふくらみの下のギリギリの部分です。サイドや背中側でメジャーが斜めになっているとサイズが変わってしまうので、必ず鏡の前で床と水平になっているか確認することが重要です。

次にトップバストとは、胸のふくらみの一番大きい部分です。このトップバストの測り方は、胸が垂れている人は特に注意しなければなりません。

トップバストの主流の測り方は裸で直立して測るやり方ですが、これだと胸が垂れている人は実際よりも小さいサイズで計測されてしまうのです。

胸が垂れている場合は、90度におじぎした状態で測るようにしましょう。アンダーバストと同じく、メジャーが斜めにならないように鏡の前で確認しながら測ってください。

トップバストの測り方
画像引用:http://bradelisny.jp/size

アンダーバストとトップバストの差によって、カップは下記のようになります。

カップ
Aカップ10cm
Bカップ12.5cm
Cカップ15cm
Dカップ17.5cm
Eカップ20cm
Fカップ22.5cm

正しいブラジャーの着け方

毎日、適当にただ着けているだけでは胸の下垂が進行してしまいます。

ブラジャーを正しく着けるだけでも、下垂に歯止めをかけることができるので改めて確認しましょう。

以下の4つのステップで行ってみてください。

  1. ブラジャーのストラップを肩にかけて、カップの下部分をアンダーバストに合わせます。
  2. 上半身を前に倒して、ブラジャーのホックを留めます。
  3. ブラジャーのワイヤーの下を押さえながら、手をブラジャーの内側に入れて、胸の脇のお肉を後ろから前に向けて寄せ上げて、カップ内に収まるように整えます。
  4. 状態を起こし、ストラップの長さを調整します。

 

姿勢を整える

猫背でいる時間が長ければ長いほど、胸に下へ向かう重力がかかって、垂れていきます。できる限り正しい姿勢で過ごすようにしましょう。

正しい姿勢とは、頭のてっぺんから糸でつられるように背筋を伸ばし、あごは引いて、背中の肩甲骨を中心に向かって引き寄せるつもりで胸を張った状態です。

立って歩いているときはもちろん、座っているときにも正しい姿勢を意識してください。

また、デスクワークなどで椅子に座っている時間が長い人は、姿勢を補助してくれる骨盤シートを利用するのもおすすめです。

特に、パソコンを使うときには、背中が丸まって胸が下向きになることが多いので、常に胸を張るような対策をしていきましょう。

どうしても正しい姿勢で過ごし続けるのが難しい人は、先ほどご紹介した胸を上向きにホールドする補正ブラジャーを常に着けるようにしてください。

猫背で、かつ胸のサポートもしない場合、かなり早いペースで胸の下垂が進行してしまいますので、気をつけましょう。

 

ホルモンバランスを整える食生活に

胸の下垂の大きな原因でもある女性ホルモンのバランスを整えるためには、「大豆」を積極的に摂りましょう。

大豆には「大豆イソフラボン」という成分が含まれていて、女性ホルモンの一種である「エストロゲン」と同じ作用をする成分です。

エストロゲンは、「女性らしさ」を司るホルモンとも言われ、肌をしっとりと美しくしたり、女性らしい体つきを作ったりするホルモンです。

もちろんおっぱいの形とも大きな関係があり、乳腺や胸の脂肪を発達させるのもエストロゲンの役割なのです。

このエストロゲンと同じ役割をしてくれる「大豆イソフラボン」をしっかりと摂ることで、胸の形を上向きに整えることができます。

そのほかに、女性ホルモンのバランスを整えてくれる栄養素は、ビタミンB6とビタミンEです。

イソフラボン納豆、豆腐、豆乳などの大豆製品
ビタミンB6マグロ、カツオ、サケ、サンマ、レバー、鶏肉、ニンニクなど
ビタミンEイクラ、タラコ、ウナギ、カボチャ、アボカド、アーモンドなど

関連記事:胸を大きくする食べ物を大特集!食生活であなた史上最高のおっぱいに!

