あ〜やる気出ねぇ!「面倒くさがりや」な性格を直す7つの方法

あ〜やる気出ねぇ!「面倒くさがりや」な性格を直す7つの方法実は「面倒くさがりや」なあなたは、素晴らしい才能を持っています。その才能を活かすか殺すかは、あなたにかかっています。

今回紹介するのは「面倒くさがりやな性格を直す方法」です。怠惰から勤勉へ、ライフスタイルをシフトするためにはどのような方法を採れば良いかお伝えしていきます。

 

あ〜やる気出ねぇ!「面倒くさがりや」な性格を直す7つの方法

スポンサーリンク

 

やらざるを得ない環境を作る

面倒くさがり屋な人が自らの性格を改善するという場合、一番手っ取り早いのが「どうしてもやらざるを得ない環境」に自分を追い込んだ上で、それを習慣化してしまうというものです。

もし自分自身を怠けさせるような因子(たとえば娯楽など)が身近にある場合、それを遠ざけてしまうか思い切って捨ててしまうというのも一つの手です。

また、それ以外の方法としては一度思い切って怠けてみて、それによってどのようなリスクが発生するのかを身を以て体験してみるというものもあります。

 

ガムを噛む

作業を始めてみてもどうしても気が散ってしまったり、集中力を持続できないという場合にはガムを噛みながら作業に当たってみると効果があります。

近年の研究ではガムでなくとも何かしらを「噛む」ということは脳の扁桃体が感じるストレスを軽減させる効果があるということが解ってまいりました。

また「噛むこと」はストレスの軽減以外にも記憶力の向上などにおいても効果が期待できます。

 

目標を持つ

ただただ漫然と作業を行うという場合、そこに退屈さや面倒臭さを感じないという人はいないのではないでしょうか。

例えばこんな逸話があります。

昔ある村で、教会の改築工事において壁材であるレンガの積み上げを行っていた3人の石工がいました。その内一人目の石工はただ単に「レンガを積み上げている」という気持ちで仕事をし、二人目は「教会を作るためにレンガを積み上げている」という気持ちで仕事をし、三人目は「村の人達が気持ち良くお祈りをするための教会を作っている」という気持ちで仕事をしておりました。

そして数年後、教会の完成が間近に迫った時、3人目の石工は大工の棟梁として全体に指示を出す役割となり、二人目の石工は数人の部下を抱え、一人の石工は相変わらず相変わらず単なる石工として意志を積み上げていたということです。

この逸話にあるように高い理想や大きな目標を掲げることで、人は自然とやる気を出せるようになって行きます。

また目標設定をする際に気をつけたいのが、「今現在の自分自身の作業」がどのようにして「大きな目標」へと繋がるのか、そのロードマップを明確にするということです。どのような目標に、どのようにアプローチをしていくのかということを、できるかぎり綿密に書き出すなどして可視化するようにしましょう。

 

他人の指示を受け付けない

また目標設定をする際にもう一つ注意したいポイントが、「他人の指示などに基づいた目標設定をしない」ということです。

目標設定に留まらず、アプローチの方法やデッドラインなどに関しても極力他人の意思を排除するということを心がけ、純粋に自分自身の意思によって計画から実行までを行うようにしてください。

なぜこのようにする必要があるのかといえば、「他人の意思」というものが介在するということにより、それが「他人事」になってしまうからです。どんな人間であれ「他人事」に対して全力で取り組むことが出来るということは、あまり多くないのです。

 

出来る範囲でやる

目標設定はしたけれども、実際に行動に移すことはなかなか億劫である、ということは起こり得ることであります。

そのような場合には、やはりまず出来る範囲で物事をやってみる、ということが重要です。

いきなりハードなタスクに取り組むのではなく、最初は身近で簡単なタスクから始め、ハードタスクに関しても出来るかぎりそれを細分化するなど工夫をしていきましょう。

 

時間制限を設けて行動する

また、どうしても行動に移すことが出来ないという時には時間制限を設け、その時間内で作業を行ってみるというのもよいでしょう。

取り敢えず30分、1時間と時間を決め、予め終わりを設定した上で全力を出してみる、というものです。

 

他人の手を借りる

何をやってもどうしても面倒くさいという気持ちが収まらないという場合、思い切って手伝いなどを他人にお願いしてみましょう。

これは単に作業をはかどらせるというだけでなく、他人が自分のために働いているのを見ることによって「自分も頑張らなければ」という気持ちを奮い立たせるという効果があります。

さらに、他人を介入させることにより自分に対する監視の目を設けそれによって「やらざるを得ない環境」を作り出すという効果も期待しての手段となります。

 

まとめ

あ〜やる気出ねぇ!「面倒くさがりや」な性格を直す7つの方法

 

・やらざるを得ない環境を作る

・ガムを噛む

・目標を持つ

・他人の指示を受け付けない

・出来る範囲でやる

・時間制限を設けて行動する

・他人の手を借りる

 

いかがでしたか?

最後に付け足しておきますが、人間は「学習能力の高い動物」であるとされますが、すべての「学習」は「簡略化」を意味しています。

何故「学習」によって行動を「簡略化」させようとするのか、それは「怠ける」ことにより活動に要するエネルギー消費を抑える為に他なりません。そういう意味では歴史上における「発明」は「面倒くさがりやな性格」から生み出されたと言っても過言ではないでしょう。

面倒くさがりやなあなたがこれまで「生存」をしてこれたというのは、学習によって環境に適応をしてきた結果なのかも知れません。


スポンサーリンク

【今だけ無料鑑定】あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!
多くの女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報から導きだされる『福音ソウルメイト』が大好評です!

もしかしたら別れた彼かもしれないし、いま付き合ってる人かもしれません、
いつ、どこで運命の人と会えるのか・・・今なら『全員0円』で鑑定してもらえます。

今年もあと1ヶ月 恋愛運が気になる人は是非お試しください。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Dreamerから最新記事を毎日お届けします