最高の安眠を手に入れて美肌力アップ!効果抜群の寝る前の飲み物

最高の安眠を手に入れて美肌力アップ!効果抜群の寝る前の飲み物美肌への第一歩、食事、運動と並んでとても重要なことが「睡眠」です。

その睡眠前に飲み物を飲もうとしたとき、「どんな飲み物を飲むのがいいのかな?」と疑問に思ったことはありませんか。

実は、寝る前に何を飲むか?によって、美容効果や健康状態を大きく左右します。

安眠に導き美肌・健康効果を発揮する飲み物と、睡眠を邪魔する飲み物は、ハッキリと分かれているのです。

寝る前に口にする飲み物次第で、肌の調子も、体調も、やる気さえも変わるとしたら、何を飲むのか慎重に選びたいですよね。

この記事では、「寝ている間も美肌になりたい!」人必見の、寝る前に飲むとおすすめの飲み物と、避けてほしい飲み物を詳しくお伝えします。

 

最高の安眠を手に入れて美肌力アップ!効果抜群の寝る前の飲み物

スポンサーリンク

 

寝る前の体に必要な5つのこと

飲み物をご紹介する前に、寝る前の体に必要な5つのことを確認しましょう。

体を温める

寝る前に体の体温をじんわり上げることは、スムーズに入眠するために重要です。

上がった体温が、ゆっくりと手足から放熱され、体温が下がっていくときに、人は眠気を感じるからです。

副交感神経を優位にする

途中で目覚めることなく深く熟睡するためには、寝る前に副交感神経を優位にしておきましょう。副交感神経は、リラックスしたり安心したりすると働く自律神経です。

例えば、寝ているときに、急に高いところからストンと落ちる感じがして、ビクッと目覚めてしまうことはありませんか?これは、副交感神経の働きが弱いと起きる現象です。

消化器官が休める状態を作る

消化器官が活発に働かなければならない状況では、眠りが浅くなり、睡眠の質が悪くなってしまいます。

睡眠中は消化器官が動かなくて済むように、寝る前に対処する必要があります。

血糖値を安定させる

寝る前に急激に上がった血糖値が、睡眠中に下がると、寝汗、歯ぎしり、悪夢などの原因になるといわれています。

急に覚醒して夜中に起きてしまう場合も、血糖値が関係していることが多いのです。寝る前には血糖値を安定させておきましょう。

肌や体の再生修復をしやすい状態を作る

睡眠中は、成長ホルモンが分泌され、肌や髪などの細胞や内臓器官の再生修復が行われます。

いつまでも若々しくいるためには、寝る前にその準備を万端にして、肌や体の修復をしやすくする対処をしておきたいものです。

これら5つのポイントを踏まえながら、寝る前におすすめの飲み物と避けて欲しい飲み物をご紹介します。

 

寝る前におすすめ!効果抜群の飲み物

最高の安眠を手に入れて美肌力アップ!効果抜群の寝る前の飲み物

白湯(お湯)

最もシンプルに体の渇(かわ)きを癒し、さらに体を温めることもできるのが白湯です。沸騰させたお湯を、人肌より温かく感じる50度程度まで冷ましたものを「白湯」といいます。

何を飲んで良いか迷ったら、白湯で間違いありません。

水道水よりも、浄水器を通した水や、ミネラルウォーターで作ると良いでしょう。

 

ホットミルク(温めた牛乳)

牛乳には、「トリプトファン」という不眠症やイライラにも効果のある成分が含まれています。

トリプトファンは、「セロトニン」という脳内ホルモンの材料となるアミノ酸のことで、セロトニンの別名は「幸福ホルモン」といい、心を落ち着けて副交感神経を活性化させるのに役立ちます。

しかも、このトリプトファンは「成長ホルモン誘導体」といって、成長ホルモンの分泌を促す成分でもあるので、寝る前にぴったりの成分です。

「最近、どうも気分が落ち込む……」「イヤなことを寝て忘れたい!」というときには、牛乳がおすすめです。

ただし、冷たい牛乳は体を冷やしてしまいますので、温めて飲むようにしましょう。

 

ホットソイミルク(温めた豆乳)

大豆から作られた豆乳も、寝る前に飲むと様々な効果が期待できる飲み物です。豆乳には「タンパク質」「大豆ペプチド」「イソフラボン」「サポニン」という、4つの寝る前におすすすめの成分が含まれています。

それぞれ、以下の働きがあります。

タンパク質肌や髪の細胞の再生時に材料となります。
大豆ペプチド成長ホルモンの分泌を促進します。
イソフラボン女性ホルモンと同じ働きをして肌の再生を促します。
サポニン脂肪燃焼効果があります。

