知っておトク!一人暮らしの生活費を劇的に抑える18の節約術

知っておトク!一人暮らしの生活費を劇的に抑える18の節約術現在日本では総世帯数のうち、およそ20%程度が単身(一人暮らし)世帯です。

そんな一人暮らし生活において非常に大きなテーマとなるのが節約です。一人暮らし世帯は所得の低い層が多いこともあり、生活費の節約はどうしても必要になってきてしまいます。

しかし、生活費を抑えたいと言っても、「いやいやこれはさすがに無理でしょ」と思わざるを得ない苦しい節約生活は嫌ですよね。

でも安心してください。一人暮らしの節約方法には、家族がいる世帯に比べてさまざまな選択肢があります。

そこでこの記事では、無理なく簡単にできる節約術として、一人暮らしならではの生活費を抑える方法についてお伝えします。

 

知っておトク!一人暮らしの生活費を劇的に抑える18の節約術

スポンサーリンク

 

具体的な目的を立てる

知っておトク!一人暮らしの生活費を劇的に抑える18の節約術
節約を成功させるためにまず最初にやっておかなければならないこと、それは「なぜ節約をするのか?」という目的をハッキリさせることです。

ただ漫然と節約することを考えているだけでは節約を習慣化していくのは難しいでしょう。

節約をする目的として最も多いのは「貯金」です。しかし、ただ単に「貯金をする」というだけでは漫然とし過ぎており、目的設定としては不十分です。

「節約によって浮いたお金をどう活用するのか?」「本当にまとまったお金を作る必要があるのか?」「いつまでに、いくらお金を貯めるのか?」など、できるだけ具体的に目的を明確化し、それに応じてできるだけ詳細な節約計画を立てておきましょう。

また、そうした目標は必ず紙に書き目に見えるところに掲げておくなどして視覚化をしておくようにしましょう。これは初心を忘れること無く、節約を継続していく助けになります。

 

借金・ローンを完済する

知っておトク!一人暮らしの生活費を劇的に抑える18の節約術

現在、借金やローンなどを抱えているという人は、節約生活の前にそれらを綺麗に完済しておくようにしましょう。

もし借金やローンが把握できていない人は、すぐにでも契約している会社に電話するなどして金額を確認するようにしましょう。

特に近年多いのが、クレジットカードのリボ払いで知らない間に借金を抱えていたというケースです。

借金を返済してしまうことで、これまで支払っていた分のお金を浮かせることができ、それによってより具体的な節約計画を立てていくことが可能となります。

また、節約生活を送って行く上では、完済後も「借金をしない」「一括で支払う」ということを徹底していく必要があります。

 

衝動買いを止める

知っておトク!一人暮らしの生活費を劇的に抑える18の節約術

節約生活においては「衝動買い」を無くすということが重要となります。

なにか欲しい商品を見つけたときは、その場ですぐ購入をするのではなく、ネットショップなどを検索してより安い値段で買えないかどうかをチェックしましょう。

それと同様に、ネットでその商品の口コミ、レビュー、あるいはその他の情報などをチェックするということも重要です。

情報を調べていくうちに、その商品が自分の期待に沿わないものであることが分かるかもしれません。

事前にさまざまな情報を知っておくことにより、衝動買いをしてから後悔するという事態を無くすことができます。

 

家計簿をつける

知っておトク!一人暮らしの生活費を劇的に抑える18の節約術

しっかりと家計簿をつけることは、自分にどれだけの収入があって、どれだけの支出をしたのかが正確に把握ができ、その記録を活用することでより多くの額の節約ができるようになります。

また、家計簿で記録することは無駄遣いの防止になると同時に、自分の節約計画に無理がないかどうかをチェックし見直しをするということにも繋がります。

「消費」と「投資」に分ける

まず、出費をする際には必ず領収書(レシート)を受け取るようにし、少額の出費であっても漏らさずにしっかりと記録を残していくようにしてください。

そして、支出に関して、それを「消費」と「投資」に分けていくことも重要です。

この場合、「消費」とは「使ってしまえばそれで終わってしまう商品・サービス」のことで、「投資」は「使うことによって未来に何らかのリターンが期待できる商品、サービス」のことを指します。

