プレゼンの達人がしている「聴衆の心を動かす」伝え方のコツ

プレゼンの達人がしている「聴衆の心を動かす」伝え方のコツ今回は「プレゼンのコツ」について紹介していきたいと思います。業務内容にもよるとは思いますが、人によってはプレゼンをすることが仕事から切っても切り離せないという方もおられるのではないかと思います。

もしあなたがプレゼンを任されたとき、自分(自社)を信用に値すると思わせ、他人の心を動かすためにはどのようなことに気をつければ良いのでしょうか?早速見ていくことにしましょう。

 

プレゼンの達人がしている「聴衆の心を動かす」伝え方のコツ

スポンサーリンク

 

自己紹介をしっかりと行う

プレゼンを行う際には、話の内容以前の問題で、あなたという存在を聴衆にしっかりと認識してもらう必要があります。

また上級者であれば「認識」に加えて「親近感」が持たれるように内容を工夫するとよいでしょう。

 

まず結論から話す

人間の集中力には限界があります。また、プレゼンの聴衆はそもそもあなたの話に大して期待をしていないという場合も考えられます。

そのような状況において前置きなどをダラダラとしゃべり続けてしまうことは、最終的に「つまらない、退屈」という印象だけを残す結果となってしまいます。聴衆の望んでいるものは何よりもまずインパクトであり、最初に強烈なインパクトを与えることによって一気に意識をこちら側に引きつけることが可能となります。

プレゼンをする際には「結論→補足、解説」という話の構成を常に意識するよう心がけてください。

 

自分自身の体験を交えて話す

前項では「まず最初に結論を話し、その次に補足、解説を続ける」という風に述べましたが、この「補足、解説」の段では自分自身の体験を交えた内容にすることを心がけてください。

こうすることで聴衆はあなたに親近感を覚え、さらに話の流れをより鮮明に記憶するようになります。

 

聴衆に意見を尋ねる

どんなに工夫をしたとしても、それなりに長いプレゼンの場合には徐々に聴衆が退屈し始めるのは避けられません。

そんな時には自分から聴衆に対して意見を尋ねたり、質問をしたりしてみましょう。これによって聴衆は緊張感を与えられ、集中力を取り戻します。

 

「えーあー症候群」を発症しない

普段の会話の中で発現の最初に「えー」や「あー」などと口走ってしまうという人は少なくないのではないでしょうか。

このような状態を俗に「えーあー症候群」と言います。これは聴衆の側からすると話の内容に集中することを妨げられるほか、発話者に対して不信感を感じ取ってしまう場合もあります。

もしあなたがこのような癖の持ち主であるならば、プレゼン中にこのような状態にならないよう十分に注意をしてください。

 

テキスト本文をそのまま読まない

テレビで流される政治家や官僚の答弁などを見ていてもわかりますが、事務的に作成された文章をそのまま読み上げているようでは、聴衆は退屈してしまいます。

「退屈」はプレゼンの大敵です。なるべく自分自身の感情から沸き上がってくる言葉を伝えるよう努力しましょう。

 

相手のベネフィットを伝える

プレゼンの聴衆が何よりも知りたがっているのは、あなたが話している内容が正しかったとして、それによって自分にはどのようなベネフィットが発生するのか、つまりより具体的に言うとどんな問題が解決し、どのような体験が得られるのか、という点です。

プレゼンにおける「結論」とはこの「ベネフィット」のことであり、これを何よりもまず真っ先に話すようにします。

 

最初に全体像を提示する

「最初にまず結論を話す」というのは先程も述べましたが、そうは言ってもいきなり結論を話し始めるようでは、聴衆は混乱してしまう可能性があります。

もちろん時間がない場合には最初に結論を持ってくるしか無いのではありますが、時間に余裕がある場合には、最初挨拶がてらにざっと今回のプレゼンの主旨、アウトラインについて話してしまうようにしましょう。

 

話に起承転結をつける

これは少し上級者向けではあるのですが、プレゼンの内容に4コマ漫画のように起承転結、特に「転」の要素を取り入れることにより聴衆の意表を突き、より話に引き込むことが可能になります。

 

論理、根拠を提示する

プレゼンで行う提案は、必ず論理性が伴い、根拠を提示できる内容にしてください。

 

ゆっくり話す

ゆっくりと話すことによって聴衆はあなたの話す内容を咀嚼して理解する余裕が与えられ、尚且つあなた自身にも余裕やゆとりを感じ信用が得られやすくなります。

 

スライドの文字数は少なくする

ただ単に文字や文章で解説をするだけであるのならプレゼンを行う必要はありません。

細かな解説などが必要になる場合には別途書類を配布し、スライドには極力文字を少なく、その代わりにカラフルな画像や表やグラフなどを貼り付けましょう。

 

ポインターを使う

ポインターを使うことは「一点」に聴衆の意識を集中させやすくなり、またあなたに対しても「説明慣れしている」という印象を与えやすくなります。

 

言いたいこと切り捨て、圧縮する

「時間」は人間の集中力を削り取ります。プレゼンを必要以上に長くすることは全体の印象を曖昧模糊としたものにしかねません。

プレゼンのシナリオを書く際には、言いたいことをすべて言うのではなく、その逆で極限まで無駄を削ぎ落とすようにしましょう。

 

言葉だけでなく動作でも伝える

人間が用いる「言語」というのは「音声」だけではありません。人は相手の様子や立ち振舞いすべてを「情報」として認識、処理をします。

「言葉」だけのプレゼンは聴衆だけでなくあなた自身をも退屈させ、それは双方に「負のフィードバック」を生み出します。

そのことを十分に注意し、発話の際にはまず自分自身がテンションを高め、興奮できるよう身振り手振りなどのアクションを交えるようにしましょう。

 

まとめ

プレゼンの達人がしている「聴衆の心を動かす」伝え方のコツ

 

・自己紹介をしっかりと行う

・まず結論から話す

・自分自身の体験を交えて話す

・聴衆に意見を尋ねる

・「えーあー症候群」を発症しない

・テキスト本文をそのまま読まない

・相手のベネフィットを伝える

・最初に全体像を提示する

・話に起承転結をつける

・論理、根拠を提示する

・ゆっくり話す

・スライドの文字数は少なくする13ポインターを使う

・言いたいこと切り捨て、圧縮する

・言葉だけでなく動作でも伝える

 

いかがでしたか?最初からこれらをすべてクリアするというのはなかなか難しいかもしれません。

まずは仲間内などでリハーサルなどを繰り返し、1つずつポイントを体に染み込ませていきましょう。


スポンサーリンク

【今だけ無料鑑定】あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!
その中でも恋愛運が女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に導き出される『天声神語』が大好評です!

もしかしたら別れた彼かもしれないし、いま付き合ってる人かもしれません、
いつ、どこで運命の人と会えるのか・・・今なら『全員0円』で鑑定してもらえます。

今年もあと1ヶ月 恋愛運が気になる人は是非お試しください。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Dreamerから最新記事を毎日お届けします