「失敗を恐れない人」に共通する考え方!チャレンジ精神を養う方法

「失敗を恐れない人」に共通する考え方!チャレンジ精神を養う方法人間に限らず多くの動物は本能的にリスクを先取りするという性質を持っていますが、時にはリスクを取ってでも新しいことにチャレンジをしていかねばならない局面に突き当たることもあります。

そして、そこでチャレンジできるか、できないかによって、あなたの人生の運命を大きな分かけてしまう可能性があります。実は失敗を恐れず果敢に挑戦できる人にはある共通した考え方がありました。

今回は、そうしたリスク(=失敗)を恐れないための方法についてお伝えします。それでは、早速見て行きましょう。

 

「失敗を恐れない人」に共通する考え方!チャレンジ精神を養う方法

スポンサーリンク

 

先導者を見つける

一つ目の方法はこれです。「赤信号みんなで渡れば怖くない」と言いますが、それと同じようにかつて自身と同じようなチャレンジをした人がいるということは、自分にとって大きな心強さとなります。

また、身近な存在として自分を励まし、勇気づけてくれるような人物がいる場合には、そうした存在もあなたにとって大きな手助けとなるでしょう。

もしあなたが何か熱心に信仰する対象を持っているとするならば、そうした宗教的な指導者や過去の偉人などをメンターとして考えてみるのもよいでしょう。

 

「成功」という結果よりも過程の「楽しさ」を重視する

なにか新しいことにチャレンジをするという時、多くの人が陥りがちなのが短期的、近視眼的な結果論に執着してしまうということです。一般的に過度の結果論はその局面における「成功/失敗」にとらわれすぎるあまり、過度に失敗を恐れてしまいがちになってしまうということが知られています。

そこで知っておいてもらいたいのが、特にチャレンジの初期段階においては結果論としての「成功/失敗」よりもその行為そのものに楽しさなどの「価値」を見出すほうが良い、ということです。例えばスポーツなどにおいても「勝ち/負け」という結果のみに着目した場合練習は単に辛く、苦しく、我慢して行うものになってしまいがちです。

一方で楽しさなど「価値」に着目した場合、当然のことながらその練習も楽しいこととして認識されるようになるのです。

たとえ実現の見込みの薄いチャレンジであっても、そこに挑むこと自体に価値があるならば、あなたはそこに飛び込んでいこうとするはずです。そしてその経験はたとえ失敗したとしても決して無駄になることはないでしょう。

 

失敗もまた経験であると考える

前述のとおり、何かにチャレンジをし、その上で失敗をしてしまった場合でも、必ずその経験は自分の中に生きていくことになります。

例えばエジソンは一回の成功を手に入れるまでに2000回の失敗を繰り返したといいます。そうした経験の結果としてエジソンが遺した言葉が有名な「私は、失敗しているのではない。上手く作用しない1万通りの方法を発見しただけだ」という言葉です。

何かにチャレンジすることに対し、今一歩踏み出すことが出来ないという場合、エジソンの言う通り「失敗」を「上手く行かなかった」と捉えるのではなく「上手くいかない方法を発見した」と捉えてみてはいかがでしょうか。こうすることで、失敗への恐怖心も幾分かは薄らいでいくはずです。

 

「失敗」ではなく「何もしないこと」を恐れる

何かしらにチャレンジをして、結果失敗をしてしまうというのは、たしかに恐ろしいことではあります。ですが、それよりもはるかに恐ろしいのが、何もチャレンジをしないままに年月が過ぎ、齢をとっていってしまう、と言うことなのではないでしょうか。

アメリカで90歳以上の高齢者を対象としたアンケートでは、対象者のおよそ7割が「人生の内公開したことは?」との質問に「冒険をしなかったこと」と回答したそうです。

チャレンジをして、その上で失敗をした場合であれば人はその結果を素直に受け止め、場合によっては諦めも付くものです。

ですが、そもそも何もチャレンジをしなかった場合、いつまでもモヤモヤとした気持ちが心の中に残り続けてしまいます。そうした気持ちを抱え続けて生きていくということは失敗することよりもはるかに苦しいのではないでしょうか。

 

小さな成果を意識する

意外ではあるかもしれませんが、潔癖症(強迫性障害)の少なくない割合の人々が「風呂嫌い」であるということが知られています。本来潔癖症とは「綺麗好き」であるはずなのですが、それが何故風呂嫌いになってしまうのでしょうか。

その理由としては、そうした人々はあまりに「清潔であること」にこだわるあまり「自分は風呂に入っても完全には綺麗になれない」という風に考えるようになってしまい、その結果として風呂に入りたがらなってしまうということです。

これと同じようにあまりに完璧なものを求めすぎるということは「出来なかったこと」つまり「欠落部分」に目を向けるということに繋がり、さらにそれはリスクとして先取りされチャレンジ自体を諦めるという結果になってしまいます。

もし何かにチャレンジをする場合には、常にそれをすることによって「何が変わったのか」を意識するようにしてみてください。たとえそれが小さな変化にすぎないのだとしても、それを積み重ねていくことは中長期的には大きな変化につながっていくはずです。

 

まとめ

「失敗を恐れない人」に共通する考え方!チャレンジ精神を養う方法

 

・先導者を見つける

・「成功」という結果よりも過程の「楽しさ」を重視する

・失敗もまた経験であると考える

・「失敗」ではなく「何もしないこと」を恐れる

・小さな成果を意識する

 

いかがでしたか?

ぜひこれらのことを意識し、失敗を恐れない精神力を身につけていってみてください。


スポンサーリンク

【今だけ無料鑑定】あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!
多くの女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報から導きだされる『福音ソウルメイト』が大好評です!

もしかしたら別れた彼かもしれないし、いま付き合ってる人かもしれません、
いつ、どこで運命の人と会えるのか・・・今なら『全員0円』で鑑定してもらえます。

今年もあと1ヶ月 恋愛運が気になる人は是非お試しください。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Dreamerから最新記事を毎日お届けします