嫉妬はとても損です!もう二度と嫉妬で苦しまないための方法8つ

嫉妬はとても損です!もう二度と嫉妬で苦しまないための方法8つこれまでに他人に対して嫉妬をした経験がないという人は、ほとんどいないと思います。

嫉妬というのはごくありふれた感情ではあるのですが、それによってついつい感情をむき出しにしてしまったり、あるいは焦りや憎しみなどから間違った選択をしてしまったりして、結果として手痛い失敗をしてしまうという場合もあります。

過度の嫉妬で自分を見失ってしまわないためには、やはり精神をコントロールするということが必要です。

この記事では、そうした他人に対して嫉妬の悩みから解放され、楽しい人間関係を作る方法についてお伝えします。

 

嫉妬はとても損です!もう二度と嫉妬で苦しまないための方法8つ

スポンサーリンク

 

嫉妬していることを自覚する

嫉妬するのを止めるためには、まず自分自身が「嫉妬をしている」ということを自覚することが重要です。人は自分自身の言動や精神状態を客観的に認識することで初めて、「改善しよう」という意識を持つものです。

嫉妬に関する自覚を持つためには、他人と接している際、常に「自分はこの人に嫉妬をしていないか?」と自問自答をする必要があります。そして、それによって嫉妬をしていると自覚した場合には、そうした態度をその都度反省するようにします。

また、自分はどのような人物、状況に対して嫉妬をしやすいのかということをパターン、法則として認識しておくことも重要です。

 

第三者に打ち明ける

自分自身の感情、精神状態をある程度客観的認識することができるようになってきたならば、今度はそのような状態に陥らないための対策を講じていきます。

まず、嫉妬による心の苦しみをケアする方法としては、友人などの信頼の置ける第三者に感情を打ち明けてみる、ということが挙げられます。自分の嫉妬心や、それに起因する苦しみなどを話すことにより、友人などから思いもよらぬアドバイスをしてもらえる可能性があります。

また、具体的なアドバイスなどがもらえなくとも、自分の心の状態を表現し他者にそれを理解してもらうというだけでも、精神的な負担を緩和することが可能となります。

 

心から打ち込めることに目を向ける

自分の意識を嫉妬をもたらす要因から引き離し、意識を好きなものや興味のあることに振り向けるという方法です。これは欲求のベクトルを変更させるというもので、心理学的には「昇華」と呼ばれています。

もし何らかの趣味を持っている人は、それに没頭してみるというのが良いでしょう。また、趣味が複数あるという場合には、できるだけ嫉妬を引き起こす対象とは内容的にかけ離れたものを選択するようにしましょう。

もし特に趣味を持っていないという人であれば、副業などをすることで臨時収入を得ることを考えてみましょう。副業においては「効率的に稼ぐ」ということが何よりも重要となるのですが、こうした事を考える習慣をつけることで、自分の自意識に拘泥することがなくなります。また、単純な話ではありますが、経済的な余裕は精神的な余裕にも繋がります。

 

自分だけの目標を持つ

自分「だけ」の目標を持つことにより、他者に対して嫉妬をしなくても済むようになる、という方法です。

そもそも、嫉妬には他者の存在が必要です。嫉妬というものは、他者の優れた点に対してなされるのがほとんどとなります。しかしその結果として、無意識のうちに他者の存在や価値観を絶対化してしまうということが起こり得ます。つまり自分の行動や価値判断のベースを、いつの間にか他者に依存しているということです。

自分だけの目標を持つということは、行動や価値判断のベースを、自分自身に置き直すという意味を持ちます。

嫉妬をしているという自覚を持った際には、それがないものねだりでないかどうか、本当に自分のやりたいことや、やるべきことから離れていないか、などということについて自問自答し、自分の精神を律するようにしましょう。

 

執着心を捨てる

余計な執着心を捨てることにより、嫉妬心を無くすという方法です。

前項目とやや関連をしますが、物事に対する執着心の多い人は、あれもこれもとたくさんの物事を求め、ないものねだりをし過ぎるあまり、それを既に持っている他者に対して嫉妬をしやすくなります。

