「ポジティブになる方法」教えます!あなたの人生が激変する16のこと

「ポジティブになる方法」教えます!あなたの人生が激変する16のことあなたは自分自身の性格についてポジティブかネガティブか、どちらの傾向であると考えているでしょうか。

自分自身をネガティブであると考えている人の中には、もっとポジティブになりたいという願望を持っている人も少なからずいると思います。

そこで今回は、ポジティブになる方法を具体的にお伝えしていきます。この記事でネガティブ思考から克服し、ポジティブにあなたの人生が激変することを願っています。

 

「ポジティブになる方法」教えます!あなたの人生が激変する16のこと

スポンサーリンク

 

成功体験を思い出す

ポジティブになるための最もオーソドックスな方法としては、かつての成功体験を思い出すということが挙げられます。

ほとんどの人は、これまでの人生の中で成功体験を何かしら持っていると思います。そして、その成功体験は肯定的な記憶としてあなたの中に残っているはずです。

当時の姿を鮮明にイメージし、具体的に思い出すことで、潜在的にネガティブな気分を薄めていくことができます。

 

他人と比較をしない

もしポジティブになりたいと思うのであれば、自分自身を他人と比較するようなことはしてはいけません。

人は個々人それぞれが異なる環境で育ち、異なる価値観を持ち、異なる世界観の下に生きているのです。人と人は産まれた時から全く別の存在なのです。

他人が持っているものを自分は持っていない、などということは考え出せばきりがありません。

「他人は他人、私は私」ということを常に肝に銘じ、今自分が置かれた環境にて最大限できることをやりましょう。

 

自分を飾らない

時と場合によっては、現状以上に自分自身を着飾ってみせる、つまり「虚勢を張る」ということも必要になることがあります。

しかしそれが常態化し手段から目的化してしまうと、現状の自分とのギャップに苦しむことになり、また自分の本当にやりたいこと、得意なことを見失いネガティブな状態に陥ってしまいます。

ポジティブであるためには必要以上に自分を飾らず、虚勢を張り過ぎないということが重要です。

たとえ自分に欠点がある場合でも、それも含めて自分自身(自我)が成り立っているということを意識するようにしましょう。

自分という軸があって初めて、「虚勢」のような戦略的な振る舞いが有効なものとなるのです。

 

ポジティブな人の近くへ行く

人間の性格は周囲の環境、特に日頃付き合っている人々の様子に大きく影響を受けるものです。

もしあなたがポジティブになりたいと思うのであれば、できるだけネガティブな人からは遠ざかり、ポジティブな人の元へと近づいていくことを心がけましょう。

また、もしあなたの周囲にポジティブがいたとするならば、その人を「メンター」として認識するというのも効果的です。

メンターとは自分自身をある特定の方向へと導く存在です。メンターの言動などはよく観察し、その中の取り入れるべき点に関しては真似をするなどして積極的に自分の中に取り込んでいくようにしてください。

 

相手に期待をしない

一方で、過剰に他者に対して期待をするのは避けましょう。

世の中には完全にあなたの理想に叶う他者などはほぼいないと言ってよく、どんな人間にも少なからず欠点が存在するものです。

他人に期待をすればするほどそうした欠点を目の当たりにした際のショックは大きくなってしまいます。

もしあなたの周囲にあなたを導く尊敬すべき他者がいるとしても、あくまでその人物に対しては「利用すべき教材」という程度に認識をしておくと良いでしょう。

また同時にもし他者があなたに何か期待をするようになったとしても、その期待を裏切る結果になってしまうことを恐れず、そのことに対して過剰な罪悪感も抱かないようにしましょう。

 

「D言語」を使わないようにする

人間の人格や心理状態に影響を及ぼす「周囲の環境」には、日頃付き合っている他人ばかりではなく自分自身も含まれます。自分自信の言動は自分自身に対しても影響を及ぼすのです。

