仕事ができない人の15の特徴と、信用される人材になる改善方法

仕事ができない人の15の特徴と、信用される人材になる改善方法仕事が「できる人」「できない人」は自己認識と他人認識で大きく変わってきますし、仕事をする環境やキャリアによっても変化するものです。

しかし、仕事ができない人の特徴は確実にあります。

そこでこの記事では、仕事のできない人の特徴と、できない人とレッテルを貼られた人が信用を取り戻す改善案についてお伝えします。

大切なのは、もし仕事ができない特徴に当てはまったとしても、今後その部分を認識して改善することです。この記事を参考にキッチリ対処しましょう。

 

仕事ができない人の15の特徴と、信用される人材になる改善方法

スポンサーリンク

 

やりたいことからやる

仕事ができる人は、成果の納品に対して逆算で、いつまでにこれまでを行うということを事前に考えることができます。

そのため、仕事の全体像をはじめに理解し、それからどれくらい時間がかかるか、どのようなプロセスを設計するべきかを考えるため、仕事の質が格段に高まります。

一方で仕事の遅い人は、やりやすい箇所から取り敢えず手を付けてしまい、気が付いたらもう一度やり直しが必要になったりすることもあり、二度手間が多くなってしまいます。

 

ミスを他人のせいにする

仕事はチームで行うもので、いろんな「信用」で成り立っているといっても過言ではありません。

この信用を得ている人には結果的に多くの仕事が依頼され、さらに仕事ができるようになっていきます。

しかし、仕事ができない人には身の丈(自分のスキル)に合った仕事しか依頼されず、必然的に「こなし」仕事になってしまいがちです。

では、信用を得るためにはどうしたらいいのでしょうか。その重要なポイントは、ミスをどうとらえるかにあります。

ミスをした時に他責(自分以外の他の要因)ばかりをあげる人がいますが、自責(自分の要因)については何も話さずに、他責ばかり話していては、その分析が正しいとしても相手には「いいわけ」にしか聞こえません。

自分の要因を正確に分析できない人は、同様の仕事を任せてもまた同じような他の要因で失敗してしまうかもしれない、という気持ちを相手に抱かせてしまうので、なかなか信用してもらえないのです。

 

優先順位が明確になっていない

仕事ができない人は、「重要度」と「緊急度」の違いが分かっておらず、したい仕事から処理し、必要な仕事を後回しにする傾向があります。

その結果、やった仕事の手順が誤っていたために、再度仕事のやり直しを求められたりすることがあります。

逆に仕事ができる人は、常に優先順位を明確にして行動しています。

これを解決するためには、仕事の全体像を把握したうえで、「重要度」を「緊急度」に優先させて事前対応を行う必要があります。

優先順位とは、緊急度と優先度を「田」の字のようにマトリックスに分けて考え、仮に左側を緊急度、右側を優先度として図を作成してみてください。

まず、緊急度と優先度がともに高い仕事を処理したあと、必ず緊急度が低いものの、優先度が高いもの、つまり「重要なもの」に着手していきます。

この「重要度」と「緊急度」のマトリックスが自分の中にあり、順番通りに片づけて「重要かつ緊急」にならないように管理することで、仕事のスピードも早くなるでしょう。

 

完璧主義者

仕事のできないと思われている人の中には、実際には能力は高い人も多くいます。

しかし、スピードが求められる仕事に対してまでも全て完璧に仕上げようとする人は、仕事ができない人とみなされます。

例えば、上司から「このスマートフォンについて調べるように」と言われたとします。

仕事の早い人は、「ホームページからスペック表を印刷」して持ってきます。一方で仕事の遅い人は、「長文の調査レポート」を作成して上司に提示します。

上司が求めているものが単にスペックの比較であれば、前者の方が間違いなく早くて良い仕事をしているわけです。

ああでもない、こうでもない、と悩みながら仕事をしている人は、思い切って自身で中途半端と思われる状態でも成果物を提出してみてください。

もしかしたら、求められるところが完璧ではなく、スピードであったことに改めて気づかされることがあるでしょう。

また、「一度成果を出してみる」と、依頼の内容の真意を勘違いしていたことにさえも気づくときもあります。

取り敢えず、求められるものを把握したうえで、早く報告すると早くゴールにつきます。

仕事を依頼した人の本当の目的を早く把握することが、仕事の早さに直結することはよくあることです。

 

