さらば、ぷよぷよお腹よ!しぶとい脂肪がごっそり落ちる25の方法

さらば、ぷよぷよお腹よ!しぶとい脂肪がごっそり落ちる25の方法ぷよぷよとたっぷり脂肪がつき膨らんでしまったお腹だと、オシャレも思うように楽しめなかったり、水着を着るのも気が引けてしまいますよね。

それに、豊かなお腹周りは年齢より老けた印象を周りに持たれたり、昔の自分と比較して自信を失ってしまうなど、正直だらしないお腹でいても良いことは一つもありません。

そんなお腹の脂肪による悩みを手軽に解決できる方法があるのをご存じですか?

この記事では、お金をかけずに、無理なく毎日の生活で簡単に取り入れられる、お腹の脂肪をスッキリと落とす方法をお伝えします。

 

さらば、ぷよぷよお腹よ!しぶとい脂肪がごっそり落ちる25の方法

スポンサーリンク

 

目次

  1. あなたの脂肪の種類は?
  2. 無理なくできるお腹の脂肪を落とす食事方法
  3. 簡単にお腹の脂肪を落とす運動方法
  4. ダイエットの秘訣!痩せる人が実践している習慣
  5. まとめ

 

あなたの脂肪の種類は?

さらば、ぷよぷよお腹よ!しぶとい脂肪がごっそり落ちる25の方法

敵を知り、己を知れば、百戦危うからず

まずは、あなたの敵である「脂肪」の種類を知りましょう。

「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」ということわざがありますが、相手を弱点を知ってそこを攻めれば、負けることはありません。

脂肪は大きく分けて「内臓脂肪」と「皮下脂肪」の2種類があり、それぞれによって対策が変わってきます。

 

女性に多い「皮下脂肪」

皮下脂肪とは皮膚のすぐ下にあり、つまむことができる脂肪を言います。

皮下脂肪には、体温を維持するという大切な機能があるのですが、つき過ぎてしまうとタプタプとした印象になり、見た目もよろしくありません。

皮下脂肪がつく大きな原因は食べ過ぎと運動不足があげられ、特に筋肉量が多い男性に比べ、筋肉が少ない女性につきやすい脂肪という特徴があります。

また、食事のコントロールとともに、運動によってカロリーを消費することで燃焼される脂肪のため、中性脂肪に比べて落ちるのに時間がかかってしまう傾向があります。

もしあなたが皮下脂肪を落とす必要がある場合は、これからご紹介する「食事方法」と「運動方法」のどちらも実践するようにしてください。

関連記事:皮下脂肪の落とし方|お腹の脂肪を撃退するダイエット法12選

 

男性に多い「内蔵脂肪」

内臓脂肪とは内臓の周りにつく脂肪のことで、飲食によって体が必要とするエネルギー以上を摂り過ぎてしまい、消費しきれず余ってしまったものが内臓脂肪になります。

内臓脂肪は女性に比べ男性につきやすいという特徴があります。特に、加齢によって男性ホルモン(テストステロン)の分泌が低下する中高年男性に多く見られます。

また、お酒をよく飲む人にもつきやすい脂肪です。基本的に体はアルコールを毒物として認識するため、アルコールから体を防御するために「内臓脂肪」を生成する働きがあるのです。

ただ嬉しいことに、中性脂肪は食事のコントロールで落ちやすく、皮下脂肪ほど運動や筋トレを多くせずに解消することができます。

もしあなたが内臓脂肪を落とす必要がある場合は、これからご紹介する「食事方法」をしっかり実践するだけでも比較的早い段階で効果が現れるでしょう。

関連記事:内臓脂肪の落とし方|お腹の脂肪がみるみる消えるダイエット法15選


 

無理なくできるお腹の脂肪を落とす食事方法

さらば、ぷよぷよお腹よ!しぶとい脂肪がごっそり落ちる25の方法

食事のバランスは5:3:2

お腹の脂肪を落とすために最も簡単にできることが「食事を工夫する」ことです。

食事は「朝>お昼>夜」という順で量を調節しましょう。1日の理想的な比率としては、朝5:昼3:夜2です。

まず、「朝ごはん」はできるだけ食べるようにしましょう。

最近では朝ごはんを食べない人が多いようですが、その分、昼食や夜ごはんに揚げ物などの高カロリーのものが欲しくなり、たっぷりの量を食べてしまうことになります。

朝から日中にかけてはエネルギー消費が最も高くなる時間帯なので、たくさんの量を食べても太りにくいですが、夜は活動が減りエネルギー消費が低下するため食べた分だけ脂肪になってしまうのです。

