【自己責任】誰でもできる呪いの方法!やってもいいけど…知らないよ?

【自己責任】誰でもできる呪いの方法!やってもいいけど…知らないよ?「呪い」は古来より多くの人々を惹きつけて参りました。今回はそんな呪いの方法をお伝えします。

呪いの方法は古今東西無数に存在すると思われますが、今回はその内オーソドックスなもの、簡単なものを取り上げてみました。それでは、早速見ていきましょう。

 

【自己責任】誰でもできる呪いの方法!やってもいいけど…知らないよ?

スポンサーリンク

 

恋人同士を別れさせる呪い

恋人同士を別れさせるというのは呪いの目的としては最もオーソドックスなものの一つでありますが、今回紹介するのはそうした方法の一例となります。

具体的な方法としてはまず鏡を用意し、その鏡に口紅でカップル二人の氏名を書きます。その後鏡を破壊しゴミとして捨ててしまう、というものです。

 

ぬいぐるみを使った呪い

「人形」は「ヒトガタ」と書くように、古来人間の魂を投射する装置として儀式などにて用いられてきたという側面があります。人形を使った呪いには非常にさまざまなものがあるのですが、まずはそんな人形の内「ぬいぐるみ」を使った呪いの方法を紹介します。

具体的な方法としてはまずぬいぐるみを用意し、その腹の部分を裂いて食べ物や土を混ぜたもの、そして呪いたい人物の名前が書かれた紙を詰め、腹の部分を縫い合わせます。

その後ぬいぐるみを一ヶ月ほど放置した後そのぬいぐるみを呪いたい人物に遭わせたいのと同じように痛めつけます。

するとその痛めつけの内容により、相手にも同じようなダメージを与えることが可能になるとされます。

 

蝋人形を使った呪い

次に紹介するのは人形の内でも蝋人形を使った呪いとなります。

具体的な方法としては、まずはまずは蝋人形を用意するのですが、もしそれを用意するのが難しいという場合には代わりにバターや牛脂を塗った人形でも良いとされます。その人形に呪いたい相手を念じ、時計の針に括りつけ、そのまま放置します。

これによってあなたが相手から被害を受けた同じ時間にその相手にも何らかの災いが発生するようになります。

 

藁人形を使った呪い

次は、人形を使った呪いの内、藁人形を使った呪いの方法です。藁人形は古来より日本では呪いの道具として用いられており、古くは奈良時代の平城京からのそのような記録が発見されているということです。

具体的な方法としては、呪いたい人物の髪や爪などの身体の一部、あるいは写真などを入れた藁人形を作り、それを丑三つ時、つまり現在で言うところの午前3時から3時半に寺社仏閣などの木に釘で打ち付けます。またこの時の服装としてはなるべく白い衣服を身に着けるのがよいとされています。

そして呪いを行っている最中には決して第三者にその姿を見られてはなりません。

 

黒魔術による呪い

ヨーロッパなどで魔女などが使う呪術的な魔法を黒魔術と呼びます。次に紹介するのは、この黒魔術を用いた呪いの方法です。

黒魔術というと真っ先に思い浮かばれるのが六芒星ですが、まず自分自身がすっぽりと入れるくらいの大きさの六芒星の円を紙や地面などに書き出します。そして書き終わった後、その円の中心に自分自身が入ります。

この際には六芒星と五芒星の図形の書かれたものを何でも良いので身に付けるようにしましょう。そしてその円の中で悪魔を召喚するべく祈りを捧げます。そして悪魔が召喚できた(と感じるような気配、感覚があった)場合にはその悪魔に対して何らかの貢物を与えます。

それから願いを悪魔に伝え、その後悪魔が帰るように祈りを捧げた後、六芒星の円から出て行くというものです。

 

瓶・ペットボトルを使った呪い

夜中に瓶、もしくはペットボトルに十円玉と呪いたい人物の髪の毛を入れ、それを寺社仏閣などの庭の土の中に埋める、というものです。

比較的簡単な方法ですが、これをすることによって相手にはさまざまな災難が立て続けに起こると言われています。

 

