意志の弱さを克服!忍耐力を鍛えて強靭な精神力を手にする9つの方法

意志の弱さを克服!忍耐力を鍛えて強靭な精神力を手にする9つの方法「継続は力なり」という言葉がありますが、何かを成し遂げるに当たり、忍耐力は欠かすことの出来ない要素です。

そして成功者の多くは耐えることに慣れています。それは結果の出し方を心得ているからでしょう。

今回は、そんな忍耐力を鍛える方法についてお伝えします。あなたも折れない忍耐力を身につけて、強靭な精神力を手に入れてください。

 

意志の弱さを克服!忍耐力を鍛えて強靭な精神力を手にする9つの方法

スポンサーリンク

 

小さな変化に敏感になる

忍耐力にとって一番の大敵は「退屈」です。元来人間の脳はじっとしていたり、同じことを繰り返したりしているとストレスの一種である退屈さを感じるように作られています。

また、このことによって新しいことに挑戦をするというモチベーションが生み出されてきたという側面もあります。しかし忍耐力を鍛える際には、こうした退屈さをある程度引き受け、その上で本来であれば「退屈」な状態をそれと感じなくする必要があります。

退屈さを紛らわす具体的な方法としては、同じような繰り返し、反復の中に小さな変化を見つけていくというものがあります。普段であれば特に意識することのないことに関し、あえてそれを強く意識するようにしていきましょう。

 

生活リズムの中に組み込む

忍耐力を要するイベントを、生活リズムの中に予め組み込んでしまうという方法です。

一番手っ取り早い具体的な方法は、10分間なにもせずにじっとしているです。

スマホやパソコン、テレビなど現代は多くの退屈しのぎのためのツールがありますが、そのような誘惑を10分間だけ我慢してじっとしてみましょう。はじめはウズウズしてつらいかもしれませんが、継続することでストレス耐性の強化につながります。

肩肘を張らず、日常の中で自然とそうしたものに取り組んでいくことにより、苦痛や憂鬱感を軽減することが出来るようになります。

 

記録をつける

その日一日において、忍耐力を要する物事に関してどの程度取り組むことが出来たのかということを、出来るだけ数値のような客観的に認知可能な指標として記録していく、という方法です。

記録付けは達成感と張り合い、そして目標設定という点において大変な効果をもたらします。

 

それによって何を得て、何を失うのかをイメージする

これが「インセンティブ」に基づく方法です。インセンティブには大きく別けて「正のイセンティブ」と「負のインセンティブ」の二つが存在します。

「正」とは「○○をすると、××が得られる」というものであり、一方「負」とは「○○をしないと、××になってしまう」というものです。

これを「忍耐力」に当てはめると「ここで忍耐をすれば××を得られる」「忍耐をしなければ××になってしまう」ということをなるべく具体的にイメージするようにします。具体化することで行動につながりやすくなります。

 

楽観的になる

忍耐を続けている人は得てして「自分はこんなことを続けていて良いのだろうか」という不安感に襲われるものです。

しかし一度こうした不安に負けてしまったとすれば、これまでやって来たことがすべて無駄となってしまいます。

ですので忍耐力を鍛えたいと思っている人は、その間出来るだけ頭の中で楽しいことだけを考えるようにしましょう。たとえ根拠が多少怪しいとしても、少なくとも気持ちだけでも明るさを保つことにより強い心が育まれるのです。

 

別のことで発散する

当たり前のことではありますが、人間は常に忍耐のみを続けていくということは出来ません。何かに関して忍耐をする場合には、それとは別の何かで発散をする必要があります。

発散の対象は単なる生理的欲求の解消でも文化的な活動(趣味など)でも何でも良いのですが、そうしたものを必ず一つは用意しておくようにしましょう。

 

適度な休憩、食事・運動をする

何かに関して忍耐をするというのは、やはりエネルギーを必要とするものです。ですので常に適度な休憩を取ることの出来る環境を作っておきましょう。

短時間でできる休憩方法としてはバターやMTCなど良質な脂肪分を摂取する、仮眠をとる、ストレッチをするなどが挙げられます。

また、休憩と同じく重要なのが食事と運動です。食事は満腹の一歩手前程度の量にし、肉類や大豆などのタンパク質と野菜、果物などをふんだんに摂るようにしましょう。運動をする際には過度に激しい運動をしないように注意をした上で軽い有酸素運動、筋トレなどを行うようにします。

 

言い訳をしない

少々精神論的な話となりますが、やはり忍耐力を鍛えると覚悟をしたからには、言い訳をせずにやり通すということも必要になります。

途中でうまくいかない状態となった、壁にぶつかってしまったという際には「出来ないこと」の言い訳を考えるのではなく、その時間とエネルギーを「どうやれば出来るのか」ということを考えるのに振り向けるようにしてください。

 

忍耐しやすい物事を見つける

前述いたしました通り、人間の脳は基本的に忍耐を避けるようにできているため、これを鍛えるということは非常に難しいことでもあります。しかし個人によっては、比較的忍耐がし易い分野も存在します。それは「その人が好きなもの」です。

たとえばある”わがままな人”がいたとして、通常であれば他人はその人のわがままを忍耐することは出来ないものですが、あなたがその人に好意を抱いていた場合、”好きな人のわがまま”であれば多少なりとも忍耐が可能となるものです。

忍耐力を鍛えるという場合にも、まず「比較的忍耐をしやすい分野」を見つけた上にて、それを行ってみるというのが効果的であると言えるでしょう。

 

まとめ

意志の弱さを克服!忍耐力を鍛えて強靭な精神力を手にする9つの方法

 

・小さな変化に敏感になる

・生活リズムの中に組み込む

・記録をつける

・それによって何を得、何を失うのかをイメージする

・楽観的になる

・別のことで発散する

・適度な休憩、食事・運動をする

・言い訳をしない

・忍耐しやすい物事を見つける

 

ぜひこれらの方法を実践し、耐え忍ぶ力をつけていってください。


スポンサーリンク

【今だけ無料鑑定】あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!
その中でも恋愛運が女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に導き出される『天声神語』が大好評です!

もしかしたら別れた彼かもしれないし、いま付き合ってる人かもしれません、
いつ、どこで運命の人と会えるのか・・・今なら『全員0円』で鑑定してもらえます。

今年もあと1ヶ月 恋愛運が気になる人は是非お試しください。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Dreamerから最新記事を毎日お届けします