すぐできて、驚異的!挙動不審18の治し方。新たな一歩を踏み出そう

すぐできて、驚異的!挙動不審18の治し方。新たな一歩を踏み出そう緊張やプレッシャーなどの心理的な影響により、思わず挙動不審な言動をとってしまうという人は少なくありません。

また、そうした挙動不審な言動がコンプレックスとなり、そのことを意識しすぎることによって、かえって状態が悪化してしまうという場合もあります。

このような挙動不審のせいで、恋愛や楽しい人間関係を諦めてしまっている人もいるかもしれませんが、心配しないでください。

これだけは覚えておいてほしいのですが、挙動不審は治せます。

そこでこの記事では、挙動不審を改善して自然体に立ち振る舞えるようになる方法についてお伝えします。

 

すぐできて、驚異的!挙動不審18の治し方。新たな一歩を踏み出そう

スポンサーリンク

 

冷静になる

精神的なプレッシャーやパニック感などにより、思わず挙動不審な言動を取ってしまいそうなときには、まず精神を落ち着けて冷静になる必要があります。

その場で簡単に冷静さを取り戻す方法としては、深呼吸をして心を落ち着けるというのがおすすめです。

深呼吸の具体的なやり方は、まずお腹にある空気を全て吐き出します。次に全身の力を抜き、鼻から息をゆっくりと吸い込みます。

限界まで息を吸い込んだ後、その状態で5秒間ほど静止し、次に口からゆっくりと息を吐き出します。

以上の動作を1回とカウントし、これを3〜5回ほど繰り返しましょう。

また、敢えて意識をしてゆっくりとした動作やしゃべり方をするというのもオススメです。

ゆっくりとした言動は、今現在自分自身がやっていることを一つ一つ見直すことを可能にします。

自分自身を客観的に認識することにより、その問題点にも冷静に対処し改善することができるようになるのです。

 

自分の長所を見つける

自分自身の長所を見つけることでそれが自信へと繋がり、挙動不審が改善されるということがあります。

自分の長所を見つける方法としては、それを具体的に紙に書いていくという方法がおすすめです。

もし自分自身の長所がなかなか挙げられないという場合には、幼少期からこれまでの人生を振り返り、満足感や充実感を得た経験や周囲の人々から褒められた経験などを思い出してそれを書き出していきましょう。

このようなプラスの経験というものは、それだけで自信へと繋がっていくものです。

 

短所を曝け出す

自分自身の短所をあえて隠さず、周囲の人々に曝け出してしまうことで挙動不審が改善されるということがあります。

人には誰にも短所が存在するものです。しかしそれを周囲の人々に対して隠そうとする時、そのことがプレッシャーとなってしまい挙動不審な言動の原因となってしまうということがあります。

例えば人前で話すのが苦手で挙動不審になってしまう場合、話をする前に「自分は人前で話をするのが苦手だ」ということを宣言してしまいましょう。

このようにすることで周囲のプレッシャーから自分を解放することが可能となります。

また少々慣れが必要ではあるものの、自分自身の短所を笑いやユーモアに変えるという方法もあります。

 

わざと奇行をする

周囲からのプレッシャーによって挙動不審となってしまうという場合、敢えて普段から奇行をするという方法もあります。

通常、人は誰しも多かれ少なかれ他人から「まともな人と思われたい」と考えるものですが、「まともな人」であろうとするあまり、それが精神的なプレッシャーとなり、逆に精神に変調をきたしてしまうということがあるのです。

これに対し、「まともな人と思われたい」という願望を捨て去ることはそうしたプレッシャーから解放され、一切の言動の制約が無くなり自由を手にすることが可能となります。

もちろんこれにより周囲の人々は、あなたを「おかしな人」であると思うようになるかもしれません。しかしそれで良いのです。

自分自身の「おかしさ」を徹底的に周囲に認知させ、さらにそれをキャラクターとして定着させることを目指しましょう。

しかし一方でこの方法は、現在の仕事や社会的地位を失ってしまうリスクも有しているため、その点に関しては注意が必要です。

 

