【仕事の流儀】一流アスリート達が実践する「高い集中力」の発揮方法

【仕事の流儀】一流アスリート達が実践する「高い集中力」の発揮方法マイケル・ジョーダンや丸山茂樹ら一流のアスリートは集中力が最大級に高まると、周囲の音がまるっきり聞こえなくなり、まるでスローモーションのような世界が見えると語ります。

野球で、「ボールが止まって見える」というのも集中力が高まったことにより起こる現象です。これをいわゆる「ゾーン」と呼びます。もし仕事中にゾーンに入ることができたなら、仕事に集中することが出来、ものすごく効率が上がるのでは?と思いませんか。

同様の方法を使えば、アスリート達並みの集中力を発揮することが期待できるかもしれません。そこで今回は、アスリート達が実践している集中力の高め方をご紹介します。

 

【仕事の流儀】一流アスリート達が実践する「高い集中力」の発揮方法

スポンサーリンク

 

同じ動作を繰り返すイチロー

【仕事の流儀】一流アスリート達が実践する「高い集中力」の発揮方法
メジャーリーガーのイチローは、バッターボックスに入る前に足の屈伸をします。そしてバッターボックス内ではバットをまっすぐに立て、ピッチャーに向けてユニフォームの右肩を左手でまくってバットを構えます。

これは毎回行われている言わば儀式のようなもので、イチローはこの方法で集中力を高めているのです。この一連の流れを行うことで潜在意識に集中するようにプログラムされます。

この方法を仕事に応用する場合、仕事に入る前に何か習慣化させるのが良いでしょう。例えば、コーヒーを飲む、ストレッチを行うなどです。こうしたおなじみの儀式を行うことで脳が集中するモードへとスイッチを切り替えます。

 

自分自身に集中する本田圭佑

【仕事の流儀】一流アスリート達が実践する「高い集中力」の発揮方法
サッカー日本代表の本田圭佑選手の集中力を高める方法は、無口になることです。彼は試合の数日前から無言になり、それまで饒舌にマスコミ対応していたのが嘘のようにあっさりと報道陣をスルーします。「他の人と話さない」ことで集中力を高めるのです。

確かに他の同僚と雑談をしているときは決して集中した状態とは言えません。あまつさえ、雑談の内容が気になってネット検索してしまったり。

他の人と話をせずに自分自身に集中する方法は、集中力を高めるためには効果的でしょう。

 

ジンクスを大切にする浅田真央

【仕事の流儀】一流アスリート達が実践する「高い集中力」の発揮方法
集中力を高めるためにジンクスを大切にするアスリートが多いことは知られています。フィギュアスケートの浅田真央選手もその1人です。浅田真央選手は左足に強いこだわりを持っていて、スケート靴も必ず左足から履くそうです。

そして試合のリンクにも左足から入ることをジンクスにしています。ジンクスを守ることで集中力を高めているのです。手のひらに「人」という字を書いて飲み込むと緊張しないというのもジンクスの1つでしょう。

パソコンを再起動させると集中できる、一度トイレで顔を洗って出直すと集中できるなど、自分のオリジナルのジンクスを作ってみるのはいかがでしょうか。

 

脳を快の状態にする吉田沙保里

【仕事の流儀】一流アスリート達が実践する「高い集中力」の発揮方法
世界大会15連覇の偉業を達成した女子レスリングの吉田沙保里選手。彼女の集中力の秘訣はどんなピンチでも「楽しむ気持ちを忘れない」ことにあります。

この方法は脳科学的にも効果的で、ドーパミンという快楽を増幅させる物質は集中力を高めるために欠かせないものです。そのため、快楽を与えることでドーパミンを放出させます。

普段のビジネスであれば、トイレに行ってスッキリした後や休憩などで一服ついたあとなどが集中力を高めるために効果的なタイミングです。仕事中の範囲内で自分が快楽を感じることは何かを色々探ってみましょう。

 

自己暗示によって集中力を高めたモハメド・アリ

【仕事の流儀】一流アスリート達が実践する「高い集中力」の発揮方法
ボクシングの伝説のチャンピオン、モハメド・アリの集中力の高め方は「おれは最高だ」という言葉をことあるごとに使って自己暗示をかけていたことです。自己暗示は自分自身をその気にさせるという意味で非常に効果的です。

自己暗示は脳に刺激を与え、本当に力を発揮することがあるのです。実際モハメド・アリはこの方法で20世紀を代表する伝説のチャンピオンになりました。

自己暗示のかけ方は色々ありますが、最もポピュラーなのは鏡に向かって自分の目を見ながら語りかけることです。「仕事を5時までに終わらす」「おれはやれる」など自分自身を鼓舞するワードをつぶやいて集中力を高めましょう。

 

目標を少し遠くに置く北島康介

【仕事の流儀】一流アスリート達が実践する「高い集中力」の発揮方法
水泳の金メダリスト、北島康介選手は世界記録ペースで泳いでいたにもかかわらず、残り10mで失速し記録更新ならずということが続いたそうです。

それはゴールが見えてきたことで安心し、集中力が途切れてしまうからだと精神科医に指摘されたことをきっかけに、ゴール(目標)を少し遠くへ置くことを意識しました。その効果があったのか、北島選手は世界新記録を樹立する偉業を成し遂げたのです。

仕事も同様です。もうすぐ終わりだと思うから集中力が低下します。やるべきラインよりも少し多めに目標を設定することで最後まで集中力が途切れないようにすることが出来ます。

 

まとめ

【仕事の流儀】一流アスリート達が実践する「高い集中力」の発揮方法

 

・同じ動作を繰り返すイチロー

・自分自身に集中する本田圭佑

・ジンクスを大切にする浅田真央

・脳を快の状態にする吉田沙保里

・自己暗示によって集中力を高めたモハメド・アリ

・目標を少し遠くに置く北島康介

 

集中力を必要とするアスリート選手の集中力の高め方は参考になったでしょうか。

アスリート選手になれなくとも、彼らと同様の集中力を発揮し、自分のデスクというフィールドで全力で戦いましょう!


スポンサーリンク

【今だけ無料鑑定】あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!
多くの女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報から導きだされる『あなたの運勢』が大好評です!

もしかしたら別れた彼かもしれないし、いま付き合ってる人かもしれません、
いつ、どこで運命の人と会えるのか・・・今なら『全員0円』で鑑定してもらえます。

今年もあと1ヶ月 恋愛運が気になる人は是非お試しください。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新記事をお届けします