偉大な成功者を数多く輩出する「ユダヤ人」が行う7つの習慣

偉大な成功者を数多く輩出する「ユダヤ人」が行う7つの習慣世界的な財閥一族ロスチャイルド家、相対性理論でも有名な物理学者アインシュタイン、「E.T」「ジュラシックパーク」「ジョーズ」などの映画を撮影したスティーブン・スピルバーグ、グーグルの創始者ラリー・ペイジ、世界最大のSNSフェイスブックの生みの親、マーク・ザッカーバーグなどなど、昔からごく最近に至るまで成功者と呼ばれる人たちの共通点として「ユダヤ人」であることが挙げられます。

世界の人口70億人に対して、ユダヤ人の占める割合はわずか0.2%です。しかし、ノーベル賞を受賞したユダヤ人の割合は22%にもなります。

なぜユダヤ人はこれほどまでに成功しているのでしょうか。その秘密はユダヤ人が行っている習慣に要因があります。

 

偉大な成功者を数多く輩出する「ユダヤ人」が行う7つの習慣

スポンサーリンク

 

人の話をよく聞く

ユダヤ人の教えの中に「耳は二つあるのに、口が一つしかないのは人の話を聞く方が自分がしゃべることよりも大切だから」という言葉があります。成功しているユダヤ人は例外なく聞き上手です。

部下の言葉や、例え子どもであっても真剣に話に耳を傾けます。誰の話でもしっかりと聞き、対等に意見をかわすため、話しやすい空気が生まれ、多くの情報が集まってくるのです。情報は成功するためには欠かせない貴重なものです。

偏った情報ばかりが集まってくるようでは井の中の蛙と同じになってしまい、視野を広げることができなくなってしまうのです。すると、周囲が見えなくなってついには倒産などの失敗をしてしまいます。

人の話を聞くという習慣は成功者には欠かせない資質といえるでしょう。

 

家の中が整理整頓されている

ユダヤ人の成功者について日本で広く知られるようになったきっかけの一つでもある、本田健著「ユダヤ人大富豪の教え」では、幸せなお金持ちは皆家が片付いていると述べられています。

確かに、ものがごちゃごちゃして雑多な状態では生活がしづらい上に、非常に効率が悪くなってしまいます。

効率が悪いということは無駄が多いということ、つまり稼ぐには向いていないということです。成功者とは真逆の性質です。

風水でもそうですが、家が片付いて初めて風水の効果を得ることができるのです。片付いている家には自然と良い空気が流れ、お金もエネルギーも貯まるようになります。

 

人生は自分で切り開く

ユダヤ人は「成功の鍵は生まれついての才能ではなく、辛抱強さ、自制心、自信である」と教えられています。

アラブ人は何事も「神の思し召し」として、運命を強く信じる民族ですが、ユダヤ人は逆に運命を信じていません。

自分の人生は運命や宿命といった神様や人任せのものではなく、自分自身で切り開くものだという習慣がついています。そのため、自分の力で一歩踏み出す勇気が備わっており、一歩踏み出すことで成功者に近づいていくのです。

 

オンオフをしっかりと切り替える

ユダヤ人の習慣の中に「安息日」というものがあります。安息日はユダヤ人の宗教、ユダヤ教の教えの一つでもあります。ユダヤ人は毎週土曜日の安息日には商売も何も行いません。

しっかりと休みをとって、次の仕事へと備えるのです。成功するためには他の人とは違うアイディアを出すことが必要です。

アイディアというものは考え込んでいるだけではそうそう出てきません。リラックスできる時間は気分転換とともに、こうしたアイディアがふと湧いてくる時間でもあります。

オンとオフの切り替えをうまく行うことで、成功するために必要なアイディアを得ることができるのです。

 

学んだことを身につける

ユダヤ人の家庭では、子どもが学校で習ってきたことを自宅で両親に授業するという習慣があります。

誰かに教えるという行為は、学んだことを身につけるには非常に効果的な方法で、一部の学校や予備校のカリキュラムでも取り入れられています。

ユダヤ人の勉強熱心さは、これまでバビロニアに滅ぼされたり、ローマ帝国に滅ぼされたり、ナチスドイツからは迫害されたりと苦難続きの歴史からきています。

土地や財産を奪うことはできても、知識は奪うことはできません。ユダヤ人は知識を得ることでリスクに備えるとともに、投資などビジネスの好機を逃さないようにしているのです。

 

人との交流を大切にする

ユダヤ人は「真に価値のある情報は人が握っている」と考えています。そのため、インターネットや伝聞などを頼りにせず、実際に動いて人と会うことを大切にします。

また、人と会うことによって仕事につながる関係性も築くことができるでしょう。そのため、ユダヤ人は「土地はいくらなのか」「どんな投資をしているのか」など、日本人には失礼だと感じるようなことでもズバズバと聞いてきます。

そのくらい貪欲に情報を求めているのです。

 

ユーモアを忘れない

アインシュタイン然り、スピルバーグ然り、真面目で堅物というよりもどこか愛嬌があってユーモアのある人物です。ユダヤ人はユーモアを大切にする民族なのです。

ユーモアがあるから自由な発想ができ、ユーモアがあるから創造力を膨らませることができるのです。

さらに、失敗を許容できたり、柔軟性という成功するためには不可欠な要素も得ることができます。

 

まとめ

偉大な成功者を数多く輩出する「ユダヤ人」が行う7つの習慣

 

・人の話をよく聞く

・家の中が整理整頓されている

・人生は自分で切り開く

・オンオフをしっかりと切り替える

・学んだことを身につける

・人との交流を大切にする

・ユーモアを忘れない

 

成功しているユダヤ人には紹介したような共通した習慣がありました。

これらの習慣はいずれも成功するには不可欠なものばかりです。

最初はしっかりと意識して取り組み、それが習慣化する頃にはきっと成功の兆しが見えてくるのではないでしょうか。


スポンサーリンク

【今だけ無料鑑定】あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!
多くの女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報から導きだされる『福音ソウルメイト』が大好評です!

もしかしたら別れた彼かもしれないし、いま付き合ってる人かもしれません、
いつ、どこで運命の人と会えるのか・・・今なら『全員0円』で鑑定してもらえます。

今年もあと1ヶ月 恋愛運が気になる人は是非お試しください。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Dreamerから最新記事を毎日お届けします