掃除が苦手なあなたでも、整理整頓がどんどん進む驚きのコツ!

掃除が苦手なあなたでも、整理整頓がどんどん進む驚きのコツ!「部屋が汚すぎて友達に驚かれた」「昔から整理整頓が全然できない」こんな悩みを抱えていませんか。

整理整頓は人によって得意不得意が大きく分かれる傾向があり、小さい頃から苦手であった人も少なくないでしょう。

しかも、片付けが苦手な人が闇雲に掃除しようとすると、余計に散らばってしまうこともあります。

ただ、その原因はやり方を知らないからで、整理整頓はコツさえつかめば、誰でもきれいに片付けることができます。特に、難しく考えながら行う必要もありません。

そこでこの記事では、掃除が苦手なあなたでも簡単にできる、整理整頓のコツについて詳しくお伝えします。

 

掃除が苦手なあなたでも、整理整頓がどんどん進む驚きのコツ!

スポンサーリンク

 

部屋の中にある物を全部出してみる

散らかっている部屋を整理整頓するときに、まず最初に行うべきなのが、「今あるすべての物」を一箇所にまとめて置くことです。

このときに、部屋にあるものだけでなく、押し入れやクローゼット、引き出しなどからもすべて出しひとつにまとめましょう。

部屋が散らかっているときに多いのが、「どこに何を置いているのかがわからない」という状態です。

当然のことですが、このような状態では整理整頓することなどできません。

最初にすべての物を「出し」て「まとめる」ことにより、現在あなたがどのような物を、どれくらい持っているかを視覚化することが可能となります。

そして視覚化をして現状を客観的に把握することで、

  • 捨てるべき物
  • 取っておくべき物
  • どこに、なにをしまえばよいのか

が具体的にイメージでき、スムーズに整理整頓を進めることができます。

 

いらない物はとにかく捨てる

整理整頓において「片付けること」以上に重要となるのが、「捨てること」です。

整理整頓を行うときは、まず「捨てる物」と「取っておく物」を分けるようにしましょう。

このときに重要となるのが、捨てるべき物に分類されたものは、容赦なくどんどん捨てることです。

捨てるべきか取っておくべきか判断に迷いが生じた場合には、捨てることを選ぶようにしてください。

特に「いつかは使うかもしれない」と思った物に関しても、できる限り捨ててしまいましょう。

どうしても捨てるのが惜しいと感じる場合は、置いておく期限を決めます。例えば、期限を一年と定めたなら、一年後に一度も使わなかったときは捨てるようにします。

繰り返しになりますが、整理整頓においては「片付けること」よりも「捨てること」を優先するようにしてください。いらない物を極限まで捨て、その後で残った物を片付けるようにしましょう。

 

高価な物でも躊躇せずに手放す

前項で取り上げた「物を捨てる」ときに困るのが、高価な物に関する取り扱いです。今後使う機会があるとは思えないものの、高価(貴重)な物が出てくるかもしれません。

そのような物に関しても、本気で整理整頓をしたいと思うのであれば、手放す決断をするべきです。

ただし、高価な物や貴重な物は、捨てるのではなく売却をしたほうが良いでしょう。

例えば、ネットオークションやフリマアプリなどに出品すると、簡単に買い手を見つけ出すことができます。

ネットで売却する以外にも、中古品買い取り業者に依頼をしたり、リサイクルショップに持っていき鑑定してもらうのも良いでしょう。

 

床に物を置かないようにする

一通りいらない物を処分できたならば、次はいよいよ片付けをする段階に入っていきます。

片付けをする際に注意をしたいポイントが、室内に置く物を少なくするのはもちろんとして、床に直接物を置かないようにすることです。

理由としては、床に直接物を置くと散らかりやすくなると同時に、床の空きスペースを減らしてしまうためです。

部屋に置いておく物に関しては、できる限り棚や押入れ、クローゼットなどに収納するようにしてください。

収納をする際のポイントは、ただ単にしまうのではなく、ボックスやケースなどを利用して種類ごとにまとめ、ディスプレイに飾るように並べるようにするといいでしょう。

取り出しがしやすく、また綺麗に並んでいるため「散らかしたくない」という気持ちが働くので、使った後にもきちんと戻すようになります。

掃除が苦手なあなたでも、整理整頓がどんどん進む驚きのコツ!