ろうそくを使った呪い

まずろうそく二本と和紙を用意します。和紙で人型を作り、そこに呪いたい人物の名前を書き込みます。その後その人型を丸め細い棒状にし、ろうそくを縦方向に2つに裂き中をくり抜き、繰り抜いた部分に人型を入れます。

残ったろうそく一本に火を付け、そこから溶け落ちる蝋によって二つに裂いたろうそくを接合します。そして再接合したろうそくを寺社仏閣の境内に持って行き、そこで点火し、願いを捧げながら燃え尽きるのを待ちます。

 

視線で呪う

ここまで紹介したのはいずれも道具を使った呪いの方法でありましたが、これより簡単な方法としては視線によって呪うというものもあります。

具体的な方法としては非常に簡単で、ただ単に呪いたい人物に向けて呪いの視線を日常的に向ける、というものです。ただしこれを行う際には相手に決して感づかれてはなりません。

 

業者を利用する

現在においてはインターネットなどで呪い代行業者へと依頼をすることも可能となっております。

これは古い時代の陰陽師と同じようなものと言えるかもしれません。また、代行してもらう以外にも、さまざまな呪いに使用するアイテムをセットで販売してくれる業者なども多いようです。

 

呪いとは結局何なのか

いかがでしたか?「呪い」というと、どうしても非科学的であると感じる人も少なくはないでしょう。また、実際にその通りであると言うこともできます。

ですがその一方で、文化人類学などの研究によって得られた見地ではジャングルや山間の村など比較的少人数で、周囲と隔絶された共同体においては、呪いはある程度実際に効果が存在すると言われています。

これは何故かと言うと、誰かに呪いをかけるという場合には通常何らかの儀式が必要となるのですが、小さな共同体においては「誰が誰に対しどのような理由でどのような呪いの儀式を行ったのか」ということが情報として共有がされやすく、それが呪いの対象となった人物やその他第三者にとってスティグマ(烙印)として機能し、そのことが呪いをかけられた当事者に対してのプレッシャーとなり心身医不調を来させたり、あるいはその人物を「村八分」「追放」のような形で排除するように仕向けさせるためであると言われています。

日本においても古代や中世においては呪いが権力闘争などの手段として多用され陰陽師なども活躍し、それなりに効果をもたらしていたといわれていますが、この場合も当時の朝廷、貴族社会が「比較的少人数で、周囲と隔絶された共同体」であったためであると考えられています。

また、非業の死を遂げた人物が怨霊となって災いをもたらすというのも同様に後ろめたさや罪悪感によるプレッシャーの原理が働いており、その霊を鎮めるという儀式はそうしたプレッシャーから開放されるための行為であったと見ることができます。

このように考えると現代のような高度に文明化された社会においては呪いは通用しないかのようにも思われますが、オフィスやクラス(教室)など、実は同じような環境の共同体は現代においても至る所に存在しているのです。

ですので、もしあなたがそうした共同体のメンバーに対して呪いをかけたいとい場合には、実際に呪いの儀式を行うというよりも、呪いたいほど相手を憎み、恨んでいるということをそれとなく周囲の第三者たちに伝えていき、それによって当事者に心理的な圧力をかけていくというのが良いのかもしれません。

 

まとめ

【自己責任】誰でもできる呪いの方法!やってもいいけど…知らないよ?

 

・恋人同士を別れさせる呪い

・ぬいぐるみを使った呪い

・蝋人形を使った呪い

・藁人形を使った呪い

・黒魔術による呪い

・瓶・ペットボトルを使った呪い

・ろうそくを使った呪い

・視線で呪う

・業者を利用する

・呪いとは


スポンサーリンク

【今だけ無料鑑定】あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!
その中でも恋愛運が女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に導き出される『天声神語』が大好評です!

もしかしたら別れた彼かもしれないし、いま付き合ってる人かもしれません、
いつ、どこで運命の人と会えるのか・・・今なら『全員0円』で鑑定してもらえます。

今年もあと1ヶ月 恋愛運が気になる人は是非お試しください。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新記事をお届けします