意思疎通を気にしていない

先ほどの内容とも重なりますが、仕事ができない人は確認作業が苦手な傾向にあります。

仕事ができる人は提出物などでも、ある程度作成してみて主旨がズレていないか、微調整が必要かどうか、を中心に提出物を提出する人とコミュニケーションをとります。

一方で仕事ができない人は、100%完成してからこの作業を行おうとしますが、想いこみやニーズをつかみ損ねて修正が入る可能性が高くなります。

そしてまた確認作業を怠って・・・というふうに何回も修正を重ねてしまうことになり、結果的に仕事ができない人と周囲からラベリングをされてしまうのです。

柔軟に軌道修正をするために確認作業に注意して仕事を行ってみましょう。

 

一人で抱え込もうとする

仕事ができない人は、他の人に仕事をお願いすることは「恥ずかしい」と感じており、全ての仕事を自分自身で処理しようとします。

その結果、他の人に任せた方が早く出来る仕事まで自分で抱えてしまい、無駄な時間を消費してしまいます。

この問題を改善するには、自分の能力を超えたことまで抱え込まず、他にその仕事を早く処理できる人がいれば、その人に仕事を委任してしまいましょう。

これを繰り返すことでコミュニケーション能力も高まり、誰にどのような仕事を依頼すれば早く仕事を処理できるかが理解できるようになり、結果的に仕事ができる人と見られるようになるでしょう。

 

吸収力が弱い

仕事ができない人は、吸収力がネックになるケースがあります。これは頭の良い悪いではありません。むしろ、素直かどうかというところに大きなポイントがあります。

仕事ができない人は、人の意見をしっかり聞くことができません。

心の中にいろんなフィルターをもっていて、それを通過できたものみを聞いてしまうからです。

フィルターは「プライド」「価値観」「こだわり」など様々ですが、仕事ができる人は、「言われた通りやってみよう!」とまず、チャレンジしてみます。

このチャレンジを重ねることで情報の取捨選択力を強化させ、経験へと進化させていくのです。

また、情報の取捨選択ができることは情報の整理力がついているということですから、いわゆる「思考の引き出し」を持つことに通じます。

思考の引き出しには試したもの、試していないものにかかわらずいろんなアドバイスが入っているので、瞬時にそれを出してきて対処することが可能になります。

これこそが仕事ができる人は「懐が深い」「引き出しが多い」と言われる所以です。

 

メールの返信が自分の気分

仕事ができない人の一般的な特徴として、「メールの返信が遅い」ということがよく取り上げられます。

ただ、これは、半分当たりで半分間違っています。メールはあくまでコミュニケーションツールにしかすぎません。

送られたメールの内容の多くはすぐに返信する必要がありますが、クレームへの回答メールなどについては、すぐに返信すると「本当に真剣に考えてくれているのか」と逆にトラブルとなってしまい、処理に却って時間がかかってしまうことがあります。

ここでのポイントは、メールの対応一つにしても、「相手がどのように受け止めるか」を考えて処理して、トラブルを少なくするために対処することです。

 

複数を同時に処理しようとする

仕事ができない人は、集中力がない傾向があります。

そのため、今やっている仕事の途中で他の仕事を任されたりすると、今とりかかっている仕事を突然中止して、今度はそっちの仕事に取り掛かってしまい、結局両方の仕事が完了しないという事態に陥りがちになります。

しかし仕事ができる人は、一つの仕事だけに集中して処理してから、次の仕事に移ります

そうすることで意識がその仕事に向くため、仕事でアイディアをアウトプットしやすいからです。

 

仕事を惰性で行う

仕事のできない人は、目の前の仕事を惰性で行う傾向があり、その結果仕事を途中までで放置したり、仕事の進行業況が把握できてないため、いたずらに慌ててしまいがちです。

仕事ができる人になるためには、毎日の仕事で常日頃から少しずつ改善にチャレンジしてみましょう。

整理整頓なども同様で、毎日のチャレンジで物やパソコンのファイルを探す時間を省略することができるようになります。

 

整理整頓ができない

仕事ができない人に多いのが整理整頓ができず、管理ができていないという特徴です。

整理整頓ができていないと必要なもの必要な時に取り出せず時間をロスするだけでなく、探している間に集中力を切らしてしまったりと作業効率全体を落とす結果になります。

また、実際に机の周りが散漫していると余計な情報にも目がいってしまうなど集中力は落ちます。

さらに、すでにあるものをもう一度作るなどの余計な作業をしてしまうこともあるでしょう。

そこで、自分のデスクには毎日使うものだけを残し、それ以外は引き出しにしまったり、不要なものは処分しましょう。

目安として1ヶ月以上使用していなものは、処分したり自宅に持ち帰りましょう。

そして退勤時にはすべてのものを片して、元の状態で帰宅するようにしてみてください。

もし帰宅時にできない場合は、毎朝10分間時間をつくり、整理整頓する習慣を身につけましょう。

 

