「仕事辞めたい」と悩んだ時に最善の決断をするためのアドバイス

「仕事辞めたい」と悩んだ時に最善の決断をするためのアドバイス「仕事辞めたい」一度はこんな感情を抱いたこと、ないでしょうか?

仕事を辞めたい…、仕事で大きなミスをした時、仕事がマンネリ化しているとき、職場でいじめを受けている、会社がブラック企業だ…、など、長く仕事をしていると「仕事を辞めたい理由」が頭を離れなくなってしまうことがよくあります。

ビジネスキャリアの構築の歴史は、辞めたい感情との戦いの歴史でもあります。しかし、そう簡単に仕事を辞めれれば苦労はしませんが、「仕事を辞めること」は、そう何度も使えるカードではありません。

そこで今回は、「仕事を辞めたい」とお考えの方に、本当に仕事を辞めるべきなのか、それとも仕事を続けるべきなのか、最善の決断をするためのアドバイスをお伝えします。

もしかすると、仕事を辞めなくてもキャリアへの不満が消えるかもしれません。

 

「仕事辞めたい」と悩んだ時に最善の決断をするためのアドバイス

スポンサーリンク

 

本当に「仕事を辞めたい」のか、自分自身に再確認する

どうして、今の仕事を辞めたいのでしょうか?

人間関係、給料、休日、休暇、やりがい、など、今の待遇を形成している要素は数多く存在します。これらの要素の中でどの部分にどのような不満があるのかについて、個別に検討してみることも必要です。

①譲れない条件や価値観を決める

まず、今の会社で勤務している理由となっている人間関係、給料、休日、休暇、やりがい、などの条件や価値観を一枚ずつ、カードに最低10枚分は書いてみて、それぞれを二つずつ並べてみます。

人間関係、給料、休日、休暇、知名度(ブランド)、やりがい、スキル、福利厚生、勤務時間、勤務地、独立のため、社会貢献、職種、お客様、など

二つのカードのうち、優先順位が高くなったカードはさらに優先順位の高いカードと比較して1番になるまで同様の比較を続けます。

この作業を繰り返し、最終的にそれぞれの優先順位を決めていけば、どうしても譲れない条件が決まります。(このような価値観の優先順位決定法を「カードソート」と呼びます。)

その「譲れない条件や価値観」について不満があるかどうか、本当に会社を辞めるべきかどうかの基準として考える方法の一つです。

②今の会社について再検討する

もし、譲れない条件や価値観に「独立」「社会貢献」というキーワードがあったとすれば、思い切って会社を辞めて独立することでさえ選択肢に入るでしょう。

人生は会社に勤めることが全てではありません。

しかし、譲れない条件に「人間関係」や「給与」などが入っていればどうでしょうか?その場合は安易に転職しても、次の職場で同じような不満を抱える可能性もあります。

社内でこれらの不満を解消できる方法を考えてみてください。

残念ながら、全ての要素について完全な満足をもたらしてくれるような職場は存在しません。また、転職でそれらの問題を解決できるとも限りません。そして、転職というカードは人生で数度しか使えません。

人生は自由で、人生は全てあなたのものです。

転職する、独立する、今の会社に残るのも自由ですが、不満の中で人生を生きるのは人生をお金で売っているのと同じです。将来どうなりたいのかという問いから今後をどうするのかを考えてみると良いでしょう。

 

記録をつける

感情や出来事・経験を言語化することで感情面が落ち着きを取り戻していきます。

まず、冷静になって考えることが「仕事辞めたい」という感情をストレスに変えない・打ち勝つために必要なアイテムの一つなのです。

嫌な経験から逃げずに、まずは向き合ってみて記録をつけて行きましょう。大きく分けて「会社を辞める理由」は4つのカテゴリーに分類されます。

・人間関係

・業務内容

・待遇

・会社の方針

これらの中であなたが不満に感じた出来事やその時の感情を書き出しましょう。次第に落ち着いてくるので、辞めることに対する心のブレーキ(辞められない要因)も見えてきます。

また、経験や感情を書くついでに対処法も記載しましょう。

記録が溜まれば次に辞めたい感情が襲ってきた時、どう対処したか振返ることで対処法の選定や感情の軽減が出来ます。

 

リフレッシュする

仕事を辞めたい、と思っている状態のときは、心身ともに疲れているため、正常な判断が出来なくなっていることが原因となっている場合もあります。

そこで、体と心をリフレッシュして、あなたが抱えている仕事の問題に対する情報を整理してみましょう。

長期休暇を取って旅行してみる

仕事を辞めたいと思ったときは、日常の仕事から切り離された場所へ旅行をしてみれば、仕事を辞めたいという気持ちをリセットすることができ、同時に仕事についてのやりがいなど就職当時の初心を心の中で再現することもできます。

