サウナの効果がとんでもない!知る人ぞ知るサウナで汗を流すべき7つの理由

サウナの効果がとんでもない!知る人ぞ知るサウナで汗を流すべき7つの理由。入り方や水風呂も解説健康法として日本で長く愛されてきたサウナ。中には高温の熱風が苦手という人もますが、サウナには様々な嬉しい効果があります。

ダイエットのサポートや肌トラブルの改善、不眠症の緩和、体内デトックス、高いリラックス作用など、現代人が抱える悩みを解決してくれる力がサウナにはあるのです。

そこで今回は、サウナの効果を上手に活用して、スッキリとした健康的な毎日を手に入れられる方法をお伝えします。

 

サウナの効果がとんでもない!知る人ぞ知るサウナで汗を流すべき7つの理由

スポンサーリンク

 

目次

  1. 知って得するサウナの7つの効果
  2. サウナの入り方次第で効果が変わる!
  3. サウナがもっと楽しくなるスゴイ雑学
  4. まとめ

知って得するサウナの7つの効果

知って得するサウナの7つの効果
美容や疲労回復・安眠など、サウナのお得な効果について、じっくりお伝えしていきます。

肌トラブルを改善!ツルツル美肌に

肌トラブルを改善したい、綺麗な肌に生まれ変わりたいと願う方におすすめなのが、美肌効果を得られるスチームサウナです。

スチームサウナは、40℃前後の低めの室温で息苦しさなどをあまり感じることがなく、湿度が100%に近いので体への負担も少ないため、初心者でも気軽に入ることができます。

また、温度が低いためゆっくりと汗を出すことができ、いつも使っていない汗腺が機能し、本来肌がもっている天然の保湿因子を含んだ、質の良い汗をたっぷりとかくことができます。

この、ゆっくり汗を出し、汗腺の機能を活性化させるのが、スチームサウナが美肌に効果的な理由です。

さらに、皮脂腺も活性化されるため、毛穴の奥深くに詰まった汚れや古い皮脂も落ちやすくなり、ニキビの改善や健康的な肌を手に入れることが期待できます。

 

不眠を解消!自然な眠りがやってくる

サウナを利用すると、体全体の血液循環が良くなり、運動後のような疲労感があるので、不眠が気になる人でも自然な眠りがやってくるようになります。

また、体に溜まった不要なもの(疲労物質)を汗とともに外へと排出できるので、疲れを残さない熟睡度の高い眠りを叶えることができます。

疲れているのになかなか眠れないという悩みを抱えている人には、サウナが特におすすめです。

 

デトックスして体質改善

サウナには高いデトックス効果があり、たっぷりの汗をかくことで、有害物質や毒素を排出することができます。

慢性的な疲れや肩や首のコリ、偏頭痛の原因は、体に溜まった有害物質や毒素によるもので、不規則な生活が続くと新陳代謝機能が低下し、有害物質や毒素が体に溜まったままの状態になります。

もしあなたが、それらの悩みを抱えている場合、サウナに入って体に溜まった不要な毒素を体外に排出することで、その悩みがすぐに解決されることが多くあります。

また、デトックスにより体の機能が活性化されることで、冷えやむくみも改善でき、新陳代謝がアップすることで痩せやすい体質へと生まれ変わることもできます。

 

精神バランスを整えるから前向き思考に

サウナの中で発生している蒸気には、高いマイナスイオン効果を得ることができ、気持ちをとてもリラックスした状態にしてくれます。

さらにサウナには、うつ病の緩和にも効果もあると言われています。

悩む日が続いたら、サウナを利用して心のデトックスを行うと良いでしょう。

汗をかきながら抱えている悩みに向き合うことで、今まで重く考えていた悩みが消え、生きる活力を感じることができるかもしれません。

 

女性必見!冷え性を解決

多くの女性が抱える悩みの一つが冷え性です。体温が低い状態だと免疫機能が低下して様々な不調や病気を引き起こす原因になります。

外からの冷え対策も大切ですが、内臓から冷えている人も少なくありません。

サウナには皮膚を温めるだけでなく、体の深部からじっくりと温めることができるため、冷え性改善の近道の方法と言えます。

また、サウナへ単発的に行くのではなく、一定期間を定期的に通うことで、常に血行の良い体を作り出すことができ、生理不順など女性特有の悩みの改善も期待できます。

また、汗とともに老廃物を排出できるので、高い美肌効果があるなど、サウナには女性が嬉しいメリットがたくさんあります。

 

サウナでダイエット成功?