同じミスを繰り返す

同じミスを繰り返してしまう人も、仕事ができない人とというレッテルを貼られやすいと言えるでしょう。

たった一度のミスだけでも相手との信頼関係を壊すキッカケになります。

特に、そのミスから学ぶことがなく、「以後気をつけます」という言葉だけで片ずけてしまう人は要注意です。

同じ失敗を繰り返さないためには対策をとる必要があるのですが、一番有効なのは「メモ」を取ることです。

失敗した内容や原因、ミスしたことによる損失などをそのメモ帳に記入しておき、同時にどうすればよかったのかという解決策まで書き出せると、同じ場面でのミスを劇的に減らす効果的な対策になります。

また、自分がどんな状況だったり心理状態、相手、場所などでミスが起こりやすいのか、自分の失敗パターンを把握しておくこともいいでしょう。

ミスはある程度は管理することができるので、自分の状況を冷静に捉えてみてください。

 

話が長い

仕事が早い人は、押しなべて話の要点を押さえておりますので、話が短くて済みます。

一方、仕事ができない人は話が長く、2つのパターンがあります。

一つは、話が短いと頭が悪いと思われるのではないかと不安に感じているケース、もう一つは話が単にまとめられていないだけのケースです。

前者のケースでは、自信を持たせてあげることにより改善が可能になることがあります。

また、後者のケースでは、話の要点のまとめ方について学んだり指導を受けてみましょう。

 

あいまいな返事を連発する

言葉は、その人の気持ちを雄弁に語ってしまう場合があります。その最たるものが「言い切り」です。

仕事ができない方は、仕事に対して苦手意識や責任を負いたくないためか、言葉に責任を持とうとしません。

「できたらやります」「~のようです」「〜かもしれません」「なるべく~」「間違っているかもしれませんが」など、言葉にあるインパクトを自ら封印して話してしまう傾向にあります。

一生懸命話していても相手にその事が伝わってしまいますので、信用されないことがあるのです。

 

自己評価が高すぎる

仕事ができない人の中には、自己認識スキルが低い人が多い傾向にあります。自分自身を適正に評価できないのです。

高すぎる自己評価は、逆に自分の向上心を奪ってしまいかねません。小さな優越感で自分を勇気づけたり、安心感を手に入れようとしてしまうからです。

仕事ができる人は、成長するプロセスの中に勇気や安心感を得ようとします。

評価にハマり過ぎるのも考えものですが、自分の仕事に対する市場価値を客観的に判断するために転職サイトなどに登録して、キャリアコンサルタントから意見をもらってみるのもいいでしょう。

企業から良い評価はもらうためには、自分を客観的に見て相手に伝えることが重要になるため、自己認識スキルの分析に最適です。

 

まとめ

仕事ができない人の15の特徴と、信用される人材になる改善方法

 

・やりたいことからやる

・ミスを他人のせいにする

・優先順位が明確になっていない

・完璧主義者

・意思疎通を気にしていない

・一人で抱え込もうとする

・吸収力が弱い

・メールの返信が自分の気分

・複数を同時に処理しようとする

・仕事を惰性で行う

・整理整頓ができない

・同じミスを繰り返す

・話が長い

・あいまいな返事を連発する

・自己評価が高すぎる

 

他にも、仕事のできる人には共通の習慣があるため、仕事ができる人のマネをすることから入ってみても良いでしょう。

ぜひこの記事を参考に一つずつ、たとえゆっくりでもいいので、確実に改善していってください。

そして信頼させる人材へと生まれ変わり、仕事のチャンスを掴みましょう。


スポンサーリンク

【今だけ無料鑑定】あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!
多くの女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報から導きだされる『福音ソウルメイト』が大好評です!

もしかしたら別れた彼かもしれないし、いま付き合ってる人かもしれません、
いつ、どこで運命の人と会えるのか・・・今なら『全員0円』で鑑定してもらえます。

今年もあと1ヶ月 恋愛運が気になる人は是非お試しください。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Dreamerから最新記事を毎日お届けします