特に、肌荒れを治したいとき、大切なイベント前で肌を磨きたいとき、ダイエット中などには、豆乳がおすすめです。

牛乳と同じく、温めて飲みましょう。

 

ホットハチミツ

寝る前の糖分は血糖値を上げてしまうので基本的にはNGですが、どうしても甘いものが飲みたい場合は、ハチミツにしましょう。

白砂糖と比較すると血糖値が上がりにくく、さらに寝る前の体にうれしいビタミン類やミネラル、葉酸、鉄、アミノ酸、酵素などの200種類近くの栄養素がたっぷりと含まれています。

また、ハチミツの栄養素を寝る前に取ることで成長ホルモンの分泌も促されます。

ハチミツをお湯で割った「ホットハチミツ」なら体も温まりますし、牛乳や豆乳に入れても良いでしょう。

なお、ハチミツは必ず100%純正で非加熱のハチミツを使用するようにしてください。砂糖や水あめを加えて加工してあると血糖値が上がりすぎてしまい、加熱処理されていると栄養素の効果が半減してしまいます。

 

ホットレモン

寝る間には、ビタミンCのたっぷり含まれた「ホットレモン」もおすすめです。ビタミンCには、「コルチゾール」というホルモンを減らしてくれる効果があります。

コルチゾールの別名は「ストレスホルモン」とも呼ばれ、強いストレスから心身を守るための防御反応で作られるホルモンなのですが、肌を作るアミノ酸の働きを妨げたり、熟睡するために必要なメラトニンというホルモンを抑制することが分かっています。

そのため、寝る前にビタミンCを飲んで、コルチゾールを減らしておきましょう。

お湯に溶かしたハチミツにレモンの輪切りを浮かべて「ホットはちみつレモン」にしても良いですね。

 

野菜スープ

どうしてもお腹が空いて眠れないときには、野菜スープを飲みましょう。ただし、具をたくさん食べると消化器官に負担がかかってしまうので、少量にとどめます。

野菜スープの具は「レタス」と「キャベツ」がおすすめです。

レタス催眠作用のある「ラクチュコピリン」というポリフェノールが含まれており、安眠を誘ってくれます。
キャベツ消化を助ける「ビタミンU(別名キャベジン)」が含まれており、消化器官を休ませるために一役買ってくれます。

 

生姜湯

特に冷え性がひどい場合には、生姜湯がおすすめです。生姜湯は冷え性改善のための代表的な飲み物です。

作り方は簡単で、お湯にすり下ろした生姜を入れて、お好みでハチミツを加えればできあがり。生姜は都度すり下ろすのが理想ですが、市販のチューブタイプのものでも代用可能です。

生姜には「ジンゲロール」という辛味成分が含まれています。このジンゲロールは、血行促進作用と体の表面温度を上げる効果が強力です。

飲んですぐに、ポカポカと体が温まってくるのが実感できるでしょう。

 

ココア

イライラしたり、神経が高ぶったりして眠れない夜には、「ココア」の力を借りましょう。ココアには「デオブロミン」という、副交感神経を優位にしてくれる成分が含まれています。

ココアを飲んでホッとした経験はありませんか?それが、デオブロミンの効果です。落ち着かない心をリラックスさせ、穏やかな気持ちに導いてくれます。

さらに、ココアには「ポリフェノール」が豊富に含まれていて、血行を促進する効果もあるので、体を温めたい寝る前にふさわしい飲み物といえます。

おすすめの飲み方として、ココアを牛乳や豆乳と組み合わせれば安眠ドリンクのできあがりです。

さらに「生姜ココア」という飲み方もあります。「牛乳 or 豆乳 + ハチミツ + 生姜 + ココア」で生姜ココアを作れば、最強の寝る前ドリンクの完成です。

 

ハーブティー

牛乳やココアにはカロリーがありますが、ノンカロリーで白湯以外の飲み物を飲みたいときには、「ハーブティー」が良いでしょう。

特に寝る前におすすめのハーブティーは、下記のようなものがあります。

カモミール不安・不眠に効果があります。鼻づまり、冷え性でお悩みの人にもおすすめ。
ラベンダー憂うつ・不眠に効果があります。消化不良、生理不順、おなかにガスがたまっているときにもおすすめ。
オレンジピール緊張・不眠に効果があります。便秘や軽い下痢のときにもおすすめ。

 

寝る前には避けて!NGな飲み物

最高の安眠を手に入れて美肌力アップ!効果抜群の寝る前の飲み物

冷たい水

おすすめの飲み物で「白湯」をご紹介しましたが、反対に冷たい水はNGです。

水の冷たさで体温が下がる上に、血管が一気に収縮して血行が悪くなり、体が冷えてしまいます。

また、胃腸の消化機能も低下して、消化器官に負担をかけてしまいます。

 

