メンタルの鍛え方!強靭な精神力を持つモノだけが知る15の訓練

メンタルの鍛え方!強靭な精神力を持つモノだけが知る15の訓練「メンタルの強さ」という言葉を聞いて、あなたはどんなことをイメージしますか。この言葉はさまざまな視点から定義できますが、今回は「目的を達成する力」「意志を貫く力」という意味で捉えていきます。

では、そのような力を鍛えていくためには、どのようなことが必要なのでしょうか。

この記事では、「メンタルの鍛え方」として、意志を貫き目的を確実に達成する「強靭な精神力」を養うトレーニングをお伝えします。

ご紹介する特殊な訓練を実践して、どんな困難にも勝利する、不屈の魂を手に入れてください。

 

メンタルの鍛え方!強靭な精神力を持つモノだけが知る15の訓練

スポンサーリンク

 

自己肯定を習慣化する

メンタルが強く、自分の意志を貫き通す力を持っている人は、基本的にプラス思考をしています。

自分の意志を貫くためには、常に「自分は正しい」という確信を持っている必要があるのです。

逆にマイナス思考の人は、自分の言動の正しさに自身を持つことができず、それ故に不安に駆られ、本来の意志を曲げてしまうのです。

プラス思考になるための方法としては、まず「強く念じること」が挙げられます。

これは常に「自分は正しい」と強く念じることを習慣化し、それによって自己洗脳するという方法です。

もう一つの方法としては、「理論武装」が挙げられます。

これは「自分はなぜ正しいのか」ということに関して緻密なロジックを構築し、どんな相手に対しても自分自身の正当性を主張できるようにしておくという方法です。

 

厳しい環境に身を置く

自分自身をあえて厳しい環境に追い込むということも、メンタルを鍛えるためには有効です。

厳しい環境に耐え、克服したという経験はそれだけでも大きな自信に繋がります。

その後で何らかのトラブルに巻き込まれてしまった際にも「あの時に比べればまだマシだ」と考えることで、余裕を持って対処することが可能になります。

かつて芸術家の岡本太郎は「怖かったら怖いほど、逆にそこに飛び込むんだ」という言葉を残しました。

厳しい環境というのはある意味で、未知なる可能性でもあるのです。

 

最初は易しいハードルを課す

いきなり厳しい環境に飛び込むのではなく、最初は易しいハードルをクリアしていくことで、メンタルを鍛えるという方法もあります。

厳しい環境に飛び込んだ際、考えられるリスクとしては、失敗をして余計にメンタルを弱くしてしまうということです。

これに対し、最初は易しいハードルをクリアしていくということは、小さな達成感を積み重ねていくということであり、ゆっくりではあるものの自信を養いメンタルを強化していくことができます。

 

目的をはっきりさせる

「自分はどういう状態を目指すのか」という目的意識をはっきりさせることは、自ずとメンタルを鍛えることに繋がります。

逆に目的意識をはっきりと持っていない人というのは、さまざまな迷いが生じやすく、当然のことながら自分の意志を貫き通すことはできません。

例えば下積みのような単調できつい仕事をする際にも、最終的な目標がはっきりしている人はモチベーションを維持することができますが、しっかりとした目標を持っていない人が維持するのは難しいでしょう。

常に「自分はどうなりたいのか」、「それには何が必要なのか」ということを意識することにより、余計な迷いを消すことができ、結果としてメンタルも強くなっていきます。

 

目標となる存在を見つける

今ひとつこれと言った目的意識を持つことができないという人は、自分自身にとっての「憧れの人」をイメージしてみると良いでしょう。

そしてある特定の憧れの人がいるのであれば、その人のようになるためには何が必要なのかということを考えるようにしてください。

このように憧れの人に近づこうとする行動を心理学的にはメンタリングと言い、憧れの人のことを「メンター」と言います。

メンターという明確な目標を持つことによって、余計な雑念や迷いを消すということが可能になります。

 

ドラマ、ドキュメンタリーを見る

もしどうしてもメンターとなるべき人物を見つけることができないという人は、ドラマやドキュメンタリーを見てみるのも良いでしょう。

ここで言うドラマというのは、広く「劇」という意味であり、テレビドラマでなくても映画やマンガ・アニメ、小説でもなんでも良いものです。

また、題材としては「困難を乗り越え目的を達成する」といった内容のものを選択すると良いでしょう。

登場人物が困難を突破していく姿に自分自身を重ね合わせることにより、強いメンタルを育んでいくことが可能となります。

 