節約をする場合にも、このうち未来に対する「投資」を減らしてしまえば元も子もありません。節約の対象となるのは「消費」です。

「必需品」と「浪費」に分ける

消費に関しても、それは「必需品」なのか、それとも単なる「浪費」なのかを区別する必要があります。

「必需品」の消費はいくら減らそうとしてもどうしても限度があるものです。

それに比べ「浪費」は無駄遣いである可能性が高いため、できる限り切り詰めるべきであるということができます。

「浪費」のうちでも最も多いとされるのが酒、タバコ、ギャンブルなどです。こうした出費に関しては十分に注意をするようにしましょう。

家計簿アプリで管理しよう

従来の家計簿はノートなどに手書きで行うか、もしくはエクセルソフトなどで行うのが一般的でしたが、近年ではさまざまな家計簿アプリが登場しています。

家計簿アプリは、手書きやエクセルなどに比べ、スマートフォンなどで手軽に操作し記録を付けていくことが可能となります。

さらに、カラフルで分かりやすいグラフや図表などの作成も非常に簡単で、カレンダーとの連動もすることができるためより管理がやりやすく、スマホを持ち歩けばどこでも確認できるのもメリットです。

 

自炊をする

知っておトク!一人暮らしの生活費を劇的に抑える18の節約術

節約生活において自炊は非常に重要なファクターとなります。

特に外食をすることが日常化をしている場合、自炊に変更するだけでもかなりの金額を節約することができるでしょう。

自炊に関する節約ポイントはいくつか存在するので、ここではそれらについていくつか紹介をしていきます。

作り置きする

自炊で節約をするとき、最も基本的かつ重要となるのが作り置きです。

作り置きをすることにより、食品を腐らせたりして無駄にロスすることを無くし、同時に調理のガス代や時間なども節約することができます。

そんな作り置きにおいて最も基本的な方法が「食材のカット」です。

食材はまとめ買いをし、すぐにカットをして冷凍保存をしておきます。このときできるだけ小さくカットすることにより、小分けにして使いやすくすることができるようになります。

また、茹でて食べる野菜などに関しては茹でてから冷凍をするというのもおすすめです。茹でるときには塩などで下味を付けず、そのままの状態にしておくことで料理への使い道が広がります。

さらに、常備菜を作り置きしておくというのもおすすめできます。常備菜には多岐にわたるものがあり、特に漬け物や酢漬け、燻製などは非常に長い間を保存をすることができます。

安い食材で作る

スーパーなどに売っている食材の中には、調理の幅が広くて栄養価も豊富、お腹にも溜まりやすく、さらに値段も安いという節約にぴったりなものも多数存在しています。

例えばタンパク質という点では、豆腐や鶏胸肉、卵など、野菜類ではもやしがそれに当たります。

これらの食材に味をつけ、炒めたりするだけでも手間を掛けず簡単にちゃんとしたおかずを作ることが可能です。

代表的な安い食材
豆腐、鶏胸肉、卵、もやし、こんにゃく、納豆

宅飲みに変える

普段お酒を飲む人は、居酒屋や飲食店から宅飲みに変更するだけでもかなりの節約となります。

また、おつまみに関しても、前述した常備菜などを活用することにより安く済ませることが可能となります。

弁当を手作りする

職場などで昼食を取る場合、外食をしたり弁当を購入するのではなく、自分で弁当を手作りすることは節約になります。

弁当を作るときにも「作り置き」の食品を活用することで大幅に手間を省略することが可能になります。

また、同じく手間の省略という点では焼きそばや焼きうどんなどの麺類も、単に具材と共に炒めるだけで作ることができるのでおすすめです。

さらに外出時の飲み物に関してもペットボトルを買ったりするのではなく、水筒にお茶などを入れておくことで節約することが可能です。

 

食料品の購入を工夫する

知っておトク!一人暮らしの生活費を劇的に抑える18の節約術

「食費」という点では、食料品の調達の仕方の工夫により、さらに節約になります。

ここではそうした食料品購入のポイントについていくつか紹介をしていきたいと思います。

コンビニ、自動販売機を利用しない

普段の買い物でコンビニや自販機を利用している人は多いかもしれませんが、これらはスーパーなどその他の小売に比べ値段が割高である傾向があります。

食料品、もしくは日用品を購入する場合は、スーパーやドラッグストアで買い物をしたほうが節約には繋がります。

スーパーより八百屋を利用する

食料品のうちでも野菜や果物などの青果類は、スーパーではなく八百屋で購入をした方が割安である傾向があります。

一般的に青果類はその流通の過程においてサイズや見栄え、あるいは色合いなどにより等級(ランク)が付けられていきます。

そのランクのうちでも上位のものは大手のスーパーなどが優先的に仕入れていくのですが、ランクが高く上質である分値段も高くなっていきます。

一方で個人経営の八百屋などの場合、どうしても仕入れ力は大手スーパーに劣ってしまうものの、ランクの低い商品をより安い値段で販売するようになります。

もちろんランクの低い商品だからといって、それが腐っていたり栄養価が劣っていたりするわけではないので、結果として青果類は八百屋で購入をしたほうが安く済む場合が多いのです。

