あっ!という間に「気分が悪い」状態がスカッと吹き飛ぶ15の対処法

あっ!という間に「気分が悪い」状態がスカッと吹き飛ぶ15の対処法何らかの理由により「気分が悪い」と感じることは誰にでもあるでしょう。ただ、気分が悪いといっても、大きく分けて二種類のパターンがあります。

一つ目が、「お酒を飲んで気分が悪くなった」を代表とする、「体がだるい」「吐き気がする」「頭痛・腹痛がある」などの体調面での問題です。

そしてもう一つが、「上司に怒られて気分が悪い(イライラする)」「モヤモヤがなかなか晴れない」「体調は悪くないが、気持ちが高まらない」などのような、精神面での問題です。

どちらにしても、気分が悪い状態を放置していては、益々憂鬱になってしまったり、症状が悪化してしまう可能性もあります。

そこでこの記事では、気分が悪い状態をスカッと回復させる対処法について、体調面・精神面・その両面の三つに分けてお伝えます。

 

あっ!という間に「気分が悪い」状態がスカッと吹き飛ぶ15の対処法

スポンサーリンク

 

目次

  1. 体調面で気分が悪いときの対処法
  2. 精神面で気分が悪いときの対処法
  3. 体調面・精神面のどちらにも効く対処法
  4. まとめ

 

体調面で気分が悪いときの対処法

あっ!という間に「気分が悪い」状態がスカッと吹き飛ぶ15の対処法

新鮮な空気を吸う

何となくだるい、息苦しいなどの理由で気分が悪い場合、体内の酸素が欠乏状態にあるか、もしくは不純物や毒素の多い空気を吸っていることが考えられます。

例えば、以下のような環境にいるときは、新鮮な空気を吸うことを心がけることで気分の改善ができます。

状況(環境)原因
密閉された室内に人が充満している酸素濃度が薄くなることによる軽い酸欠状態
ハウスダストやカビなどを含んだ空気を吸っている鼻や喉の粘膜の炎症による息苦しさ
タバコを吸っている人がいる受動喫煙によってニコチンの中毒症状が出ている
排気ガスや光化学スモッグ、花粉などを吸っている一酸化炭素による中毒症状や、アレルギー症状

室内にいるときに気分が悪くなった場合は、外に出て空気を吸うようにしましょう。もし外に出られない場合は、室内の換気を行い、きれいな空気を取り込むようにしてください。

逆に、屋外の空気が汚れていることで気分が悪くなった場合は、屋内に避難をするようにしてください。

 

炭酸水を飲む

気分が悪くなった原因が、お腹(消化器官)の不調や胃もたれが原因であると推測される場合には、炭酸水を飲むことが有効です。

炭酸水は二酸化炭素を主成分としているのですが、二酸化炭素は体内に取り込まれると血管に浸透し、血中の二酸化炭素の濃度を上昇させます。

すると脳はこれを酸欠状態であると判断し、血管を拡張し血流を活発化させます。

血流が増加すると内臓器官の動作も活発化になり、酸素も体内に多く供給されるため、体調を整えることが期待できるのです。

また、「シュワシュワ」とした炭酸の刺激は胃や腸に対して刺激を与え、その刺激によっても内臓機能が活発化するようにもなります。

さらに、この炭酸の刺激は高まり過ぎた自律神経の緊張をリセットさせる効果もあります。

 

ツボを押す

ツボを押すことで気分が悪い状態が改善できる場合もあります。

例えば、胃痛や乗り物酔い、二日酔い、つわりなどによる気分の悪さに効果があるツボとしては、「内観」が挙げられます。

内観は手首の付け根から指三本分下の部分にあるツボで、一回あたり数秒、少し強めの力で押すようにし、それを数回程度繰り返してください。

内観
画像引用:http://www.frara.net/archives/1723

もう一つ、体調面での気分の悪さに効果のあるツボに「足三里」があります。

足三里は、膝から指四本分下がった部分にあるツボで、一回あたり数回程度、痛みを感じない程度の強さで数回程度繰り返し押しましょう。

足三里
画像引用:http://sp.acupressure.jp/tubo/5.php

また、ツボは指で押すだけでなく、エレキバンなどの市販品の磁気治療器を使って刺激を与える方法も有効です。

 

