ニキビを抹消する13の予防法!きれいな肌で明るい毎日を手に入れよう!

ニキビを抹消する13の予防法!きれいな肌で明るい毎日を手に入れよう!「あ、またできてしまった」「もういい加減にしてよ」「いつまで続くんだろう・・・」

ニキビは本当に悩みの深い肌トラブルです。なかなか治らないニキビで悩んでいませんか?

顔という一番見られる部分なので、しっかりケアしているつもりでも不衛生と思われかねず、相手から印象も大きく左右してしまいます。

また、ニキビを見せたくないからと前髪を長く下ろしたりして消極的になってしまったり、人と話すことを避けてしまったりと、ストレスの原因にも内面的な悪影響もあります。

こんな悪循環から少しでも早く抜け出しましょう!

ニキビは根本的なところからきちんと改善すれば、高額なエステに通わなくても必ず予防することができます。

そこでこの記事では、毎日の生活で簡単にできる「ニキビを徹底的に予防する方法」についてお伝えします。これ以上ニキビに悩まされないきれいな肌を手に入れましょう。

 

ニキビを抹消する13の予防法!きれいな肌で明るい毎日を手に入れよう!

スポンサーリンク

 

目次

1.生活習慣からニキビを予防する方法

2.ニキビ予防に最も重要な洗顔と保湿のやり方

3.まとめ

 

生活習慣からニキビを予防する方法

ニキビを抹消する13の予防法!きれいな肌で明るい毎日を手に入れよう!

肌に触れるものは清潔にする

日常生活で肌に触れるものを清潔にしておくことでニキビを予防になります。

普段の生活で使用したり触れているものには、大量の菌が付着していることが少なくありません。

そして、菌がついた手で顔やニキビを触ってしまうと、ニキビが発生したり重症化していき、さらに菌が繁殖して広範囲に及んでしまうことがあります。

ここでは日頃忘れがちなものを5つピックアップしてご紹介します。

タオルは使いまわさない

ニキビ予防のために、タオルは毎回綺麗な物を使いましょう。

せっかく綺麗に洗顔しても洗面台に何日か掛けてあるタオルで顔を拭いていませんか?

実はタオルは1回使って1日放置しただけで雑菌の数はおよそ100倍にもなり、1週間放置したタオルでは排水溝と同じくらいの菌の数になるとも言われます。

そんなもので顔を拭いていたらニキビができないほうが不思議です。

枕カバーにタオルをかける

枕カバーも清潔にしましょう。先ほどのタオルと同様、1日使っただけでも皮脂や汗が染み込んで放置すれば雑菌が繁殖します。

できれば毎日交換するのが理想ですが、難しい場合には枕と頭の間に肌触りの良いタオルを敷いておくと良いでしょう。タオルなら毎日変えるのも苦ではないはずです。

メイク道具を清潔にする

メイク道具にも雑菌がたくさんいます。肌に直接触れるメイク道具(特にリキッドファンデーション用のスポンジやパフ、リップブラシなど)は雑菌が湧きやすいです。

使い捨ての物は使うたびに捨て、洗って使えるものは洗いましょう。

また、リップブラシのように専用のクリーナーがあるものはクリーナーを使って清潔にしておきましょう。

スマホはアルコールなどで除菌する

スマートフォンや携帯電話も毎日手で触っていてるので当然雑菌がかなりたくさんついています。

使った手で顔を触ることもそうですが、電話をするときに頬のあたりに雑菌が付着することもニキビの原因になります。

定期的にアルコール除菌ができるウェットティッシュなどで拭くようにしましょう。

こまめに手を洗う

当たり前ですが、上記のようなものに触れていれば自分の手もしらない間に雑菌だらけなっています。特に人差し指は人間の体の中で肛門の次に雑菌が多いとも言われています。

ニキビを気にしてつい肌を触ってしまいがちですが、手を洗えていない状態ではなるべく触らないようにし、こまめに手を洗うようにしましょう。

 

