寝起きの口臭が「クサッ!」と感じたら!朝の臭いの原因と対策15選

寝起きの口臭が「クサッ!」と感じたら!朝の臭いの原因と対策15選朝起きた時、自分の口が異様に臭っていると感じたことがあるという人は多いのではないでしょうか。

特に自宅以外のどこかに泊まり、起床してすぐに他の人に会わなければならない時などは、余計に寝起きの口臭が気になることでしょう。

この記事では、寝起きに口臭が発生する原因、およびそれに対する対策についてお伝えします。

なぜ寝起きに口臭に悩まされるのか原因を見つけて、しっかりと対策をとって、安心して目覚めを迎えられるようになりましょう。

 

寝起きの口臭が「クサッ!」と感じたら!朝の臭いの原因と対策15選

スポンサーリンク

 

目次

1.症状別の原因と対策

2.ドライマウスの可能性も

3.すべての原因に有効な対策

4.まとめ

 

症状別の原因と対策

寝起きの口臭が「クサッ!」と感じたら!朝の臭いの原因と対策15選

昨日の食事の臭いが残っている

寝る前の晩に食べたものの臭いが元になり、口臭が発生するというパターンです。

特に前日に飲み会などがあり、例えばニンニクなどの入った料理を食べたり、アルコールを大量に摂取したというような場合には、その翌日の口臭が気になってしまうことが多くなります。

特にアルコールは、体内でホルムアルデヒドという悪臭の元となる物質を発生させ、それが翌朝の口臭に影響を及ぼします。

対策

この対策として一番有効なのが、アルコールやニンニクを食べないことですが、難しいという人も多いでしょう。

そのような人は、臭いの原因となるものを食べた直後もしくは寝る前などに、消臭効果のあるミント系のものを食べてみましょう。

特に近年ではブレスケアなど口臭対策を目的としたミント菓子も多く市販されるようになってきております。

また、就寝前にマウスウォッシュなどの洗口液を使用することで、高い殺菌力により口臭を防ぐ効果が期待できます。

コンクールF
ウエルテック
売り上げランキング: 99

 

舌が汚れている

舌の表面が汚れていることにより、そこに雑菌が繁殖し口臭の原因となっているというパターンもあります。

舌の表面には無数の細かな凹凸があり、食べカスや古くなった粘膜、それらを餌とする雑菌などが溜まりやすくなっていています。

これが溜まることで「舌苔」というものが発生し、舌を白く見せます。この舌苔が口臭の原因となるのです。

対策

舌の汚れが原因で口臭が発生しているという場合、対処法としては何よりもまず舌を掃除するということが挙げられます。

近年では、舌を掃除するための専用ブラシ(タンブラシ)もごく普通に市販されるようになってきており、そうしたものを使うのがオススメです。

またそうした専用ブラシ以外にも、歯ブラシを使って舌を掃除するということも可能です。

ただし歯ブラシ使う場合には、あまり強くこすり過ぎると舌の表面を傷つけさらに口臭を悪化させてしまうということがあるので、できるだけ力を入れず優しく撫でるように使用してください。

 

口呼吸

寝ている間に口呼吸をしていることによって口の中が乾燥するようになり、寝起きに口臭が発生するという場合もあります。

寝ている間の口呼吸の原因としては、アレルギーや鼻炎によって鼻呼吸が十分に出来ていない、あるいは幼少期からの癖などが挙げられます。

対策

寝ている間の口呼吸に対する対策として、最もお手軽な方法がマスクを装着して寝るということです。これにより就寝中における口腔内の乾燥を防ぐことが可能になります。

また、室内を加湿するという方法も有効です。室内を加湿することで空気中の雑菌の繁殖を防ぎ、それによって口臭を予防します。

さらに、どうしても睡眠中の口呼吸を改善したいという人は、就寝時に医療用の肌に優しいテープを使用し、強制的に口を閉じた状態にするという方法もあります。

 