また、「1日2食だけ」などの食事制限をするダイエット法がありますが、こちらもあまりおすすめできません。

これまで続けてきた習慣を突然変えるのためには根気が必要ですが、食事制限によるダイエットは結果が出るのが遅いためモチベーションを維持しにくい傾向にあります。

そのため、成功しにくくリバウンドの確率も上がるため、できるだけ3食の食事で、量をコントロールする方法が良いでしょう。

 

消費カロリー>摂取カロリー

摂る食事のカロリーや栄養バランスに注意することも、お腹の脂肪を落とすためには大切なポイントです。

当然のことながら、消費カロリーより摂取カロリーが上回っては、痩せることができません。食生活の基本は、「消費カロリー>摂取カロリー」ということをしっかりと覚えておいてください。

一般的に一日に必要な総カロリーが、成人男子で2000〜2200kcal、成人女性であれば1700〜1800kcalほどと言われ、脂肪を1キログラム増やすためには7200kcalが必要です。

最近では、カロリー計算が簡単に記録できる無料アプリもたくさん出ていて、目安カロリーを自動で計算してくれたり、体重や体脂肪率の毎日の変化もグラフで確認できるため、ダイエットを成功させるために必ずダウンロードしておきましょう。

iPhoneなら

シンプル・ダイエット

BeCalendar

Androidなら

MyFitnessPal

超簡単レコダイエット

がおすすめです。

 

脂質を控える

揚げ物やスナック菓子、脂身の多いお肉など脂質が多い食べ物は高カロリーなため、ダイエット時には不向きなので控えるようにしましょう。

ただし、魚に含まれている脂質は体の脂肪になりにくい性質を持っており、タンパク質を補うという意味では必要なものなので、肉食よりも魚食へと変えることをおすすめします。

脂質の摂取量の目安は、一日に摂取する総カロリーの約20~25%で、脂質は体内で1gあたり9kcalとなるため、

男性:45〜55g

女性:40〜50g

を基準に摂取するといいでしょう。

 

炭水化物は必ず摂る

一時期、炭水化物抜きダイエットが話題になりましたが、炭水化物は人が活動するためのエネルギー元になる必要な栄養素です。

完全に抜いてしまうと、疲れやすくなったり思考が働かなくなったりして、ダイエットが順調に進まなくなりますので、適量は必ず取るようにしましょう。

ただし、カロリーが高く糖も含まれているので、やはり過度な摂りすぎは禁物です。

 

タンパク質をたっぷりと摂る

タンパク質は皮膚や髪など人間の体をを作るための大切な栄養源です。

また、筋肉を作るのもタンパク質で筋肉が多い体は何もしない状態でも新陳代謝が多くなるため、自然に痩せることができます。

ダイエット中でも納豆や豆腐、赤身の魚などタンパク質が豊富な食材を積極的に食べるようにしましょう。

タンパク質が豊富なオススメ食材

鶏ささみ、豚ヒレ肉、鶏むね肉、まぐろ(赤身)、かつおたい、いかほたて貝柱、たこ、納豆、豆腐

一日に必要とされるタンパク質の量は「体重×1g」と言われるため、例えば体重が50キロの人であれば最低でも1日「50g」以上のタンパク質を摂りましょう。

また、食事で摂り損ねた分は飲むだけで手軽にタンパク質が摂れる「プロテイン」を活用して摂取するとおすすめです。

 

21時以降は食べない

「食事のバランスは5:3:2」とも関係しますが、夜の食事後は活動時間が少なく消費カロリーも増えにくいため、21時までに食事は済ませましょう。

特に22:00〜2:00の時間は、脂肪をため込む酵素が最も働き一日で一番脂肪がつきやすい時間帯のため、この時間の食事は避けましょう。

また、質の高い睡眠は、代謝を活発化させるホルモンの分泌を促し睡眠中も脂肪を分解してくれるのですが、寝る前に食事をしてしまうと消化活動にエネルギーを奪われ、脳も興奮状態になるため睡眠の質を落とすことになってしまいます。

