四面楚歌の意味!四面楚歌の状況を打破する6つの方法

四面楚歌の意味!四面楚歌の状況を打破する6つの方法

四面楚歌・・・周囲がみな敵や反対者ばかりであること

四面楚歌という四文字熟語、なんとなく聞いたことはあるけれど、その正しい意味や使い方がわからないという人も多いのではないでしょうか。

実は四面楚歌という言葉には深い意味があるのです。今回はその意味と、四面楚歌に追い込まれた時に状況を打破するための特別な方法を6つお伝えします。

 

四面楚歌の意味!四面楚歌の状況を打破する6つの方法

スポンサーリンク

 

四面楚歌の意味と語源

四面楚歌とは、「周囲がみな敵や反対者ばかりである」ことです。自分の周りに敵しかいない状態のことをいいます。助けもなく、味方がいなく、孤立していることです。

敵だらけの状態を何故四面楚歌というのか、その由来についても解説しましょう。

この言葉は中国の歴史に関係してきます。さかのぼること紀元前200年頃。中国では「楚漢戦争」が起こっていました。

その名の通り「楚」と「漢」の戦いです。この戦いは漢が優勢に立っていました。

ついに敗れた楚軍は防塁に篭り、漢軍はこれを幾重にも包囲しました。漢は圧倒的な軍勢で楚の陣を取り囲み、楚の国の歌をうたったのです。

楚の国の王は、漢軍の中に楚出身者が軍が多く投降したものと思い、深く驚き嘆いたといいます。

この話が四面楚歌の由来になっているとされています。

 

類義語

四面楚歌と同じように使われている四文字熟語は二つあります。

孤立無援・・・ひとりぼっちで誰の助けもないこと
孤軍奮闘・・・周囲から孤立した少数の軍勢で戦うこと

この二つの類義語は字の印象から意味がわかりやすいですね。これらと比べると、四面楚歌は意味を読み取るのが少し難しい四字熟語です。

 

四面楚歌を打破する6つの方法

四面楚歌の意味を理解したところで、実際に四面楚歌の状態を打破する方法を6つご紹介します。

1:まずは1人味方を見つける

今あなたは、1人も味方がいない状態と考えていませんか?

しかし周りをよく見てください。きっとどこかに1人は味方がいるはずです。

家族、学校、職場、ネットの中でも良いです。自分と同じ意見を持ち、賛同してくれる味方を、「まずは1人」みつけてください。

1人でも味方ができれば、それは四面楚歌からの打破なのです。1人、また1人と、少しずつで良いので味方を増やしていくことができます。

また、余裕がないと周囲を見ることができません。味方がいるのに気付いていないという場合も多いのです。まずは余裕を持ってまわりを見渡してみましょう。

 

2:立ち向かう勇気を持つ

四面楚歌に立ち向かうことができる勇気を持ちましょう。

気を張りすぎるのはダメですが、折れない心が重要です。

誰も味方がいない時は、勇気を持てず、心が折れそうになることもあるかもしれません。

そんな時は、散歩したり、趣味で気分転換したり、映画を見たりしながら、リラックスして心を落ち着かせることからはじめましょう。

勇気を充電し、未来に自分を導く心は、四面楚歌を打破するための、何よりも重要な要素なのです。

 

3:現状を整理する

あなたは何故、四面楚歌になってしまったのか。いつから、何が原因でそうなってしまったのか。一度整理してみましょう。

きっと何かきっかけがあったはずです。そのきっかけから、周りが敵ばかりになってしまったのでしょう。四面楚歌を打破するには、その原因を治さないことには何も変わりません。

四面楚歌になった原因を探ったら、まずは自分で改善できること、改善するために行動を起こしましょう。そんなあなたの姿を見ればきっと敵の数も減っていくはずです。

 

4:他に四面楚歌の状態の人はいないか探す

敵の敵は、味方といいいます。

あなたと同じような四面楚歌状態の人を探してみましょう。あなたに賛同はしていなくとも、同じ境遇のものどうし、わかりあえることでしょう。

同じ四面楚歌のものどうしであれば一緒に協力して解決策を話したり、乗り越えることもできるかもしれません。

 

5:戦わずに、違う世界に行ってみる

周りを見ても敵しかいないなんて身動きがとれません。きっと狭いところに閉じこもってしまうでしょう。

そんな時は思い切って、あなたを知る人のいない違う世界に行ってみましょう。新しい場所に飛び込むのです。そこには敵も味方もいません。その場所で一からあなたの居場所を作っていくのです。

辛い世界にとどまっている必要はありません。

四面楚歌を打破するのには一番早い方法といえます。

学校や職場を変えるのは容易なことではありません。しかし四面楚歌になってしまったのならば、勇気を持って新しい環境・世界に飛び出すことも、一つの選択です。

 

6:違う自分になる

四面楚歌を打破するには、自分が変わらなければならないのかもしれません。

「自分の我を貫くための能力をつける必要がある」のかもしれません。あなたの力や能力が高ければ、自分を曲げずに、四面楚歌の状況を切り裂き突破できるでしょう。

または「相手と協調し合う柔軟さを身につける」必要があるのかもしれません。自分に頑固なところや、わがままなところがあったのかもしれません。

自分を変えて、辛い四面楚歌の状況を打破していけば、きっと道が開けてくるでしょう。

 

まとめ

四面楚歌の意味!四面楚歌の状況を打破する6つの方法

 
四面楚歌の意味と語源
類義語

 
四面楚歌を打破する5つの方法

1:まずは1人味方を見つける
2:立ち向かう勇気を持つ
3:現状を整理する
4:他に四面楚歌の状態の人はいないか探す
5:戦わずに、違う世界に行ってみる
6:違う自分になる

 
四面楚歌の意味と、状況を打破する方法についてご紹介しました。いかがでしたか?

四面楚歌の裏の歴史を知ると面白いですね。

辛い状況で使われる言葉ですが、四面楚歌の時は、立ち向かう勇気を持って、今回紹介した打破する方法を思い出してみてください。


スポンサーリンク

【今だけ無料鑑定】あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!
その中でも恋愛運が女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に導き出される『天声神語』が大好評です!

もしかしたら別れた彼かもしれないし、いま付き合ってる人かもしれません、
いつ、どこで運命の人と会えるのか・・・今なら『全員0円』で鑑定してもらえます。

今年もあと1ヶ月 恋愛運が気になる人は是非お試しください。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Dreamerから最新記事を毎日お届けします