超苦手な人と平和な関係を築くための5つの上手な付き合い方

苦手な人と平和な関係を築くための5つの上手な付き合い方社会生活を円滑におくるためには、人との関わり合いが必要になります。しかし世の中には沢山の人がいて性格も考え方も違います。

その中には、苦手意識を感じてしまう人もいるでしょう。今回は苦手な人と上手に付き合う方法について紹介します。

 

超苦手な人と平和な関係を築くための5つの上手な付き合い方

スポンサーリンク

鉄板のコミュニケーション

苦手意識を感じている方とのコミュニケーションにおいて、コミュニケーションのキッカケは最も重要な要素かもしれません。そのコミュニケーションのキッカケをつくるのが、挨拶です。

当たり前のことのようですが、苦手意識を感じている方と接する時には「大人の対応」とか「切り替え」「関わりたくない」などといった余計なことが頭に浮かんで、なかなかスムーズに行えないことが多いはずです。

そのぎこちなさが、相手にも伝染してしまい苦手意識の悪循環が深刻さを増していくケースもあります。

まずは何も考えずに自分から、率先して挨拶してみると良いでしょう。その後のコミュニケーションが立ち行かない場合でも、最低限の事をしていれば、あきらめにもなります。

 

目の向けどころを意識する

苦手意識を感じている方とコミュニケーションをとっているきに気をつけないといけない「仕草」として重要なのが目線です。

昔から「目は口ほどにモノを言う」といいますが、これはまさに最適な表現といえます。

人は会話する時に相手の目をみて感情を読み取る動物です。苦手意識の方と目を合わすことができないのは、「自分が苦手と感じていることが目から相手に読み取られるのではないか。」という心理に基づいています。

しかし、相手は目を合わせないと、自分の話を聞いていないと思ってしまって必要以上に説明してみたり、何度も何度も同じ話をしてみたりしてしまいがちになりやすく、そのことが結果的に双方の苦手意識を構築しているケースも少なくありません。

苦手な相手でも相手の目を見て話すようにしてみましょう。

どうしても難しい場合は、相手の目ではなくて鼻先を見て話をしてみるのも良いかもしれません。こちらは鼻先を見ていても相手には、目を向けて話してくれていると認識されやすいのでぜひ試してみましょう。

 

苦手感を発信しない

親しい方に対して、苦手意識のある方の陰口や苦手感の同意・共有をはかろうとする方も多いようですが、苦手意識は個人的な感覚のものが大半で他の人はあまり気にしていないかもしれません。

また、最近ではインターネット等に代表されるように、ちょっとしたキッカケで本人(苦手意識の対象者)の知るところになってしまう可能性もあります。公言を控えるようにする方が無難です。

 

視点を変えてみる

苦手意識を感じている人の「とりえ」や「長所」を見つけることは難しいかもしれませんが、見てみる努力は忘れないように意識しておきましょう。

この時、苦手意識のある人を他の人と比べるのやめましょう。そのような、比較は最初から苦手意識のある方の人が不利に決まっています。苦手意識のある人のアラ探しになりやすい可能性が高い比較方法です。

もし比較が必要であるならば、あなたが以前に苦手意識を持っていた人と比較するようにしてみましょう。

こうすることで、あなた自身が苦手意識のある人を容認しやすくなります。容認できるという事は、苦手意識を感じているあなたの心を楽にする効果もあります。

気づいていないかもしれませんが、苦手意識を感じることで罪悪感やジレンマに似た感情をもってしまい自分を追い込んだり、苦しめてしまうケースがあります。

 

記憶をイメージで書き換える

NLPなどの心理的療法で用いられる方法ですが、寝床に入り(あるいは朝起きて)のリラックスした時に目の前に苦手意識のある方と対峙しているイメージを行います。

リラックスできる音楽をかけてみるのも効果的ですし、どうしてもリラックスできない時は、呼吸に意識を集中させて大きくゆっくりな腹式呼吸をしながら呼吸を整えてみるとより効果的です。

そして、好意的なコミュニケーションをしていて相手もニコニコ笑顔を絶やさない。そんなイメージを加えていきます。

もしかしたら最初、あなたは相手の笑顔のイメージができないかもしれません。その時は、自分と対峙していない時でも相手を少し観察してみて、相手が笑顔で話すところを確認しておく必要があります。

そして、イメージできるようになれば、数回続けてみましょう。1日5分でも構いません。継続することで苦手意識が緩和される場合があります。

同時に良いイメージを持つということは、なぜ良いイメージが持ちにくいのか。つまり自分が相手に関して嫌悪感を感じる要素が分かる場合があります。

例えば、口元や目・喋り方やイントネーションなどですが、そのような要素が分かったらその要素に意識が行かないように別の場所をみたり、別の要素を気にするようにすると、もっと緩和していくはずです。

 

まとめ

苦手な人と平和な関係を築くための5つの上手な付き合い方

 

・鉄板のコミュニケーション

・目の向けどころを意識する

・苦手感を発信しない

・視点を変えてみる

・記憶をイメージで書き換える

 

今回紹介した苦手な人と向き合う方法以外にも、苦手な人と向き合う方法は沢山あります。関わりを最低限にするなどと、決める前にいろんな方法を試してみるのも良いかもしれません。

その前向きな意識が、人間関係の悩みから自分自身を開放する大きな要素であることを認識して是非実行してみましょう。


スポンサーリンク

【今だけ無料鑑定】あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!
多くの女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報から導きだされる『福音ソウルメイト』が大好評です!

もしかしたら別れた彼かもしれないし、いま付き合ってる人かもしれません、
いつ、どこで運命の人と会えるのか・・・今なら『全員0円』で鑑定してもらえます。

今年もあと1ヶ月 恋愛運が気になる人は是非お試しください。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Dreamerから最新記事を毎日お届けします