 

早食いはやめる

早食いは太る原因になってしまうので、やめるようにしましょう。

人間は食べた量に応じて満腹と感じるわけではなく、満腹中枢という器官が刺激されると、脳が「満腹」と判断します。

この満腹中枢が十分に刺激されるまでには15~20分かかるとされ、脳が指令を出すまでは食べ過ぎてしまう可能性があるのです。

また、早食いはしっかりと咀嚼せずに食べることにつながるため、胃に負担をかけ消化も悪くし、さらに太る悪循環を生み出してしまいます。

早食いをやめるために一番効果的な方法は、一口で30回は噛むことです。

しっかりと多く噛むことで、15~20分を少ない量で消費し満腹感を得やすくなり、胃の負担も減らして消化を助けてくれるので、脂肪の蓄積を抑えることにつながります。

たくさん噛むことに加えて、毎回の食事を「人生最後の食事」と思って味わうようにすれば、ゆっくり食べる習慣ができるはずです。

 

「ながら食い」はしない

食事と一緒に、テレビを見たり、本を読んだり、仕事をしながら、などの「○○しながら食べる」のはやめましょう。

先ほどの「早食いはやめる」での説明しましたが、人が満腹と感じるのは脳が判断しています。

しかし、「ながら食い」は、食べる行為以外の情報も脳が処理する状況になるため、処理が追いつかず「満腹」の判断を鈍らせ、知らぬ間に食べ続けてしまう危険があります。

実際にアメリカの研究では、テレビを見ながら食事をするグループの方が、食事だけに集中しているグループよりも食べる量が多くなり、食事後も間食をするという結果があります。

 

お酒はひかえる

食事に注意するだけでなく、お酒も可能な限りひかえましょう。

まず、多くの酒類には多量の糖分が含まれており、糖分は消費がされにくく体に蓄積しやすいため、脂肪との原因となります。特に、ビールやワイン、日本酒の糖質は高めです。

さらに、お酒が体内に取り入れられると、体はアルコールを毒物と認識し「中性脂肪」を生成して防御する働きがあります。

また、お酒そのものだけでなくおつまみや食事も一緒に食べることも、お腹の脂肪の原因にもなります。体は食事よりもアルコールの分解を優先するため、満腹感が麻痺してしまい知らず知らずに食べ過ぎてしまうのです。

飲み会に参加しなければならないこともあると思いますが、最初の乾杯の一杯だけにするなど、飲み過ぎには気をつけてください。


 

簡単にお腹の脂肪を落とす運動方法

さらば、ぷよぷよお腹よ!しぶとい脂肪がごっそり落ちる25の方法

腹筋運動はお腹の脂肪に効果的

脂肪を落とすためには、ランニングでいっぱい走ったり、プールでたくさん泳ぐなど「有酸素運動」をたくさんするべきだと思っている人は多いでしょう。

もちろん有酸素運動も脂肪を落とす大切な運動ではあるのですが、それよりも効果的なのが無酸素運動とも呼ばれる「筋トレ」です。

私たちの体には「基礎代謝」という脂肪を燃やしてエネルギーに変換する働きがあるのですが、この基礎代謝量が高ければ高いほど普段の生活の中で脂肪をたくさん減らすことができます。

どういうことかと言えば、どれだけたくさんランニングをしたとしても、仕事や学校、家事などの運動以外の時間のほうが圧倒的に一日で多いはずです。

つまり、筋肉を鍛えて基礎代謝を高めておけば、普段の生活内で自然に脂肪を燃焼することができるようになります。実際に基礎代謝で消費されるエネルギー量は、運動と比べても2倍〜3倍が消費されます。

そして基礎代謝の量は筋肉の量に比例して変わり、筋肉が多ければ基礎代謝も増えて「痩せやすい体質」に変わっていき、逆に筋肉が弱くなってしまうと基礎代謝も落ち脂肪もつきやすくなってしまうのです。