パソコン・スマートフォンを見ない

パソコンやスマートフォンなどの使い過ぎ(画面の見過ぎ)により、気分が悪くなってしまうケースは多くあります。

これを解決するには、やはり画面を見るのを止め、しばらくの間休息を取ったりストレッチをする必要があります。

一般的にはパソコンやスマホの画面の見過ぎによって気分が悪くなる症状を「VDT症候群」と呼びます。

VDT症候群とは、目を酷使することによる首や肩などの筋肉の硬直、血管の収縮などの症状をまとめて総称した病名です。

さらにパソコンやスマホの画面からは、「ブルーライト」という青い波長の光が発せられるのですが、その光が交感神経を刺激し、緊張状態によるストレスや脳疲労の蓄積や、VDT症候群を悪化させることも知られています。

このVDT症候群は酷くなると自律神経失調症などにも関わってきますので、十分に注意が必要です。

また、普段からパソコンやスマホは、途中で休息を取りながら使用するようにしてください。もし1日でスマホを見ている時間があまりにも多く、「スマホ依存症」の疑いがある場合は、下記記事も一緒に読みましょう。

関連記事:スマホ依存症の治し方!スマホ中毒から一刻も早く脱出する18の対策

 

薬を飲む

体調面で気分が悪い場合、市販薬を服用するという対処法もあります。

市販薬には胃腸薬から頭痛薬、さらには動悸や息切れを改善するものまでいろいろとありますので、その症状にあったものを選んで服用するようにしましょう。

また、市販薬の副作用が心配な場合は、比較的副作用が少ないとされる漢方薬を選ぶようにするのも良いでしょう。

 

精神面で気分が悪いときの対処法

あっ!という間に「気分が悪い」状態がスカッと吹き飛ぶ15の対処法

深呼吸する

「体調面」の部分にて取り上げた「新鮮な空気を吸う」とも関連しますが、精神面が原因で気分が悪い場合には深呼吸をすることが非常に有効です。

例えば、人は長時間に渡り同じような姿勢で居続けたり、同じような作業をし続けたりすると呼吸が浅くなりやすい傾向があります。

呼吸が浅くなることは酸素の供給量が減少することを意味し、脳に十分な酸素が行き渡らず、結果として情緒が不安定化したり、思考力や記憶力が低下するようになります。

深呼吸はこうした酸素の欠乏状態を改善でき、さらに副交感神経を刺激し心身をリラックスさせる効果があります。

深呼吸の方法としては、最初に5秒間ほどかけて鼻から深く空気を吸い込み、その状態で5秒間ほど静止し、その後8〜10秒ほどかけて吐き出すようにします。

これを1セットとし、気持ちが落ち着いてくるまで繰り返すようにしてください。

 

外界から遮断する

精神的な要因で気分が悪い場合には、外界(外の環境)から自分自身を遮断するという対処法もあります。

外界からの遮断で最もオーソドックスな方法は、「部屋に引きこもる」ことです。気分の悪いときはなるべく外出せず、自室にこもってじっとしていた方が良いといえるでしょう。

もしどうしても外出が必要な場合には、イヤホンなどを付けて出かけるのがおすすめです。

イヤホンによって外界からの音を遮断するだけでも、いくらかは精神的に楽になることが可能となります。

また、このときに自分の好きな音楽を聴くようにするのもおすすめです。

例えば、アップテンポの曲には気分を高揚させる効果があり、スローな曲調には精神の昂ぶりを沈静化させる効果があるとされます。

ただし、イヤホンを付けて外出をする際には外部の音が聞こえづらくなるため、交通事故などには十分に注意をしてください。

 