自分の内面と対話する

自分の内面と対話をする時間を持つことにより、メンタルを鍛えるということが可能になります。

メンタルを鍛えるにあたり、「目標を立てる」ということの重要性については前述しましたが、それでもやはり人間には迷いが生じてしまうものです。

どうしてもそうした迷いを消すことができず、軌道修正が必要な場合には自分自身との対話が必要になります。

対話の方法としては、瞑想をするのが一番です。

瞑想をするためには他人と関わらない一人だけの時間、そして雑音の静かな環境が必要となります。

現に、日々変動するマーケット環境の中で、長期的な視点から日々の戦略を見直していかねばならない投資家においては、瞑想を日課としている人が多いと言われています。

関連記事:瞑想の正しいやり方!秘められた効果をハッキリ引き出す12の方法

 

他人を気にしない

メンタルの強い人というのは自分を強く持っているため、他人の目や意見などを必要以上に気にすることはありません。

「他人からどう思われるだろう?」というような、恥の意識を捨て、「目的達成のための最短距離」だけを考えることにより、非常に強いメンタルと行動力を手にすることが可能となります。

そしてもう一つ重要なのは自分と他人を比較せず、劣等感に苛まれたり嫉妬に駆られたりしない、ということです。

他人はその人にとっての目的を達成するための行動しているのであり、その行動はあなたにとっての目的とは基本的に関係がありません。

他人とあなたはそれぞれ全く別の人間であり、別の世界観を生きているのであるということを理解しましょう。

 

苦手分野を捨てる

意外なことかもしれませんが、メンタルを鍛えるにあたっては、自分の苦手分野を切り捨ててしまうということが重要です。

手を抜くべきところで手を抜かず、すべての物事に対して全力でぶつかっているようでは、どうしても自分自身が本当にやるべきことにかけるエネルギーや時間が不足してしまいます。

例えばカメレオンは樹上では素晴らしいハンターとなりますが、逆に地上では無力です。また、柔道家がボクシングのルールでボクサーに勝利をするというのも現実的には難しいでしょう。

余計なものをできる限り切り捨て、最後まで残った物事に対しては全力で取り組み、本当にやるべきことにのみ集中をする。

苦手分野を克服するのではなく、得意分野でさらに高いレベルを目指すということを心がけるようにしてください。

 

きっぱりと断る

余計物事に関し、きっぱりと断るという勇気を持つことで、あなたのメンタルは鍛え上げられていきます。

逆にメンタルが弱い人というのは物事を断ることができません。

その結果としてさまざまな物事を抱え込んでしまい、さらにメンタルが疲弊し弱くなるという悪循環に陥る傾向があります。

やりたくないこと、やるべきでないことに関しては遠慮なく「ノー」を突き付けましょう。

そして本当に自分がやるべきことに集中し、全力を注ぎこむことができるようにしておくのです。

 

「評価」ではなく「満足」に重点を置く

メンタルの強い人というのは、常に自分自身を満足させるために作業に取り組みます。

ここで言う満足とは、自分の納得がいく状態のことであり、メンタルの強い人はそれをひたすらに追求していくのです。自分自身の「美学」に則って、物事に取り組んでいるともいえます。

その一方でメンタルの弱い人は、他者からの評価を必要以上に気にし、他者からの承認を求める傾向があります。

なぜ他者からの「評価」や「承認」を求めるのか。それは自分自身に自信がないからなのです。

もしあなたがメンタルを鍛えたいと思うのであれば、「どうすれば他人から評価されるのか」ではなく、「どうすれば自分自身を満足、あるいは納得させられるのか」という風に考え方をシフトしていくようにしましょう。

そしてそれと同時に、「自分は何をしているとき満足(充実感)を得られるのか」ということを考えるようにしてください。

 