もし日常的に特に何も運動をしていなければ、年齢を重ねるごとに筋力は次第に落ちてしまうため、同じように基礎代謝も少なくなり、食生活に注意しないとお腹にどんどん贅肉が乗っかってしまいます。

そのため、若い頃と同じような食生活をしているつもりでも、運動をしていないために太ってしまう人は少なくありません。

さらに知っての通り腹筋運動に直接お腹をトレーニングするため、鍛えている筋肉に近い脂肪は効率的に燃やすことができます。

また、お腹の筋肉が落ちてくるとお尻やお腹の贅肉が支えられず、ポッコリお腹の原因にもなりますが、腹筋をすることで体をしっかりと支える筋肉がつきスッキリとした見た目を作り出すことにもつながります。

 

腹筋の回数はどれくらい必要?

腹筋運動はきついものだったり、何十回、何百回も行わないと効果がないと思われがちです。しかし、それはアスリートのような超人を目指す人の話で、お腹の脂肪を落とすための腹筋は回数を多く行うことが重要なポイントではありません。

驚くと思いますが、お腹の脂肪を燃やすために必要な腹筋の回数は、10回を3セット合計30回を、週に2回するだけで十分です。

「そんな少ない回数で効果があるの?」と心配になりそうですが、腹筋運動で一番重要なことは、お腹の痩せたい部分の筋肉を意識しながら「負荷をしっかりかけてあげる」ことと、「呼吸法を大切にする」ことです。

この二つをしっかりと守れば、少ない回数であってもビックリするくらい劇的な効果を体感することができます。

ではまずは、腹筋を意識しながら正しく負荷をかけられるように、腹筋の使い方について知っておきましょう。

 

腹筋の使い方を知ろう

お腹には大きく分けて上、下、横と筋肉がありますが、「どこに力を入れると、どこの部分の筋肉が使われるか」を自分でコントロールできるようになりましょう。

力の入れ方がわからないまま筋トレをやっていても、本来目的としていな部分に力が入ってしまい、無駄なトレーニングになってしまう可能性もあります。

具体的に腹筋をコントロールするやり方はとても簡単で、まずは膝を立てて仰向けに寝転びます。その状態のまま、お腹全体に力を入れて腹筋を使ってみてください。

そして、両手を使って、お腹の上の部分、下の部分、両脇と手で触り、少し強めに押してみてください。すると、力が入っていない部分があることがあります。

もし、力が入っていない部分が見つかったなら、それは腹筋が使えていない部分ということになるので、その箇所に手を当て示してあげながら、意識を集中してその部分にどうやったら力が入るか試してみてください。

これを1回1分やってみるだけでもお腹全体の筋肉が使われ、負荷の高い運動になるので、トレーニングとしてもおすすめです。

また、これからいくつか腹筋トレーニングをご紹介しますが、正しくお腹の筋肉が全体的に使えているか確認するために、この腹筋チェックも定期的に行うようにしてみてください。

 

腹筋の呼吸法を知ろう

腹筋運動の効果を最大限に発揮するためには正しい呼吸法をとりいれて、腹圧の仕方をマスターする必要があります。

呼吸は意識しなくても行っているので軽視しがちですが、トレーニングに呼吸法を取り入れているだけでも効果を爆発的に発揮させることができるのです。

呼吸のやり方は簡単で、息を吸いながらお腹をギューと凹ませ、その状態をキープしてみてください。そしてお腹を膨らませながら息を吐き出します。

このときに大切なのが、息を吸って「お腹をギューと凹ませた」状態と、息を吐いて「お腹を膨らませた」状態です。

この腹圧がかかった状態を覚えておき、このあとご紹介するトレーニングで、「息を吸って」と「息を吐いて」という言葉が出てきたときは、この状態を意識して実践してください。

 