カラーセラピーを取り入れる

カラーセラピーとは、色の持つ力を利用して精神をコントロールする方法です。

人間の脳は特定の「色」に対してあるイメージを持つ傾向にあり、日常的に身の回りの色に影響を受け続けています。

人間のこうした性質を利用し、身の回りに精神を落ち着かせる効果のある色を配置して、気分を改善させましょう。

具体的に、精神を良い状態にする色は下記になります。

効果
青色交感神経を鎮め緊張状態から解放する
緑色副交感神経を活発化しリラックスさせる

 

アロマを利用する

精神的な理由で気分が悪いときに、アロマ(オイル)を利用することも有効です。

アロマテラピーは、海外では治療行為としても認められているほど、精神状態の改善に効果の高い方法です。

方法としては、専用のアロマポットに1~3滴を垂らして部屋中に香らせるようにすると、リラックス効果も得られます。

また、もしお気に入りのアロマがない場合は、症状(気分)に合わせて以下がおすすめです。

症状(気分)おすすめのアロマ
不安感や緊張感などが高まっている柑橘系、ラベンダー
イライラや怒りなどで気持ちが昂ぶっているラベンダー、ゼラニウム、カモミール
気持ちが沈んでいたり、やる気が出ない柑橘系、ミント系

 

他の人に相談をする

精神的な要因で気分が悪いときは、今の自分の気持ちを誰か他の人に話してみるという対処法もあります。

仲の良い人、信頼できる人などに現在の状態を話すことにより、何か有効なアドバイスを貰うことができるかもしれません。

また、具体的な改善策が貰えなかったとしても、自分の気持ちを表現するだけも精神的に楽になれることがあるでしょう。

さらに、精神科医やカウンセラーなどの専門家に話を聞いてもらうという方法もあります。

専門家に相談をするメリットは、何と言っても豊富な知識や経験からその「気分の悪さ」の根本的な原因を解決してくれる可能性が高い点がです。

日本では「精神科」「カウンセリング」などというと、かなり敷居が高いイメージがありますが、アメリカではちょっとした不調でも気軽に専門家に相談することが一般化しています。


 

体調面・精神面のどちらにも効く対処法

あっ!という間に「気分が悪い」状態がスカッと吹き飛ぶ15の対処法

糖分を補給する

「気分の悪さ」が体調面、精神面のどちらの原因であっても効果を発揮するのが糖分の補給です。

最近では糖質制限ダイエットのような糖分の摂取を控える風潮がありますが、血中に糖分が少ない状態が続くと、人体にはさまざまな不調が生じることが知られています。

例えば、糖分は血中にて赤血球を活動させるエネルギー源として使われるのですが、糖分が不足をするとその代わりとして、筋肉が分解されて使われるようになります。

すると当然のことながら筋肉が減少し体力が落ちて疲れやすくなるほか、骨折をしやすくなったり免疫力が低下をしたり、さらには内臓の活動も衰えてしまうこともあります。

また、糖分(ブドウ糖)は脳にとっても大変貴重なエネルギー源です。

不足した場合、思考力や記憶力の低下はもちろんのこと、うつや不眠、情緒の不安定化などを引き起こします。

このようなことを防ぐためにも、心身に不調を感じたときは、チョコレートや飴などで糖分を積極的に取るように心がけてください。

 

乳酸菌を補給する

腸内に生息する乳酸菌の不足は心身両面に対して悪影響を及ぼし、気分を悪くさせることが知られています。

まず、乳酸菌は不足した分だけ、悪玉菌が腸内で繁殖しやすくなることを意味します。

悪玉菌は人体にとって有毒な物質を生成する働きがあるため、免疫力の低下を引き起こし、さまざまな体調不良の原因になります。

また、腸は脳以外では唯一記憶能力を持ち、ホルモンの分泌を司っていることも知られています。

乳酸菌の不足によって腸内環境が悪化すると、幸福感を司る「セロトニン」というホルモンの分泌量が減少し、うつなどの気分障害や情緒の不安定化などが生じやすくなります。

乳酸菌は多く摂りすぎたとしてもほとんど副作用がないため、普段から積極的に摂取することをおすすめします。

特に、慢性的に心身両面で気分が悪くなりやすい人は、サプリメントなども活用しながら毎日摂取をするようにしましょう。

 