喫煙

喫煙の習慣がある人は、寝起きの口臭もきつくなりがちな傾向にあります。

タバコに含まれるニコチンは人体にとっては有毒な物質であり、口腔内の粘膜を弱らせる働きを持っています。

こうして口腔内の環境のバランスが崩れることにより雑菌が繁殖をしやすくなり、口臭が発生してしまうのです。

またタバコに含まれるヤニ(タール)が歯や粘膜などに付着し、さらにそれが蓄積されていき口臭の原因ともなります。

対策

口臭の原因が喫煙習慣であるという場合には、改善法としてはやはり禁煙をすることが重要となります。

また、根本的な解決策にはならないものの、就寝前にマウスウォッシュなどを使用し口臭をごまかすということも効果的です。

 

内臓の不調

内臓の不調が、寝起きの口臭の原因となっている場合もあります。

例えば胃炎などによる消化不良は、口臭の発生に直結します。

また肝臓の機能が低下をすることにより、本来肝臓で分解されるはずであった有害物質が体内に蓄積され、口臭の原因になります。

さらに便秘により腸内に便が溜まり、それがガスを発生させることでも口臭が発生したり、便秘ではないという場合でも、睡眠中に消化された食物が便となりガスを発生させることにより、翌朝に口臭が発生するということもあります。

対策

内臓が原因の口臭の場合には、その内臓の不調を改善させるということが重要です。

市販されている薬を飲んだり、規則正しい食生活と胃腸を刺激するような食べ物を摂らないことを心がけ、睡眠をしっかりとるようにしたりしましょう。

またどうしても内臓の不調が改善しないという場合には医療機関に相談をしてみましょう。

 

睡眠不足

前日の睡眠不足により、翌朝に口臭が発生するというパターンです。

人間は睡眠中、副交感神経が活発化し全身がリラックスするのですが、睡眠不足の場合にはこのリラックスが上手く行かず、一日中交感神経が活発化した状態となります。

前述のとおり、交感神経には唾液の分泌を抑制する働きがあり、唾液が減少することで雑菌の繁殖や口腔内の乾燥が引き起こされ、口臭の原因となるのです。

対策

睡眠不足が原因による寝起きの口臭の場合に、その対処法はやはり睡眠です。

個人差もありますが、一日6〜8時間程度のしっかりとした睡眠を取り、副交感神経を活発化させ心身をリラックスさせることで、口腔内の健康を保つことも可能になります。

 

虫歯・歯周病

寝起きの口臭の原因としては虫歯や歯周病も挙げることができます。

所謂「虫歯菌」と呼ばれるミュータンス菌は宿主であるヒトが寝ている時間帯に最も活動を活発化させます。

寝ている間は口腔内での唾液の流れが停滞し、その機に乗じて菌は一気に増殖をしていきます。

対策

虫歯や歯周病が口臭の原因であるという場合、まず考えなければいけないのがその予防です。

毎日寝る前には念入りに歯磨きをし、できれば歯間ブラシなどで徹底的にカスを取るようにしましょう。

また、もし虫歯や歯周病になってしまったという場合には、歯医者に行って治療を受けるようにしてください。


 

ドライマウスの可能性も

寝起きの口臭が「クサッ!」と感じたら!朝の臭いの原因と対策15選
唾液が減少し、比較的乾いた状態となっている口の中を「ドライマウス」と呼びます。

唾液には殺菌作用が存在し、細菌やウイルスから口の中を防御する働きがあるのですが、その唾液が減少することで雑菌が大量に繁殖し、それが口臭に繋がってしまうのです。

ドライマウスにはさまざまな原因が存在するので、ここではそれらについて簡単に紹介をし、同時に対しても紹介をしていきます。

 

よく噛まずに飲み込んでいる

人間の脳は、食べ物を噛めば噛むほど多くの唾液を分泌するよう司令を出していきます。

逆に噛む回数が少ない場合には唾液の分泌も少なくなり、それがドライマウスの原因につながっていきます。

対策

食事の際はよく噛んでものを食べ、十分に唾液を分泌するようにしましょう。

 

精神的なストレス

人間の脳はストレスに晒されると交感神経が活発となりますが、交感神経には唾液の分泌を抑制するという働きが存在します。

このためストレスの多い生活を送っている人はドライマウスになりやすいという傾向が存在します。

対策

ストレスを抱え込まない生活を送るよう心がけましょう。

定期的に遊んだり休息を取ったり、発散することでストレスを溜めないことが大切です。

また、運動や入浴、サウナなど、汗を流すことは自律神経を整える効果があるので、おすすめです。

 

