反射神経の鍛え方!プロスポーツ選手も実践する8つのトレーニング

反射神経の鍛え方!プロスポーツ選手も実践する8つのトレーニングあらゆるスポーツにおいて必要不可欠であるとされるもの、それが反射神経です。何かスポーツをしているほとんどの人が、鍛えたいと思っているでしょう。

そこで今回は、「反射神経を鍛え方」についてお伝えします。どれも日常生活で1日10分あれば手軽にできるトレーニングです。この方法でボクサーのような反射神経を手に入れてください!

どんな方法があるのか、早速見ていきましょう。

 

反射神経の鍛え方!プロスポーツ選手も実践する8つのトレーニング

スポンサーリンク

 

動いているものを見るようにする

まず、最もお手軽な方法としては、日常生活の中で動いているものをしっかりと見るという方法が挙げられます。

テレビなどでスポーツ中継を見ている時、自動車や電車などの乗り物に乗っている時など、目の前にあるものがどのように動き、どのような色や形をしていて、いくつあるのかなどをできるだけしっかりと見るようにしてみてください。

反射神経、つまり何らかの物の動きに対応をする力は「慣れ」によって鍛えることが可能であると言われています。この方法を日常生活の中で繰り返すことは「動く物」に対する「慣れ」に繋がっていくのです。

 

日常の中で条件反射運動を行う

日常の中で反射神経を鍛えるためのトレーニングを行うことも可能です。

その内の一つが条件反射トレーニングとなります。具体的な方法としては日常生活の中で何らかの条件を満たす出来事が起こった際にある特定の行動を取るというものです。

例えば「テレビに赤い服を着た女性が映る」ということを条件として設定し、その時に「右手を上げる」という行動を取るように予め決めておき、実際にその条件を満たすことがあれば実際に右手を上げるようにします。

 

キャッチトレーニングを行う

キャッチトレーニングとは、高いところから落とされたり投げられたりしたものをキャッチするというトレーニングです。

代表的なものはキャッチボールであり、これは二人一組にておこなわれますが、一人だけで行うことが可能なものも存在します。その一つが片方の手でボールなどを持ち、その腕を高く上げ手に持ったボールを落とし、それをもう片方の腕でキャッチするというトレーニングです。

これは非常に簡単な方法でありますが、もう少し手の込んだ方法としてはリアクションボールを使ったトレーニングもあります。

リアクションボールとは表面に凹凸を持つ弾力性の高いボールであり、このボールは凹凸によって不規則にバウンドをするため、これをスカッシュの要領で壁に投げ、跳ね返ってきたところをキャッチするだけでも相当なトレーニングとなります。

このリアクションボールを使ったトレーニングはアメリカなどではプロスポーツ選手なども練習メニューに採用しています。

 

速読をする

反射神経の良い人というのは一瞬のうちに目の前の様々な情報を認識することが出来る人であるとされます。

こうした情報認知力を高めるためには速読もまた効果的であると言われています。速読は本のページを捲り、数秒にてそこに書かれている内容を理解するというもので、繰り返し訓練をすることでほぼすべての人がこれを鍛えることが可能となります。

 

バッティングセンターに行く

反射神経というと野球のバッティングをイメージするという方も多いのではないでしょうか。

バッティングセンターで実際にバットを振るってみるのはもちろんのこと、他人がバットを振っているところ見ているだけでも十分に反射神経のトレーニングをすることが可能です。

 

他人の動作の真似をする

他人の行っている動作の真似をするトレーニングはリアクションドリルとも呼ばれ、実際にフィットネスや格闘技のトレーニングとしても採用をされています。

ただしこれを行う際にはいきなり隣の人の動作の真似をし始めるとやはりおかしく思われてしまいますので、予め周囲の人に了解を取った上で行うようにしましょう。

 

ゲーム・アプリを利用する

現在ではスマートフォンなどで反射神経トレーニングのためのアプリを簡単に入手することも可能となっております。

またそれ以外にもアクションゲームやシューティングゲームなども同じようにトレーニングに用いることが可能であるとされ、とくにFPS(ファーストパーソン・シューティングゲーム)は近年では実際の軍隊などでも訓練用として開発がなされているようです。

 

トレーニング用メガネをかけてみる

反射神経を高めるための、トレーニング用メガネも現在では商品化がなされています。

これは人間の脳の特性を利用することで通常に比べ物の動きをゆっくりと遅く見ることが出来るという代物で、これをかけて生活をすることにで、より正確な状況認識が可能になります。

特に「Visionup(ビジョナップ)」は、多くのプロのスポーツ選手もトレーニング時に使用しており、高い効果が期待できるメガネです。

アスリートを目指して本気で反射神経を高めたい人はもちろんのこと、年齢による目の衰えが心配の人、趣味のスポーツ効果を高めたい人など、幅広い人におすすめなので気になる人はチェックしてみてください。↓

 

まとめ

反射神経の鍛え方!プロスポーツ選手も実践する8つのトレーニング

 

・動いているものを見るようにする

・日常の中で条件反射運動を行う

・キャッチトレーニングを行う

・速読をする

・バッティングセンターに行く

・他人の動作の真似をする

・ゲーム・アプリを利用する

・トレーニング用メガネをかけてみる

いかがでしたか?このように反射神経は日常生活の中でも手軽に鍛えることが可能です。

是非皆さんも実践をしてみてください。


スポンサーリンク

【今だけ無料鑑定】あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!
その中でも恋愛運が女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に導き出される『天声神語』が大好評です!

もしかしたら別れた彼かもしれないし、いま付き合ってる人かもしれません、
いつ、どこで運命の人と会えるのか・・・今なら『全員0円』で鑑定してもらえます。

今年もあと1ヶ月 恋愛運が気になる人は是非お試しください。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Dreamerから最新記事を毎日お届けします