サウナに入いった後は、体がスッキリと軽くなり、実際に体重が減る人もいると思いますが、これは残念ながら脂肪が減ったのではなく体内の水分が排出されただけです。

ですので、単発的なサウナの利用では、効果的なダイエット効果は期待できないということになります。

ただし、サウナには血行を良くし、新陳代謝を活性化する効果があるので、継続的に利用することで、脂肪が燃焼しやすい体質へとできるようになります。

これからダイエットを始めようとされている方は、運動とセットでサウナに入ることをおすすめします。

 

『自宅』でサウナの効果を120%得る方法

実は、自宅でサウナの効果を簡単に満喫する方法があります。

サウナのダイエットしたり、デトックスしたり、美容健康のサウナの効果。汗を大量にだして、老廃物を一気に取り除き、朝までポカポカ熟睡!美容によいつるつるお肌も!

それを自宅で手軽に実践できるなんて素敵ですよね。

自宅でサウナを実行するためには、こちらのサウナスーツ「バナナスリム」がおすすめです。

また、バナナスリムは「耐久性」や「抗菌効果」も高くて、長く使う上でも安心です。

ボディラップのクリームを体に塗ってバナナスリムを利用する方法もあります。自宅でエステできてとても人気なのでセットで行うのもよいでしょう。

日経MJ・雑誌等でも大きく取り上げられており、楽天でもNo.1を獲得していて、大人気です。

毎日の入浴習慣にプラス5〜10分するだけで、きっと健康的な一生を手に入れられるでしょう。少しでも興味があればぜひ見てみましょう↓

お風呂専用サウナスーツバナナスリム 今ならキャンペーン価格で♪


 

サウナの入り方次第で効果が変わる!

サウナの入り方次第で効果が変わる!
サウナは入り方によって得られる効果が変わってきます。ここでは、効果を得られるサウナの入り方をご紹介します。

サウナ前

あまり食べすぎない

食べ物を消化する際には胃に血液が集中するのですが、この時にサウナに入ると血液が体全体に分散されるため、気分が悪いなどの不調が現れることがあります。

水分を充分にとる

サウナに入ると大量の汗が出て脱水症状の危険があるため、入る前には250mlほどの水分補給をしておきましょう。

アルコールを飲まないように

アルコールには利尿作用があり、脱水症状を起こす危険性が高まってしまいます。さらに、血液がドロドロで血管が詰まりやすくなるため、急性心筋梗塞や脳卒中などのリスクも高くなってしまうのです。酔いのために自身の体調に気付きにくく、重篤な状態になるということもありえます。

湯船に浸かって少し身体を温めてからサウナに入る

よりたくさん汗をかきたい時には、湯船に浸かって少し身体を温めておくのもいいでしょう。また、そうすることで急激な温度の上昇による心臓への負担を軽減することができます。

サウナに入る前には身体をよく拭いておく

もちろんマナーの問題もありますが、外部から受ける熱の影響を受けやすくするために、サウナに入る前には体を拭いてから入りましょう。どれくらい汗をかいたかもわかりやすくなる点もメリットです。

 

サウナ中

10~15分程度がおすすめ

健康効果を実感するためには1回で10~15分程度入ることをおすすめします。それ以上時間が過ぎたら一度外に出て休憩しましょう。

汗をたくさんかきたいからと、ガマン大会のように長時間入ると、逆に脱水症状や熱中症のような症状が出てしまいます。自分の体と相談しながら時間を設定しましょう。

静かに入ろう

友人と一緒に大きな声でおしゃべるすることは、周りに迷惑になるだけでなく、高温の乾燥した空気を一気に吸い込むことになり、のどを痛めたり火傷する恐れがあります。

もちろん、動き回ったりするなど、厳禁です。できるだけ静かに、ゆったりした気持ちで入りましょう。

汗をごしごし拭かない

汗が気になる場合は、タオルで軽く押さえるようにしてください。湯船につかっている時も同じですが、サウナでは皮膚がふやけて角質が簡単にはがれおちてしまう状態です。

タオルでごしごし汗をぬぐうと、余分に皮膚がはがれおち、お肌のターンオーバーを乱してしまいます。

慣れていない場合は、下の段からはじめよう

高温になるドライサウナは、ほとんどが階段状になっていますね。基本的に、サウナ室では下段であるほど温度が低いです。また、ストーブの距離によっても温度が違います。

例えば、室内が70℃~90℃程度のサウナなら、であれば、以下のような図になります。

サウナ室内の温度分布(70℃~90℃のサウナ)

出典:サウナ・スパ健康アドバイザー 協会

温度調節もサウナを上手に入る上で必要なコツです。

初心者は温度が低い下段から入るのがオススメです。慣れていない場合は、下の段からはじめて、次第に上の段に位置をかえるようにしましょう。

サウナで汗を出すコツ

まずは、先ほども書いたように水分を250mlほど摂っておきましょう。それ以上の量を飲むと内臓に負担がかかるため、サウナ中の水分補給は何回かに分けて飲むのがいいでしょう。