良質な睡眠をしっかりとる

ニキビ予防には良質な睡眠がとても重要です。良質な睡眠とは具体的には、副交感神経を優位にして体をリラックスさせた状態で、22時~2時の間に熟睡していることです。

お肌のゴールデンタイムとも言われる22時~2時の時間帯は、成長ホルモンが大量に分泌されるため、活発に新しい細胞が作られたり、肌のターンオーバーが行われ角質を落としてくれたり、毛穴を引き締めてくれたりなどの高い美容効果が期待できます。

逆に質の悪い睡眠や睡眠不足が続くと、免疫力が下がり体にストレスが溜まってしまい、皮脂を過剰分泌したり肌のターンオーバーのリズムが乱れてしまうため、毛穴に汚れが溜まり白ニキビを発生させます。

この白ニキビにアクネ菌が繁殖することで赤ニキビへと発展することがあります。しっかり睡眠をとってニキビを予防していきましょう。

また、寝る前にスマホやテレビなど光を発するものを見ると刺激になってしまい、逆に目を覚まし睡眠障害になってしまうこともあるので、早めに電気を消してリラックスした状態で22時には寝ることが重要です。

 

ストレスを溜めすぎない

ストレスもニキビを作る大きな要因となりますので、ストレスを溜めないことがニキビ予防にも繋がります。

まず、私たちの体はストレスを感じると身体的にも精神的にも緊張した状態になり、交感神経が優位になります。

この交感神経には男性ホルモンを増加させる作用があるため、皮脂の分泌が増え毛穴を詰まらせ、ニキビの原因になります

また、ストレスによって自律神経のコントロールもできなくなってしまい、良い睡眠が取れなくなったりするのでニキビにとって更なる悪循環が生まれます。

そのため、ストレスをなるべく受けない、溜めないということがニキビ予防には大変重要になってきます。

ストレスの原因は人によってさまざまあるので、まずは自分が日頃なにでストレスを感じているのかを把握して、そのことに対して「無理をしない」ことがストレスを感じにくくさせる方法です。

また、自分がリラックスできるようなものを趣味にしてしまえば、楽しんでストレスを発散することができます。

ただし注意点として、「食べる・飲む・買う」など、半分ヤケになって後から後悔してしまいそうなことは避けたほうが良いでしょう。

食べ過ぎて後悔、飲みすぎて後悔、買いすぎて金欠、など後から自己嫌悪に陥るものは余計ストレスになる可能性があります。

 

たくさん笑う

笑うことがニキビ予防になるなんてなかなか信じられないかもしれませんが、しっかりとした根拠があります。

まず、笑うことで顔の表情筋が動き鍛えられることで血行が良くなり肌のターンオーバーのリズムが整うため、ニキビの原因となる古い角質をしっかり排出したり、必要な栄養が効率よく運ばれるようになります。

また、顔にあるリンパも刺激されるので、リンパの流れを正すこともターンオーバーを促す効果が期待できます。

そしてもう一つ大切な理由に、笑顔には強いリラックス効果があり、副交感神経を活発化してくれます。

副交感神経が活発になるとホルモンバランスが整えることができ、余分な男性ホルモンが減少して女性ホルモンが増えるので、コラーゲンの生成を促してニキビができにくい潤いのある肌にすることができます。

他にも、ストレスを減少(発散)ができたりなど、笑顔によって副交感神経が優位な状態を意図的に作り出すことは、ニキビ予防にとって非常に重要です。

笑うという行為は誰でもできる簡単なことなので、ぜひ日頃からたくさん笑って肌の健康を維持していきましょう。

 

サウナに入る

サウナに入ることもニキビ予防に良い方法です。

まず、サウナに入ることで血行がよくなりターンオーバーのリズムが整うため、肌に必要な栄養を効率よく運ぶことができたり、古い角質を排出させることができます。

さらに人の体は、サウナのような高温の場所では毛穴を広げ、体の熱を外に排出させようとします。この働きを利用して毛穴を広げて、その後洗顔することで毛穴に詰まった皮脂や汚れをゴッソリ落とすことができます。