業務スーパーを利用する

一口に「スーパーマーケット」と言っても、その系列や立地している地域などによりさまざまな違いが存在します。

例えばスーパーマーケットチェーンの「トライアル」や関西圏に多い「玉出」、あるいは「業務スーパー」などは、独自の仕入れ方法や業務管理などを採ることにより、他のスーパーマーケットに比べて小売価格を安く抑えています。

自分の住んでいる地域にそのようなスーパーが存在するかどうかをチェックし、そうしたところを利用することによって節約につながるでしょう。

利用する曜日・時間帯を工夫する

スーパーマーケットなどの小売店を利用するときに知っておきたいのが、「何曜日、何時頃に利用をするのか?」ということです。

まず曜日に関しては、特に青果類の場合、火曜日もしくは水曜日に購入をするのが良いとされます。

一般的に卸売市場は水曜日が休みとなることが多く、小売店もその休みに合わせて商品を売り切ってしまおうとするため価格を下げる傾向があるのです。

よくスーパーにおいて「火曜市」が行われるのにもこうした理由があります。

また、時間帯に関しては夕方から閉店間際が良いとされています。これもその日の商品在庫を売り切ってしまおうとするためであり、特に惣菜や肉類などに関しては半額で購入することができる場合もあります。

廃棄食品をもらう

あなたが今現在小売店で働いているという場合、廃棄食品をもらうことによって食費を大幅に節約することが可能になります。

廃棄食品の多くは賞味期限が切れかかっている、もしくは切れてますが、そもそも賞味期限とは「品質を保証する期限」という意味であり、それが切れたからといって腐っているというわけではありません。

また、スーパーなどでは大根の葉やキャベツの外側の葉などの野菜くずを捨てるための袋が置かれていることがありますが、その中の野菜くずは無料で持ち帰ることが可能です。

野菜くずにはよく洗いしっかりと火を通せば、まだまだ食べられるものも少なくありません。

ネットショップの特売を利用する

アマゾンやヤフーなどのネットショップで行われるタイムセール特売を利用することで食料品を安く購入することができます。

特に、清涼飲料水やインスタント食品などはこうしたセールを利用してまとめ買いしておくのがおすすめです。

 

野菜を再生させる

知っておトク!一人暮らしの生活費を劇的に抑える18の節約術

料理中に出た野菜くずをそのまま捨ててしまうのではなく、再生栽培をして再度利用するという方法です。

「万能細胞」などがニュースを騒がせた時期もありましたが、動物と違い植物は基本的にすべて万能細胞(全能性)を持っており、身体の破片に栄養と水分を与えれば再生させることができます。

ただし、すべての野菜くずが再生をするわけではなく、再生しやすい野菜とそうでない野菜の違いは存在します。

再生しやすい野菜としては、ネギやニラ、豆苗などの根っこの部分が付いている野菜、キャベツやレタス、小松菜やチンゲンサイなどの葉物野菜、そしてハーブ類などが挙げられます。

また、野菜ではありませんが、エノキダケやエリンギなどのキノコ類も、石突きの部分を湿度の高い密閉した容器に入れておくことで再生させることが可能です。

さらに、再生栽培ではありませんが、トマトなどは買ってきた実から種子を取り出し、それを土に埋めることで簡単に栽培できます。

 

食事回数を減らす

知っておトク!一人暮らしの生活費を劇的に抑える18の節約術

食事回数を減らすことによって食費を節約するという方法です。

「食事を抜く」というと健康面で心配になる人もいるかもしれませんが、実は近年では適度な飢餓感はかえって健康に良いという説が話題になっています。

そもそもかつての人類を含め、あらゆる動物は日常的に「飢え」を経験しています。その結果として動物たちは飢えに適応するための進化を遂げてきたというのです。

具体的には、人間を含めた動物類やあるいは酵母などの細菌類は「サーチュイン遺伝子」というものを持っています。

このサーチュイン遺伝子は、体が飢餓状態に陥ると細胞中のミトコンドリアを増加させる指令を出し、そのミトコンドリアが周囲にある古くなったミトコンドリアやタンパク質などを食べる(吸収する)ことによって細胞を若返らせます。