呼吸をゆっくりとして、たくさんの酸素を体内に取り込むことで、大量の汗をかくことができます。その際は、「息を吐く」ことに集中するといいでしょう。

濡れタオルを活用する

サウナでの呼吸が息苦しくなったり、のぼせたりすることを防止するために、軽く絞った濡れタオルを活用すると良いでしょう。

濡れタオルは頭に巻いたり、顔を覆ったりして活用できます。濡らしたタオルは髪の毛が痛むことを防ぐ役割もあります。

 

サウナ後

水風呂の入り方

サウナから出た後に、体を冷やすことで血液循環を鍛えることができ、代謝アップも期待できます。

水風呂に入る時は、心臓に遠い場所から、水をかけるようにします。暑いからと、いきなり水風呂に浸かっては、心臓がビックリしてしまいます。

先に足の先や手に順に水をかけていきましょう。水の温度に身体が慣れたら、ゆっくりと水風呂にはいります。冷たくて気持ちがよくても、30秒〜1分程度で出ましょう。寒いと感じるまで入る必要はありません。

足浴→半身浴→全身浴 の手順でゆっくり入っても良いでしょう。

・心臓に遠い場所から水をかけるようにする
・足浴→半身浴→全身浴

また、循環器系、特に心臓に不安のある方、不整脈のある方は、水風呂は避けた方がよいでしょう。シャワーをかけるだけにするか、外気にあたってクールダウンするのが安全です。

水風呂がない場合は、冷水シャワーや、周辺をゆっくり歩くなどの方法でクールダウンしても良いでしょう。

サウナ・水風呂に繰り返し入るなら、2〜3セット繰り返すと、サウナの効果が得やすいです。

サウナ・水風呂に繰り返し入るなら、1回のサウナで体を温める時間を短くしてサイクルを回すのが効率的です。体の負担を減らすために休憩も入れてもよいでしょう。

・サウナ:5分
・水風呂:1分
・休憩:5分
2〜3セット繰り返す

サウナ後にも水分を補給する

最後に大切なのが水分の補給です。くり返し何度も入る場合は、特にそうです。大量の汗により、水分が失われているので、サウナ後には充分に水分をとってください。アイソトニック系などミネラルや塩分が入っている清涼飲料水を飲むのもおすすめです。

ビールを飲みたい!という人もいると思いますが、アルコールは水分を逆に奪ってしまうので気をつけましょう。


 

サウナがもっと楽しくなるスゴイ雑学

towel-cat
画像出典:twitter
サウナが面白くなる豆知識について解説します。是非ともサウナマスターを目指しましょう。

なぜ100℃のサウナでやけどしない?

水の100℃なら、人間は間違いなく触った瞬間にやけどします。それなのに、室温100℃のサウナに入ってもやけどしないのはどうしてでしょうか?

水と空気の温度の感じ方の違いの大きな要因は、両者の「比熱の違い」です。

例えば1リットルの水の温度を1℃変化させるためには1000カロリーの熱エネルギーが必要ですが、1リットルの空気の場合は1カロリーにも満たないわずかな熱エネルギーで充分です。

また、空気と水の「熱伝導率」の違いも要因となっています。

空気は水に比べ20倍熱を伝えにくい物質です。もし90℃のお湯の中に入れば、その熱がどんどんと身体へ伝わってくるので大変ですが、空気の場合は熱がゆっくりと伝わってきます。ですので、身体のすぐ近くにある空気は比較的低温になっているのです。

 

日本で普及しているサウナの種類

日本でも普及しているサウナの種類についてご紹介します。サウナは、その部屋の湿度によって、乾式、湿式に分類されます。

ドライサウナ

日本で、一番普及しているタイプです。「乾式サウナ」のひとつで、室内に蒸気をまったく使っておらず、室内の湿度は10〜15%とカラカラです。室温は80〜100℃と高温なので、室内で一気に口から息を吸い込むとのどを傷めるので、気をつけましょう。湿式だとちょっとぬるくて物足りないという声もあります。乾式ドライサウナは新陳代謝を高め自律神経を整えるのに特に有効である、オススメのサウナ方式です。

スチームサウナ

「湿式サウナ」のひとつです。室温は40~50℃程度ですが、高温の蒸気のためより熱く感じ、体感温度があがり、発汗もしやすいです。低温なので身体や肌への負担が少ないのも特徴です。フィンランド式サウナ(ロウリュ)も、厳密にいえばスチームサウナに分類されます。

ロウリュ(芬: löyly)

