お金の不安で苦しんでいるあなたへ。お金の悩みがなくなる15のこと

お金の不安で苦しんでいるあなたへ。お金の悩みがなくなる15のことお金の不安で心が押しつぶされそうになっていませんか?老若男女問わず、お金に関する不安はなかなか尽きないものです。

若い人であれば将来設計などの不安はあるでしょうし、中高年の方にとっても老後の生活資金に関する不安はあることと思います。

また、病気や事故によってこれまでのような生活が送れなくなり、さらに大きな出費が必要となってしまう場合もあるかもしれません。

そこでこの記事では、こうしたお金の不安をなくす方法についてお伝えします。

お金に対する不安や悩みを少しでも消して、前向きに人生を楽しめるようになりましょう!

 

お金の不安で苦しんでいるあなたへ。お金の悩みがなくなる15のこと

スポンサーリンク

 

自分の持っているお金を把握する

お金の不安で苦しんでいるあなたへ。お金の悩みがなくなる15のこと

お金の不安をなくしていくためには、まずは、

  • 今の経済状況
  • 月あたりの収入
  • 月あたりの支出
  • 総資産額

の4つを把握するようにしましょう。

現状をきちんと把握することで、お金に対するぼんやりとした不安を解消し、現実的な不安に対しては対処法を考えられるようになります。

そして、自分の所有するお金の出入りを把握する基本となるのが、「家計簿」です。これまで家計簿をつけていなかった人も、この機会にぜひ始めてみましょう。

ノートやエクセルで記録をする人も多いようですが、最近ではスマホ向けのアプリも登場し、収支を簡単に記録し、グラフなどで分かりやすく視覚化できるようになってきています。

マネーフォワードというアプリは、クレジットカードや銀行口座とつなげるだけで、自動で家計簿を作ってくれます。分類機能を使うと、食費、光熱費などを分けて表示してくれるのでおすすめです。

銀行口座を使い分ける

また、収支の把握には、銀行口座を分けることも非常に重要です。銀行口座は最低でも2つ、できれば3つ開設しておきましょう。

口座の使い分け方としては、

  1. 入ってくるお金を管理する口座
  2. 支払いで出ていくお金を管理する口座
  3. 貯金用の口座

の3つになります。もしくは、収入用の口座と貯金用の口座の役割をひとつにまとめて使用します。

まず「入ってくるお金」を管理するための口座は、毎月いったいいくらの収入があるのかを一目瞭然で把握できるようにしておきます。

そして同じように、毎月の「支払いで出ていくお金」をすぐに把握できる口座、毎月の「貯金額」を把握できる口座と作りましょう。

このとき、「貯金用」の口座は、積立貯金のサービスを利用してみるのがおすすめです。※積立貯金に関しては、「毎月貯金をする」という部分で詳しく解説いたします。

なお、総資産額については、貯金額や自己資産以外にも、家族および相続をする可能性のある親族間にて、どの位の資産を持っているのか確認してみると良いでしょう。

 

借金をしない

お金の不安で苦しんでいるあなたへ。お金の悩みがなくなる15のこと

お金の不安をなくすには、大前提として借金は絶対にしてはなりません。また、現在借金がある人は、できるだけ早く全額返済するようにしてください。

借金に関しては、やはり「できるだけ早く返済する」ことが大変重要となります。

支払期間が長くなればなるほど不安から逃れられない状態が続き、現実問題として、借入期間が長くなるほど多くの利息を支払う必要があるためです。

どうしても借金が返済できない場合は、自己破産申請をして借金を帳消しにするという選択もあります。

ただし、自己破産申請をする際には、デメリットについてもよく考えた上で決断しましょう。

例えば、自己破産が受理された場合、持ち家や自動車などの高額資産に関しては処分しなくてはなりません。

さらに、申請者当人の信用情報に記載されるため、破産後一定期間(5年程度)は新たな借入れはできなくなってしまいます。

 