こうした働きを「フィードバック」といい、ある機関・システムからなされた出力が、同じ機関・システムの入力系に対して影響を及ぼすという現象全般のことを指します。

これに従うと、あなたから発せられたネガティブな言動は、あなた自身の思考回路や物事の受け止め方へと影響を及ぼし、結果としてスパイラル的な連鎖を引き起こします。

こうした連鎖を断ち切るためには、まず第一に「ネガティブな言葉を発しない」ということが必要です。

こうしたネガティブな言葉を「D言語」や「3Dワード」といいます。「でも、だって、どうせ」などDから始まる言葉であり、これらは最も頻出されるネガティブワードであると言われています。

もしあなたがポジティブにあろうとするのであれば、まずはこの「Dから始まる言葉」を発話から排除してみるといいでしょう。

 

生活習慣を改善する

身体の不調はネガティブな思考を引き起こします。精神的にポジティブであるためには、日頃から生活習慣に気を使い体調をより万全な状態に保つ必要があります。

タバコを吸っていたり、お酒を飲んだりするというような習慣がある人は、なるべくそれを控えるようにすると良いでしょう。

また、ストレスの増加は喫煙や飲酒、あるいは過食などにつながる要因となりますので、ストレスが溜まるような物事からもなるべく遠ざかるようにしましょう。

 

食べ物に気をつける

生活習慣の中でも最も身近で重要なものが食生活です。普段の食生活の中で行われる工夫でも、ストレスを軽減し披露を回復させ、ポジティブな精神状態を保つための手助けをするということが可能となります。

例えば青魚に多く含まれるオメガ3系脂肪酸はうつ病への効果が近年注目を集めております。

その他にはナッツ類やチョコレートの原料であるカカオ豆に多く含まれるマグネシウムはストレスホルモンの分泌を抑制する効果を持ち、豚肉に多く含まれるビタミンBは肉体的疲労を回復させる働きを持ちます。

 

選択に対して後悔をしない

人生において「選択」はつきものです。ですがその選択の結果に対し、後からただひたすら後悔を続けているようではポジティブに生きることは出来ません。

人生の時間の中で状況は刻一刻と変化をし、その変化は私たちに絶えず選択を求めます。

その宿命の中で限られたリソースを用いてなされた選択は、それがどのような結果をもたらそうと、ひとまず「最善」の選択であったと認識すべきでしょう。

しかし、それでもある選択に対して後悔をしてしまうのであれば、必ずそこから未来へ向けた改善点を見つけ出すようにしてください。

誰しも過去を変えることは出来ませんが、未来を変えることは可能なのです。

 

物事のグランドデザインを考える

日常のささいな出来事に振り回されがちな人は、それに対して特別な生きがいを見出している場合を除き、ポジティブになることは出来ません。

例えば多くの子供は「通勤電車に揺られるサラリーマン」に対しポジティブな印象を抱くことはないでしょう。

ポジティブに生きるために必要なこと、それは常に大局的な視点を持つということであり、大きな「うねり」のような流れの中に自分自身の人生のグランドデザインを描くということです。

自分自身を確固たる存在とすることで、初めて世界の全体像認識することが可能になります。全体像をある程度掴むことが出来れば、その中で自分がやるべきことも自ずとはっきりとしていきます。

長期的なスパンで何をすべきか方向性が定まっている人は迷いが少なく、ネガティブにもなりにくいのです。

 

最初から高い目標を目指さない

大局観を持ち、グランドデザインを描くことは非常に重要ですが、だからと言って最初から高すぎる壁を越えようとすれば当然ながら挫折する可能性も高くなってしまいます。

そして挫折はポジティブさを失う要因ともなってしまいます。

そこで重要なのが長期的な目標に取り組むに当たり、最初から最大の難関に挑まないようにするということです。

まずは、およそクリアできるであろう低い目標を設定し、そこに取り組むようにすると良いでしょう。

大きな目標を持つことはポジティブに人生を生きるのに不可欠である反面、挫折し結果的にネガティブに陥ってしまうというリスクも潜んでいます。

そのリスクをできる限り最小化するため、工夫をしていくようにしましょう。

 

大きな問題を細かく別けて考える

前項とも内容的に若干重複するのではありますが、大きな問題を解決しようとする際には、その目標を細かな小さな目標に分解し、それを一つ一つクリアしていく方法を採るのが良いでしょう。