また、なによりサウナには自律神経を整える力があるため、精神的なリラックス効果やストレス解消にも良い影響があります。

サウナの入り方としては、サウナ前には脱水症状を避け大量に発汗するために水を500mlほど飲んでおき、心臓の負担を避けるため先にシャワーなどで体を温めます。

そして、サウナは10~15分程度入り、その後に水風呂や冷水シャワーなどで体を冷やす、これを3セットほど繰り返しましょう。サウナ後に体を冷やすことで血液循環が鍛えることができます。

そして、サウナから出たらしっかり体の汗を洗い流し、肌の水分を補う化粧水や、毛穴を引き締める収れん化粧水などでケアしましょう。

サウナで汗をかくと余計に肌が汚くなって炎症させてしまうのではと心配される声も聞きますが、それはサウナの後にしっかりシャワーを浴びたり、スキンケアをおこなわなかった場合なので、サウナ後のケアをしっかりすれば問題ありません。

関連記事:サウナの効果がとんでもない!知る人ぞ知るサウナで汗を流すべき7つの理由。入り方や水風呂も解説

 

運動をする

定期的な運動も、ニキビ予防には有効です。

運動によって「いい汗」をかくことで、肌荒れの原因となる毒素や老廃物を排出したり、新陳代謝の向上、体温調節機能の調整などが期待できます。

さらに運動によって体に溜まった不要なものを出すことは、ストレス発散にもつながりニキビ予防になります。

ただし、激しい運動は活性酸素を増やして体内のビタミンCを消費させ皮脂の増加を招いてしまうため、ニキビ予防には逆効果になってしまうので注意が必要です。

激しい運動とは具体的には、体に無理に負荷をかけてしまう運動のことで、長距離のマラソンや負荷の強い筋トレ、サッカーなどは活性酸素を増やしてしまいます。

ニキビ予防のための運動で大切なのは、呼吸を続けながら弱い筋力で運動を続けることです。体がポカポカしてやんわり汗をかくくらいを意識しましょう。

そういった面では、サイクリングやウォーキング、ヨガやストレッチなどはおすすめです。

また、いい汗によって出てきた汗や毒素は肌の上で放置しておくと肌トラブルの原因になるので、運動後にはシャワーを浴び、汚れをしっかり流すようにしましょう。

 

腸内環境を整える

ニキビの予防には腸内環境も大切です。腸内環境が整っていないと、いわゆる便秘や宿便、大腸の汚れなどにより毒素が発生し、毒素が血液の流れに乗って全身に行きわたり、肌の調子を悪化させます。

腸内環境を整えるためには善玉菌を増やし、悪玉菌を減らす必要がありますが、すでに便秘気味の方は一度腸内洗浄をしてみるのはおすすめです。

腸内洗浄とビオフェルミン

腸内洗浄とは清潔な温水で腸内の便を一気に流してしまう方法で、病院でやってもらうことができます。自分でやる方法もありますが、デメリットが多いので病院でやってもらう方が良いでしょう。

腸内洗浄をすると、宿便と一緒に悪玉菌や善玉菌も流れて腸内を一旦リセットすることができ、その後はビオフェルミンなどを摂取して善玉菌を増やしていくことで腸内環境が整います。

もし腸内洗浄をしない場合でも、ビオフェルミンを摂取することはとてもおすすめです。医薬部外品である新ビオフェルミンS錠は、生きたまま腸に乳酸菌を運ぶことができ、しかも依存性が無いので定期的に摂取することができます。

プチ断食

ヨーグルトと水を使ったプチ断食も腸内環境を整えることができます。これはダイエット目的で行う断食ではなく、大腸を休ませ、腸内環境をリセットする断食です。

例えば週末の2日間など、あまり体力を必要としないときに行います。

まず、前日はあまり多く食べすぎないようにし、プチ断食当日の食事はヨーグルトのみ、あとは水をたくさん飲むようにします。食事の前に水を飲んで胃酸を薄め、乳酸菌を大腸に届きやすくすることがポイントです。

また、当日はお酒や煙草を控え、プチ断食終了の際は、胃がびっくりしないようにお粥などを食べるようにしましょう。これを2日間おこなうことで腸内はリセットされ、腸内環境を整えることができます。

腸内環境は意識して整えていかないと、悪くなる一方です。今回挙げたような方法で腸内環境を整えることで毒素の生成を減らし、毒素をしっかり排出することでニキビを予防することができます。

