睡眠が止まらないあなたへ!寝すぎの原因と改善方法10選

睡眠が止まらないあなたへ!寝すぎの原因と改善方法10選休みの日など、ついつい寝過ぎてしまうという人は少なくないのではないでしょうか。

また平日であっても同じように寝過ぎてしまい、職場や学校などに遅刻をしてしまうという人もいるかもしれません。

では、寝過ぎの原因には、一体どのようなものがり、また同時にそこには一体どのような改善方法があるのでしょうか。

そこでこの記事では、寝過ぎてしまう原因と、その改善方法についてお伝えします。

実は寝すぎの原因には病気の可能性があるので、あなたの症状に合わせてしっか対処しましょう。

 

睡眠が止まらないあなたへ!寝すぎの原因と改善方法10選

スポンサーリンク

 

疲労

寝過ぎてしまう理由として最も多いのが疲労です。疲労には肉体的なものと精神的なものの2種類がありますが、そのどちらも寝過ぎの原因としては考えられます。

日常的にスポーツや肉体労働をしている人、あるいは本人の性格や置かれた環境などによりストレスを抱え込みやすいという人の場合、慢性的に寝過ぎてしまう傾向があります。

また、ダイエットや偏った食生活などにより十分な栄養が補給されず、それによって疲労が溜まりやすくなってしまっているという場合もあります。

改善方法

疲労による寝過ぎの場合、やはり1日あたりの活動量を減らし、過度に疲労しないようにするということが重要となります。

習慣的にスポーツをしている人は運動の量を減らしてみたり、仕事やストレスを一人で抱え込まず信頼できる人に相談してみてください。

また、ダイエットをしている人で寝過ぎてしまうという場合には、ダイエット法が根本的に体質に合っていないということが考えられますので、根本的に生活スタイルを見直す必要があるでしょう。

 

風邪

風邪などで体調を崩している際にも寝過ぎやすくなる傾向があります。

細菌やウイルスなどと戦っている時は、人体はなるべく体を休めて体力を温存させようとし、睡眠量を増やしていることがあります。

また、風邪薬にはそうした体の働きをサポートするため、少量ではありますが催眠性のある成分が配合されています。

改善方法

体調を崩している場合に寝過ぎてしまうというのはごく自然な反応ではあります。

ただしこれを改善したいという場合には、医師などに相談をした上で、より即効性の高い薬を服用するなどの手段を採ってみるのも良いでしょう。

 

加齢

人は加齢とともに寝過ぎやすくなる傾向があります。

子どもや若者の場合、少ない睡眠時間でも比較的熟睡することは容易であるのですが、特に40歳前後からは熟睡をすることが難しい場合が増え、高齢者になると夜明け前に目が覚めてしまうという場合も少なくありません。

そのような浅い眠りは二度寝につながり、結果として寝過ぎへと繋がってしまうのです。

改善方法

加齢による寝過ぎというのはごく自然な老化現象でありますので、これに特化した改善方法はありません。

ただし、どうしても睡眠スタイルが生活に悪影響を及ぼしているという場合には、医療機関などに相談をしてみると良いでしょう。

 

ホルモンバランスの乱れ

ホルモンバランスが乱れることで脳内物質の伝達が上手く行かず、結果として寝過ぎとしまうことへと繋がっていくケースがあります。

特に女性の場合には、月経の時期の前にはホルモンバランスが乱れ、それによって寝過ぎ以外にも肌荒れなどのさまざまな心身の不調に繋がっていく場合があります。

これを一般的には月経前症候群と呼びます。

他にも妊娠の特に初期においては、女性ホルモンの一種であるプロゲステロンが大量に分泌されることにより眠気やだるさが引き起こされるようになります。

さらに、中年期以降においても、若いころと比較してホルモンバランスが変化することで、心身の不調が発生することがあります。

これを更年期障害と呼ぶのですが、近年の研究では、更年期障害は男性にも頻繁に発生するということが知られています。

月経前症候群や更年期障害以外にも、生活習慣の変化や過労、ストレス、化学物質の摂取などさまざまな要因により人体のホルモンバランスは容易に変化し、それに伴う不調が発生することがあります。

改善方法

ホルモンバランスの乱れから引き起こる寝すぎを解決するには、「ビタミンB6」を摂取してみましょう。

ビタミンB6にはホルモン分泌を活性化させる働きがあり、ホルモンバランスを整えることができます。

ビタミンB6は食事ならレバーやさんま、まぐろ、大豆製品、卵、にんにくなどに豊富に含まれていますが、サプリメントから摂ることもできます。

また同時に、ストレスを溜めないよう心がけ、ニコチンやアルコール、カフェインなどを摂り過ぎないようにするということも重要です。

もしどうしても日常生活に悪影響があるという場合には、月経前症候群による寝過ぎの場合には婦人科、更年期障害などによる寝過ぎの場合には神経内科などの医療機関を受診してみるのも良いでしょう。

