油断大敵!後の祭りにならない夏の7つのスキンケア

油断大敵!後の祭りにならない夏の7つのスキンケア油断大敵と思いながらもついついスキンケアをおろそかにしてしまうこともあると思います。季節によってスキンケアの方法は変わって来ます。

後の祭りにならないように気を付けてスキンケアをする必要があるのです。 間違った認識の元でスキンケアをすることにより、肌トラブルを招くことや、更に状態を悪くすることもありますので、正しい認識の元でのスキンケアが必要です。

 

「油断大敵」!「後の祭り」にならない7個の夏のスキンケア

スポンサーリンク

 

1.屋内でも日焼け止めを塗る

日焼け止めは屋内でも塗りましょう 今日は外に出ることが無いので、日焼け止めは必要が無いというように思い、塗らない人もいるようですが、本来は屋内であっても紫外線を浴びていることになります。そのため日焼け止めは屋内であっても塗る必要があるのです。 今日は家にいたはずなのに、日焼けをしている・・というようなことがありませんか?屋内でも日焼けをする可能性は十分にありますので、しっかりと日焼け止めを塗るようにしましょう。

 

2.保湿は肌の部分ごとに変える

肌の状態に合ったスキンケアをしましょう エアコンなどによって乾燥をしやすいということがありますので、保湿が重要です。毛穴の開きなどが気になるという人は乾燥が原因の場合が多いです。保湿をたっぷりとするようにしましょう。 ただ皮脂が多くなるようなTゾーンにおいては脂を取り過ぎないようにすることが重要です。その部分に合わせたスキンケアが必要になってくるのです。面倒なので全ての部分に対して同じスキンケアでいいかなと思う人もいるかもしれませんが、それぞれの部分に対してのスキンケアをすることが重要です。

 

3.必要以上のコスメは禁物

多くのスキンケア用品を使用しすぎないように たくさんのコスメを利用しているから、これでスキンケアは万全だと思うこともあるかもしれませんが、実はそうではないのです。肌は皮膚呼吸をしていますので、必要以上に多くのコスメを使用することにより、苦しい状態になります 特に夏は汗をかきやすいということがありますので、皮脂が行き場をなくしてしまいます。その結果大人ニキビが出来たり、毛穴の詰まりに繋がってしまうのです。自分の肌に対して必要以上のコスメを使用しないようにしましょう。そうすることが肌を休ませるためにも必要なことなのです。

 

4.シャワーよりバスタブ

シャワーよりバスタブに入りましょう 忙しさからシャワーだけでいいやと、さっとシャワーを浴びて入浴を完了させてしまう人は多いかもしれませんが、肌のためにはよくありません。バスタブに入ってゆっくりと汗を流すことにより、老廃物が排出されるのです。血行が良くなるため代謝もアップします。あまり時間が無いという人でも20分くらいはバスタブに入るようにしましょう。 長時間お風呂に入ると疲れるという人でしたら、半身浴でも良いです。でも半身浴の場合は短くても30分は入っておいた方が良いでしょう。それによりクレンジングだけでは落ちなかったメイク汚れなども汗と一緒に流れていくことになりますので、お勧めです。

 

5.洗顔は優しく泡立て

洗顔はこすらずにしましょう 洗顔剤というと泡立ちが良いということが理想的だと思う人は多いのですが、泡立ちが多いということはそれだけ刺激が強いということにもなるのです。そのような状態でごしごしと肌を洗うことにより、肌を傷めてしまうことになります。 出来れば泡立ちネットを使用したり、手で泡をしっかり作った状態で泡で洗顔をするというような洗い方をするようにしましょう。そして洗顔後は乾燥しやすいものですから、出来るだけ保湿をすることが重要です。 洗顔により奪われた水分というものは夏場の方が多いですから、その分洗顔後のスキンケアをしっかりと行うようにしましょう。

 

6.スキンケアは夏用を

夏には夏用のスキンケア用品を使いましょう 冬用のものがまだ残っているという理由から、コスメにおいて冬用を使用しているということもあるかもしれません。でも夏用のスキンケア用品は夏用のものとして考えて作られているわけですから、それらを使用することが正しいのです。 夏用のものであっても、しっとりタイプとさっぱりタイプがあります。夏だからさっぱりタイプというように決めつけずに、自分の肌質にとってはどちらが良いのかということを考えて使うようにしましょう。

 

7.肌のトラブルは放置せず原因を探す

肌トラブルをそのままにしないようにしましょう 夏は汗をかきやすいということからメイクが崩れやすいということがあります。そのため肌トラブルが起きていても、ファンデーションを厚く塗るというようなことが多いかもしれません。でもそのために肌トラブルが悪化するということもあるのです。 肌トラブルが起きた時には、理由をしっかりと探す必要があります。そして根本的な原因を究明して改善する必要があるのです。ファンデーションを厚く塗ることにより、皮脂が増えてしまい、ニキビの原因にもなりかねません。そうならないためにも肌トラブルは根本から治療するようにしましょう。

 

まとめ

油断大敵!後の祭りにならない夏の7つのスキンケア

 
1.屋内でも日焼け止めを塗る

2.保湿は肌の部分ごとに変える

3.必要以上のコスメは禁物

4.シャワーよりバスタブ

5.洗顔は優しく泡立て

6.スキンケアは夏用を

7.肌のトラブルは放置せず原因を探す

 
夏には夏用のスキンケアというものがあります。冬と同じスキンケアの仕方をしていては、美肌になれないということがありますので、注意が必要です。どのようにすれば美肌になれるのかということを考えながら、夏のスキンケアをすることが重要です。

後の祭りにならないように、自分の肌をしっかりと自分で守りましょう。時には専門家に見てもらい、合うコスメを提案してもらうということも方法の一つですから、自分だけの判断で決めてしまわずに、専門家の意見も取り入れてみましょう。


スポンサーリンク

【今だけ無料鑑定】あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!
多くの女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報から導きだされる『福音ソウルメイト』が大好評です!

もしかしたら別れた彼かもしれないし、いま付き合ってる人かもしれません、
いつ、どこで運命の人と会えるのか・・・今なら『全員0円』で鑑定してもらえます。

今年もあと1ヶ月 恋愛運が気になる人は是非お試しください。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Dreamerから最新記事を毎日お届けします