睡眠を取る

睡眠時間が足りなかったり、あるいは睡眠の質が悪かったりすると、身体面、精神面の両方で気分の悪さが見られます。

具体的には、身体面なら頭痛やめまい、だるさ、吐き気や下痢便秘、精神面なら情緒の不安定化や思考力・判断力の低下などが主な症状です。

この改善策としては、やはり睡眠をしっかり取ることが唯一の対処方法となります。

適切な睡眠時間は、個々によって若干異なりはするものの、おおよそ毎日6〜8時間程度の長さが必要と言われています。

また、寝る前に飲酒しないようにしたり、あるいは自分に合った寝具を選ぶなど、睡眠の質を向上させることも大変重要です。

睡眠の質を高める方法については、下記記事でも詳しく書かれているので、一緒に読んでみましょう。

関連記事:熟睡できない人必見!良質な睡眠で朝までぐっすり眠る16の方法

 

運動を行う

運動不足もまた心身両面において「気分が悪い」状態を引き起こしやすくします。

例えば、適度な運動をすることは「乳酸菌を補給する」でもご紹介したセロトニンの分泌を促進させる効果を持ちます。

しかし運動不足だと、セロトニンの分泌量が低下をするため、精神面において悪影響が生じてしまうことがあるのです。

また、運動には全身の血流を活発にする効果がありますが、運動不足は血流を停滞させ、冷え性や内臓機能の低下をもたらすため、酷くなると自律神経失調症や免疫力の低下の原因になります。

こうしたことを防ぐためにも、気分が悪くなったときは軽く体を動かすようにしましょう。具体的にはストレッチやウォーキングがおすすめです。

特に、リズム運動にはセロトニンを分泌させる効果があるため、一定のテンポで歩くウィーキングは、気分を改善するには非常に有効と言えます。

ただし、体調面において気分が悪い場合には、運動によってさらに症状が悪化してしまうことがあるので、調子を見極めるようにしてください。

関連記事:ウォーキングで得られる15の健康効果と、正しい歩き方や痩せるコツ

 

シャワーを浴びる

心身どちらの面で「気分が悪い」場合でも、その原因としては自律神経が不調を起こしていることが考えられます。

これまでにも述べてきた通り、自律神経には緊張感などを司る「交感神経」と、リラックス感などを司る「副交感神経」があり、このうち交感神経が優位な状態が続くと「気分が悪い」状態が発生します。

こうした自律神経に起因する「気分が悪い」状態をお手軽に改善する方法が、シャワーを浴びることです。

シャワーで温水を身体に当てることで体が温まり副交感神経に優位なり、さらに水圧によるリラックス効果を期待することもできます。

 

まとめ

あっ!という間に「気分が悪い」状態がスカッと吹き飛ぶ15の対処法

 

体調面で気分が悪いときの対処法

  • 新鮮な空気を吸う
  • 炭酸水を飲む
  • ツボを押す
  • パソコン・スマートフォンを見ない
  • 薬を飲む

精神面で気分が悪いときの対処法

  • 深呼吸する
  • 外界から遮断する
  • カラーセラピーを取り入れる
  • アロマを利用する
  • 他の人に相談をする

体調面・精神面のどちらにも効く対処法

  • 糖分を補給する 
  • 乳酸菌を補給する 
  • 睡眠を取る
  • 運動を行う
  • シャワーを浴びる

 
このように「気分が悪い」場合には、その根本的な原因が体調面、精神面のどちらにあるかを見極め、その状況に応じて可能な対処法を採っていく必要があります。

ぜひここで挙げたような対処法を参考にしながら、体調管理を行なっていきましょう。


スポンサーリンク

【今だけ無料鑑定】あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!
多くの女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報から導きだされる『あなたの運勢』が大好評です!

もしかしたら別れた彼かもしれないし、いま付き合ってる人かもしれません、
いつ、どこで運命の人と会えるのか・・・今なら『全員0円』で鑑定してもらえます。

今年もあと1ヶ月 恋愛運が気になる人は是非お試しください。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新記事をお届けします