ヤバい視力低下が止まらない!視力低下6つの原因と簡単対処法

ヤバい視力低下が止まらない!視力低下6つの原因と簡単対処法視力が低下すると、日常生活にもかなりの悪影響が出てしまいます。車の運転や、本を読むときなど。不便だなと感じることも、多々出てくるかと思います。災害がきたときの逃げ遅れる可能性も高まるかもしれません。

眼鏡やコンタクトになればお金もかかります。すでに極度に視力が低下した後だったとしても、視力低下の原因を知らないと、視力低下に歯止めがかからずさらに悪くなってしまいます。

今回は視力低下の原因と、対処法について解説しますので、視力低下が気になる方は、一度チェックしてみてください。原因をよくしって、視力低下を予防していきましょう。

 

ヤバい視力低下が止まらない!視力低下6つの原因と簡単対処法

スポンサーリンク

 

視力低下の原因①「PC・スマートフォンのブルーライトの光」

ブルーライトの光が目に悪いということは、みなさんよく耳にしたことがありますよね。確かに、ブルーライトの光は目に悪く、視力低下の原因の一つであると言えます。

ブルーライトは、他の光に比べて光のエネルギーが非常に強いとされています。このブルーライトを長時間浴びることにより、目は大きなダメージを受けることになります。

その時間が長ければ長いほど、目にもよくありません。毎日長時間PC画面と向き合う人は、視力低下の原因を知らず知らずのうちに作っているかもしれないのです。

実は、PCやスマートフォンだけでなく、テレビや電球にもブルーライトは含まれています。しかし、PCやスマートフォンのブルーライトは他のものと比べても光の量が格段に多いのです。毎日の生活の中で、ブルーライトの刺激を避けることは難しいのですが、中でも光の量が多くて気をつけたいのがPCとスマートフォンなどのタブレットです。

 
〜対処法〜
1.目を酷使しすぎないためには、1時間おきに10分程度の休憩を挟みましょう。休憩を挟むことにより、目が一度休まります。10分が難しいのであれば、せめて5分だけでも目を閉じて休憩することをおすすめします。

2.ブルーライトのカバーをPCやスマートフォンの画面につけましょう。以下の商品等がオススメです。家電量販店でも売っています。

 

視力低下の原因②「物を見る距離」

私たちが物を見るときには、適切な視覚距離というものがあります。この適切な距離をキープして物を見ないと、目に負担がかかります。

物との距離が狭すぎると、目はどんどん疲れてしまい、次第に視力まで奪ってしまうのです。

 
物を見る適切な距離

スマホ:30cm以上
本を読んだり書く時:30cm以上
テレビやPC:画面の高さの3倍以上

なんだ、これくらいならキープできる!と思うかもしれませんが、物を見るときの距離を保つのは、意外と難しいものです。

その理由は、人は集中すると、その見ているものにどんどん近づいていってしまう傾向があるからです。例えば、受験勉強に集中しすぎて、気が付いたらノートにどんどん顔が近づいていく。これはまさに、ノートに意識が集中しているからです。知らず知らずのうちに、目がどんどんノート寄りになってくるのです。

 
〜対処法〜
基本的に、適切な距離を保つためには、習慣化しかありません。

また、目の距離が近い人の多くは、姿勢が悪い人が多いことも特徴です。姿勢も見直してみましょう。

普段から「近づきすぎない」という意識を植え付けて、正しい姿勢で目が疲れない距離を保ちましょう。初めのうちは難しいかもしれませんが、気付いたときに姿勢を正して目を離すようにすれば大丈夫です。

目はいきなり悪くなりません。日頃の積み重ねで視力も徐々に低下していくので、目を離すとしてみることは、視力が低下していくことを防ぐ良い習慣になります。

 

視力低下の原因③「ストレス」

ストレスが視力低下に関係するなんて、驚きますよね。

ストレスというのは、体のあちこちに悪影響を及ぼしますが、なんと視力までも奪ってしまうことが分かっています。

その原因は、ストレスによって自律神経が乱れるからです。

自律神経は、通常体の動きをコントロールしています。食事や睡眠はもちろん、目を見る動きや、においを嗅ぐ働きも自律神経があってこそです。

そんな自律神経がストレスによりダメージを受けると、視力が低下してしまうことがあるのです。

 
〜対処法〜
ストレスによる視力低下は一時的なものです。目自体がダメージを受けているということではないので、ストレスが軽減されれば、自然と視力も回復してきます。

ストレスによって低下してしまった視力を回復させるには、何といってもストレスを軽減すること。これに尽きます。

ストレスを感じる度合いには個人差がありますが、溜め込むのはよくありません。自分ではまだ大丈夫だと思っていても、いつ爆発するか分からないのがストレスです。我慢はせずに、日頃から上手にストレスを発散させながら過ごしていきたいですね。

 

視力低下の原因④「メガネやコンタクトのしかたの問題」

メガネやコンタクトレンズは「目が悪いから付けるもの」という役割だけでなく、「目を守るために付けるもの」という役割があります。

メガネやコンタクトには様々な度数がありますので、自分の視力に合った度数のものを選ぶ必要があります。しかし、中には自分の視力に合っていないものを、長年使用し続けている人がいるようです。

また、メガネが、曇っていたり、汚れていたりしませんか?そのまま使用するのは、目に負担がかかり視力低下の原因になります。コンタクトレンズも同様に、長時間付けたり、決められた期間以上に付けるのは厳禁です。常に新しくて綺麗なものを使用するようにします。

 
〜対処法〜
元々視力の悪い方は、これ以上視力が悪化しないように、普段からメガネやコンタクトレンズを着用しましょう。現在の視力をキープすることが、目のためには何より大切です。

また、眼科できちんと目の状態を調べてもらい、自分に合った眼鏡やコンタクトレンズを使用するようにしましょう。

また、コンタクトの長時間の使用は目を痛めるので、必ず眼鏡もセットで利用しましょう。コンタクトを付ける時間はできるだけ短くします。

 

視力低下の原因⑤「酸素不足」

視力低下の原因が酸素不足?

