お金がない人9つの悪習慣の特徴と、金欠打破する12の秘策

お金がない人9つの悪習慣の特徴と、金欠打破する12の秘策
だれにとっても、お金がないというのは困りものです。現代の世の中、お金がないとできないことが山ほどあります。しかし一概にお金がないといっても、最初からお金を稼げていない人ばかりではありません。中には、一端の給料をもらっているにもかかわらず、お金がない人もいるのです。

お金を増やすためには「収入を増やす」か「支出を減らす」かです。お金のない人を観察してみると、ある程度共通した習慣があることがうかがえます。だとすれば、もしその習慣を変えることができたら、お金がないという事態を多少なりとも打開することができることになります。

 

お金がない人9つの悪習慣の特徴と、金欠打破する12の秘策

スポンサーリンク

 

目次

1.お金がない人9つの悪習慣の特徴

2.習慣を変えて金欠打破する12の方法

3.まとめ


 

お金がない人の9つの悪習慣の特徴

お金がない人9つの悪習慣の特徴と、金欠打破する12の秘策

お金に関心がない

お金のない人に「あなたにお金がないのは、あなたがお金に関心をもっていないからだ」と言ったら、かなりの反発をかうかもしれません。「これだけお金に苦労しているのに、お金に関心がないわけがないじゃないか」と言われるのはごもっともです。

しかし、その次におっしゃるのは「自分に十分なお金があったら、お金のことなんか考えなくて済む」でしょう。そう、そこなんです。あなたは、お金のことを心配したくない、忘れていたいんです。

「数字やお金の計算は苦手だ、嫌いだ」という人もいます。しかし、お金の計算って、そんなに複雑なことではありません。電卓を使えば、小学生にだって楽にできることです。お金の計算は単純な算数です。数学ではありません。そんな簡単なことが「苦手」なのは、やはり「関心がない」を言い換えただけにすぎません。関心がないことをするのは、困難です。そこで出てくるのが、次のような状況です。

 

計画性がない

だれでも計画を立てて行動すれば、物事はよりよく運ぶということは知っています。

特にお金に関して言えば、月末が来る前に給料が底をついてしまったり、ボーナスの大部分が借金の返済に充てられてしまったというような状況になったとき、自らの計画性のなさを痛感するでしょう。

もう少し計画的にお金を使っていれば、たとえ家計簿をつけていなくても、そんな事態は避けられたかもしれない。勧誘されて入った保険も、毎月必要以上の金額を払っているかもしれないことは、だれもが感じています。でも性格なのか怠惰なのか、多忙なのか、改善する方向に踏み出すのは億劫なのです。

 

低収入だからと諦める

自分の生活を改善できなければ、次に来るのは言い訳です。しかもこれは、かなり説得力のある言い訳です。「収入が少ないから。」諦めと言ってもいいかもしれません。もちろん収入が本当にそれほど少なくて、それらが全部、家賃や食費や光熱費に出て行ってしまったら、余分なお金は残りません。余分なお金が残らないだけならまだしもですが、それが遅れた借金の返済にまわっているようでは、この泥沼から抜け出すのは容易ではありません。

もちろん、収入は多い方がいいには決まっています。でも、お金がない系の人は、たとえ仮に収入が増えてもやはり「お金がない」を続けてしまう可能性が大きいのです。逆を言えば、収入が少なくても貯金をしている人はいますし、副収入を求める努力をしている人もいます。

 

節約は苦手

「節約」という言葉を聞いただけで、たいていの人は「苦しい」「嫌だ」「こんな状態から逃げ出したい」と感じるのではないでしょうか。「ダイエット」という言葉が「空腹」を連想させるのと同じです。お金のない人は「苦しいことはしたくない」と考えますが、実のところ、お金のある人は工夫して、節約を苦しくないものにしているのです。

 

浪費と先延ばし

これはお金だけでなく、時間やリソースの使い方にも共通して言えることです。だらだら無駄な時間を過ごしがちな人。たとえば、深夜までSNSに没頭して、翌朝定時に起きられない人や、休日はごろごろソファーでテレビを見流してすごしている人には、お金の管理にもルースな面があります。

トーマス・コーレイという人は、その著書「Rich Habits」の中に、テレビの視聴と、お金のある人とない人の関係を調べた結果を発表しています。それによると、「1日にテレビを見る時間が1時間以下の人」は、お金のある人の67%、お金のない人の23%。「よく見る番組はバラエティ」である人は、お金のある人の7%に対して、お金のない人には78%もいました。

