勉強の学習パフォーマンスを高める「効果的な息抜き方法」10選

勉強の学習パフォーマンスを高める「効果的な息抜き方法」10選人間の集中力の持続には限度があり、おおよそ45分から50分程度しか持たせることは出来ないと言われています。そのため勉強をいくら頑張ろうとしても、所々では息抜きを入れなければ、逆に非効率的な勉強方法となってしまいます。

というわけで今回は、勉強中の息抜き方法についてお伝えします。効果的な息抜きを入れて、勉強の効率を上げていきましょう。

 

勉強の学習パフォーマンスを高める「効果的な息抜き方法」10選

スポンサーリンク

 

深呼吸する

勉強の学習パフォーマンスを高める「効果的な息抜き方法」10選
深呼吸は、勉強中の息抜き方法としては最もお手軽で、なおかつオーソドックスなものとなっております。

深呼吸の一般的な方法としては鼻から息を吸い、口から吐き出すというものですが、この吸ってから吐くまでの間を数秒間程度開けることでよりリフレッシュの度合いが大きくなるのでおすすめです。

例)5秒間かけて吸う→5秒間停止→5秒間かけて吐く×5セット

 

ストレッチ、体操をする

勉強の学習パフォーマンスを高める「効果的な息抜き方法」10選
軽めのストレッチや体操などを勉強の合間に行っているという方も多いのではないでしょうか。

机などに座り、長時間同じような姿勢を取り続けることは血行を悪くし肩こりや腰痛を引き起こすだけでなく、脳への酸素の供給も滞るため勉強のパフォーマンスが低下してしまいます。

長時間勉強をするという際には、50分毎に5分から10分程度体を動かし、血流を活性化させるのが良いでしょう。

 

ゲームをする

勉強の学習パフォーマンスを高める「効果的な息抜き方法」10選
最近は勉強の合間にゲームをするという息抜き方法もごく一般的なものとなっております。

ただしゲームはそれ自体によっても脳を疲労させるため、追い込みの時期などで集中的に勉強をしなければならないという場合にはあまりオススメすることが出来ません。

ただしそうでない時期に、一回あたり10分から15分などの時間を決め、それを守りながら行うのであれば良いでしょう。

 

音楽を聴く

勉強の学習パフォーマンスを高める「効果的な息抜き方法」10選
息抜き法として音楽を聴く場合に注意をしたいのが、集中力を散漫させ、学習パフォーマンスを低下させる「音楽を聞きながらの勉強」を避けるようにしたいということです。

もし聴きたいという場合には、ある程度の区切りがついたところで10分程度好きな曲を聴くというように、メリハリをつけるということを心がけるようにしましょう。

 

仮眠をとる

勉強の学習パフォーマンスを高める「効果的な息抜き方法」10選
仮眠は脳のパフォーマンスを回復させるオーソドックスな息抜き法であると言えますが、この際に注意をしたいのが「寝過ぎない」ということです。

特に1時間以上の仮眠は脳が本格的な「睡眠モード」に入ってしまうため、起きた後に本来のパフォーマンスに戻るまでに時間がかかってしまいます。

さらに昼間に寝すぎた場合肝心の夜の睡眠が疎かになってしまうということも良くあります。

 

おやつを食べる

勉強の学習パフォーマンスを高める「効果的な息抜き方法」10選
脳に不可欠な栄養素であるブドウ糖を補給するため、おやつとして甘いものを食べるというのは有効な息抜き方法であると言えます。

またブドウ糖と同時にお茶やコーヒーなどでカフェインを補給することによりさらに相乗効果で脳のパフォーマンスを向上させることが可能となります。

 

シャワーを浴びる、入浴をする

勉強の学習パフォーマンスを高める「効果的な息抜き方法」10選
シャワーや入浴は体を温め、血流を良くするため勉強中の息抜きとして効果が期待できます。また冷たいシャワーは神経(交感神経系)を活発化させるため集中力を向上させる効果があります。

ただし受験シーズンである冬場の場合には冷水シャワーなどは控え、冷水で顔を洗う程度にしておきましょう。

 

スポーツをする

勉強の学習パフォーマンスを高める「効果的な息抜き方法」10選
ウォーキングやランニング、サイクリングなどの一人でもできるスポーツは気分をリフレッシュさせ、さらに血流を良くし脳に酸素や栄養素が供給されやすくなるため息抜き方法としてはおすすめです。

ただし過度の運動は脳を含め全身を疲労させるため学習パフォーマンスを低下させるので注意が必要です。

 

友人と会話する

勉強の学習パフォーマンスを高める「効果的な息抜き方法」10選
教室や自習室、図書館などの共有スペースで勉強をする場合、適度に友人などと会話をするのは気分をリフレッシュさせ、さらに脳に刺激を与えるため学習パフォーマンスを向上させる効果があります。

さらに受験やテスト、模試など同じ目標を共有している者同士のコミュニケーションはやる気、モチベーションを与えます。

また自室にて一人で勉強をしているという場合にもSNSなどを用い、たまには友人に連絡をとってみるようにすると良いでしょう。ただしあまりにおしゃべりに時間を割きすぎて肝心の勉強が疎かになってしまっては本末転倒です。

 

違う教科、分野に取り組む

勉強の学習パフォーマンスを高める「効果的な息抜き方法」10選
ある特定の教科や分野に関する勉強が煮詰まってしまったという場合、息抜きとして別の教科、分野の勉強に切り替えるという方法もあります。

例えば数学で煮詰まった場合には英語の勉強に切り替える、英語で煮詰まった場合には国語に切り替える、という具合にです。

 

まとめ

勉強の学習パフォーマンスを高める「効果的な息抜き方法」10選

 

・深呼吸する

・ストレッチ、体操をする

・ゲームをする

・音楽を聴く

・仮眠をとる

・おやつを食べる

・シャワーを浴びる、入浴をする

・スポーツをする

・友人と会話する

・違う教科、分野に取り組む

 

いかがでしたか?

学習パフォーマンスを維持させるためには適度な息抜きが不可欠となります。自分自身やその時々の状況に合わせ、これらの方法を選択していってみてください。


スポンサーリンク

【今だけ無料鑑定】あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!
多くの女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報から導きだされる『あなたの運勢』が大好評です!

もしかしたら別れた彼かもしれないし、いま付き合ってる人かもしれません、
いつ、どこで運命の人と会えるのか・・・今なら『全員0円』で鑑定してもらえます。

今年もあと1ヶ月 恋愛運が気になる人は是非お試しください。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Dreamerから最新記事を毎日お届けします