他者中心から自己中心になる

前項とも関連しますが、挙動不審になりやすい人というのは他人の目を気にしすぎる傾向があります。こうした傾向は他者中心主義であるということができます。

これに対し自己中心主義へと変えていくことにより、挙動不審を改善していくということが可能となる場合があります。

自己中心主義とは単なる「わがまま」ではありません。他人に合わせて(他者中心的に)行動をするのを止め、自分自身の考え方や感じ方に基づいて行動をするようにすればよいのです。

このような意味で自己中心的になる方法としては、まず「簡単に他人に同調しない」ということが挙げられます。

他人の意見に従ったりおべっかを使ったりするのではなく、自分自身の意見をはっきり表明し、他人の意見に疑問点がある場合にはガンガン質問をぶつけていきます。

もちろんこのような行動は他人との間に軋轢や対立を生む可能性がありますが、人生を自分らしく生きるためにおいて、そのような事態は避けて通れないということをある程度覚悟する必要があります。

誰とも対立することのない八方美人的な生き方はある意味ではリスクが少ないとも言えますが、その一方で絶えず抑圧感やプレッシャーに晒され続けなければなりません。

また、このことと関連して、「他人はコントロールできない」ということを知る必要もあるでしょう。

他人はそれぞれにその人自身の目的に従って生きているのであり、あなたがいくら気を使ったところでそれが報われるとは限らないのです。

周囲の他人があなたをどのように見てどのように評価するのかは、すべて他人の都合でしかありません。

そしてそれがあなた自身の都合と完全に一致するということはあり得ないのです。

そうである以上、挙動不審な精神状態となるまでに他人の目を気にするということは自分自身にとってメリットが存在せず、無駄でしか無いのです。

 

愛想を無理に振りまかない

自分中心に生きていく際、重要となるのが感情の問題です。

人は誰しもそれぞれに異なった感情を持っているのですが、感情を抑圧し過ぎると自分の内面と外面的な言動との間のギャップが大きくなり、ぎこちない挙動不審な言動が生じてしまうことがあります。

これを防ぐためには自分自身の感情を偽らず、それを表に出していくということが必要となります。

とは言えその時の気分に従って単に感情を表にしてしまっては、それは幼児と変わりないため、感情を表出させる際にも、ある程度コントロールする必要はあります。

上手に感情表現をする方法としては、第一に「笑顔を作らず、愛想を良くし過ぎない」ということが挙げられます。

前項でも述べた通り挙動不審になりやすい人というのは「他者中心主義」になりがちなのですが、この状態を脱却するためには安易に他人に対し愛想を振りまかないという必要があります。

愛想を振りまかないことにより、周囲の人々はあなたを「不機嫌な人」であると思うようになるかもしれません。

しかし不機嫌な人というのは同時に「腹に一物ある人」であると思われる傾向もあり、結果として不機嫌そうにしているだけで、あなたは組織やグループの中で一目置かれるようになります。

 

無理に会話を繋げない

「愛想をふりまかない」こととともに、「無理に会話を繋げない」ということも挙動不審を改善するのに有効です。

挙動不審な人は無駄にサービス精神が旺盛な人が多く、会話が途切れたりすることで相手に不快な思いをさせることを恐れている場合が多い傾向にあります。

しかし、このことがかえってプレッシャーとなり、挙動不審の原因となってしまうことも少なくありません。

もし誰かと話をしている際、その会話が途切れてしまったときには、特に話したいことが無ければ無理に会話を繋げようとはせず、そのまま放置をしておきましょう。

また、その際には眉間にしわを寄せるなどして、「何か考え事をしている」というような素振りを見せるようにします。

すると相手は「この人は何か他の考え事をしているんだ」と勝手に解釈をしてくれるため、こちらは何もせずとも自然な形で会話を切り上げることが可能となります。

このように、あなたは無理に愛想を振りまく必要もなければ、無理に会話を繋げさせる義務もありません。

しかしその一方で、自分自身の考えや意見などに関してはそれをしっかりと相手に伝え、理解をしてもらう必要があります。

 