 

自律神経の乱れ

何らかの要因により自律神経が混乱することで、寝過ぎへと繋がっていくという場合があります。

人間は動物の中でも特に高い記憶力を持っていますが、その記憶力により長期間に渡って自律神経が影響を受けやすく、神経系統の不調も起こりやすいということが知られています。

また、前述したホルモンバランスの乱れが自律神経の乱れに繋がっていく場合も多いです。

このように人間の自律神経は些細なことでも不調を起こしやすく、それによって一時的に寝過ぎや体調不良に陥るということは珍しくはないのですが、こうした自律神経の不調が慢性化した状態を自律神経失調症といいます。

自律神経失調症における睡眠障害には単に寝過ぎてしまうということの他に、夜に寝付けないということもあります。

こうしたことから朝決まった時間に起きることができず、日常生活に支障をきたす場合も少なくはありません。

改善方法

一時的な自律神経の不調の場合は、ストレスを溜めない生活を心がけ、積極的に発散をすることで改善することが可能となります。

趣味など好きなことに力を入れてリラックスしてみたり、スポーツや入浴、サウナなどで汗を流してスッキリしてみましょう。

体の動かし血流を良くしてみるだけでも、高いリフレッシュ効果が期待できます。

また、自律神経の乱れが原因で朝なかなか起きれない人には、「『光』目覚まし時計」もオススメです。

光目覚まし時計から発せられる特殊な光によって、一般的な目覚まし時計よりもスッキリ目が覚めるだけでなく、自律神経を整えるホルモンを分泌してくれる効果も期待できます。

一方で慢性的な自律神経失調症の場合には、医師による治療が推奨されます。

自律神経失調症の治療には時間がかかる場合も少なくありませんが、薬物療法と精神療法を組み合わせることで完治することが可能です。

 

妊娠

これは女性に限られた話ですが、妊娠中においてはさまざまな要因により眠気が誘発され、それによって寝過ぎてしまうという場合があります。

まず、妊娠初期の段階では「ホルモンバランスの乱れ」でも記述をしましたが、女性ホルモンの一種であるプロゲステロンが大量に分泌されることにより眠気が生じやすくなります。

妊娠中期以降においては、胎児に対して栄養を供給する必要から食事量が増え、それによって血糖値が乱れることで眠気が誘発され、ついつい寝過ぎてしまうという場合があります。

さらに同じく胎児への栄養供給の必要性から妊娠中は下半身部分に血液が多く集まりやすくなり、結果的に上半身の脳に供給される酸素量が相対的に少なくなり、そのため寝過ぎてしまうということもあります。

改善方法

妊娠中の眠気はごく自然な現象のため、特に改善方法などはありません。

ただしどうしても気になるという場合には、産婦人科などに相談をしてみると良いでしょう。

 

精神疾患・発達障害

精神疾患や発達障害を持っている人の場合、寝過ぎることが多くなる傾向があります。

これらの疾患や障害においては、通常に比べて脳が多大な刺激に晒され、それらの刺激の元の情報を処理しようするために過労状態となり、結果としてより多くの休息が必要となってしまいます。

まず気分障害の一つ、うつ病患者の脳は常に不安状態にあり、疲労が蓄積されやすいため寝過ぎるという場合があります。

ただし躁うつ病(双極性障害)の場合、躁状態においては脳はほとんど疲労を感じず睡眠時間は短くなる傾向にあるのですが、うつ病においてはそれまでの反動で過眠状態になりやすくなります。

また統合失調症においても脳を酷使する状態となるため、結果として睡眠時間が長くなる傾向にあります。

他にも、自閉症スペクトラムやADHD(注意欠陥多動性障害)などの発達障害の場合には、ある特定の事柄が気になり過ぎてしまい、本来眠るべき時間に眠りにつくことができず、結果として寝過ぎてしまうことがあります。

ADHDの場合にはそもそも眠りが浅く、夜中に頻繁に目を覚ますということも多く熟睡をすることが難しい分、睡眠時間が長くなる傾向にあります。

さらに発達障害の場合にも精神疾患の場合と同じく、外部からの刺激に対して脳が過敏に反応し結果として過労状態となり、その回復のためにより長い睡眠時間を必要とする傾向にあります。

改善方法

精神疾患や発達障害による寝過ぎの場合、やはり改善法としては医療機関に受信をするということが挙げられます。

また発達障害の場合には、個々人の特性に合わせた仕事などのライフスタイルを選択することで精神的な負担を減らし、それによって睡眠スタイルも工夫するのがいいでしょう。

 