失敗、挫折から学ぶ

どんな挑戦であれ、そこに挫折は付き物です。しかしメンタルの強い人というのは、挫折を単なる挫折では終わらせません。

メンタルの強い人は、挫折からも多くことを学び、その次の機会に活かそうとします。

もしあなたがメンタルを鍛えたいと思うのであれば、挫折から何かを学び取ろうとするという姿勢を忘れないようにしてください。

具体的には、何か失敗をしてしまったという際には、「何が原因なのか」「改善策は何か」ということをメモ帳に書き出すようにしてください。

「書き出す」という行為には自分の思考をアウトプットし、客観的に見ることができるようになるという効果があります。

また、なぜメモ帳なのかというと、それは何時でもすぐに書き込むことができ、見返すことができるというメリットがあるからです。

 

イメージトレーニングをする

経営者やスポーツ選手など、強いメンタルが求められる人々の多くが行っているのがイメージトレーニングです。

イメージトレーニングには2種類のものがあり、一つは「成功した状態をイメージする」というもの、もう一つは「想定しうる最悪の状態をイメージする」というものです。

一般的にスポーツ選手などが行っているのは前者であり、よりメジャーな方法ではあるのですが、ビジネスなどをする場合には後者の「最悪事態のイメージ」も非常に重要となります。

最悪事態を予め想定しておくことで、「最悪事態の最小化」つまりゲーム理論におけるミニマックス戦略的な対処法を考えることが可能となるのです。

より具体的に言うと、翌日のプレゼンなど、短期的なスパンの物事に関しては「成功のイメージ」を想定するようにし、長期的なスパンの物事に関しては「最悪事態のイメージ」を併せて想定していくようにします。

ただし、今現在自分に全く自信がないという人の場合は、長期的なスパンの物事に関しても最悪事態のイメージはあまりしない方が良く、とにかく「成功のイメージ」のみに専念したほうが良いでしょう。

 

味方を探す

メンタルの強い人というのは、常に自分本位で物事を考え、行動に移してきます。

しかしその一方で、人間は「孤独」に陥るとメンタル的にもろくなってしまうという性質も持っています。

そこで重要になるのが、自分自身の味方を探す、ということです。

ここで言う味方とは、自分自身の考えや理想に共鳴し、それに協力をする意志のある人物のこととなります。

味方を探す際、まず重要な事としては、自分自身の意見や価値観などをはっきり表明することです。

意見や価値観の表明は、「敵」を作ってしまうというリスクも抱えてはいるのですが、八方美人でいるよりは敵を作ってでも自分のスタンスをはっきりと表明したほうが物事は進めやすくなります。

そして何よりあなたのスタンスが鮮明であればあるほど、多くの味方があなたの元に集まってくることでしょう。

 

自立神経を整える

強いメンタルを獲得し、維持するためには体調管理も非常に重要です。当たり前のことですが、体調が悪いとき、人間は果敢なチャレンジや現状打破をすることは難しくなります。

体調管理において非常に重要なファクターとなるものに「自律神経」があります。

自律神経には「交感神経」と「副交感神経」の2種類が存在しているのですが、このバランスが崩れ、交感神経が過剰に働くことで不安や緊張などが高まりメンタル面に悪影響が及ぶということがあります。

自律神経を整える方法としては睡眠、深呼吸、日光浴などが挙げられます。これらには交感神経を抑え、心身をリラックスさせるという効果があります。

 

まとめ

メンタルの鍛え方!強靭な精神力を持つモノだけが知る15の訓練

 

・自己肯定を習慣化する

・厳しい環境に身を置く

・最初は易しいハードルを課す

・目的をはっきりさせる

・目標となる存在を見つける

・ドラマ、ドキュメンタリーを見る

・自分の内面と対話する

・他人を気にしない

・苦手分野を捨てる

・きっぱりと断る

・「評価」ではなく「満足」に重点を置く

・失敗、挫折から学ぶ

・イメージトレーニングをする

・味方を探す

・自立神経を整える

 

これらの方法で、できることから習慣化してメンタルを鍛えていきましょう。

継続して訓練することで、あなたの魂は必ず強くなります。


スポンサーリンク

【今だけ無料鑑定】あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!
その中でも恋愛運が女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に導き出される『天声神語』が大好評です!

もしかしたら別れた彼かもしれないし、いま付き合ってる人かもしれません、
いつ、どこで運命の人と会えるのか・・・今なら『全員0円』で鑑定してもらえます。

今年もあと1ヶ月 恋愛運が気になる人は是非お試しください。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新記事をお届けします