視覚的表現の活用

自分自身の考えや意見などを他者に伝えるために必要なポイントが「視覚的表現の活用」です。

言葉というのは本来「聴覚的表現」であり、「言葉がうまく出てこない」という場合には、それを「視覚的表現」に置き換えることで補うことが可能となります。

イラストや図、あるいはボディーランゲージなどを活用し、しっかりと相手にあなたの考えを理解させましょう。

また、「オドオドした挙動不審な言動」を「ボディーランゲージ」などに置き換えることにより、相手に対し知性が高くどっしりとした印象をあたえることができます。

 

対人シナリオを作っておく

会話などのコミュニケーションに自信がなく、それが挙動不審に繋がってしまう場合、事前にシナリオを想定しておくというのも良いでしょう。

「シナリオ」と言っても、そこまで複雑なものを準備する必要はありません。

今日一日で会う人などに関し、その人に対し「何を伝えるべきなのか」という事柄をまず第一に決めておきます。

そして第二にその「伝えるべき事柄」から逆算する形で、その事柄を「どのように伝えればよいのか?」ということを大まかに決めておくのです。

また、もし仮にシナリオ上で想定していなかったコミュニケーションが必要になった場合には、素直にその時の気持ちや考えを伝えるように心がけましょう。

「他者中心から自己中心になる」でも述べたように、所詮他人をコントロールすることはできないのですから、下手に「上手く対応しよう」とは思わない方が良いでしょう。

 

場数を踏む

前項で紹介した「対人シナリオ」に関しては、いきなりそれを作るというのは難しいかもしれません。

しかしさまざまな人とコミュニケーションを取り、経験値を積んでいくうちに次第にパターンなどを掴むことができるようになっていきます。

そうした経験値を積むためにも、コミュニケーションに臆すること無く、積極的に場数を踏んでいくことを心がけましょう。

コミュニケーションに参加をする場合、オススメなのがサークルや勉強会です。こ

それらの集まりはそれぞれ初対面の人が多く、互いに相手のことを知らないだけに気軽にコミュニケーションを取ることができます。

またもし参加をして自分に合わないと感じたならば、もう次からは参加をしなくても良い自由があります。

 

自律神経を整える

これまで話してきた通り、挙動不審な言動というのは精神的な変調に原因が存在するのですが、その精神に対し非常に大きな影響を与えるのが自律神経の働きです。

自律神経を整えることにより、自然と挙動不審を消していくことができます。

自律神経を整える方法としては、まず「冷静になる」でも取り上げた呼吸法が挙げられます。

深呼吸をするということは身体をリラックスさせる働きを司る副交感神経を活発化させ、リラックスさせることに繋がります。

また、生活習慣の中で自律神経を整えていく方法として重要なのが「睡眠」です。

通常睡眠は自律神経を整えるという役目を果たしているのですが、これが不十分である場合、副交感神経の働きが悪くなり、その代わりとして交感神経が過剰に働くようになります。

交感神経は緊張感などの働きを司っているため、緊張感により挙動不審な状態が起こりやすくなります。

さらに、「体を温める」ということも、自律神経を整えるためには有効です。

体温の上昇は副交感神経を活発とさせます。その一方で体温の低下は交感神経を活発化させます。

体温を上げる方法としては軽めの運動や長めの入浴、ショウガやカカオ豆、根菜類などを食べるということが挙げられます。

 