もちろんあらゆる執着心を捨てるということは不可能ですが、執着しているものに対し優先順位を付け、下位のものから切り捨てていくということをしてみましょう。余計なものをできる限り切り捨てて行き、最後に残ったものこそが、「あなたが本当に求めるべきもの」となるのです。

 

広い世界に目を向ける

「世界は広い」ということを理解することで多様な価値観を認め、小さな嫉妬心を克服する、という方法です。

狭い人間関係の中で生きている人間は、その集団内部の価値観を絶対化しやすくなります。その結果として小さな優劣などに固執し、優れた者に対して嫉妬心を抱くのです。

しかし世界には多様な価値観が存在し、優劣や良し悪しなどを測る尺度も一つではありません。ちっぽけな嫉妬心に固執することは、「木を見て森を見ず」というように、「森」=「広い世界」を見えなくしてしまいます。

広い世界に目を向けるためには、インターネットなどももちろん良いのですが、やはり自分の五感をフルに活用するという意味で旅行がおすすめです。

また、旅行においてもツアー観光などではなく、一から自分で計画を立てていくというのが良いでしょう。

 

嫉妬対象を味方にする

嫉妬をしている人は、その対象を「敵」あるいは「ライバル」などと思ってしまいがちです。しかしその発想を転換し、嫉妬対象を「味方」にすることで嫉妬心を無くすことが可能になります。

もしあなたの周囲に嫉妬心を掻き立てる人がいるという場合には、まずはその相手の優れた点を素直に認めてみましょう。そしてその相手に積極的にアプローチをし、友好的な関係を作り出すのです。

そして嫉妬対象と友好的な関係になることで、あなたはその相手の「優れた点」を利用することが可能になります。

例えば周囲に「外国語の上手い人」がいたとして、あなたはその相手に嫉妬をしているとします。ただ単にその相手を敵視しているだけでは、そこからは何も生産的なことは起こらないでしょう。しかし、相手と友好的な関係になることにより、その相手から語学を教えてもらったり、通訳をしてもらったりするということが可能になるのです。

もし嫉妬をしている相手がいるとするならば、その相手によそよそしい態度を取るのではなく、積極的に相手の優れた点を褒めるようにしてみましょう。褒める際にも決して嫌味やわざとらしさを匂わせるのではなく、心から相手を尊敬するようにしてください。

 

嫉妬対象と同化する

これまで挙げてきたような方法を試してみて、それでもどうしても嫉妬心を捨てることができないという場合には、嫉妬する相手の真似をしてみるというのが良いでしょう。

こうした行動を心理学的には「取り込み」もしくは「同一化」と言います。文字通り対象を「取り入れ」て「同じようになる」という意味です。

これは、本来の自分の個性や魅力を捨て去り迷走を引き起こす危険性もあり、あまりオススメできないのですが、それでも「嫉妬心を無くす」という意味においては非常に有効な方法です。

 

まとめ

嫉妬はとても損です!もう二度と嫉妬で苦しまないための方法8つ

 

・嫉妬していることを自覚する

・第三者に打ち明ける

・心から打ち込めることに目を向ける

・自分だけの目標を持つ

・執着心を捨てる

・広い世界に目を向ける

・嫉妬対象を味方にする

・嫉妬対象と同化する

 

これらの方法によって嫉妬心を克服していきましょう。

ストレスのない、そしてより充実した人間関係になることを願っています。


スポンサーリンク

【今だけ無料鑑定】あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!
その中でも恋愛運が女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に導き出される『天声神語』が大好評です!

もしかしたら別れた彼かもしれないし、いま付き合ってる人かもしれません、
いつ、どこで運命の人と会えるのか・・・今なら『全員0円』で鑑定してもらえます。

今年もあと1ヶ月 恋愛運が気になる人は是非お試しください。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Dreamerから最新記事を毎日お届けします