ライフプランを立ててみる

お金の不安で苦しんでいるあなたへ。お金の悩みがなくなる15のこと

お金の不安をなくすためには、あなたが自分の人生に対してどのように考えているかを再確認する必要があります。

その確認作業をするためにもライフプランを立て、それを見直してみるようにしましょう。

ライフプランとは、「自分はどんな人生を送るつもりなのか」についての計画(書)です。

例えば、

  • 25歳までに車を買う
  • 30歳までに結婚する
  • 40歳までに起業する
  • 50歳までに家を買う
  • 60歳までに○○へ旅行する

など、「何歳」で「何をやりたいのか」について具体的に記述していくようにします。

また、ライフプランを作成するにあたり、その「やりたいこと」には具体的にいくらのお金が必要になるのかも調べます。

そして最終的に「やりたいこと」と「それにかかるお金」を見比べ、現状の問題について認識するようにします。

やりたいこと かかるお金
25歳までに車を買う 100万円
30歳までに結婚する 500万円
40歳までに起業する 1,000万円
50歳までに家を買う 3,000万円
60歳までに○○へ旅行する 300万円

ライフプランを作成するメリットとしては、「不安要素を具体化できる」ことが挙げられます。

最初にも述べたように、お金への不安感は誰にでもあるものですが、漠然とした不安であればそれに対処すらできず、不安感を抱え続けなければなりません。

しかし、それを具体化して「問題」の内実を把握することができれば、それに応じた対応を考えていくことが可能になるのです。

 

スキルを身につける

お金の不安で苦しんでいるあなたへ。お金の悩みがなくなる15のこと

「お金に関する不安」とは「お金を稼げなくなってしまう不安」と言い換えることができるかもしれません。

今現在は普通に働いてお金を稼いでいる人でも、あるとき突如としてリーマン・ショックのような経済状況の激変に見舞われてしまうこともあります。

もちろんそこまで大きな状況の変動はなくても、仕事(会社)がなくなってしまったり、退職をせざるを得なくなったり、給料が大幅に減ってしまう可能性はいくらでも考えられます。

そうした不幸に見舞われてすべてのものを失っても、それでも人はお金を稼いでいかなければなりません。そのために必要となるのが「スキル」です。

身に着けるべきスキルはその人の適性に合わせ違ってきますが、できるだけ世界のどこへ行っても通用するスキルを身に着けた方が良いでしょう。

例えば、プログラミング言語は世界中どこでもほぼ共通して用いられており、非常に有効なスキルと言えます。

このとき世界中どこでも通用するスキルとして、語学(英語)をイメージする人も多いかもしれません。

確かに英語は非常に有効なスキルではありますが、英語の読み書きができる程度では海外では「ただの人」でしかなく、お金を稼いでいくことはできません。

語学を活かして収入を得るためには、「語学+他の専門知識」を組み合わせていく必要があります。

他にも、音楽や絵、映像、造形や工作、あるいはダンスや大道芸などのパフォーマンスは言語に頼らず人々の感覚に直接訴えかけるものであるため、非常に有効であると考えられます。

こうしたスキルを磨いくためには、日頃から継続して楽しく学ぶことができるものを選ぶようにするのも非常に重要です。

 

複数の収入源を確保する

お金の不安で苦しんでいるあなたへ。お金の悩みがなくなる15のこと

先ほどの「スキルを身につける」とも関連しますが、現在主な収入源となっている「本業」の他に、複数の収入源を確保しておくことも大変重要です。

収入源を複数確保しておくことで、一つの仕事が駄目になっても、また別の仕事をメインにすることができ、精神的な余裕につながります。

例えば既婚者の場合には、専業主婦(夫)をするのではなく、夫婦共働きをするようにしましょう。

専業主婦(夫)の生涯のコストは、1〜2億円程度に上るとも言われ、この億単位のお金を無駄にしないためには、家庭状況にあわせて共働きをするべきです。

また、既婚者・未婚者を問わず、「副業」を持つこともお金の不安を解消してくれます。

一口に副業といってもさまざまなものがあるので、まずはどんな仕事があるのかインターネットで調べてみると良いでしょう。

近年ではアフィリエイトやクラウドソーシングなどが広く一般化してきており、副業の仕事の幅はかつてないほどに広がっています。

また、副業をするにあたっては、その仕事に関連した資格の取得を目指すことも大変重要と言えます。

ちなみに今話題の副業などに関しては、下記の記事も参考になります。

関連記事:お金を増やしたい!貯金を「10倍以上」増やすベストな方法30選

 