9歳の時、一夜のうちに億万長者から貧困層に落ち込む経験をしたコーレイは、5年間にわたって233人の裕福な人と、128人の貧困な人を日々観察して記録したそうです。その結果「持つ人」と「持たざる人」の間には、日常生活の過ごし方にはっきりした違いがあることがわかりました。その一例が、「貴重な時間を浪費する人は、お金も浪費する人だ」ということです。物ごとの価値を理解していれば、浪費は起こりにくいものです。

また「明日から始めればいい」と物ごとを先延ばしにして、いつまでたっても行動を起こさなければ、「節約」も「貯金」も「ダイエット」も言うまでもなく達成できません。

 

見栄を張る

車の運転と同様、お金の使い方にも性格が表れるものです。お金のない人の中には、見栄を張ることにお金を使っている人がいます。ケチだと思われるのを嫌って交友関係を派手にしたり、外食を多くしたり、自分の収入以上のブランド品に大金を払ったりということがあります。

お金のある人は、お金の価値を考えるので、見栄だけの買い物をすることはしません。

 

コンビニや100円ショップが好き

お金のない人の中にはコンビニや100円ショップを頻繁に利用する人がいます。コンビニは文字通り便利なお店で、新製品が取り揃えられています。ちょっと寄って、ちょっと買っては大変便利ですが、ディスカウントがないので、気づかぬうちに支出がかさんでいきます。また100円ショップの落とし穴は、「100円ぐらいならいいや」と感じてしまうところです。実際は、同じ品物がスーパーなどでより安く売られているケースがたくさんあります。

お金のない人によく見られることですが、小さなお金を大切にしない傾向があります。塵も積もれば山となるで、これがお金のない原因になっていることがあります。また、小さな節約意識は値段の高いものを買うときの節約意識にも通じており、小さな節約ができない人は不要で大きな出費も多いものです。

 

収入源が一つしかない

人生、どこで何をしてもリスクはつきまといます。希望の職業に就いても、明日レイオフされない保証はありません。起業もリスクであれば、資産運用もリスクです。副業をしていて、会社にばれてしまうこともありえます。しかし、何が起こるかわからない現代に、就業している会社からの給料が唯一の収入源であることは、一番大きなリスクだと言えます。

 

変化を恐れている

全員とは言えませんが、お金がない人には、生活の中の変化を嫌う傾向がある人がいます。言うまでもなく、世の中は日々刻々変化しています。その変化に合わせて自身を変えていくのが苦手だと、ビジネスの世界でも、私生活でも取り残されてしまいます。

あるサービスに加入していて、それを何年も放っておいたら、毎月支払う金額は上がっていくだけです。保険でもインターネットの契約でも見直しを怠らないようにすることが好ましいです。たとえ今の生活が安定していても、将来への備えを欠かしてはいけません。


 

習慣を変えて金欠打破する12の方法

お金がない人9つの悪習慣の特徴と、金欠打破する12の秘策

計算機を頻繁に使ってみる

忙しいし、面倒くさい家計簿をつけるなんて続かないという人はたくさんいます。家計簿をつけることができれば、収入と支出を把握できて、お金の使い方の問題点も明らかになりますが、これは万人向けではないでしょう。

家計簿には、毎日つけるものの他にも、月1回のスタイルや、項目別に支出を分けるだけの簡略化したもの、オンライン入力できる家計簿サービスもあります。要は、完璧な家計簿でなくても、自分なりの方法で家計を管理することです。

家計簿がどうしてもダメな人は、電卓を頻繁に使うようにしてみるという手もあります。電卓を使って、毎日の生活の中でお金や時間の計算をしてみるのです。電卓は携帯電話やスマホにも付いていますから、外出先でも手軽に計算することができます。

「このタスクにかかる時間をお金に換算したら、いくらぐらいになるだろう」とか「この仕事にこれだけ時間をかけるなら、他の方法を試した方が得ではないか」といったふうに、電卓を使うことを習慣づけるのです。得だと思っていたことが、意外と得ではなかったという発見があるかもしれません。

自宅には、目の付くところ、手の届くところに大型の電卓を置いておきましょう。電卓の存在感も増して、習慣化もしやすくなります。

 

ATMでむやみにお金を下ろさない

月給日にもらったお金がどのように支出されていくのかを把握することは、とても大切です。手元に現金が無くなるたびに、夜中でもお金を引き出せるATMはとても便利ですが、行き当たりばったりにお金を引き出していたのでは、いつまでたってもお金の流れは把握できません。

「ATMでお金を下ろすのは、隔週の月曜日に〇万円」というように、あらかじめ決めておきましょう。こうしてお金を引き出すリズムを作っておくだけで、大体の支出額が把握できます。その2週間に使えるお金は限られていますから、無駄遣いも自然に減ります。同時にATMの使用手数料も減らすことができます。