環境・気候の変化

環境や気候が変化することで眠気が誘発され、寝過ぎの原因となる場合があります。

日本には四季がありますが、その中でもっとも私たちの体が影響を受ける変化は「冬場」です。

冬場においては気温が上がらず日照時間も短いことから、うつ病や抑うつ状態に陥ることが多く、それによって寝過ぎてしまう人間が増える傾向にあります。

これを一般的には「冬季うつ病」と言います。

この冬季うつ病は、寒さの厳しい北欧などでは昔から大きな問題となっており、冬季うつ病により睡眠障害を起こしたり自殺をしてしまったこともあるくらいです。

また冬場の他にも、春先にかけても過眠が引き起こされやすいということがあります。

冬場の人体は寒さによって血管が収縮することで高血圧になり、また緊張感を司る交感神経が活発化した状態なのですが、これに対して春になると気温が上がり、それに伴って血管が拡張し、また暖かさからリラックスした感覚を司る副交感神経が活発になるため、強い眠気や寝すぎを引き起こします。

こうした傾向は古くから知られており、「春眠暁を覚えず」などの言葉として広く知られております。

その他には、北極や南極に近い地方で夏に起こる白夜も人間の睡眠リズムを狂わせ、結果として過眠が引き起こされやすくなることがあります。

改善方法

気候が原因の寝過ぎの場合、これは人間が自然環境に適応するため進化の過程で身につけた自然な反応ということができます。

もしどうしてもこれを改善したいという場合には、季節の変わり目には心身を酷使せずに過ごすというような工夫をすると良いでしょう。

 

睡眠障害

睡眠障害というと、一般的には不眠症が有名ですが、その一方で過眠症に苦しんでいるという人も数多く存在しています。

この過眠症にはいくつかのパターンが存在し、それぞれに対して名称が付けられています。

まず過眠症で最も有名な病名として知られているのが「ナルコレプシー」です。

ナルコレプシーは脳の神経回路の不調によって起こされ、日中突如として猛烈な眠気に襲われ、そのまま眠ってしまうという特徴があります。

次にやや稀な症例として、「反復性(周期性)過眠症」が挙げられます。

反復性過眠症は、通常の睡眠時間で過ごす時期と過眠状態で過ごす時期とが交互に数ヶ月ごとやってくるという特徴があります。

原因は現在のところよく分かっておらず、10代の男性に多いと言われていますが、20〜30代へと年齢を重ねていく内に自然に治っていくことが多いとされています。

改善方法

反復性過眠症に関しては、現在のところ自然治癒以外に改善法は見つかっておりません。

またナルコレプシーは、医師による治療により症状を抑えることは可能ではあるものの、それでも現在のところでは完治までさせるのは難しいと言われています。

どちらにせよ、もし睡眠障害の疑いがある場合は、ひとまず医者に足を運ぶことから始めてみましょう。

 

睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群とは睡眠中に呼吸が止まってしまうことにより、眠りが浅くなってしまうという病気です。

それが原因で睡眠中に疲労がきちんと取れず、朝目覚めることができなかったり、日中に唐突に猛烈な眠気に襲われたりするようになるということがあります。

睡眠時無呼吸症候群の原因として最もよく知られているのは肥満ですが、実際にはそれ以外にも顔の骨格の形状の問題や神経障害、鼻炎などでも発生することがあります。

改善方法

睡眠時無呼吸症候群を改善するためには、医師による治療が必要となります。

治療は主に外科的な方法で行われ、特殊なマスクを装着し睡眠中の気道に圧力をかけ、呼吸が止まることのないようにするという方法が一般的です。

それ以外にも、手術によって扁桃腺を切除し、それによって気道を確保するという方法もあります。

 

まとめ

睡眠が止まらないあなたへ!寝すぎの原因と改善方法10選

 

・疲労

・風邪

・加齢

・ホルモンバランスの乱れ

・自律神経の乱れ

・妊娠

・精神疾患・発達障害

・環境・気候の変化

・睡眠障害

・睡眠時無呼吸症候群

 

このように寝過ぎには非常にさまざまな原因が存在し、それとともにその改善法も非常に多岐にわたるのです。

過眠傾向のある人の場合、まずは自分自身にとっての原因は何であるのかを見極めることが何よりも重要となります。

この記事を参考に、あなたの症状にあった最適な改善方法を試してみましょう。


スポンサーリンク

【今だけ無料鑑定】あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!
多くの女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報から導きだされる『福音ソウルメイト』が大好評です!

もしかしたら別れた彼かもしれないし、いま付き合ってる人かもしれません、
いつ、どこで運命の人と会えるのか・・・今なら『全員0円』で鑑定してもらえます。

今年もあと1ヶ月 恋愛運が気になる人は是非お試しください。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Dreamerから最新記事を毎日お届けします