不労所得を手に入れる

お金の不安で苦しんでいるあなたへ。お金の悩みがなくなる15のこと

前項までで取り上げた「スキル」や「副業」以上に、お金に対する不安をなくす根本的な解決方法が「不労所得」です。

不労所得とは文字通り、働かないで得る収入(所得)を指す言葉です。これは例えば、株取引の利益や利息による収入、不動産の家賃収入などが含まれます。

特に近年では世界的に大規模な戦争もなく、経済システムが安定化しているため、労働(生産活動)によって得られる全体の収益率(経済成長率)を、不労所得による全体の収益率が凌駕する時代となってきています。

つまり、普通に働くよりも不労所得を得るほうが、たくさんのお金を稼げる可能性が高いということです。

不労所得を得る方法としては、投資を始めとしてさまざまな方法が存在します。ただし、投資をするにせよ、まず元手となる資金が必要となります。

現在そうした資金が少ない、あるいは投資に関する知識があまりない初心者の人は、「単元未満株式」や「投資信託」などから初めてみるのがおすすめです。

単元未満株式とは、通常の株取引では100株ごとなど、まとめて購入するのが一般的ですが、それに満たない数〜数十株単位での取引を指します。

そのため、少ない投資金額から株取引が開始できるため、初心者でも比較的安心して行えます。中には、通常の株取引の勉強を兼ねて初める人もいます。

次に投資信託とは、投資会社にお金を預け、その会社で働く株取引のプロによって運用をしてもらう方法です。

信頼できる投資信託会社を見つけることができれば、株の知識がない人でも安心して投資することができます。

 

今の仕事で実績を積み上げる

お金の不安で苦しんでいるあなたへ。お金の悩みがなくなる15のこと

すぐにスキルを身に着けたり、副業を始めたり、あるいは投資を始めることが難しい人は、まずは現在の仕事場で実績を積み上げることを心がけましょう。

どんな仕事であれ、そこで実績を積み上げて行くことができれば、昇給昇格があったり、自然と人脈が形成されるようになっていきます。

もしイレギュラーな悪い事態が発生したとしても、その人脈を活用することで、上手く仕事を手放さずに済むことも少なくはありません。

仕事で実績を積み上げるには、「就社」ではなく本当の意味での「就業」をする、ということを肝に銘じておく必要があります。

会社に所属し働く人の中には、「会社に就職する」ことを人生のゴールと考えている人は少なくありません。

しかしこれからの時代、会社が社員一人ひとりの人生を保証してくれるとは必ずしも限りません。

「会社に就職する」つまり「就社」が目的になっている人は、万が一会社が倒産してしまったり、退職することになったときに、そのまま路頭に迷ってしまうことも考えられます。

一方でここで言う「就業」の考え方とは、「会社に就職する」ことを目的とするのではなく、会社で働く中でさまざまな知識やノウハウを身に着けたり、あるいは取引先など外部との間で人脈を形成することを目的とします。

こうして身に着けた知識や人脈は、その会社から離れても同じ業界内であればどこでも通用するものであり、イレギュラー事態にも対応できる武器となります。

関連記事:最短で成功したい人が知るべき「仕事で成功する人」10の特徴

 