つまり、サーチュイン遺伝子を機能させるためにも食事回数を減らし、軽い飢餓状態を経験させるということは重要なのです。

食事を抜くという場合のポイントとしては、朝食を摂らないようにするか、もしくは夕食を簡素なものにするかのどちらかが良いでしょう。

まず朝食を抜く理由として、朝起きたばかりの状態では消化器官がまだ十分に覚醒しておらず、固形物を食べることが負担になってしまうことが挙げられます。

また、夕食の場合には、摂取したカロリーがほとんど消費をされないまま蓄積されてしまうということが挙げられます。

 

電気代を見直す

知っておトク!一人暮らしの生活費を劇的に抑える18の節約術

節約というと一般的には「食費」というイメージがありますが、実際には「電気代」の方が簡単に大きな金額を減らすことが可能です。

ここでは電気代節約のためのポイントについていくつか紹介をしていきます。

テレビ

テレビは家電製品の中でも特に電力消費量の大きいアイテムです。

普段何となくテレビを付けている場合には、こまめに消すようにしましょう。

エアコン

電気代節約に重要な家電製品としてはエアコンも挙げられます。夏場はどうしても使ってしまうエアコンですが、なるべく使わないようにしてみましょう。

そもそも夏場汗をかくということは人間の身体にとって自律神経を刺激し、その機能を衰えさせないという意味で非常に重要なことです。

近年ではエアコンの使いすぎなどにより自律神経の働きが阻害され、自立神経失調症などさまざまな病気が引き起こされているという傾向があるとされます。

室内が暑いという場合には、窓を開けて換気をしたり、より電力消費の少ない扇風機を使ったりするのがおすすめです。

もしどうしてもエアコンを使いたいときは、風向きなどを工夫して自分が座っている場所だけを重点的に冷やすようにすると良いでしょう。

また、エアコンのフィルターを掃除してみるだけでも作動効率が上がるため、消費電力を下げることができます。

冬場の暖房に関しても、できるだけ服を一枚多く着てみたり、窓に暖房シートを貼ってみる、湯たんぽを使う、設定温度は20~22℃など、できるだけ使用しないように工夫をしてみましょう。

コンセントを抜く

使用していない家電製品はコンセントを抜くようにしましょう。

特にDVD、BDプレイヤーやゲーム機などの待機電力が大きいものや、洗濯機やコピー機など毎日頻繁に使用しないものに関してはこまめに抜くようにしてください。

電気料金メニューを見直す

近年では電力自由化の流れの中で、電気事業者もさまざまな新しいサービスを提供しています。そのような新しいサービスの一つが電気料金メニュー制です。

各企業によっても非常に多岐にわたるサービスプランがありますが、朝や夜、あるいは指定した時間帯などの電気料金が安くなるというものが一般的です。

たとえば一人暮らしで基本的に昼間は外に出かけている場合は、夜の時間帯の電気料金を安くする料金プランに変更をしてみましょう。

 

格安SIM携帯(MVNO)を使う

知っておトク!一人暮らしの生活費を劇的に抑える18の節約術

一人暮らしの家計において大きな負担となるのが通信費です。

もしスマートフォンを大手キャリアの契約プランで使用をした場合、その月額料金はおよそで6000〜8000円程度が一般的です。

あなたがこのような状況なら、考えておくべき節約法は格安SIM携帯の使用です。格安SIMなどに変更することにより、月々数百円〜2000円程度に抑えるということが可能になります。