お金の流れをつかむのに役立つもう一つの方法は、複数の銀行口座を作って、口座ごとに「生活費」、「〇年〇月までは絶対下さない預金」、「緊急時に使えるお金」など、目的別に使い分ける方法です。こうすることで、月末までに使える生活費はあとどれだけあるか、突然の必要が起こった時に使える金額はどのくらいかなどが、一目瞭然に把握できます。

 

少額のお金も見くびらない

「はした金」という表現を使う人に限って、お金のない人がいます。「お金を貯めることは潔くない」、くう「ぱっと支払うのが粋だ」という伝統的な日本人の美意識はたしかに存在します。しかし、これはお金を貯めることに対して少し「意地汚い」と感じる考え方や、実はお金がないことへのコンプレックスの裏返しなのかもしれません。

貯金ができる人というのは、少額のお金も見くびりません。それらが積み重なって、大きな額になることを知っているからです。お金を大切にすることと、ケチであることを混同しないように考え方を改めると、少額のお金へのアプローチも変わってきます。

 

お財布の手入れをしてみる

世の中には、この方法を提唱する人が実は結構います。お財布の手入れとお金が貯まることの因果関係に根拠はなさそうですが、これは、お財布に気を配る人は、お金にも注意を払う人だということではないでしょうか。たとえば料理好きの人が、台所も調理用具も小奇麗に手入れしているのと繋がるものがあるでしょう。汚れたり、型崩れしているお財布を使い続けているのは、ビジネスシーンでの身だしなみとしてもよくありません。クリームを塗って手入れされた革製の財布は、取引相手にも好印象を与えます。

 

お金の出し惜しみはし過ぎない

年がら年中、お金の出し惜しみをしているのは、何も食べない無茶なダイエットのようなものです。お金の使い方でもポイントをつかんで、節約するところと、必要な時に使うところのめりはりを付けるといいでしょう。

衝動買いや各種サービスの勧誘に流されないためにも、自分の収入を見極めて、生活に必要な費用と、貯蓄して取り置く費用を引いた残りの金額を、どんな必要に使えるのか、カテゴリーを定めておきましょう。

たとえば、かねがねブラッシュアップしたかった英会話講座に期間限定の入会割引があったら、見逃せないですよね。欲しいブランドの靴がシーズン終わりに割引セールになったら、どうしても手に入れたい。このカテゴリーにならお金を使えるという具体例を、日ごろから意識的に考えておきましょう。将来に向けて自分を成長させることにお金を使えたら、それはもちろん理想的です。

お金がある人というのは、ときにお金を使うとき、その支出にどのようなメリットがあるのかを考えているものです。「この講座は受講料が高めでも、将来自分に役立つスキルを身に付けられる」とか「これは単なるブランド品で、将来的なプラスはあまりない」といったふうにです。お金を「考えて使う」ことを習慣づけられたらしめたものです。

 

計画を持って貯蓄する

物ごとは何となくやるよりも、目的をはっきりもって、計画的に行う方が効率的に進むものです。貯蓄の場合は、ライフプランを立てて、将来必要になる金額から逆算した額を積み立てるようにします。これは、積み立て式の学資保険と同じやり方です。せっかく積み立てたお金を途中で崩すことがないように、貯金はあらかじめ「使うための貯金」と「将来のために使わない貯金」とに分けておくべきでしょう。

銀行通帳の記帳は、できるだけ頻繁に行うことをお勧めします。どれだけお金が入ってきて、どれだけ出て行っているのか、自覚することが大事だからです。これで、いつもお金の使い方を意識することになり、浪費が減って、お金が貯まりやすくなります。

銀行預金の他に、生命保険会社の無料保険相談などを利用すると、専門家のファイナンシャルプランナーのアドバイスを無料で受けることができます。ファイナンシャルプランナーは、保険だけでなくライフプランの専門家でもあります。最近はどの無料保険相談会社も、勧誘の禁止を心がけているようですから、安心して利用できます。保険の見直しを機に、ライフプランの相談にものってもらいましょう。

「将来のことなどわからない」、「まだまだ先の話だ」という考えは捨ててください。子供はあっという間に成長し、進学費が必要になります。「どこへ進学するのかもわからないのだから」と思わずに、わからないことでも考えて、準備を始めておくことです。「国公立だったらいくら、私立だったらこのくらい」というように、進学に必要な金額を調べてみましょう。「家を買って住宅ローンを組んだら、毎月の返済は賃貸より高いかどうか」、「退職金の額はどのくらいになるのか」、「今のままの貯金で、老後は大丈夫か」などと考えて、準備するのです。