なお、旅行をするのであれば、パックツアーではなく、自由旅行をおすすめします。

自分の判断と責任で自由に動くことができ、地元の人と混じって会話をすることを通じて、人の価値観が実にさまざまであることを痛感させられます。

眠る

冷静になれない場合などは、思い切って「眠る」こともおすすめの対処法の一つです。

睡眠にはストレス耐性を強化する特性があり、辞めたい感情がストレス化してしまう原因に睡眠不調がある場合もあります。

そこで、思い切って休みの1日を全て睡眠に使ってみるのもいいでしょう。

睡眠はストレス耐性を強める他にも、記憶の整理・定着をしてくれます。あなたが眠っている間に「会社を辞めるべきか」「続けるべきか」の情報を整理し、答えを導き出してくれるかもしれません。

マッサージをする。温める

首、肩、背中、腰を中心にマッサージを受けたり、温めたりすることも重要です。

「仕事辞めたい」といったネガティブな感情が心を支配しているときは、ストレスが溜まりやすく、また体も緊張した状態にあります。

体の緊張を解すことで、一時的にせよ開放感を感じることが出来るので冷静になれるといわれています。

目覚めと運動

朝起きたら、ウォーキング等の有酸素運動を短い時間でいいので行ってみましょう。

テンポいい運動と朝日を浴びることで、セロトニンという心のバランスを整える神経伝達物質が分泌され、ネガティブな感情を抑制するといわれています。

趣味などに没頭する

休日や空いている時間には、仕事を頭から切り離すためにも、時間さえ忘れて没頭できる趣味をしてみましょう。また、過去にやっていた趣味の中で最近はやっていない趣味を選定して、久しぶりにやってみることもいいでしょう。

さらに、楽しい人と会って会話を楽んだり、メンター(自分が信頼している助言者や愚痴を聞いてくれる人の意味)に、心のうちにある思いを話してみるのも有効です。

注意することは、嫌いな人の攻撃に終始しないことです。「あいつがこうした・どうだった」という話ではなく、「自分はどう思った・どう感じた」という語り口の方がいいでしょう。

メンターがうまく見つからない場合は、メンタルヘルスカウンセラーに話を聞いてもらうのもおすすめです。メンタルヘルスカウンセラーは、話を聞くプロですので話しやすくメンターにもなかなか言えないような話にも言及でき、心の疲れが取れる可能性があります。

頭の中を空っぽ状態に

優秀なビジネスパーソンほど「何も考えない時間」を作り上手に運用しています。では、頭を空っぽにするためにはどうしたらいいのでしょうか?

意識は1つのことと向き合うようにできているので、意識を思考から五感に集中するようにしてみましょう。

例えば、目を閉じて耳に意識を集中させ、周りでどんな音が聞こえているのか改めて考えてみるのです。車が通る音でしょうか、人の歩く靴音でしょうか、今まで聞いていることを意識してこなかった音に注目してみましょう。

また、自分の呼吸を感じてみることも五感集中ではいい方法です。ゆっくりとした腹式呼吸でいつもより多く空気を吸い込んで、長い時間ゆっくり吐いていくこれを繰り返し、その息を吐く音に集中してみましょう。

関連記事:瞑想の正しいやり方!秘められた効果をハッキリ引き出す12の方法

 

部署移動を申し出てみる

仕事を辞めたい理由が、「今の仕事から逃れたい」「業務にやりがいを感じられない」ということであれば、自分自身がどのような仕事をしたいかを書き出してみて、希望を叶えることが出来るような仕事が部署内にあるか探してみましょう。

もし、会社内に希望の仕事ができる部署があれば人事部に部署移動を申し出てみるのも手の一つです。

また、上司の方との仲が良ければ、上司に直訴してみるのも早道です。上司の推薦があれば、人事担当者の目にもとまりやすくなりますので、希望が思ったよりも早く届く可能性も出てきます。

 

本当に「ブラック企業」か、見つめ直してみる

仕事を辞めたい理由が「ブラック企業だから」という方もいるでしょう。

しかし、「ブラック企業」という言葉には明確な定義はありません。自分がブラック企業と思っていても、他の社員はブラック企業と思っていないことも往々にあります。

深夜残業や徹夜が当たり前になっているレベルであればともかく、ブラック企業だから辞めたいと思う場合は、他の同僚になぜ仕事を続けているのか聞いてみるのも良いでしょう。

もし、その会社で将来独立したいと考えている仕事のスキルが身につくのであれば、その企業はブラック企業ではないかもしれません。

勤務条件は悪くても、その会社に一生勤め続ける訳ではありませんから、使えるところは使って、いざとなってから辞めるという選択もできます。

 

転職や独立を経験した人の話を聞く

仕事を辞めたいと思ったときには、ついつい転職サイトや独立に関するサイトを閲覧していたりするものです。

そこには転職後や独立後のハッピーな体験談が書かれていて、いかにも転職や独立が幸せなワークライフを約束してくれそうに見えます。

しかし、現実にはキャリアアップを目指して会社を辞めたものの、退職後数百社に応募しても再就職できない独立しても失敗して借金まみれになるというということも多いのが現実です。

周りに転職の経験者や独立の経験者がいれば、一度話を聞き、出来れば他の人の話を聞いてみるのも良いでしょう。本当に会社を辞めるべきかが見えてくるはずです。

 

