精神的に強くなりたい人が学ぶべき「最強のメンタル」を手にする方法

精神的に強くなりたい人が学ぶべき「最強のメンタル」を手にする方法あなたは自分自身の精神的に強くなりたいと思いますか?仕事などの局面において、恐怖や不安に押し流されず、よりパフォーマンスを高めたいと思いますか?

今回紹介するのは「精神的に強くなるための方法」です。失敗を恥じてクヨクヨしたり、プレッシャーによって身動きが取れなくなったりすることは、時間やエネルギーの浪費に繋がっていきます。精神にタフになることで、より効率的な人生を送りましょう。

 

精神的に強くなりたい人が学ぶべき「最強のメンタル」を手にする方法

スポンサーリンク

 

他人と自分を切り分ける

「精神的に強い人」というのは基本的に「自分自身に自信を持っている」人であり、そのような人は「一人ぼっちになること」や「他人と違ったことをすること」を恐れません。

「精神的に強くなりたい」のであれば、まず考えるべきことは「他人は他人、自分は自分」という認識を身につけることです。

第一に他人の感情や考えに容易に同調しないようにしましょう。

特に日本的な組織では「声の大きな人の意見」が全体を代表するということが往々にして起こりがちです。そのようなときにも他人の考えを容易に取り入れるのではなく常に一旦クールダウンして「自分はどう思うのか」を思い起こすようにしましょう。

 

自分と他人を比較しない

これも「他人は他人、自分は自分」という考え方の一つです。他人と自分を比較し、「あの人に出来ることが自分には出来ない」と考えるのを止めましょう。

「他人ができること」に自分を合わせるのではなく「自分にしか出来ないこと」を見つけ、それを磨き上げるということを常に優先するようにします。

 

あえて変わったことをしてみる

「他人は他人、自分は自分」という思考を行動として実践する場合にやるべきなのが「あえて変わったことをしてみる」ということです。

ここで言う「変わったこと」とは「自分が今までやったことがないこと」であるのはもちろんですが「他の人がやっていないこと」という意味があります。

一番お手軽な方法としては「ファッション」があります。誰もやっていない格好をして街を歩いてみるということ、それだけでも精神は鍛え上げられるのです。

 

あえて攻撃的になる

他人に対してすぐに同調したり慣れ合ったりするのではなく、少しばかり攻撃的に振る舞ってみるというのも精神を鍛えるのには最適です。

「攻撃的な態度」とは「自分は他人より優れている」という意味を持った周囲へのアピールであり、それは「本当に自分は優れている」ということを有言実行的に証明せねばならなくなるため「より努力しなければ」という覚悟に繋がります。

 

メンターを見つける

「メンター」とは「指導者」「師匠」というような意味の言葉です。

精神的に強くなるためには自分自身がその考え方や感性に共感が持て、尚且つ目上として尊敬できる人間を見つけることです。それは身近にいる人物でも良いですし、有名人や偉人などでも良いでしょう。

自分自身の行動規範のモデルとなるような人物を見つけることで、それ以外の「どうでもいい人」の言動に振り回されることがなくなります。

 

失敗を糧にする

新しい行動を起こすとき、万事がうまくいくなどということはまずあり得ないと考えるべきでしょう。

重要なのは「失敗すること」ではなく「そこから何を学ぶか」です。まず自分自身が「何をしたいのか」という「価値」を意識し、それを行動に移し、失敗した場合にはその原因を突き止め次の行動にフィードバックします。

この時重要なのは、フィードバックする対象は「行動」という手段であり、「価値」ではないということです。あくまでも「やりたいこと(価値)のために学ぶ」ということが重要です。

 

義務的な根性論を捨てる

「根性論」は目標達成のためには必要なことではありますが、「やりたくなくて、苦手なこと」のために義務的な根性論を持つのは止めましょう。「努力すること、頑張ること」はあくまで自分自身のための権利であると考えるようにします。

人生の時間やエネルギーは有限です。「余計なことに関わらない、逃げる」というのは一つの戦略という側面もあります。「どうでもいいこと」に付き合いすぎないことで精神的な余裕が生まれ、余裕は度量の広さ、そして強さに繋がります。

 

身の回りのものを捨てる

「どうでもいいこと」から距離を置くために、身の回りのものを整理し、処分するというのは非常に重要です。「物を捨てる」というのは「過去のしがらみを捨てる」ということでもあります。

「余計なものを置かない」ことで視界はよりクリアになり、「余計なものを身につけない」ことで体はより軽くなるでしょう。その上で、どうしても捨てられずに残ったものは「自分にとってほんとうに重要なもの」である可能性が高いです。

 

まとめ

精神的に強くなりたい人が学ぶべき「最強のメンタル」を手にする方法

 

・他人と自分を切り分ける

・自分と他人を比較しない

・あえて変わったことをしてみる

・あえて攻撃的になる

・メンターを見つける

・失敗を糧にする

・義務的な根性論を捨てる

・身の回りのものを捨てる

 

これら8つのポイントに共通するのは、常に自分を主体にものを考えるということです。「強さ」というのはあくまで他者との比較である「相対論」であり、そうである以上、他人と同じことをしていては「他人以上の強さ」は生まれようがありません。

これらのポイントを生活の中で意識し、タフな精神を身につけ、スマートライフを目指してみてはいかがでしょうか。


スポンサーリンク

【今だけ無料鑑定】あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!
その中でも恋愛運が女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に導き出される『天声神語』が大好評です!

もしかしたら別れた彼かもしれないし、いま付き合ってる人かもしれません、
いつ、どこで運命の人と会えるのか・・・今なら『全員0円』で鑑定してもらえます。

今年もあと1ヶ月 恋愛運が気になる人は是非お試しください。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新記事をお届けします