一流アスリートたちが実践する「感情をコントロールする方法」

一流アスリートたちが実践する「感情をコントロールする方法」人生には様々なシーンが存在します。友人や家族とケンカをしてしまったり、大切な人を亡くしてしまったり、そんなときはついつい感情的になり冷静さを欠いてしまうのです。

感情的になって失敗したという話はよく聞いても、良いことがあったという話をあまり聞いたことがありません。

感情のコントロールができると失敗を未然に防ぐことができ、自分にとって良い精神状態をキープすることにつながります。

感情のコントロールを上手に行っているのがプロスポーツ選手です。プロスポーツ選手にとって感情のコントロールは切り離せないものです。

プロスポーツ選手はどのように感情をコントロールしているのでしょうか。その方法をご紹介していきます。

 

一流アスリートたちが実践する「感情をコントロールする方法」

スポンサーリンク

 

表情を変えることでコントロール

一流アスリートたちが実践する「感情をコントロールする方法」

人は楽しい時や嬉しい時は笑顔を見せ、怒っている時は顔をしかめます。その逆の方法で、意図的に表情を作るという方法です。

楽しいから笑うのではなく、笑うから楽しくなるという理論です。この方法を実践していたのが陸上短距離のカール・ルイスです。

カール・ルイスは80m付近でラストスパートをかけ、2、3人追い抜くのですが、その際彼の表情は笑顔であるとのことです。

意識的に笑顔を作ることで、ドーパミンが分泌され前向きなマインドに変わるのです。

 

冷静になるための言葉を決めておく

一流のスポーツ選手たちが実践する「感情をコントロールする方法」

沸点が低く、カッとしやすい人にお勧めしたい感情をコントロール方法は、「冷静になるための言葉を決めておくこと」です。

大リーグのニューヨークヤンキースで活躍した松井秀喜選手は著書「不動心」で「広く深い心と強く動じない心、すなわち、不動心を持った人間でありたいといつも思っています」と書いています。

松井選手は「不動心」合言葉にして感情が高ぶった時に「不動心、不動心」と唱えて気持を抑えたそうです。手のひらに「人」と書いて飲み込むことで緊張を和らげることと似ています。

「不動心」でなくても良いのですが、何かあった時唱える合言葉を決めておくことで感情を抑えることができるようになるでしょう。

 

未来志向の考え方をする

一流アスリートたちが実践する「感情をコントロールする方法」

テニスはマインドのスポーツと言われています。精神状態がプレーに直結しやすいスポーツなのです。そのため、テニスの錦織圭選手やフェデラー選手らが活用している感情をコントロールする方法があります。

アンガーマネジメントと言われる方法です。

アンガーマネジメントのベースになっているのが「過去は変えられないので、過去にはこだわらない」「未来志向で今できることに集中し、最善の結果を目指そう」というものです。

ネガティブな感情を未来志向に変えることでポジティブなものへと変化させることができます。

 

心を整える

一流アスリートたちが実践する「感情をコントロールする方法」

「心を整える」というベストセラーを覚えているでしょうか?そう、サッカー日本代表キャプテンの長谷部誠選手が書いた本です。

長谷部選手が持っているのはメンタルコントロール力です。長谷部選手が行っている心を整える方法は、普段の生活が肝心です。

睡眠や食事などの生活のリズムや環境を整えていくことでメンタルも整っていくという考え方です。実際、感情的になりやすいのは食生活が乱れていたり、睡眠不足による精神不安定からくると言われています。

こうした感情が不安定になる要因を少しでも事前にケアしておくことで、感情をコントロールしやすくします。

 

アイコントロール

一流アスリートたちが実践する「感情をコントロールする方法」

大リーガーのイチロー選手が実践している感情をコントロールする方法がアイコントロールです。

イチロー選手はあるインタビューで、「僕は球場ごとにいくつかのポイントを決めて、それを見ることで精神的なコントロールをしているんです」と語っています。

仕事で感情的になりやすい人は職場で、家庭で感情的になりやすい人は自宅で、それぞれ見るポイントを決めておきましょう。

アイコントロールをして、気持ちをリセットすることで、不思議と落ち着いた気分になれるでしょう。

 

心のドアを閉める

一流アスリートたちが実践する「感情をコントロールする方法」

ゴルフもメンタルなスポーツで知られています。パターを外したりするとイライラしてしまい、次のプレーにも響くことが多いのです。

日本のトップ女子プロゴルファーの宮里藍選手は二人のメンタルトレーナーをつけてプレーを行っています。彼女が行っている方法は「心のドアを閉める」ことです。

ドアを閉めるという具体的なイメージを持つことで、自分自身の感情をぐっと抑え、リセットして次のプレーに望むことができるのです。

感情的になりそうなときは、心の中でドアをイメージして扉を閉じてみましょう。

 

まとめ

一流のスポーツ選手たちが実践する「感情をコントロールする方法」

 

・表情を変えることでコントロール

・冷静になるための言葉を決めておく

・未来志向の考え方をする

・心を整える

・アイコントロール

・心のドアを閉める

 

感情をコントロールする方法はちょっと工夫をすることで可能になります。ついつい感情的になってしまいがちな人は普段から意識してコントロールする準備をしておきましょう。

そうすればスポーツ選手のような強靭なマインドを手に入れることができるかもしれません。


スポンサーリンク

【今だけ無料鑑定】あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!
多くの女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報から導きだされる『福音ソウルメイト』が大好評です!

もしかしたら別れた彼かもしれないし、いま付き合ってる人かもしれません、
いつ、どこで運命の人と会えるのか・・・今なら『全員0円』で鑑定してもらえます。

今年もあと1ヶ月 恋愛運が気になる人は是非お試しください。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新記事をお届けします