また、調理器具などは、キッチンの壁に吊り下げるようにしておくと余計なスペースを取らず、使い勝手もいいためおすすめです。

 

できるだけ大きな収納家具を一つだけ用意する

整理整頓の重要なポイントに、棚や引き出しなどの収納家具はできるだけ各部屋ごとに一つにまとめ、数を増やさないようにすることも挙げられます。

収納家具の数が増えてしまうと、それ自体が室内のスペースを専有して狭苦しくなってしまい、どこに何をしまったのかが自分でも分からなくなってしまうためです。

なので、収納家具はできるだけ増やさないようにし、その分できるだけ大きな物を一つ用意するようにしてください。

また、収納家具はその部屋の中でもできるだけすぐに取り出せる場所に置いておくようにしましょう。

 

物ごとに定位置を決める

収納するポイントに、物ごとに定位置を決めて、できるだけその位置を変更しないようにすることも挙げられます。

決まった場所に決まった物を収納しておくことで、物が散らかってしまったり、収納した場所を忘れてしまう事態を防ぐことができます。

また、あらかじめ収納しておく場所が決まっていると、物の出し入れも便利になります。

置き場所を決めておかないと出した物をしまうのが面倒になり、結局出しっぱなしにしてしまい、散らかる原因になることが考えられるのです。

 

隙間のスペースを活用する

「できるだけ大きな収納家具を一つだけ用意する」でも述べた通り、基本的に収納家具の数はできるだけ少なくするのが良いとされます。

しかし、収納数が足りないなどの理由によって、どうしても収納場所を分けなければならないこともあるでしょう。

もし複数の収納場所が必要なときは、別の収納家具を買うのではなく、隙間のスペースを活用することを心がけるようにしましょう。

例えば、ベッドの下などは物を収納するのに格好のスペースです。また、テーブルの下やクローゼットの隙間なども、同じように活用できるかもしれません。

あなたの居住空間に合わせ、散らかりにくくスペースを取らない場所を選ぶようにしましょう。

 

紙類(書類)は電子化する

部屋の片付けをするときに、意外と処分に困ってしまうものとして紙(書類)関係が挙げられます。

書類の中には、仕事関係のものなどが紛れ込んでいる場合があり、なんとなく捨ててしまうと、後々重大な問題が発生することも考えられます。

このようなことから、書類を処分する前に書面を電子化して保存するのもおすすめです。

紙を電子化する方法としては、複合コピー機のスキャン機能を用いたり、専用のスキャナーを使ったりすることが挙げられます。

近年ではスマートフォンアプリの中にもスキャン用のカメラが登場してきており、そうしたサービスを利用してみるのも良いでしょう。

また、雑誌などに関しても、必要なページだけをスキャンして電子ファイルとして保存し、残りはすべて処分してしまうのがおすすめです。

 

スペース全体を区分けにして整理整頓する

部屋を整理整頓する時間を確保できない、という人は意外と多いかもしれません。

どうしても時間を見つけられない人は、全体をいくつかに区分けをし、部分ごとに整理整頓していくようにするのも良いでしょう。

例えば、一つの部屋の中に机と棚がある場合、まず机の整理整頓を行い、後日棚の整理整頓を行うようにします。

同じように住居全体であれば、「今日は寝室、来週は居間、再来週はキッチン」というように、部屋ごとに整理整頓を行う日を決めていくのも良いでしょう。

 

整理整頓が苦手な人は・・・

元々整理整頓が苦手だったり、やる気がなかなか出ない人は、無理をせず自分のできそうな部分から行うようにするのも重要です。

必ずしも完璧主義的にならなくとも良いので、「取り敢えずやってみる」という心構えを持つようにしましょう。

「キッチン」と決めたらキッチンだけ。「リビング」ならリビングだけを徹底的に整理します。他の場所が汚れが気になっても、1カ所に集中しましょう。

1カ所だけきれいに整頓されていると、他の場所の散らかりが気になってくるので、自然と他の場所も片付けたくなります。

また、前項とも重なりますが、一週間で行う整理整頓のスケジュールを組んで、カレンダーや手帳に書き込んでみるのもおすすめです。

そして、片付けが終わったところには、スケジュールにチェックを入れるようにします。

「今日も掃除を頑張った!」という快感を得ることもできるうえ、掃除にゲーム性を持たせることができるので、やる気が出るはずです。

 

