人見知りでも「初対面の人との会話」を盛り上げる13のコツ

人見知りでも「初対面の人との会話」を盛り上げる13のコツ初対面の人と会う機会においてどのように会話をすればよいのか分からない、という悩みを持っている方は多いのではないでしょうか。うまく話をしようとするあまり、焦りで却ってパニックになってしまうという場合もあるかも知れません。

そこで今回は、そうしたパニックに陥ること無く、スムーズに初対面の人との会話を盛り上げるためのコツについて、具体的にお伝えします。

人見知りの人でもコツさえ覚えれば、初対面の人との会話は難しくありません。堂々とチャレンジしてみてください。

 

人見知りでも「初対面の人との会話」を盛り上げる13のコツ

スポンサーリンク

 

威圧感を与えない

人と話をする際、眉間にしわを寄せるなどして厳しい表情になってしまうと、どうしても相手に威圧感を与えることとなり、会話も弾まなくなってしまいます。

初対面の人と会話をするときは、できるだけ笑顔を心がけ、相手に威圧感を与えないよう、細心の注意を払うようにしましょう。

また、もし相手が自分に対して警戒心を持っている場合には、あえて相手に対し下手に出てみるというのも良いでしょう。

初対面の人と会話では、まず相手の警戒感を解き、胸襟を開かせるというということを心がけてください。

最初の段階で自分に敵意がないことを示し、良い印象を与えることで、それ以降もスムーズにコミュニケーションを取ることが可能となります。

 

相手の話すペースに合わせる

初対面の人と会話をするときは、まず相手にしっかりと話しをさせ、相手が話し終える頃合いを見計らいつつ、自分も話をしていくということを意識しましょう。

会話の主導権は相手に譲り、自分は相手をサポートするようなつもりで臨むというのがベストです。

また、相手の話のペースがゆっくりとしているという場合には、絶対にそこに割り込んで自分の話をしてはいけません。

あくまでも、まずは相手の話を最初から最後までしっかり聞く、というということが基本です。

むしろ相手の話のペースがゆっくりであるならば、自分もそれに合わせゆっくりとしたペースで話をすると良いでしょう。

自分本位にコミュニケーションを取ること無く、常に相手のことを第一に考えながら会話を進めていきましょう。

 

ゆっくりと少し大きめの声でしゃべる

相手の話のペースが早めに感じられる場合にも、自分の話は少しゆっくりめのペースでするということを心がけてください。

そうすることにより、「自分は一体何を考えているのか」ということについて、相手に誤解なく伝わりやすくなります

また、ペースと同様に気を付けたいのが「声量」に関してです。自分がなにか話をする際には、少し大きめの声ではっきりと話をするようにしましょう。

大きな声で話すということは、自分の意志が伝わりやすくなると同時に、自分自身に対して自信を持ち緊張を解きほぐすという効果もあります。

 

相手をよく観察する

初対面の人との会話において相手のペースを把握するためには、何よりも相手を観察するということが重要となります。

その相手が今どのような感情を抱いているのか?どんな境遇に置かれているのか?どんな生い立ちだったのか?好きなこと、嫌いなことは何か?など、相手の言動や持ち物、服装などから注意深く読み解くよう心がけましょう。

 

つかみのネタを用意しておく

とはいえ、初対面の相手に対し、その人がどんな人物であるのかプロファイリングをしながら会話を展開していくというのは、決して簡単なことではありません。

ですので、取り敢えず間を持たせるための、「つかみのネタ」を用意しておくということもオススメできます。

つかみのネタの内容に関しては特に決まりなどはありませんが、個人のプライバシーに踏み込んだ内容や、知る人ぞ知るような専門的な内容は避け、誰にでも共有することのできるテーマを選ぶようにしましょう。

より具体的には、話のきっかけや会話が止まってしまった時のオススメの話題の例として、「たちつてとなかにはいれ」というものがあります。

これは、「たちつてとなかにはいれ」の頭文字を取って省略したもので、ほとんどの人に適用ができる話題であり、いざというときに役に立ちます。

また、その他の話題例としては、有名人のゴシップネタ、マンガや読書、音楽、幼少期や学生時代のエピソードなども有効です。

「食べ物」
「地域」(居住地、出身地など)
「通勤、通学」
「天気」
「富」(景気、ショッピング)
「名前」
「体」(美容健康など)
「ニュース」
「流行り」(世間の流行、マイブームなど)
「異性」(好みのタイプ、恋愛話など)
「レジャー」(レジャースポット、趣味など)

 

失敗談なども話してみる

初対面の人と会話をする場合、自分に関する情報を過度に出し惜しみしてしまうことで、会話が続かなくなってしまうという場合もあります。

こうした事態を避けつつ、自分自身のプライバシーを過度に曝け出すこともなく、さらに相手に威圧感や劣等感を与えることもない話題としては、「失敗談」が挙げられます。

失敗談のネタとしては、学生時代や若いころなどの、今から見れば「どうでも良い」と思える内容のものを選ぶと良いでしょう。

大きな負い目を作ること無く自分を卑下し、曝け出すことで、相手もさまざまなことに関してカミングアウトをする心理的障壁を下げることが可能となります。

 