SIMフリーは、それを提供している会社やプランなどによってそれぞれサービスがありますが、主に「データSIM」と「通話SIM」の2種類のものが存在しています。

データSIMとは

データSIMとは、ネットのみ利用したいという人向けのサービスで、大きなメリットは何といっても「料金が安い」ということが挙げられます。

契約内容によっては、月々のインターネット料金を数百円程度にまで抑えることができる場合もあります。

しかしデータSIMの大きなデメリットとしては、音声通話やSMSサービスが利用できなくなることです。

また、SMSサービスが利用できなくなることにより、さまざまな認証システムを利用できなくなるという可能性もあります。

通話SIMとは

通話SIMのは、ネットと通話どちらも利用したいという人向けのサービスです。

そのメリットは、音声通話が可能であり、さらにこれまで使用していた電話番号をそのまま引き継いて使用することができるということが挙げられます。

一方で通話SIMのデメリットとしては、データSIMに比べて料金が高いことです。

また、大手キャリアが提供する無料通話やかけ放題サービスを利用することができなくなるため、使い方によっては大手キャリアよりも月額料金が高くなってしまう場合もあります。

WiMAXを利用する

これら格安SIMとは別に、WiMAXサービスを利用するという方法もあります。

WiMAXでは契約により提供されるモバイルルーターを利用することで、スマホもPCもすべてネット接続をすることが可能になるため、スマホのパケット代は最低料金で契約することができ、インターネット回線の契約も必要ありません。

 
スポンサーリンク

 

入浴を見直す

知っておトク!一人暮らしの生活費を劇的に抑える18の節約術

入浴の習慣を見直すことにより、ガス代や水道代、電気代が節約できるという場合もあります。

入浴において見なおすべきこと、それは第一に「回数」です。例えば毎日湯船に浸かっている人は、その頻度を「2日に1回」に減らし、そのうち1日はシャワーだけにすることによって大きな節約になります。

第二の見直しポイント、それは「設定温度」です。給湯機の設定温度を2℃ほど下げるだけでも1年間に数千円程度を節約することが可能になります。

 

トイレを流さない

知っておトク!一人暮らしの生活費を劇的に抑える18の節約術

水道代を節約する方法としては、トイレを流す回数を減らすということも挙げられます。

トイレを1回流すごとに発生する金額はおよそ4円ほどであると言われ、小便をした都度トイレの水を流すことは水道代を大きく無駄にしてしまいます。

この頻度を例えば「2回に1回」に減らすなどするだけでも大きな節約をすることが可能になります。

また、小便に関してはペットボトルなどに尿を溜め、溜まった時点でまとめて流すという方法もあります。

 

洗濯回数を減らす

知っておトク!一人暮らしの生活費を劇的に抑える18の節約術

洗濯の回数を減らすことにより水道代や電気代、あるいはコインランドリーの使用料を節約するという方法です。

1回の洗濯でかかる金額は水道代、電気代を含めて30円ほどと言われ、一人暮らしの場合であれば洗濯回数を「一週間に一度」にするようにしてみましょう。

もし前日のお風呂で湯船を使ったならばその残り湯を活用するのもおすすめです。

また、冬場などで汗をそれほどかかなかった日は、1日着たものをすぐに洗濯に出すのではなく、2日か3日程度着続けた上で洗濯をするというのも良いでしょう。

 

サンプル品を活用する

知っておトク!一人暮らしの生活費を劇的に抑える18の節約術

サンプル品、試供品などを活用することで日用品にかけるお金を節約するという方法です。

サンプル品には食品から衣類、化粧品までさまざまなものが存在し、街頭や店舗などで手に入れることが可能です。

また、近年ではアンケートサイト、ポイントサイトなどで提供をするケースも主流化し、事後アンケートなどに回答することにより、自分の欲しい商品を確実に手に入れることもできるようになりつつあります。

これは特に女性において、月々に化粧品に使う金額が生活費を圧迫してしまう場合におすすめの方法であると言えそうです。

 

自転車を使う

知っておトク!一人暮らしの生活費を劇的に抑える18の節約術

普段自動車や電車などを交通の足として利用している場合、ガソリン代や車の維持費、電車代などの出費を節約することができるかもしれません。

そうした場合における代用の交通手段としてオススメなのが自転車です。

特に都市部では買い物場所など近場への外出や、一駅か二駅程度電車に乗るという場合であれば自転車を使ったほうが遥かにお得であると言えます。

また、自転車を漕ぐということは健康にとっても良い効果をもたらします。

 

DIYを行う

知っておトク!一人暮らしの生活費を劇的に抑える18の節約術

最近人気のDIYは、楽しみながら生活費を抑えるにはもってこいの方法です。(※DIYとはDo It Yourselfの略で、自分で家具を作ることです。)