お腹の脂肪を落とす腹筋運動

ここからは、お腹の脂肪を落とすための腹筋運動をご紹介します。

先ほどご紹介した、腹筋の使い方と呼吸法を意識しながら、しっかりと負荷をかけるように一つ一つの行動を丁寧に行ってみてください。

1回の腹筋運動で、上体上げるのに5秒、下ろすのに5秒、合計10秒かけてみると、大きな負荷をかけれて少ない回数で高い効果が出せます。

胸下からおへそまでの腹直筋の上部を引き締める腹筋

  1. 仰向けに寝て、頭を軽く浮かせてひざを軽く曲げ、息を吸います。
  2. その状態で、おへそが見えるところまで息を吐きながら、ゆっくり5秒かけて上体を起こします。
  3. この状態で3秒程度停止し、またゆっくり5秒かけて戻しましょう

※この動作を10回、3セット行いましょう。

おへそから下の腹直筋の下部を引き締める腹筋

  1. 仰向けに寝て、足伸ばしたまま軽く上げます。
  2. その状態からゆっくりと息を吸って、上半身と下半身が垂直になるまで足を上げます。
  3. 3秒静止して、ゆっくり息を吐きながら足を軽く上げた状態に戻します。

※この動作を10回、3セット行います。足を上げるときには反動を使わず、お腹の筋肉を使いながら行いましょう。

横腹の脂肪を取り去る腹筋

  1. 仰向けに寝て、軽く頭の下で手を組み、膝を軽く曲げ大きく息を吸います。
  2. この状態から、上体を軽く起こしながら、体を左と右に息を吐きながら交互にねじります。
  3. 左右にねじるのを1回と数えます。

※この動作を10回、3セット行いましょう。

 

脂肪を燃やす有酸素運動

腹筋運動と一緒に有酸素運動を組み合わせることで、より一層速いスピードでお腹の脂肪燃焼が期待できます。

無酸素運動は基礎代謝を高めて「脂肪を燃やしやすい体質」に変える運動でしたが、有酸素運動は「脂肪そのものを燃やす」運動で、大量の酸素を吸い込むことで脂肪が燃やされていきます。

有酸素運動は、先ほどご紹介した腹筋運動の後に行うといいでしょう。筋トレ後にはアドレナリンと成長ホルモンが分泌され、この分泌がピークに達したときに有酸素運動を行うと脂肪燃焼量を大幅にアップさせることができます。

種類としては、ウォーキングやランニング、水泳がおすすめで、深い呼吸を意識して運動することで腹筋運動にもなります。

 

お腹と一緒に鍛えると良い部位

絶対に必要なわけではありませんが、もし急速にお腹の脂肪を落としたいのであれば、腹筋以外にも筋肉をつけたいところです。

人間の体は筋肉があればあるぶんだけ、自然と代謝がアップしてエネルギーや脂肪の燃焼を増やすことできます。

特に、皮下脂肪型肥満を食生活だけで解消するにはかなりの時間とストレスがかかってしまうため、筋トレ(運動)をすることをおすすめします。

鍛える部位としては、大きな筋肉である「足」と「胸」と「背中」がいいでしょう。部位が大きい分だけ、一度の筋トレでたくさんの筋肉をつけることができます。

足と胸と背中の筋肉を鍛えるトレーニングとしては、足はスクワット、胸は腕立て伏せ、背中は背筋がおすすめです。

スクワットの方法

基本姿勢は、肩幅に足を開き、つま先は前に向けます。手は肩と同じ高さで前に伸ばします。

ここから、股関節から後ろに曲げるように、ゆっくり膝を曲げていきます。イメージとしてはおしりを後ろにつき出すような体制です。

この時膝がつま先より前に出ないように注意しましょう。地面と太ももが平行になったら上がりましょう。

※この動作を10回、3セット行います。

腕立て伏せの方法

基本姿勢は、手をつく位置は肩幅よりも10cmほど外側で、肩・腰・足が一直線になるような体制にします。

こと時、つらい人は膝をついても大丈夫です。胸にしっかりと負荷を与えることが大事なので、無理をして膝をつかないでやる必要はありません。

そこから、胸が床につく寸前まで体を垂直におろし、地面との平行を保ったまま元の位置に戻ります。つらくなると体の軸がぶれてしまいがちですが、正しいフォームを保つことを意識して行いましょう。

※この動作を10回、3セット行います。

背筋の方法

基本姿勢として、まず四つん這いになり、おしりを後ろに突き出すように背中を反らします。

たったこれだけですが、背中の筋肉が伸縮しているのが分かるはずです。もう少し負荷をかけたい方は、首も反らすことでさらに効果があります。

※この動作を10回、3セット行います。


 