消費ではなく投資をする

お金の不安で苦しんでいるあなたへ。お金の悩みがなくなる15のこと

お金に関する不安をなくすために、普段からお金の使い方について考えていく必要があります。

生活をしていく以上、お金を支出していくことは避けることができません。

しかしこの支出を「消費」と「投資」に分け、この内「消費」に関してはできるだけ削っていくように心がけます。

まず消費とは、「使ってしまえばそれで終わりとなる商品・サービス」を購入することです。

また、同じように消費をする場合でも、タバコやお酒、娯楽(ギャンブル)のような「嗜好品」と、生活上欠かすことのできない「必需品」とは区別することができます。

この中でも特に「嗜好品」は積極的に削って行く必要があるでしょう。

本気でタバコやお酒、娯楽(ギャンブル)の「浪費」をなくしたい人は、下記記事も参考にしましょう。

関連記事:絶対にやめられる禁煙方法!意志が弱くても無理せず続く18の作戦

関連記事:絶対にやめられる禁酒方法!無理せず酒飲みを卒業する18の作戦

関連記事:ギャンブル依存症の克服法|堕落した人生からあなたを救う18の方法

良い「投資」の考え方

次に投資とは、「使うことによってそれ以上のリターンが期待できる商品・サービス」を購入することを指します。

一般的に投資というと、株式投資や不動産投資がイメージされますが、ここで言う「投資」はさらに広い意味を持った概念となります。

例えば、資格取得のための参考書や、仕事に使う新しい電子機器、健康管理のためのグッズ、視野を広げるための旅行など、自分の人生に役立つ買い物や経験も「投資」と考えましょう。

この「投資」に関しても、その内容は徹底的に吟味する必要があるものの、将来のライフプランを見据え、積極的に支出をしていくべき場合もあります。

 

固定費を減らす

お金の不安で苦しんでいるあなたへ。お金の悩みがなくなる15のこと

お金の使い方について考える上で避けて通れないのが、固定費の問題です。

固定費が家計を圧迫していると、それはそのままお金に対する不安に直結していきます。

固定費とは、電気ガス水道などのインフラ関連の料金や、電話やインターネットなどの通信費、自動車や暖房の燃料代、家賃など、一ヶ月あたりの金額があらかじめ決まっている料金類の総称です。

ここからは、代表的な固定費を抑える方法についてご紹介します。

電気代

電気代に関しては、契約している電気料金のプランの見直しをすることが挙げられます。

電気代は時間帯によって料金設定を変えられるプランがあり、例えば昼間は仕事などで外出していて夜にしか家にいない人のばい、夜の電気代を割安にし、その分の昼の時間帯に料金を上乗せすることで節約になります。

また、もちろんテレビや冷暖房などをつけっぱなしにしないなどの、こまめな節電をすることも大切です。

ガス代

ガス代に関しては、賃貸住宅に引っ越しをする際に、そこで使われているガスが、「都市ガス」なのか「プロパンガス」なのかを事前に確認するのが大切です。

都市ガスが公共料金であるのに対し、プロパンガスは業者側が自由に値段設定をすることができるため、割高になることが多く、その差は数倍にも開くことがあります。

それ以外の節約術

以上の二点を見直してみるだけでも、生活レベルを落とすことなく毎月数千円〜万単位での節約になります。

それ以外にも、水道代はトイレを流す回数を減らしたり、入浴を減らしてシャワーだけにしてみます。

また、通信費に関しては、スマートフォンをMVNOに変更したり、料金プランを見直してみることもおすすめです。

自動車ガソリン代は、近場の移動であれば自転車を使うようにするのも良いでしょう。

関連記事:知っておトク!一人暮らしの生活費を劇的に抑える18の節約術

 

毎月貯金をする

お金の不安で苦しんでいるあなたへ。お金の悩みがなくなる15のこと

貯金をすることは、お金の不安を解消する最も手っ取り早い方法かもしれません。最低でも収入の1〜2割程度は貯金に回すことを心がけるようにしてください。

また、一日の終りに財布の中に入っている小銭を全て貯金箱に入れてしまうのもおすすめです。

これは実際の貯金額としてはそこまで大きくならない可能性もありますが、目に見えてお金が増えていく実感ができるため、貯金を習慣づけることにつながっていきます。

どうしても貯金をすることが苦手な人は、最初の方でも少しご紹介しましたが、「積立貯金」を始めてみるのが良いでしょう。

積立貯金とは、指定の口座に入金があると、あらかじめ指定した金額が積立用口座に自動的に振り込まれるサービスです。

このサービスを利用すれば、貯金が苦手な人でも強制的に貯金することができ、満期になったときにその金額を受け取ることができます。

気になる人は、現在利用している銀行に問い合わせてみるといいでしょう。

関連記事:「貯金が絶望的にできない人」に共通する18のダメ特徴とその解決策

 