ロウリュは、サウナ大国・サウナ元祖と言われるフィンランドから日本に伝えられたサウナ方式です。熱々のサウナストーンに水をかけ、どんどん水蒸気を発生させ、体感温度を上げて発汗作用を促進します。サウナストーン(香花石)に掛ける水には、アロマオイルを含めたものであることもあります。

ミストサウナ

こちらも湿式サウナのひとつで、温水を霧状に噴霧しているタイプです。超高湿(100%程度)のため、ゆっくり入ることができます。肌の潤いも保たれます。ミストサウナに薬草などのエキスを混ぜてリラックス効果を向上させている施設もあります。

塩サウナ

室温40〜50℃の乾式サウナに、身体に塩を塗った状態で入ります。汗をかいたらマッサージを行い、毛穴の洗浄効果や美肌などに効果的です。ただし、汗をかく前にマッサージを行うと、肌を傷めてしまいますので、注意が必要です。

遠赤外線サウナ

室温は70℃くらい、湿度は10〜15%で乾燥しています。遠赤外線の効果で、肌内部へ深く浸透することから、身体の芯からあたたまります。ドライサウナやミストサウナより発汗作用が高いと言われており、たくさん汗をかきたい場合はおすすめです。

 

世界のサウナ事情

世界のサウナは一体どのようなものがあるのでしょうか。

「スモークサウナ」フィンランド

サウナの発祥の地とされ、現在のサウナの原型です。炉に石を積んで熱し、小屋の中を熱くして入ります。時々石に水をかけ「ロウリュ」を行い、湿度を高くして肌にさらなる刺激を与えるのが特徴。最近日本にも輸入されてきています。

「バーニア」ロシア

限りなく「スモークサウナ」に似ており、違うところは石積みの炉の上に水の入った釜がのっていること。これによって蒸気が充満し、スチームバス的な入り方をします。

「テメスカル」メキシコ

アステカ帝国時代のサウナで、床下から加熱するか、隣の部屋で火を炊いて壁を熱して温度を上げていました。現在もリゾート地に見られますが、石造りの釜風呂の形をしていて、隣の炉で焼いた石を運んで使っています。

「テビダリウム」と「ラコニクム」古代ローマ

テビダリウムは微湿浴室、ラコニクムは発汗室のことで、床暖房方式で加熱していました。熱いお湯につかってラコニクムに移り、汗をかいたら冷浴室か冷水プールに入るという循環入浴をしていました。

「汗蒸」韓国

石を積み上げたドーム型の室内で、松の木を燃やして熱してから、床に濡れたムシロを敷いて水蒸気を出すサウナ。15世紀には朝鮮半島の各地にあって、現在では「汗蒸幕」として再現されています。

「石風呂」日本

古代日本のもので、自然の洞窟を利用した熱気浴です。瀬戸内沿岸に多く見られました。洞窟の中で薪を燃やし、洞窟内が熱したら、床に海水で濡らしたムシロを敷いて入浴していました。


 

まとめ

サウナの効果がとんでもない!知る人ぞ知るサウナで汗を流すべき7つの理由

 
知って得するサウナの7つの効果

・肌トラブルを改善!ツルツル美肌に

・不眠を解消!自然な眠りがやってくる

・デトックスして体質改善

・精神バランスを整えるから前向き思考に

・女性必見!冷え性を解決

・サウナでダイエット成功?

 
サウナの入り方次第で効果が変わる!

・入る前
①あまり食べすぎない
②水分を充分にとる
③アルコールを飲まないように
④湯船に浸かって少し身体を温めてからサウナに入る
⑤サウナに入る前には身体をよく拭いておく

・サウナ中
①10~15分程度がおすすめ
②静かに入ろう
③汗をごしごし拭かない
④慣れていない場合は、下の段からはじめよう
⑤サウナで汗を出すコツ

・サウナ後
①水風呂の入り方
②サウナ後にも水分を補給する

 
サウナがもっと楽しくなるスゴイ雑学

・なぜ100℃のサウナでやけどしない?

・日本で普及しているサウナの種類

・世界のサウナ事情

 
サウナには、現代人が抱えている様々な悩みを解決できる要素があります。

定期的に利用することで、気になっている体の不調や、肌トラブルを改善することができるはずです。

休日や仕事帰りにぜひ立ち寄って、スッキリと軽いエネルギー溢れる毎日を手に入れてください。


スポンサーリンク

【今だけ無料鑑定】あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!
多くの女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報から導きだされる『福音ソウルメイト』が大好評です!

もしかしたら別れた彼かもしれないし、いま付き合ってる人かもしれません、
いつ、どこで運命の人と会えるのか・・・今なら『全員0円』で鑑定してもらえます。

今年もあと1ヶ月 恋愛運が気になる人は是非お試しください。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新記事をお届けします