なんだか一見、全く別のことのように感じますが、実は視力低下と酸素不足には深い関係があります。

酸素は、普段から私たちにとって欠かせないもので、酸素がなければ人間は生きていけませんよね。そんな酸素は、実は目の栄養源にもなっているのです。

体内が酸素不足になると、目に栄養素として送られる酸素量も、減少してしまいます。

栄養素である酸素が減少してしまった目は、眼球周辺の筋肉が衰え、通常の機能を果たせなくなります。つまり、視力低下に繋がってしまうのです。

また、目の免疫力も低下してしまうので、先ほど挙げたような目の病気を発症しやすくなります。外部からの少しの刺激で、炎症を起こしてしまうことも。

 
〜対処法〜
酸素不足を解消するには、深い呼吸を意識しなければなりません。普段から浅い呼吸ばかりで、呼吸に対して特に意識をしていないという人は多いのではないでしょうか。

健康に良いとされている「腹式呼吸」を意識して、息を吸う・吐くの動作をゆっくりと行ってください。体内に含まれる酸素を入れ替えるイメージを持つと、スムーズに行うことができますよ。深い呼吸を意識できるようになれば、自然と普段の呼吸が深い呼吸になってきます。

酸素を補給することは、目だけでなく体中の筋肉をほぐすことにも繋がります。新鮮な酸素をたくさん取り入れて、体の機能が低下しないように心がけたいですね。

 

視力低下の原因⑥「病気」

視力低下の原因として、何らかの病気を発症していることも考えられます。

目に関わる病気にはたくさんありますが、今回は特に注意しておきたい病気を紹介します。視力低下で疑われる主な病気はこちらです。

 
●白内障

白内障は、目の中の水晶体が薄くにごってしまう病気です。目がぼんやりとしてしまい、被写体が見えにくくなってしまいます。

分かりやすいのが、カメラのレンズです。水晶体はカメラのレンズのような役割を果たしているので、白く汚れたレンズを想像してみてください。いかに見えにくくなるのかが想像できますよね。

白内障を治療するには、手術しか方法がありません。また、白内障は加齢が主な原因で、お年寄りに最も多く見られます。

 
●硝子体出血
硝子体出血とは、目の中の血管が出血し、目の中に溜まってしまう病気です。

出血自体は少なく、血の色などもそこまで気にならないのですが、2~3ヶ月ほどは目が見えにくくなります。

治療すれば徐々に回復はしますが、治療の間は視力が低下したままです。ただし、回復すれば視力も元に戻りますので、眼科に通って治療を進めましょう。

 
●緑内障
緑内障も、視力を低下させてしまう病気の一種です。40歳以上の方の20人に1人の割合で発生するとも言われています。

緑内障は、目そのもののダメージではなく、目で見たものを脳に伝える際の脳の機能が弱くなってしまうことにより、発症してしまう病気です。伝達能力が徐々に低下していくので、少しずつ視野が狭くなっていくようです。

一昔前は緑内障になると、一生見えなくなるというイメージがあったようですが、今では治療方法も充実しているので、眼科に通えば失明などということにはなりにくくなりました。

 
〜対処法〜
基本的に悪化する前に眼科に通って治療を進めるしかありません。

白内障は、光が眩しく感じる、ぼやけて見えにくい、ものが二重三重にだぶって見える、などの症状が現れます。

硝子体出血は、飛蚊症を自覚します。「墨を流したような影」が見られるのが症状の特徴です。

緑内障は、慢性と急性があります。慢性は、視野欠損(視野の一部が見えにくくなる)が起こりますが、徐々に起こり、気づきにくいので注意です。急性は、眼圧の上昇に伴い発症し、眼痛や充血が起こり、頭痛や吐き気などの激しい症状が伴います。

これらの病気は、特に初期では異常に気づかないことも多いです。少しでも視力が「おかしいな」と感じたら、早めに眼科で診てもらうことも大切です。何よりも早めの処置が、視力の低下を防ぐことに繋がります。

 

まとめ

ヤバい視力低下が止まらない!視力低下6つの原因と簡単対処法

 

・視力低下の原因①「PC・スマートフォンのブルーライトの光」

・視力低下の原因②「物を見る距離」

・視力低下の原因③「ストレス」

・視力低下の原因④「メガネやコンタクトが自分の目に合っていない」

・視力低下の原因⑤「酸素不足」

・視力低下の原因⑥「病気」

視力低下の原因、いかがでしたか?

視力低下の原因は、意外と身近にあるのだなとお分かりいただけたと思います。また、普段からの心がけで、視力低下は十分に防ぐこともできるのです。

病気が原因の場合も、慌てずに治療を受ければ、視力低下の進行を止めたり弱めることができます。

まずは、視力低下を防ぐために日頃から意識し、習慣を変えましょう。また、少しでも異常を感じたら油断せずに病院を受診しましょう。この2つが視力低下を避けるために必要なことと言えます。


スポンサーリンク

【今だけ無料鑑定】あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!
その中でも恋愛運が女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に導き出される『天声神語』が大好評です!

もしかしたら別れた彼かもしれないし、いま付き合ってる人かもしれません、
いつ、どこで運命の人と会えるのか・・・今なら『全員0円』で鑑定してもらえます。

今年もあと1ヶ月 恋愛運が気になる人は是非お試しください。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新記事をお届けします