写真に撮って再確認する

整理整頓が一通り終わった時点で、その状態を写真に撮って記録しておきましょう。

写真に取ることで現在の状態を客観的に見ることができ、本当に整理整頓が終わったのかどうかの再確認になります。

また、綺麗な状態を写真に収めておくことで、部屋が散らかってきたときに写真と見比べると、整理整頓のやる気にもなります。

さらに、後日掃除をする際に、どこに何を収納すればよいのか写真を見れば一目瞭然となるため、作業に余計な手間がかからず楽になります。

 

毎日少しずつメンテナンスを行う

一度整理整頓をした後は、現在の状態を維持できるよう、毎日少しずつでもメンテナンスを行なっていきましょう。

具体的なやり方としては、整理整頓をしたばかりの様子と現在の様子を写真で見比べて、散らかっているところを片付けるようにします。

しかし、そうはいっても日々の生活で自然と物が溜まっていき、整理整頓を行う前の散らかった状態に戻ってしまうこともあるでしょう。

これを防止するために重要なのが、毎日意識をして「物を減らす」ことです。

近年では「断捨離」のような習慣も一般化しつつありますが、積極的に物を減らしていく習慣を持つようにしましょう。

具体的には毎日一つずつ、室内にある物を減らしていくようにします。もし毎日が無理であるならば、一週間で1割程度の物を減らすようにします。

また、減らした物とその日付はリスト化しておき、後で参照できるようにしておきます。

最初は物を減らしていくことに苦痛を感じるかもしれませんが、これを習慣化していくと、次第に物を減らすことが快感となり、逆に物を持つことが苦痛に感じるようになっていきます。

 

貸倉庫を利用する

どうしても捨てることができないものがあり、なおかつ収納もしきれないという場合には、貸倉庫を利用するのも良いでしょう。

貸倉庫とは文字通りレンタルできる倉庫のことで、倉庫の大きさはロッカー大のものから車庫程度の広さのものまで、さまざま用意されています。

貸倉庫のレンタル料はロッカー程度の大きさであれば月々2,000〜3,000円程度で利用することができます。

ちなみに、オリコン顧客満足度ランキング総合1位獲得も獲得した、人気の貸倉庫はこちらです→トランクルームのキュラーズ

 

整理収納アドバイザーを目指してみる

整理整頓についてより深い知識を身に着けたい人は、整理収納アドバイザーの資格取得を目指してみるのもおすすめです。

整理収納アドバイザーとは、ハウスキーピング協会という団体によって認定される資格であり、3〜1級の等級に合わせて文字通り整理収納に関する知識を蓄えることを目的としています。

3級なら通信教育などで講座を受講するだけで取得ができ、それだけでも十分にライフスタイルに活かせる知識を身につけることができます。

また1級資格を取得すると整理収納のプロとして実際にアドバイザー、講師として収入を得る活動も可能となります。

 

まとめ

掃除が苦手なあなたでも、整理整頓がどんどん進む驚きのコツ!

 

  • 部屋の中にある物を全部出してみる
  • いらない物はとにかく捨てる
  • 高価な物でも躊躇せずに手放す
  • 床に物を置かないようにする
  • できるだけ大きな収納家具を一つだけ用意する
  • 物ごとに定位置を決める
  • 隙間のスペースを活用する
  • 紙類(書類)は電子化する
  • スペース全体を区分けにして整理整頓する
  • 写真に撮って再確認する 
  • 毎日少しずつメンテナンスを行う
  • 貸倉庫を利用する
  • 整理収納アドバイザーを目指してみる

 
このようにさまざまな手順を踏み工夫をすることで、苦手な人でもしっかりと整理整頓をすることが可能となります。

ぜひこれらのポイントを参考にこれからの生活を良いものとしていってみてください。


スポンサーリンク

【今だけ無料鑑定】あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!
多くの女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報から導きだされる『あなたの運勢』が大好評です!

もしかしたら別れた彼かもしれないし、いま付き合ってる人かもしれません、
いつ、どこで運命の人と会えるのか・・・今なら『全員0円』で鑑定してもらえます。

今年もあと1ヶ月 恋愛運が気になる人は是非お試しください。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Dreamerから最新記事を毎日お届けします