特に終身医療保険などは、高齢になってから加入しようとすると割高なったり、保険に入れない場合も出てきます。日本の現状から言って、今の若者が退職する頃には、年金だけでは生活していけない時代になることを心してください。

毎月の貯金額にプラスアルファしたものが、あなたの資産です。あなたの老後の財産は、毎月の貯金額をどのくらいの年数かけ続けたかが、重要な要素になります。仮りに65歳までに3千万円貯めようとしたとき、その貯金を40歳から始めたら、月額10万円ずつ貯金しなければなりませんが、20歳から始めれば、1か月の貯金額は約半分の5万5千円で済みます。老後はまだ遠いと考えずに、1日でも早めに貯金を始めることが大切なのがわかるでしょう。

 

保険の見直しをする

保険は長期間にわたって支払うもののため、家に続く、人生の大きな買い物だと言われています。これもかけっぱなしで放っておくと、不要な付加保障などが付いていて、無駄な支出をしていることがあります。

一般的に古いタイプの保険は保険料が高く設定されていると言われています。それで、見直しをすれば、ほぼ確実に毎月の保険料を下げることができるのだそうです。しかしやる気と時間のある人以外、保険の見直しを個人でするのはむずかしいため、ファイナンシャルプランナーなどの専門家にやってもらった方がいいのです。無料保険相談を利用してみましょう。

 

安物を買わない

お金がないからと言って安物を買うと、すぐ壊れたり、修理代がかかったりして、かえってお金の無駄になることがあります。多少高価でも質のよいものを購入すると、長期的にお金をセーブできる場合がたくさんあります。

ちなみに買い物では、ディスカウントショップや100円ショップは安いと信じ込まないように、それぞれの買い物が本当に必要なのか、本当に安いのか考えてみるべきです。

 

お金に興味を持つ

興味のないお金にに興味を持て、というのはもともと無理な話ですが、そうなるように工夫することはできます。日常生活の中でも、金銭関係の事柄で疑問に思うことはいろいろあるでしょう。

何か疑問が起きたら、すぐその場で調べたり、人に聞いたりしてみましょう。分からないことを放っておくとそれがクセになって、疑問は疑問のまま、知らないことはそれでいいという思考に慣れてしまいます。

その都度、疑問点を調べていけば、お金に関する知識も増え続け、関心も少しずつ出てきます。これを習慣づけるまでは大変そうですが、一度習慣になってしまえば、お金との関係が改善の方向に向かいますので、ぜひ試してみてください。

 

副業にトライしてみる

現代の世の中は、まったく不確実です。正社員で働いていても、明日解雇されない保証はありません。起業家なら、一つのクライアントだけに頼った経営はしないものです。収入源が一つだけな状態ほど、不確実なことはありません。

そこで考えられるのが、副業に挑戦することです。たとえ現在の仕事が多忙で、副業の余裕などない場合でも、職業人なら突然の収入減に備えた第二案、第三案ぐらいは具体的にもっておくべきです。突然の解雇や左遷で途方にくれないためにも。

副業には色々な可能性が考えられますが、昨今のインターネットの普及で、だれでも新しいビジネスのアイデアを、大きな資金なしに試してみることができるようになりました。今ウェブ上で大成功している企業の多くも、最初は若者が試しに始めてみたものからヒットしたものが、大きく成長したのです。

ビジネスに新しいアイデアは必要ないという意見もあります。副業ならば、新しいアイデアがない場合でも、自分の興味のあるテーマでブログを立ち上げて、アフィリエイトだけで稼いでいる人もいます。ネットオークションで自分の手作り品を売る人もいます。クラウドソーシングサービスを通じて、週末の空き時間にウェブサイトの構築やライティングで稼ぐ人もいます。またオンデマンドの運転サービスや、自宅の空き部屋を旅人に貸し出すビジネス、家事や日曜大工などのスキルをオファーするタスク仕事で稼ぐ人もいます。

これらは自由に自主的に働くという意味でやりがいを感じさせ、自らの小規模ビジネスを育てる楽しさから、その分野をより深く勉強したり、人を生き生きとさせる効用もあります。

 

金額の大きいものから見直す

節約と言えば、ほとんどの人がこまめに電灯を消すなどの、小さな節約ばかりを考えていると思います。面倒くさいと感じるのはそのためです。小さな節約も塵も積もれば山となりますが、感覚としては、あまり効果を感じられません。こんなことをしたって仕方がないと感じてしまいます。