ダイエットの秘訣!痩せる人が実践している習慣

さらば、ぷよぷよお腹よ!しぶとい脂肪がごっそり落ちる25の方法

痩せている人は共通点があった

ダイエットを成功させるためには、「とにかく継続すること」がなによりも大事です。しかし、この継続がなによりも一番大変な部分であることは間違いないでしょう。

実は、痩せている人には、ダイエットを継続させるために行なっているいくつかの共通点があることがわかっています。

そこで、ここからは痩せている人が実践している秘策たちをご紹介します。

痩せたいけどなかなか痩せられない人は、ダイエットに成功した人の工夫を取り入れてみると、想像以上に脂肪が落ちるスピードが早まるかもしれません。

 

毎日体重計に乗る

痩せたいと思っているにもかかわらず、現実を見たくないと体重計に乗らない人がいます。

特に、お腹の脂肪を落とすことだけが目的なら、体重を気にする必要はないと思うかもしれません。

しかし、現実と向き合ったときに感じる、情けなさや悔しさ、挫折感、逆に体重が減ったときの喜びや達成感は、ダイエットを成功させる大きなモチベーションになります。

もしあなたが「お腹の脂肪」がなかなか落ちずに悩んでいるなら、ぜひ体重計に乗ることを習慣にしてみてください。脂肪が落ちるよりも体重が落ちるほうが結果が早く見えるため、やる気もどんどん高まります。

体重を測定する時間帯は、「朝」がおすすめですが、可能なら「朝」と「寝る前」の2回測るようにしてみましょう。もし「寝る前」がいつもより多いようなら、食事や運動を見直してみる必要があります。

また、ただ測るだけでなく、測定した体重はカレンダーやアプリなどで記録しておき、いつでも振り返れるようにしてみましょう。

 

食後は歯を磨く

直接的に痩せるわけではありませんが、食後に歯を磨くことで「歯を綺麗にした」という心理が働き、間食を予防することができます。

また、フッ素に含まれるミントの香りには、食欲を減退させる効果が知られています。

 

睡眠をしっかりとる

脂肪を落とすためには睡眠をしっかりとることも大切です。

まず、睡眠不足はストレスの原因にもなり、体はストレスを外部からの攻撃と認識し、攻撃から守るために脂肪を蓄積しようとするのです。

さらに、睡眠時間が足りてない状況は体にとっては生命の危機にあると判断され、同じように危険から体を守ろうと脂肪を蓄積させようとします。

また、睡眠時間が少ないと食欲を増進させる「グレリン」というホルモンが増加するため、過食気味になってしまうことも太る元凶になります。

このように寝不足が続くと、どんどん太りやすい体質になってしまうのです。

睡眠時間は7時間ほどがいいとされますが、ストレスを多く感じていたり、疲労が溜まっているときは、できるだけ多く寝るようにしましょう。

 

姿勢をよくする

体に脂肪がついてしまう原因に筋力の低下がありましたが、姿勢をよくすることで腹筋を使って体全体を支えようとするため、筋力も維持され脂肪をつきにくくすることができます。

特に猫背の人は、筋肉を使わないラクな姿勢をしようとするため筋力がどんどん落ちてしまい、また内臓が前に出やすいためポッコリお腹の原因になってしまうこともあります。

猫背などの姿勢の悪さを改善するには、背筋を伸ばすストレッチや矯正ベルトなどを使って、正しい姿勢を保つようにしてみましょう。万が一自分で改善が難しい場合は、接骨院などで治療するようにしましょう。

理想的と言われる正しい姿勢は、気をつけの姿勢で壁に寄りかかったとき、踵、尻、背中、頭を壁につけた状態です。

 

自分を褒める

ダイエットに頑張っている自分を褒めてあげましょう。

とにかくストイックに自分に鞭を振るうだけでなく、「よくやった!」「さすがだね!」など、ポジティブな言葉を投げかてあげてください。

その言葉の積み重ねが自信となり、成功への原動力に変わります。

 