自宅で使う棚などの簡単なものはもちろん、上級者になればテーブルやチェアーまで作ることができます。テーブル、チェアーはもちろん、棚などの収納もショップで購入する場合にはかなりの出費を覚悟しなくてはなりません。

それをホームセンターで材料を仕入れ、自分の手で作り上げることで出費を抑えるだけでなく、愛着のある家具として使うことができるでしょう。

 

引っ越しをする

知っておトク!一人暮らしの生活費を劇的に抑える18の節約術

引っ越しは大きな出費を伴うイベントではありますが、長期的には節約に繋がる場合もあります。

ここではそうした引っ越しの際の節約ポイントについていくつか紹介をしていきます。

家賃

今住んでいるところよりも安い家賃の物件に引っ越すということは大きな節約となります。

同じ広さの部屋でも駅から少し遠かったり築年数が少し古かったりする物件の場合、万単位で家賃が変わってくることもあります。

家賃が抑えられる住居のキーワードは、「都心から離れている」「駅から遠い」「築年数が古い」「マイナーな路線」「狭い」です。

家賃の目安としてはどんなに高くても月収の5〜4分の1程度に抑えておくようにしましょう。

アンペア数

物件を契約する際にチェックをしておきたいのが、使うことのできる電気のアンペア数です。

アンペア数はAと表記され、その数値が高いといくら節約をしても割高な電気代となってしまう反面、数値が低いと電化製品を使用したときにブレーカーが落ちてしまうことに繋がります。

一人暮らしの場合、最も一般的とされるアンペア数は30Aであると言われています。

しかし電気代を節約したいという場合には、少々生活は不便になってしまうものの、20Aの物件を契約をするという選択肢もあります。

ガスの種類

賃貸物件におけるガス業者には、都市ガスとプロパンガスの2種類が存在します。

一般的な傾向として、都市ガスは公共サービスの一環であるためプロパンガスよりも料金が安い傾向があります。その差はおよそ倍ほどになる場合もあります。

このようなことから、ガス代を節約したい場合には都市ガスを選ぶのがお得であるということができます。

また都市ガスは一般的に空気よりも比重が軽いため、仮にガス漏れをしても部屋の中に滞留することがなく、家事を起こす可能性も低いということが知られています。

一方でプロパンガスの場合には空気よりも比重が重く、空間の下の方に滞留をしやすいためガス漏れをした場合火事に繋がる可能性も低くはありません。

しかしその一方で、プロパンガスには料理に使う際の火力が強いというメリットも存在します。

 

クレジットカードを活用する

知っておトク!一人暮らしの生活費を劇的に抑える18の節約術

クレジットカードには浪費やリボ払いなどのリスクが少なからず存在する反面、使い方次第では節約に大いに効果を発揮するアイテムになります。

クレジットカードならではのメリット、それは「ポイント」です。

例えば光熱費などの固定費をクレジットカード払いにすることで、毎月数千から数万円程度の支払額分のポイントが溜まっていきます。

また、クレジットカードのポイントは電子マネーや各種ポイント、あるいは景品などに交換することが可能となります。

ただし、クレジットカードは「カード破産」などの事態を引き起こす可能性もあるので、くれぐれも節度を持って使っていくよう気を付けてください。

 

まとめ

知っておトク!一人暮らしの生活費を劇的に抑える18の節約術

 

・具体的な目的を立てる

・借金・ローンを完済する

・衝動買いを止める

・家計簿をつける

・自炊をする

・食料品の購入を工夫する

・野菜を再生させる

・食事回数を減らす

・電気代を見直す

・格安SIM携帯(MVNO)を使う

・入浴を見直す

・トイレを流さない

・洗濯回数を減らす

・サンプル品を活用する

・自転車を使う

・DIYを行う

・引っ越しをする

・クレジットカードを活用する

 

生活費には大きく固定費と、食費、遊興費があります。固定費は手続きを見直せば簡単に抑えることができます。食費は手間をかけること、遊興費は工夫とアイディアで抑えることができます。

ぜひこれら方法を活用していってみてください。


スポンサーリンク

【今だけ無料鑑定】あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!
多くの女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報から導きだされる『福音ソウルメイト』が大好評です!

もしかしたら別れた彼かもしれないし、いま付き合ってる人かもしれません、
いつ、どこで運命の人と会えるのか・・・今なら『全員0円』で鑑定してもらえます。

今年もあと1ヶ月 恋愛運が気になる人は是非お試しください。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新記事をお届けします