 

ニキビに良い食べ物を摂取する

私達の体は口から摂取した栄養素で構成されています。ニキビを予防するためには肌に良い栄養素を含む食べ物を積極的に摂取することが重要です。

ここでは肌に良い栄養素と、その栄養素を含む食品、それらの栄養素がどう肌に良いのかを解説いたします。

ビタミンA

ビタミンAは毛穴の詰まりを解消したり、ターンオーバーを促したり、抗酸化作用で肌や粘膜を健康に保つ働きがあります。

ビタミンAは少し珍しい食品に含まれることが多いので、直接ビタミンAではなく緑黄色野菜に含まれるカロテノイドを摂取すると良いでしょう。カロテノイドは体内でビタミンAに変換されます。

ビタミンAをが多い食品

鶏レバー、豚レバー、ホタルイカ、うなぎ、など

カロテノイドが多い食品

ほうれん草、小松菜、春菊、にんじん、ブロッコリーなどの緑黄色野菜

ビタミンB2

次にビタミンB2です。ビタミンB2はターンオーバーのリズムを調整し、皮脂の分泌を抑制する効果があるのでニキビ予防に適しています。

ビタミンB2を多く含む食品

マイタケ、ほんしめじ、マッシュルーム、エリンギ、芽キャベツ、など

ビタミンB6

ビタミンB6はターンオーバーを促し、皮脂の分泌を抑制する効果があるのでニキビ予防に大切です。

ビタミンB6を多く含む食品

にんにく、牛のレバー、豚肉、酒粕、まぐろ、カツオ、など

ビタミンC

ビタミンCもターンオーバーの促進やコラーゲンの生成を助け、保湿をサポートしてくれます。

ビタミンCを多く含む食品

パプリカ、パセリ、ゆずの皮、レモン、柿、キウイ、など

ビタミンE

ビタミンEは血液の循環を良くするほか、ビタミンCとの相乗効果が高いのでビタミンCと一緒に摂りたい栄養です。

ビタミンEを多く含む食品

ナッツ類、植物性の油、ウナギ、カボチャ、モロヘイヤ、など

ミネラル類(カルシウム、マグネシウム、亜鉛)

ミネラル類はホルモンバランスを整えて肌のターンオーバーを促進してくれます。

ミネラル類を多く含む食品

乳製品、穀物、昆布、牡蠣、ナッツ類、など

コラーゲン

コラーゲンを摂ることで体にはアミノ酸として吸収され、新しい肌を作る材料になります。

コラーゲンを多く含む食品

鶏皮、鶏軟骨、牛筋肉、など

これらの栄養素を摂取していくことでニキビ予防になるので、無理のない範囲で積極的に摂取していきましょう。

中には水溶性の栄養素もあるので、おすすめは鍋物などの料理です。水溶性とは文字通り水に溶けてしまう栄養素なので、鍋ならスープに溶け出した栄養素も逃がすことなく取り入れることができます。

注意したいのは、動物性脂肪や糖質は皮脂を増やしてしまうので食べすぎはNGです。アルコールの特に「ビール」「日本酒」「チューハイ」は糖質を多く含むので飲みすぎると皮脂が増えます。

また、コーヒーや紅茶に含まれるカフェインはビタミンB群の吸収を弱めてしまうので、ニキビ予防のためにはあまりおすすめできません。

ただし、どれも過剰でなければ直接ニキビに影響しないので、無理に我慢してストレスになるよりは、できる範囲で無理なく気を付けるという意識で良いでしょう。

 

水道水を工夫する

ほとんどの人が水を飲むときにも、洗顔するときにも、お風呂に入るときにも使用している水道水が、実はニキビの原因になっている可能性があります。

水道水は「塩素」を使って消毒されることで飲んだり使用することができるのですが、どの水道水にもこの塩素が一定の割合で残っている状態いわゆる「残留塩素」があります。

日本の残留塩素塩素は世界的に見てもかなり少ない基準値ではありますが、やはり体内に入ると細胞壁などを破壊してしまうことがあり、肌の保湿機能が弱まり乾燥して皮脂が増えてしまうため、結果的にニキビができてしまうのです。