一見すると手を付けようがないかのように思われる問題であっても、個別の要素に分解していくことにより、ポジティブに取り組むことが可能になるという場合も少なくはありません。

 

今日良かったことを書き出してみる

その日一日をポジティブな気分で過ごすためには、起床する前と就寝時における習慣が何よりも重要となります。

脳は睡眠時にそれまでの記憶を整理し、翌日以降に備えようとするため、就寝時に植え付けられた記憶はより定着しやすくなるのです。

就寝時にポジティブな記憶を植え付ける方法としては、その日にあった良いことを思い出し、どんな小さなことでも良いので日記帳などに具体的に書き出してみるということが挙げられます。

この「良いこと探し」を習慣化することは、脳の内部においてもその際に使用される神経系統を強化するということに繋がります。

そのため徐々に無意識のうちに「良いことを探す」ということが習慣化されていき、人格自体をポジティブなものへと変化させていくことが可能となるのです。

 

自己暗示で錯覚させる

脳内における神経系統の強化という点においては、自己暗示も非常に有効な手段となります。

これはスポーツ選手などもよく行っている方法であり、自分の思い描く理想像をひたすら強く具体的にイメージをしていくというものです。

すると脳内ではそのイメージに関連するネットワークが強化され、肩肘を張らずリラックスした状態でその理想へと近づいていくことが可能となります。

もしあなたが「ポジティブになりたい」と思うのであれば、ポジティブになった理想の自分の姿を思い描くようにしてください。

すると次第にその状態があなたにとってのデフォルトとなり、自然とポジティブな立ち振る舞いが出来るようになっていきます。

 

消費ではなく投資をする

多くの人々が苦労をして働き、お金を稼ぐ理由、それは「消費」です。それ故に消費は一時的に人間をポジティブにする効果を持っているということが出来ます。

しかしその一方で、消費によって手に入れたものはそれを使い尽くしてしまったり、耐用年数などが過ぎて使い物にならなくなってしまったり、飽きてしまうということが頻繁に起こります。

そうなってしまうとポジティブな気持ちは消え失せ、逆に人間はネガティブな気持ちに陥ってしまいます。

その点において「投資」は「消費」とは異なります。

投資は「現在の欲求」ではなく「未来の欲求」に対して行われるものであり、そこに使われたお金は使い尽くされることはなく、未来にリターンとして戻ってきます。

あなたがもしポジティブに生きたいと思うのであれば、日頃のお金の使い道に関し、「消費」から「投資」へと振り替えていくということを意識するようにしましょう。

希望ある未来について考える時、人間はよりポジティブな気分になることが出来るのです。

 

「過去最悪だったとき」を思い出す

もしどんなことをしてもどうしてもネガティブな気持ちになってしまうという時には、過去これまでの人生において「最も悪かったとき」を思い出すようにしましょう。

これをすることは今の自分に対し、あの時よりもまだマシであると相対的であれポジティブに認識し直すということに繋がります。

そして、そのかつての「最悪な時期」を乗り越えたという経験が現在の自分に対し自信を与えてくれるはずです。

 

まとめ

「ポジティブになる方法」教えます!あなたの人生が激変する16のこと

 

・成功体験を思い出す

・他人と比較をしない

・自分を飾らない

・ポジティブな人の近くへ行く

・相手に期待をしない

・「D言語」を使わないようにする

・生活習慣を改善する

・食べ物に気をつける

・選択に対して後悔をしない

・物事のグランドデザインを考える

・最初から高い目標を目指さない

・大きな問題を細かく別けて考える

・今日良かったことを書き出してみる

・自己暗示で錯覚させる

・消費ではなく投資をする

・「過去最悪だったとき」を思い出す

 

いかがでしたか?

これらのポイントを踏まえ、ぜひよりポジティブな自分へと近づいていってみてください。


スポンサーリンク

【今だけ無料鑑定】あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!
その中でも恋愛運が女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に導き出される『天声神語』が大好評です!

もしかしたら別れた彼かもしれないし、いま付き合ってる人かもしれません、
いつ、どこで運命の人と会えるのか・・・今なら『全員0円』で鑑定してもらえます。

今年もあと1ヶ月 恋愛運が気になる人は是非お試しください。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新記事をお届けします