サプリや漢方薬を上手に利用する

もちろんサプリだけに頼ってはダメですが、上手にサプリを活用することで、食事制限に悩むことなく、楽に痩せ体質に変わることができます。

特に、代謝が悪くて運動が苦手な女性がサプリを飲んだところ、脂肪の燃焼が高い体質に変わり、少ない運動でもダイエットが成功できたという話もあります。

お腹のぽっこり・ぷよぷよに効くサプリと漢方薬を一つずつ選んでみました。

頑張らないでお腹を痩せたいなら

チラコル
「お腹の脂肪をどうにかしたい!でも食事制限はしたくない!」

というあなたは、「頑張らないダイエットの【チラコル】」を試してみてください。つらい食事制限の我慢が、簡単になくなってしまう魔法の効果があります。

その秘密は、チラコルに含まれる「チラコイド」という食欲をコントロールする成分で、この奇跡のドリンクを1杯飲むだけで、無駄な食欲や間食をラクに防ぐことができます。

また、ミランダ・カーやマドンナといった海外セレブたちがこぞって愛用しており、今世界的に大注目の綺麗に痩せるダイエット方法です。

苦しい食事制限から解放されたい人は今すぐチェックしてみましょう。日本でチラコイドを購入できるのは「チラコル」だけです。

便秘で悩むぷよぷよお腹さんの救世主

さらば、ぷよぷよお腹よ!しぶとい脂肪がごっそり落ちる25の方法

「タヌキっ腹を卒業することができました!」「ウエスト−13㎝達成できた」など喜びの口コミが多く、たくさんのぷよぷよお腹を撃退している漢方薬です。

生漢煎「防風通聖散」は、最近急に太ってしまった人や、しつこい便秘でお悩みの人に特におすすめです。

残念なことに、便秘でいるだけでぽっこりお腹をいつまでも解消することができません。便秘は「肥満成分(毒素)」が体内に吸収されてしまい、知らぬ間にどんどん太っていってしまうからです。

そこで漢方薬を使ってしつこい便秘をドサッと解消して、脂肪を内側から分解・燃焼・排出させましょう。

この防風通聖散には、脂肪と便秘に効果のある18種類の生薬が配合され、飲むだけで強力な代謝アップ効果が実現し、便通を促してくれます。

今なら公式サイトから注文すれば、期間限定で初回半額で購入できるので、どこよりもお得にゲットしましょう。


 

まとめ

さらば、ぷよぷよお腹よ!しぶとい脂肪がごっそり落ちる25の方法

 

あなたの脂肪の種類は?

  • 敵を知り、己を知れば、百戦危うからず
  • 女性に多い「皮下脂肪」
  • 男性に多い「内蔵脂肪」

無理なくできるお腹の脂肪を落とす食事方法

  • 食事のバランスは5:3:2
  • 消費カロリー>摂取カロリー
  • 脂質を控える
  • 炭水化物は必ず摂る
  • タンパク質をたっぷりと摂る
  • 21時以降は食べない
  • 早食いはやめる
  • 「ながら食い」はしない
  • お酒はひかえる

簡単にお腹の脂肪を落とす運動方法

  • 腹筋運動はお腹の脂肪に効果的
  • 腹筋の回数はどれくらい必要?
  • 腹筋の使い方を知ろう
  • 腹筋の呼吸法を知ろう
  • お腹の脂肪を落とす腹筋運動
  • 脂肪を燃やす有酸素運動
  • お腹と一緒に鍛えると良い部位

ダイエットの秘訣!痩せる人が実践している習慣

 

お腹の脂肪を落とすには、毎日の食事内容の工夫と、しっかりと効果が出る腹筋運動を行うことだけです。

上記の項目を実践していただき、脂肪たっぷりのぷよぷよお腹とさよならして、引き締まったスッキリスリムなお腹を手に入れてください。


スポンサーリンク

【今だけ無料鑑定】あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!
その中でも恋愛運が女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に導き出される『天声神語』が大好評です!

もしかしたら別れた彼かもしれないし、いま付き合ってる人かもしれません、
いつ、どこで運命の人と会えるのか・・・今なら『全員0円』で鑑定してもらえます。

今年もあと1ヶ月 恋愛運が気になる人は是非お試しください。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新記事をお届けします