保険に加入する

お金の不安で苦しんでいるあなたへ。お金の悩みがなくなる15のこと

将来、病気や事故にあう心配からお金に対する不安がある人は、やはり保険に加入することがおすすめです。

ただし、保険に加入する際にはいくつか注意をしたい点もあり、選択を間違えると払い損になってしまう可能性もあります。

例えば、生命保険は、家族に小さな子どもがいてどうしても心配である場合を除き、原則的に加入する必要はないと言えます。

なぜなら死んでしまった後に何がどうなるかなど、誰にも分からないからです。

また、ガンなどの最先端医療に関しても、実際に保険として加入はしたものの、それが必要となるケースはごくわずかであり、ほとんどが払い損になっているという指摘もあります。

自動車保険の場合は、積み立てた金額が満期になると戻ってくるサービスを提供している会社も多いため、そうした点に関しても検討をしてみると良いでしょう。

ただし、各種保険の良し悪しや必要性に関しては、個々人によって何が最適なのかは大きく異なり、素人には判断がし辛い場合も少なくありません。

もし、自分だけでは最適な選択が難しいと感じる人は、保険アドバイザーなどの専門家に相談をしてみるようにしましょう。

 

生活水準を落とす

お金の不安で苦しんでいるあなたへ。お金の悩みがなくなる15のこと

近年では「ミニマリスト」という言葉が広く認知されるようになりました。ミニマリストとは、必要最低限度の物やお金のみで生活する人のことです。

こうした言葉が広く知られるようになったのは、格差の拡大などの時代の流れの中で、人々が自分の生活レベルを落とすことに「ためらいを感じにくくなっている」ことを意味する見方があります。

お金に関する不安を解決するには、このミニマリストのように極限まで生活レベルを落とし、必要最低限の物とお金だけで生活をしてみるのも良いかもしれません。

例えば、家賃を除き、月あたりの生活費を5万円以下に抑えてみるなどです。

「お金の不安」はもとをたどればお金に対する「執着心」に起因しています。この執着心をなくすことで、お金の不安の解消につながるケースも多いでしょう。

また、ミニマリスト的な生活を極めてみたい人には、家にあるものをどんどん処分して、必要最低限のものだけを残すことがおすすめです。

こうした行為は「断捨離」とも呼ばれ、これまでの自分の生活がいかに「物」にまみれていたかを理解し、何も持たないことによる「自由さ」を味わうことができます。

こうしたミニマリスト的な生活はあなたにとって、「これだけのお金や物だけでも生活していけるんだ」と気づくキッカケとなるでしょう。

 

自給自足をしてみる

「貯金が絶望的にできない人」に共通する18のダメ特徴とその解決策

先ほどご紹介したミニマリスト的な生き方とも関係しますが、お店で野菜や果物などを購入する頻度を減らし、その分を自宅の庭やベランダで野菜を栽培するようにします。

「お金の不安」の根底には「お金がなければ生活ができない」という恐怖心が存在しています。

しかし実際には、自給自足の生活を行えばお金の不足分をある程度補うことも可能となるのです。

例えば、ロシア(ソ連)では冷戦末期以降幾度となく経済危機が頻発し、その度に多くの国民が困窮状態に置かれるようになりました。

にも関わらず、現在に至るまでロシア(ソ連)ではほとんど餓死(がし)者が発生していません。

なぜかというと、それはソ連時代に「ダーチャ」と呼ばれる農園が整備されていたためだと言われています。

ロシア(ソ連)の人々は、経済状態が極度に悪化した際も、このダーチャで野菜を栽培し、自給自足の生活によってその危機を乗り越えてきたのです。

こうした過去の歴史を見習い、少しずつでも良いので自給自足へと生活自体をシフトさせていけば、ある程度であれお金に対する不安を解消することにつながるでしょう。

 

