酒豪になりたい!一滴で酔っ払う人が「お酒に強くなる」究極の方法

酒豪になりたい!一滴で酔っ払う人が「お酒に強くなる」究極の方法お酒(アルコール)に対し強いか弱いかということは、かなりの部分が先天的に遺伝によって決定されているということが知られております。

より具体的に言うと、お酒に強いか弱いかということはアルコールを分解するための酵素であるALDH2という物質を作り出す能力の高い(効率のよい)遺伝子を持っているか、能力の低い(効率の悪い)遺伝子を持っているのかということによって左右されるのです。

しかし、そうは言っても「お酒に対する強さ」が全く遺伝的にのみ決定されるということはありません。実は、お酒に強くなる究極の方法は存在することは確かです。

では一体どのようにすればお酒に対し強くなり、酒豪になることが出来るのか、その方法について早速見ていきましょう。

 

酒豪になりたい!一滴で酔っ払う人が「お酒に強くなる」究極の方法

スポンサーリンク

 

何度も飲む

前述した通り、お酒の強さはかなりの部分遺伝子によって決定されてしまうのですが、この強さを決定するための遺伝子型には組み合わせによって3パターンが存在するということが知られています。

その一つがNNパターンであり、これは元からお酒に強い人を指します。そして次がDDパターンであり、こちらはどうやってもお酒に弱い人を指します。そしてその中間にいるのがNDパターンです。モンゴロイドには元々NNパターンはあまり多くなく、特に日本人にはほとんど存在しないと言われています。

次いでDDパターンはどうやってもお酒に強くなることが出来ない人であり、数滴程度のお酒でも酔ってしまうという場合もあります。

そして最後に残ったNDパターンの人でありますが、これは日本人に最も多いパターンであり、元来お酒が強い人というわけではないのですが、この人達はALDH2を作り出す能力自体は低いものの、お酒を飲み続けることで本来アルコールの分解には用いられないMEOSという酵素を代用するということが可能となるということが知られています。

このMEOSはお酒を習慣的に飲み続けている時には多く作り出されるのですが、それを止めてしまうと作り出されなくなってしまいます。

つまり、お酒を習慣として飲み続けることでMEOSを作りやすい体質を手に入れることができるのです。

 

飲む前に牛乳を飲む

牛乳には胃の粘膜を保護する働きがあると考えられております。

またその他にも乳製品にはアルコールの分解を助ける必須アミノ酸が多く含まれているため、これを摂取することで酔いにくくなるということが知られています。

 

食べながら飲む

物を食べながらお酒を飲むということは、単純にお酒が腸へと流れていくスピードを落とすことに繋がるため、酔いが回るのを遅くする効果があります。

特に消化に時間のかかる脂分の多い食べ物や繊維質の食べ物などはこの効果が高いと言われています。

 

水分を取る

お酒を飲む際に、同時にソフトドリンクなども飲むことにより、体内のアルコール濃度を薄めるという方法もあります。

またアルコールには利尿作用があるため、体内からの水分排出が多くなりますので、それによって軽い脱水症状が引き起こされ、それが二日酔いの原因となるということも知られており、それを防ぐという意味でも水分補給は重要であるといえます。

 

栄養ドリンク・サプリメントを摂る

前述した通り、アルコールは酵素の働きによって人体に無害な物質へと分解されていくのです、この酵素が作用をする際に必要とされるのがビタミンB1です。またビタミンCにはこの酵素の働きを促進させる効果があります。

また酵素を作り出す腎臓の働きを活発にするのが、肝臓にとって必須となる栄養素であるタウリンやシステインなどのアミノ酸物質です。さらにウコンなどに含まれるクルクミンは肝臓の働きを活発にする他、腸の蠕動運動を活発にする効果があります。

その他のものとしては、カフェインにはアルコールの分解を促進する効果のほか、覚醒作用による酔い覚ましの効果も期待できます。

以上のようにビタミン、アミノ酸、クルクミン、カフェインなどの配合されたドリンク剤やサプリメントなどを摂ることにより、一時的であれ、お酒に強くなることができます。

 

注意点

以上のようにお酒に対し強くなる方法は存在します。しかしその一方で、見落としてはならない事実も存在します。

例えば「お酒に慣れることによってMEOSを作り出せるようになる」のであるとしても、本来であれば必要のない酵素をわざわざ作り出すために肝臓を活発に働かせるということになり、結局は臓器にダメージを与えてしまいます。

この時、特に恐ろしいこととされるのは活性酸素の発生です。活性酸素は老化物質とも呼ばれ、食事・運動時などにも発生するのですが、MEOSの生成の際にはこれが大量に発生するということが知られております。

この活性酸素はDNAを損傷させてしまうため、そのことが老化やそれに伴う身体の機能低下、癌などが引き起こされやすくなります。ですので、元来お酒に強くないという人は、たとえ一時的に慣れたたような実感を得たとしても、なるべく飲まないほうが良いと言うことが出来るでしょう。

また、元来お酒に強い遺伝子を持っている人であっても、やはりその能力には限度があり、加齢や体調などによってより衰えるという事も考えられますので、飲み過ぎはしないに越したことはないでしょう。

 

まとめ

酒豪になりたい!一滴で酔っ払う人が「お酒に強くなる」究極の方法

 

・何度も飲む

・飲む前に食べる

・食べながら飲む

・水分を取る

・栄養ドリンク・サプリメントを摂る

 

いかがでしたか?

過度に試すのは体に負担をあたえ返って不調をきたす可能性がありますが、飲み会シーズンなど、どうしても乗り越えないといけない場面で、活用してみてください。


スポンサーリンク

【今だけ無料鑑定】あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!
その中でも恋愛運が女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に導き出される『天声神語』が大好評です!

もしかしたら別れた彼かもしれないし、いま付き合ってる人かもしれません、
いつ、どこで運命の人と会えるのか・・・今なら『全員0円』で鑑定してもらえます。

今年もあと1ヶ月 恋愛運が気になる人は是非お試しください。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新記事をお届けします