なお、食べ物だけでなく、サプリメントでも女性ホルモンのバランスを整える成分を摂取することができます。

例えば、バストアップ成分として有名な奇跡の植物「プエラリア」には、イソフラボンが大豆の40倍も含まれています。

サプリなら毎日簡単に継続できるので、食生活の改善と合わせて、上手に取り入れると良いでしょう。

→純正プエラリア100%のサプリはこちら

 

バストアップクリームでマッサージする

垂れた胸を改善するためには、「マッサージ」も有効です。

胸を上向きにキープするためには、クーパー靭帯や大胸筋へのケアが不可欠ですが、これらの組織が維持されるためには「栄養」と「酸素」が必要です。

そして、この栄養や酸素を運んでくれるのが血液の役割です。

マッサージによってリンパに溜まった老廃物が排出され、血行が促進されると、胸のキープに必要な栄養と酸素が充分に届けられ、クーパー靭帯や大胸筋の衰えを予防することができます。

参考動画:https://youtu.be/l1YjV6g7dig

リンパを流す「おっぱいもどし」マッサージ

垂れた胸を改善して、ハリのある「上向きおっぱい」を取り戻す方法

  1. 手のひらでヒジからワキの下を通り、バスト上部へと10回なでます。
  2. 肩甲骨からワキの下を通して、バスト上部へと10回なでます。
  3. ワキの下のリンパ節を、つまむように10秒間マッサージします。
  4. ヒジからワキの下を通り、バスト上部へと10回なでます。

女性ホルモンを分泌する「おっぱいさすり」マッサージ

垂れた胸を改善して、ハリのある「上向きおっぱい」を取り戻す方法

  1. 手のひらをおっぱいの下に当てて、鎖骨の中心に向かうように上へとさすります。
  2. このとき親指の付け根の部分でバストトップをさするのがポイントです。
  3. 左右10秒間行いましょう。

上向きおっぱいになるツボを刺激する「おっぱいふんすい」マッサージ

垂れた胸を改善して、ハリのある「上向きおっぱい」を取り戻す方法

  1. 胸の中央から乳頭に向かって2cmほど親指を滑らせて、凹んだところを3秒ほど押し込みます。
  2. この凹んだ部分は、おっぱいを上向きにする「しんぽう」というツボです。
  3. これを左右で3回ずつ行いましょう。

注意したい点として、摩擦の強いマッサージや強い圧をかけたマッサージは、クーパー靭帯の破損につながるので逆効果になってしまいます。

マッサージはやさしくそっと行うようにしましょう。

その際、肌を保護しながら適切な力でスムーズにマッサージするために、「バストアップクリーム」を使用するのがおすすめです。

バストアップクリームには、胸を上向きに保つための美容成分も含まれているので、相乗効果が期待できます。

→メディアで話題のバストアップクリームはこちら

 

まとめ

垂れた胸を改善して、ハリのある「上向きおっぱい」を取り戻す方法

 

毎日の生活に隠れた胸が垂れる怖い原因

  • 加齢によるコラーゲンの減少
  • 激しい運動やノーブラでの生活
  • 胸の筋肉不足
  • 合わないブラジャーを使っている
  • 姿勢が悪い
  • 女性ホルモンバランスの変化
  • 胸をケアする習慣がない

垂れた胸とサヨウナラする改善方法

  • コラーゲンを摂取する
  • 大胸筋を筋トレする
  • 補正ブラに変える
  • 正しい姿勢をキープする
  • ホルモンバランスを整える食生活に
  • バストアップクリームでマッサージする

 
胸が垂れてきたとき、「歳のせいだから仕方ない」と諦めるのか、「できることをやろう」と思うのかで、結果が全く変わってきます。

垂れた胸は、まだまだ改善できる悩みです。

早速できることから実行して、上向きの形の良いバストを取り戻しましょう。


スポンサーリンク

【今だけ無料鑑定】あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!
多くの女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報から導きだされる『福音ソウルメイト』が大好評です!

もしかしたら別れた彼かもしれないし、いま付き合ってる人かもしれません、
いつ、どこで運命の人と会えるのか・・・今なら『全員0円』で鑑定してもらえます。

今年もあと1ヶ月 恋愛運が気になる人は是非お試しください。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新記事をお届けします