カフェインを含むコーヒー・お茶

カフェインには中枢神経を興奮させることによる「覚醒作用」があるので、寝る前に飲むのは避けましょう。

また、あまり知られていないことですが、カフェイン作用の持続時間は長く、8~14時間ともいわれます。

寝る前に飲まないのはもちろんですが、午後からも飲むのを控えた方が良いでしょう。

コーヒーにカフェインが含まれていることは有名ですが、実は「お茶」にも含まれているので要注意です。カフェインの含有量は下記の通りです。

100mL中のカフェイン含有量一覧

玉露120mg
コーヒー90mg
ほうじ茶20mg
ウーロン茶20mg
紅茶20mg
緑茶20mg
玄米茶10mg

お茶だからと油断して、水代わりにガブガブ飲んでいると、あっという間に多量のカフェインを摂取することになってしまいます。

お茶を飲みたいときには、カフェインレス(カフェイン含有量0g)のお茶を飲みましょう。カフェインレスのお茶には、下記のような物があります。

  • 麦茶
  • 黒豆茶
  • 杜仲茶
  • ルイボスティー

また、「疲れを取りたいから」という理由で寝る前に栄養ドリンクを飲む人がいますが、栄養ドリンクにもカフェインが多く含まれています(100mLあたり50mg程度)。寝る前に飲むのは避けましょう。

 

砂糖を含むジュース類

清涼飲料水や炭酸飲料はもちろんのこと、野菜ジュースやフルーツジュースも夜は避けましょう。血糖値を急上昇させる原因になります。

血糖値が急上昇させてしまうと、その約2時間後に今度は急降下してしまいます。血糖値が急降下したとき、危険を感じた体は糖を作る働きのある「アドレナリン」を分泌します。

このアドレナリンが、安眠を邪魔します。アドレナリンは交感神経を刺激し、脳の覚醒や興奮をもたらすホルモンだからです。

これを防ぐためにも、寝る前には砂糖を含むジュース類を飲まないようにしましょう。

 

醤油で味付けしたスープ

寝る前におすすめの飲み物の項目で「野菜スープ」をご紹介しましたが、醤油で味付けしたスープは避けるようにしてください。

醤油には「チラミン」という、血圧を上げ眠気を覚ます効果のある成分が含まれています。

醤油以外にもチラミンは、ソーセージ、ハム、サラミのような加工肉にも含まれているので、ソーセージ入りのスープなども避けた方が良いでしょう。

 

お酒・アルコール

お酒を飲むと眠気が来る人は多いと思いますが、それは一時的なものです。

お酒を飲むと、アルコールは肝臓に送られ、約3時間後にアセトアルデヒドに分解されます。アセトアルデヒドは毒性があり、交感神経を刺激するので、睡眠の質が悪くなってしまいます。

お酒を飲む場合には、最低でも寝る3時間前までには飲み終えるようにしましょう。

なお、どうしても寝る前にお酒を飲みたい場合は、「ノンアルコールビール」ならOKです。実は、海外の研究で「ノンアルコールビールを飲むと寝付きが良くなる」というものがあります。

これは、ノンアルコールビールに含まれるGABA(ギャバ)の効果だといわれています。GABA(ギャバ)は、精神安定作用のあるサプリメントとしても人気の成分です。

成長ホルモンの分泌促進作用と、副交感神経を活性化させる作用を持っているので、寝る前には最適の成分といえます。

 

まとめ

最高の安眠を手に入れて美肌力アップ!効果抜群の寝る前の飲み物

 

寝る前におすすめ!効果抜群の飲み物

  • 白湯(お湯)
  • ホットミルク(温めた牛乳)
  • ホットソイミルク(温めた豆乳)
  • ホットハチミツ
  • ホットレモン
  • 野菜スープ
  • 生姜湯
  • ココア
  • ハーブティー

寝る前には避けて!NGな飲み物

  • 冷たい水
  • カフェインを含むコーヒー・お茶
  • 砂糖を含むジュース類
  • 醤油で味付けしたスープ
  • お酒・アルコール

 

寝る前に飲むものを工夫すれば、美容にも健康にも大きな効果が期待できます。今まで無頓着だったのなら、なおのこと大きな効果が期待できるでしょう。

さあ、今晩は何を飲みますか?楽しみながら、寝る前の飲み物を選んでいきたいですね。


スポンサーリンク

【今だけ無料鑑定】あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!
多くの女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報から導きだされる『福音ソウルメイト』が大好評です!

もしかしたら別れた彼かもしれないし、いま付き合ってる人かもしれません、
いつ、どこで運命の人と会えるのか・・・今なら『全員0円』で鑑定してもらえます。

今年もあと1ヶ月 恋愛運が気になる人は是非お試しください。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新記事をお届けします