これを対策するために、お風呂のお湯は塩素を除去すると言われているビタミンC粉末や、塩素除去の入浴剤などを使って取り除くと良いでしょう。

炭酸水を使う

洗顔や飲み水も塩素除去することはできますが、そもそも水道水を使わないという方法もあります。

飲み水、洗顔ともにおすすめしたいのが「炭酸水」で、特にペリエなどの天然の炭酸水はミネラルも含まれていて優秀です。

炭酸水を飲むことで血行が良くなり血液中の酸素濃度が下がるため、酸素を外に追い出そうとして血管が広がることで血流が促進され、ターンオーバーも促進されニキビを予防することができます。

洗顔には少しもったいないと感じるかもしれませんが、皮脂や古い角質をより落とすことができるのでおすすめです。

その他、便秘気味の人には天然の硬水がおすすめです。

硬水にはマグネシウムやカルシウムなどのミネラルが豊富に含まれているので便秘改善効果があり、イライラを抑える効果もあるのでストレスを感じているときに飲むのもいいでしょう。

 

紫外線に気をつける

紫外線もニキビの原因になるので、日焼け止めを塗ったり日傘を使うなどして予防しましょう。

肌は紫外線を浴びると、その刺激から守ろうと角質が厚く硬くなる過角化が起こり皮脂や汚れが肌につまりやすくなったり、活性酸素が増加しニキビが炎症を起こしてしまったり、さらに悪化してニキビ跡が残ったりしてしまいます。

また、紫外線を浴びることで肌はメラニン色素を作ってしまい、ニキビだけでなくシミの原因になるなど、紫外線は美容の敵と言っていいでしょう。

日焼け止めは基本的には好みのもので十分ですが、肌が弱かったり、敏感でニキビができやすい人は、「パウダータイプ」のものが肌に優しくておすすめです。

 
スポンサーリンク

 

ニキビ予防に最も重要な洗顔と保湿のやり方

ニキビを抹消する13の予防法!きれいな肌で明るい毎日を手に入れよう!

洗顔は一日二回

ここまで様々なニキビ予防の方法を見ていただきました。もちろんどれも重要ですが、さらに重要なのはやはり洗顔と保湿です。

ここを間違ってしまうと他のどの努力も無駄になってしまう可能性があるので、正しい洗顔と保湿を心がけるようにしてください。ただ、これは一日に何回も洗顔することではなく、大切なのは回数ではなくやり方です。

洗顔の目的は酸化した皮脂やほこり、めいくなどの「汚れ」を落とすことです。

何度も洗顔することで汚れだけでなく、肌に最低限必要な皮脂や潤いを保つセラミドまで流してしまい肌が乾燥してしまうので、余計に皮脂を出そうとします。その結果毛穴に皮脂が詰まりやすくなりニキビを引き起こします。

洗顔は朝と夜の一日に二回するようにし、朝は33~36℃程度のぬるめのお湯ですすぐだけで、夜の就寝前(入浴時)に洗顔料を使って行うのが理想的です。

 

正しい洗顔の方法

余分な汚れだけを落とす洗顔のやり方をご紹介します。

1まずは手を洗いましょう。手に雑菌がある状態では綺麗になりませんし、泡立てるのも難しくなります。
2 洗顔料を泡立てます。泡立てネットを使用すると簡単に泡立てることができますが、ない場合には左の手のひらを丸めてボウルに見立て、右手の指で泡立てると泡立てやすいです。最低でも卵1個分くらいの大きさまで泡立てましょう。
3 皮脂が多い顔のTゾーンから洗い始めます。泡立てた泡を乗せ、手が触れないように洗います。それから顔全体を優しく洗いましょう。この時も手が顔に触れないように泡で洗います。
4 乾燥しやすい目元や口元はあまりこする必要はありません。泡を乗せるだけでも十分です。
5 ぬるま湯ですすぎます。この時もあまり強くこすらないようにし、20回以上すすぐのが理想です。洗顔料が洗い流されず残ってしまうと、毛穴に詰まってニキビができてしまいます。また、肌の成分を守るためお湯の温度は33~36℃にしましょう。
6 清潔なタオルで優しく顔をおさえるようにして水気をふき取ります。
7 洗顔後の肌から水分が蒸発する時に乾燥しやすいのですぐに保湿しましょう。