会社で伝説を創る

転職するにせよ、独立するにせよ、求められることは「過去の会社でどのような実績を残したか?」ということです。

会社への不満から、会社に対してまともな貢献もしないうちに退職したような人は、転職か独立か関わらず、ビジネスパートナーとして相手にされることはありません。

「仕事を辞めたい」と思った場合、それまでに会社で目覚ましい成果、すなわち人に語れる伝説を作ったことがあるかどうかを再検討してください。

あなたが作った伝説が仕事を辞めた後もあなたを守ってくれます。

 

キャリアコンサルタントに相談してみる

仕事を辞めたい、と思っている状態が継続している状態は非常に苦しいものです。キャリアで困っている人を支援する仕事として「キャリアコンサルタント(カウンセラー)」という職業があります。

キャリアコンサルタントは人材紹介会社や大学のキャリアセンター、大手企業であれば人事部などに常駐しております。また、一部ではありますが、独立して事務所を構えているキャリアコンサルタントもおります。

なお、人材紹介会社のキャリアカウンセラーの場合は、紹介手数料欲しさに強引に転職を進めてくることがあるので注意が必要です。

相場として1時間1万円ほどのコンサルタント料が必要とはなりますが、なるべく独立しているキャリアコンサルタントに相談をしてみるのも転職するべきかどうか客観視できるようになるきっかけともなるので、お金に余裕があれば活用してみるのも良いでしょう。

 

退職後の出費や雇用保険の加入状況について確認する

会社を辞めた後、雇用保険(基本手当)はもらえるでしょうか?

雇用保険は、退職した日からさかのぼって2年間の期間中、12か月以上の雇用保険被保険者期間(賃金支払い期間中の出勤日数が11日以上ある月のこと)が必要となります。※「自己都合退職」の場合における支給要件です。

また、2年前までに雇用保険を利用した場合は、その期間は被保険者期間の対象外となります。

つまり、少なくとも雇用保険を利用した失業期間の後は少なくとも1年間は会社に勤めていなければ雇用保険をもらうことができません。

さらに、自己都合退職で退職した場合は、失業認定後の待機7日に加え、3か月の給付制限期間が設けられるため、貯金がなければ生活にさえ困るようになります。

さらに、雇用保険は被保険者期間が10年未満であれば支給日数は90日にしかなりません。

退職後は給料が出ないため、退職後にどれだけの出費が出るかを把握する必要もあります。そして、退職した後に生活が出来る状況かどうかを考える必要があります。

 

最終手段、本当に辞めてしまう

ここまで、仕事を辞めないことを前提としたアドバイスをさせていただきましたが、人が会社で仕事を続けるか、それとも仕事を辞めるかは自由です。

何度考え直してもどうしても仕事を辞めたいという気持ちが変わらない場合、思い切って本当に辞めてしまうことも選択肢の一つです。

リスクはありますが、転職した結果理想の職場を見つけることが出来るかもしれませんし、独立して自由な境地にたどり着くこともあります。

但し、仕事を辞めた後は全て自己責任になってしまいます。相応の覚悟をもってチャレンジしてください。

もし、本当に仕事を辞めると決意されたなら、その前に自由になって何をしたいのか、そのための資金や生活費が十分にあるのか、融資を受ける環境、クレジットカードや銀行ローンカードを退職前に持っておくこと、家族の協力、転職や独立をサポートしてくれる人脈がいるのかどうかを十分かつ慎重に検討してください。

 

まとめ

「仕事辞めたい」と悩んだ時に最善の決断をするためのアドバイス

 

・自分自身に再確認する

・記録をつける

・リフレッシュする

・部署移動を申し出てみる

・本当に「ブラック企業」か、見つめ直してみる

・転職や独立を経験した人の話を聞く

・会社で伝説を創る

・キャリアコンサルタントに相談してみる

・退職後の出費や雇用保険の加入状況について確認する

・最終手段、本当に辞めてしまう

 
「仕事を辞めたい」と思うことは自然な感情ですし、辞めたいと思う自分自身を決して否定する必要はありません。しかし、仕事を辞めると即座に「失業者」になってしまい収入がなくなる上、次の仕事に就いても、独立しても、決して容易な道ではありません。

仕事を辞めた後、何百社と応募書類を送っても再就職できないことも、独立してもうまくいかず、自己破産に追い込まれる人もいます。

仕事を辞める前にその先のことを考えるだけでも、本当に辞めるべきかが見えてくるのではないでしょうか?

それでも、今の会社に定年まで勤め続けることも人生ではありません。リスクを承知の上、転職や独立にチャレンジする人生だってもちろんありです。

一度の人生です!後悔しないような職業人生の選択が出来るように考えましょう。


スポンサーリンク

【今だけ無料鑑定】あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!
多くの女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報から導きだされる『あなたの運勢』が大好評です!

もしかしたら別れた彼かもしれないし、いま付き合ってる人かもしれません、
いつ、どこで運命の人と会えるのか・・・今なら『全員0円』で鑑定してもらえます。

今年もあと1ヶ月 恋愛運が気になる人は是非お試しください。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新記事をお届けします