話題がなければ周囲を見回す

上記のような話題の提供の仕方とは別に、どうしても話題がない、尽きてしまったという場合には、取り敢えず周囲の状況を落ち着いて見回してみましょう。

話をしている空間の状況周囲の人々の様子など、何かしらのヒントが得られる場合があります。

 

積極的に質問する

もし相手が積極的に話題を提供してくれるとするならば、それを利用しない手はありません。

その話題が自分にとっても関心のあるものであればもちろんなのですが、そうでない場合にも積極的に質問をするなどし、話を膨らませていくようにしましょう。

人は多くの場合、多かれ少なかれ自分は色々な物事を知っているということをアピールしたがるものですが、これは聞き手にとっては必ずしも好ましい態度とはいえません。

逆に聞き手が「自分はあまり物事を知らない」という態度を取るということは、話し手にとっては「自分の優位性」を見せつけるチャンスとなります。

自分が聞き手に回る際には、このように相手を持ち上げ「優位性」を味わわせることにより、良好に会話を進めていくということが可能となります。

 

相槌を打つ、リアクションを取る

相手に話に対して、特に質問をすることができない場合もあります。そのようなときに注意をしたいのは、最低限ノーリアクションになってしまうことは避ける、ということです。

相手の話に対して質問も思い浮かばず、特に感想もないという場合にも、せめて相槌を打ったり、何らかのリアクションを取ったりするという程度のことは欠かさずに行うようにしましょう。

リアクションや相槌を打つ際に気を付けたいこととしては、相手を肯定し、同意、共感をするようなものを選ぶようにする、ということです。

具体的には「いや〜」「う〜ん」などではなく「うんうん」「なるほど」「ですよね〜」などの相槌を選ぶようにしてください。

 

相手を褒める

ほとんどの人は、それが社交辞令のようなものであったとしても、自分が褒められれば良い感情を抱くものです。

ですので、初対面の人と会話をする際にも、できる限り相手の良い部分を見つけ出し、そこを褒めるということを心がけてください。

例えばその相手の話の中で良い部分があった場合には、「すごいですね」「その通りですね」などとリアクションを取ります。

また、会話の中で良い部分を見つけることができなかった場合は、ファッションや容姿など、外見的な部分を褒めてみるのも良いでしょう。

 

相手を否定しない

初対面の人との会話の中では、相手を否定するような発言をするということは原則的にNGです。なるべく相手の悪い部分は見ないようにし、良い部分を見つけるように心がけてください。

ただし、どうしても相手の発言を否定したり、反論をしたりしなければならないという場合には、なるべく温和な表現を用いるようにしてください。

また、そのように温和な表現を用いるなどして細心の注意を払った場合であっても、「相手の意志に反する」可能性のあることを行った時点にて、その相手との関係が悪化してしまうということを覚悟しなければなりません。

 

相手の名前を呼んでみる

初対面の人との会話において、関係をより親密なものにする場合の小さなテクニックとしては、”相手の名前を呼ぶ”ということが挙げられます。

名前を呼ぶということは、その人を「その他大勢の内の一人」ではなく、「特別な個人」として認知したということを意味します。

人は誰しも多かれ少なかれ「自分は他の人達とは違う」という考えを持っているため、初対面にもかかわらず自分の名前を覚えてもらい、「特別な個人」として認知されることに悪い気はしないものなのです。

 

身なりや衛生面に気を使う

初対面の相手に自分に対し、「この人ともっと話をしたい」と思わせるためには、身だしなみというのも非常に重要な要素となります。

だらしない服装、悪趣味な服装をしていないか?衣類に汚れやフケなどは付着していないか?口臭や体臭などを発してはいないか?など、事前にできる限りチェックをするようにし、相手に不快感を与えないように注意をしましょう。

 

まとめ

人見知りでも「初対面の人との会話」を盛り上げる13のコツ

 

・威圧感を与えない

・相手の話すペースに合わせる

・少し大きめの声でゆっくりとしゃべる

・相手をよく観察する

・つかみのネタを用意しておく

・失敗談なども話してみる

・話題がなければ周囲を見回す

・積極的に質問する

・相槌を打つ、リアクションを取る

・相手を褒める

・相手を否定しない

・相手の名前を呼んでみる

・身なりや衛生面に気を使う

 

「初対面時の印象」は、その後の対人関係においても少なからず影響をするものです。

これらのコツを学び、できる限り多くの人たちと友好な関係を結ぶことができるようになりましょう。


スポンサーリンク

【今だけ無料鑑定】あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!
多くの女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報から導きだされる『福音ソウルメイト』が大好評です!

もしかしたら別れた彼かもしれないし、いま付き合ってる人かもしれません、
いつ、どこで運命の人と会えるのか・・・今なら『全員0円』で鑑定してもらえます。

今年もあと1ヶ月 恋愛運が気になる人は是非お試しください。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Dreamerから最新記事を毎日お届けします