洗顔に置いて重要なのは、「面倒くさがらずにしっかり泡立てる・手が顔に触れないように泡で洗う・お湯の温度・しっかりすすぐ」の四つのポイントです。

最低でもここだけはおさえるようにしてください。この洗顔が雑だと次の保湿の意味が半減してしまいます。

洗顔料やクレンジング

洗顔料についてですが、こだわりがないなら100円程度の石鹸で充分です。

市販の洗顔料には皮脂を落としすぎてしまうものもありますので、無添加や天然成分が豊富な肌への負担が少ない物にしましょう。

女性でメイク落としにクレンジングを使われる方は、肌への刺激が少ない弱酸性のものや洗い流すタイプのクレンジングがおすすめです。

油分の多いクレンジングは洗顔力も強いですが、過剰に皮脂を落としてしまう結果になり、肌のバリアを低下させ刺激や乾燥を直に受けることになります。

 

正しい保湿の方法

先ほど紹介したように、乾燥し皮脂が多量に分泌されるとニキビの原因になります。洗顔後の乾燥しやすい状態の時にすぐ保湿することが重要です。では、どのように保湿するのがニキビ予防に良いのかを解説します。

まずニキビ予防のための保湿で重要なのは、油分の少ない化粧水を使うということです。

油分の多い化粧水はアクネ菌のエサとなってニキビを発生・悪化させることがあるので「ノンコメドジェニック」と表示されているものや、油分の少ない保湿美容液などを選びましょう。

さらにおすすめの成分としては肌の保湿成分と同じセラミドです。セラミドで十分に保湿することで肌が柔らかくなり毛穴が詰まりにくくなります。

また、肌内部にしっかり浸透してくれるビタミンC誘導体配合の化粧水もおすすめです。ビタミンCはターンオーバーを促進させたり皮脂を抑制してくれるのでニキビ予防に適しています。

もうすでにニキビができはじめている場合には、グリチルリチン酸が入った物も良いでしょう。グリチルリチン酸には炎症を抑える作用があるのでニキビの悪化を予防することができます。

これらの成分を含んだ化粧水や美容液で保湿します。ただし、あくまで保湿は「肌にもともとある保湿成分の補助」です。

化粧品を多量に使うことは肌への刺激にもなるので、適当に洗顔して化粧水を使えば良い、と言うわけではなくあくまで補助として考えて必要な分だけ使うようにしましょう。


 

まとめ

ニキビを抹消する13の予防法!きれいな肌で明るい毎日を手に入れよう!

 

生活習慣からニキビを予防する方法

・肌に触れるものは清潔にする

・良質な睡眠をしっかりとる

・ストレスを溜めすぎない

・たくさん笑う

・サウナに入る

・運動をする

・腸内環境を整える

・ニキビに良い食べ物を摂取する

・水道水を工夫する

・紫外線に気をつける

ニキビ予防に最も重要な洗顔と保湿のやり方

・洗顔は一日二回

・正しい洗顔の方法

・正しい保湿の方法

 

ニキビは一度できてしまうとなかなか治りにくいし、慢性化することもあります。ニキビを予防するためには、そもそもニキビを作らせない体質作りが最重要です。

もしあなたの日頃の生活習慣がニキビのできやすい環境を作ってしまっていたのであれば、今日から改善していきましょう。

どれもちょっと意識すれば今からでもできるものばかりなので、自分に合っていそうなものから取り入れてみてください。


スポンサーリンク

【今だけ無料鑑定】あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!
その中でも恋愛運が女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に導き出される『天声神語』が大好評です!

もしかしたら別れた彼かもしれないし、いま付き合ってる人かもしれません、
いつ、どこで運命の人と会えるのか・・・今なら『全員0円』で鑑定してもらえます。

今年もあと1ヶ月 恋愛運が気になる人は是非お試しください。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新記事をお届けします