薬剤の副作用

一般的な錠剤などの医薬品には、唾液の分泌を減少させるという副作用が存在しています。

特にSSRIなどの精神疾患に対する薬や高血圧の薬、アレルギーなどの抗生物質などはドライマウスを引き起こしやすいとされています。

対策

もしどうしてもドライマウスが気になるという場合には、かかりつけ医に対し処方薬の内容を変えてもらったり、一度に飲む量を減らしてもらったりするよう、相談をしてみましょう。

 

自己免疫性疾患

シェーグレン症候群など、自身の免疫が変調をきたすことによりドライマウスが引き起こされる場合があります。

対策

自己免疫性疾患の場合には専門的な医療機関による治療が必要となります。

 

ドライマウス共通の対策

このようにドライマウスはさまざまな原因で発生するのですが、これらに対し共通した対処法も存在します。

まずその一つ目が、寝る前に水分を補給するという方法です。

予め体内の水分を豊富に保っておくことにより、睡眠中にも唾液を過不足なく分泌することが可能となります。

他の方法として、日常的にガムを噛むようにするということも挙げられます。

ガムを噛み続けることで、脳は積極的に唾液を分泌するよう司令を出すようになり、口の乾燥を防ぐことができます。


 

すべての原因に有効な対策

寝起きの口臭が「クサッ!」と感じたら!朝の臭いの原因と対策15選
ここまでさまざまな原因と対策についてお伝えしましたが、実はあらゆる原因の寝起きの口臭に対して有効な対策もまた存在します。

ここからはすべての原因に効果を発揮する対策をお伝えします。

 

なた豆

まじ一つ目が「なた豆」です。なた豆は古くから「膿出し」の効果があるとして言い伝えられており、中国や日本などで重宝をされてきました。

実際には、なた豆には抗炎症作用や免疫力強化の作用があり、鼻や口、内臓などの粘膜を健康に保ち口臭を無くすという効果が存在します。

お茶や歯磨き粉、錠剤などの形で市販されており、口臭予防としても高い人気を誇っているので、なた豆が含まれた商品を利用してみましょう。

 

緑茶

その他には、緑茶もまたあらゆる原因の口臭に対して有効とされます。

カテキンには高い殺菌作用が存在し、口腔内の雑菌を除去する効果を持っています。

また緑茶に多く含まれる亜鉛は、鼻や口の粘膜の健康を維持するのに必要な栄養素でもあります。

ただし緑茶にはカフェインが含まれているので、寝る直前に飲むのは控え、遅くても3時間前までに摂取しましょう。

 

口腔内エクササイズ

口腔内をエクササイズすることで、口臭を改善するという方法も存在します。

口腔内エクササイズのやり方としては、ただひたすらに口を閉じた状態で舌を動かすというものです。

「右下奥歯→下の前歯→左下奥歯→右上奥歯」といった具合に、グルグル舌を動かしてみてください。

舌を動かすことにより唾液の分泌が活発化し、口腔内を健康に保ち口臭を予防するということが可能になります。

これを寝る前に行って、唾液を十分に分泌してから就寝してみましょう。


 

まとめ

寝起きの口臭が「クサッ!」と感じたら!朝の臭いの原因と対策15選

 

症状別の原因と対策

・昨日の食事の臭いが残っている

・舌が汚れている

・口呼吸

・喫煙

・内臓の不調

・睡眠不足

・虫歯・歯周病

ドライマウスの可能性も

・よく噛まずに飲み込んでいる

・精神的なストレス

・薬剤の副作用

・自己免疫性疾患

・ドライマウス共通の対策

すべての原因に有効な対策

・なた豆

・緑茶

・口腔内エクササイズ

 

このように寝起きの口臭にはさまざまな原因が存在し、それに対するそれぞれの対処法も存在します。

寝起きの口臭を気にせず、次の日に安心して目覚めることができるように、早速対策してみてください!


スポンサーリンク

【今だけ無料鑑定】あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!
その中でも恋愛運が女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に導き出される『天声神語』が大好評です!

もしかしたら別れた彼かもしれないし、いま付き合ってる人かもしれません、
いつ、どこで運命の人と会えるのか・・・今なら『全員0円』で鑑定してもらえます。

今年もあと1ヶ月 恋愛運が気になる人は是非お試しください。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Dreamerから最新記事を毎日お届けします