実はまず金額の大きいものから順に見直しをしていくと、意外と苦しまずに節約することができますし効果も絶大です。

ブランド品、飲み会代、生命保険、家賃、自動車、交通費、などを見直しましょう。

同時に、月額の出費も見直しましょう。不要な月額サービス、光熱費の定額部分、ケータイ代金などがあります。これらは、一度見直しや設定変更をすれば、その節約効果が長く持続するもので、支出を減らすことができる重要な要素と言えます。

しかし、自分一人ではどうしてもできないときは、腰を上げて、無料保険相談企業のファイナンシャルプランナーに電話をかけてみましょう。あとは専門家が無料で見直しのお手伝いをしてくれます。

何でもかんでも、がむしゃらに節約せずに、論理的に考えて、まずは金額の大きいものから見直していきましょう。

 

お金がある人の習慣をモデリング

上述したトーマス・コーレイの調査結果にもあるように、お金のある人には、お金のない人とは違った行動様式があることが分かっています。それらについて文章で読む以外に、実際にお金のある人がしている行動を見習ってみる、という方法を試してみてはいかがでしょうか。その方が容易だし、面白いと思われる方もいるでしょう。

直接お金に関係することではなくても、近くにお金のある人がいたら、その人の言動をよく観察してみたり、その人が日常的に何を考えてどう行動しているかという、生きた例から学んでみてください。そして何か発見があったら、それを真似してみましょう。それをまずは1日や2日、1週間、3ヶ月、半年〜1年と続けてみると、自分にそれが身に付いたことがわかるでしょう。

自分のクセや習慣を変えようと躍起になって努力しても、意志の力だけではどうにもならないことがあります。もとの習慣に戻って、自らの意志の弱さに落胆したり、自己嫌悪に陥ることだってあります。もともと習慣となったものは、その人の内に深く根付いたものですから、意志の力だけで克服することは難しいのです。そんなときには、周りの環境を変えましょう。新しい好ましい習慣が自然に身に付くような環境に変えてしまうのです。

ですから、お金の管理ができない人は、お金の管理ができる人と行動をともにして、その人といっしょに隔週初めに銀行へ記帳に行ったり、ATMへお金をおろしにいったりしてみましょう。

衝動買いがひどいと自覚している人は、ショッピングセンターへ行くことを厳禁する代わりに、衝動買いをしない友達といっしょに買い物に行って、その人の行動を真似たり、衝動買いをしそうになったら「ノートに書き込んで、来週買うかどうか決めなさい」と忠告してもらいましょう。こうして衝動買いをしない免疫を付けていくことで、将来的に好ましい習慣を身に付けられるのです。


 

まとめ

お金がない人9つの悪習慣の特徴と、金欠打破する12の秘策

 

お金がない人9つの悪習慣の特徴

・お金に関心がない

・計画性がない

・低収入だからと諦める

・節約は苦手

・浪費と先延ばし

・見栄を張る

・コンビニや100円ショップが好き

・収入源が一つしかない

・変化を恐れている

 

習慣を変えて金欠打破する12の秘策

・計算機を頻繁に使ってみる

・ATMでむやみにお金を下ろさない

・少額のお金も見くびらない

・お財布の手入れをしてみる

・お金の出し惜しみはし過ぎない

・計画を持って貯蓄する

・保険の見直しをする

・安物を買わない

・お金に興味を持つ

・副業にトライしてみる

・金額の大きいものから見直す

・お金がある人の習慣をモデリング

 
浪費家へのアドバイスとしては、欲しいと思うものをできるだけ後回しにして、冷静になったときに、買うかどうかを検討します。そうすれば、たとえあなたが自他ともに認める浪費家であっても、浪費の可能性をかなり下げることができます。

衝動買いを自覚している人は、買いたいものができたときその場で買わずに、手帳などにそれを書き留めて、1週間待ってから、手帳を見直してまだ欲しいかどうか自問してみるというルールを守ってみるといいでしょう。

お金がある人は、お金のない人とは違った習慣を持っています。収入が多くてもお金がなくて困っている人がいる一方で、収入が少なくてもお金に余裕を持って豊かに暮らしている人もいます。

お金の特性を知ってお金と上手に付き合う習慣を身につけることは、人生を充実させるために絶対的に必要です。先延ばしをやめ、お金についてのセンスを身につけて、長く上手にお金と付き合っていきましょう。


スポンサーリンク

【今だけ無料鑑定】あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!
多くの女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報から導きだされる『福音ソウルメイト』が大好評です!

もしかしたら別れた彼かもしれないし、いま付き合ってる人かもしれません、
いつ、どこで運命の人と会えるのか・・・今なら『全員0円』で鑑定してもらえます。

今年もあと1ヶ月 恋愛運が気になる人は是非お試しください。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新記事をお届けします