物事をシェア・物々交換する

お金の不安で苦しんでいるあなたへ。お金の悩みがなくなる15のこと

お金に関する不安はほとんどの人が多かれ少なかれ抱えているものですが、そうであるがゆえに、みんなで協力して乗り越えていくという方法もあります。

具体的な方法としては、「シェア」および「物々交換」が挙げられます。

例えば、近年ではシェアハウスに暮らす人達が増加しています。

複数人で一つの物件を借り、そこで同居をすることで、一人だけではとても住むことのできない物件で暮らすことも可能となるのです。

家だけでなく、自動車や本(主に参考書など)など、さまざまなものがシェアの対象となっています。

次に、物々交換に関してですが、これもある意味ではシェアに近い行為であると言えます。

例えば、毎日の食事でついついおかずを作り過ぎてしまった場合、これを近隣の人に分けてあげ、その代わり何かを貰ったりします。

実際に、郊外や都市部で家庭菜園を行っている人を中心として、こうした物々交換の動きは活発化しているとも言われています。

これから先の時代、お金を介することなしに人々がさまざまなサービスを提供し合うことで、「お金に関する不安」は小さくなっていくかもしれません。

 

セーフティーネットに関する知識をつける

お金の不安で苦しんでいるあなたへ。お金の悩みがなくなる15のこと

「お金がない」ということが、すなわち「死」に結びついてしまう人は多いかもしれません。

しかし現代の日本では、限界や問題点が生じているとは言え、まだまだセーフティーネットは機能しています。

そうしたセーフティーネットに関する知識をつけておくことで、万が一の場合にも公的支援を受け、生活を続けることができるでしょう。

例えば、日本では「生活困窮者自立支援制度」が存在します。

何らかの理由で住む家をなくしてしまった場合、この制度の利用を申請することで、住居確保給付金という一時的なお金が支給されるようになります。

他にもこの制度では、就労準備・就労支援として、さまざまな職業訓練を受けることもできます。

雇用保険資格者の場合、訓練期間中には月々10万円程度が支給され、さらに失業給付金もついてきます。

雇用保険資格がない人の場合でも、基金訓練を受けることにより、訓練期間中は月々10万円が支給されます。

さらに病気や障害、その他様々な要因によりどうしても就労し生活をしていくことが困難である人は、「生活保護」を受給するという方法もあります。

この生活保護ですが、必ずしも職(仕事)がない人に向けた制度ではなく、現在働いていて所得がある人であっても、受給することができる場合もあるのです。

月々の所得が自治体の認める基準を下回る額であれば、その差額を保護費として受け取ることができます。

また、各市町村によっては「結婚祝い金」や「家賃補助」などの補助政策がある場所もあります。

上記の内容も含めてセーフティーネットの利用を検討したい人は、お住いの地域にある相談窓口(サポートセンター・福祉事務所など)で相談してみると良いでしょう。

 

まとめ

お金の不安で苦しんでいるあなたへ。お金の悩みがなくなる15のこと

 

  • 自分の持っているお金を把握する
  • 借金をしない
  • ライフプランを立ててみる
  • スキルを身につける
  • 複数の収入源を確保する
  • 不労所得を手に入れる
  • 今の仕事で実績を積み上げる
  • 消費ではなく投資をする
  • 固定費を減らす
  • 毎月貯金をする
  • 保険に加入する
  • 生活水準を落とす
  • 自給自足をしてみる
  • 物事をシェア・物々交換する
  • セーフティーネットに関する知識をつける

 
実際にはどんなお金持ちであれ、お金の不安を完全になくすことはほぼできません。

しかし、こうした方法を実践していくことで、不安や悩みをある程度和らげていくことも不可能ではないのです。


スポンサーリンク

【今だけ無料鑑定】あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!
多くの女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報から導きだされる『福音ソウルメイト』が大好評です!

もしかしたら別れた彼かもしれないし、いま付き合ってる人かもしれません、
いつ、どこで運命の人と会えるのか・・・今なら『全員0円』で鑑定してもらえます。

今年もあと1ヶ月 恋愛運が気になる人は是非お試しください。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Dreamerから最新記事を毎日お届けします