瞑想をする

瞑想にはさまざまな効果が存在し、挙動不審を解消することも期待できます。

まず、瞑想のもたらす効果としては副交感神経を活発化し自律神経を整えるということが挙げられます。

「自律神経を整える」でも述べた通り、副交感神経を活発化させることはリラックスをしやすい心身を作ることになり、緊張やパニックを起こしにくくなります。

瞑想は外界を遮断しひたすらに自己の内面と向き合うことでざわついた心を落ち着け、リラックスすることが可能となるのです。

また、「雑念を取り除く」ということも瞑想のもたらす効果の一つです。

瞑想とは自己の内面との対峙でありますが、徹底的に自己と向き合うことでさまざまな「余計な考え」を取り払い、本当の「自分がやりたいこと」や「やるべきこと」を発見することができるようになります。

瞑想のやり方としては、座ったり寝転がったり、あるいはぐるぐると歩きまわったりと、なんでも良いのでとにかく自分がリラックスできる姿勢になって目を瞑ります。

そしてその状態でゆっくりと呼吸をしながら、自分の内面にあるイメージや観念と向き合っていくのです。

 

憧れの人の真似をする

もしあなたにとって「憧れの人」がいる場合には、その人を真似してみたり、その人物になったつもりで演技することで、自信がつき挙動不審さを抑えることが可能になります。

憧れの人の振る舞い方を直接見たり、あるいは想像したりすることによって、その人を自分自身の中に取り込んでしまいましょう。

この人だったらこの状況ならどう立ち振る舞うかなと意識して演技を続けることで、その人の立ち振る舞いが自然な行動へとなっていきます。

こうした行為を心理学的には「同一化(同一視)」と言います。

 

身だしなみを整える

身だしなみを整えることで自信をつけ、挙動不審を改善するという方法です。

これは必ずしも「かしこまった服装をする」ということではなく、自分にとって似合っている服装をするというものです。

人は服装を通じて仕事や趣味など、「自分自身は何者であるのか」ということを表現しようとします。

つまり「あなたは一体どんな人間であるのか?」ということを周囲の人々にアピールする服装をすれば良いのです。

もしどんな服装をすればよいのか全く検討がつかない場合は、前項「憧れの人の真似をする」でも述べたように、憧れの人のファッションを真似してみると良いでしょう。

とにかく自分に自信がつく服装であればどんなものでも良いのです。

 

鏡でチェックをする

自分がどのような立ち振舞をしているのか、鏡などを見ながらチェックをしてみましょう。

例えば憧れの人と同じ服装をした上で姿見などの前に立ち、実際にその人の振る舞いを参考にしながらさまざまな動作をしてみます。

その上でおかしな点があった場合にはその都度修正をし、動作や立ち振舞を体に刷り込んでいってみてください。

また、知り合いや友人に動画で自分の立ち振舞いを撮影してもらうという方法もいいでしょう。

挙動不審といっても、実際に日常生活でどんな行動をしているのかは、案外自分では分からないものです。

動画などで録画してもらい、立ち振る舞いや行動、雰囲気を把握して、挙動不審だと思われる部分は修正しましょう。

 

やりたいことをやる

周囲のことを気にせず、とにかく自分のやりたいことをやるようにする、という方法です。

挙動不審な人というのは周囲の視線を必要以上に気にしてしまう人が多いため、自分が心から楽しいと思うことをやれば自然と周りの目が気にならなくなっていきます。

そして、自分が興味を持った物事に関しては、それを徹底的に極めていきましょう。

どんな物事であれ、ある特定の分野に関してのスペシャリストになることは、自分に自信をつけていくことに繋がります。

もし好きなものや興味のあることが無いという場合は、幼少期から今までの人生においてどんな物事に心惹かれてきたのかということを思い出してみると良いでしょう。

 

やるべきことをやる

仕事などの目の前にあるタスクをひたすらにこなしていくことにより、挙動不審を無くしていくという方法です。

人は何もやることがなく暇になると、それまで気にしなかったようなことを心配するようになります。

これは「これから起こるかもしれない悪いこと」を事前に予測し、それに備えようとする本能の働きによるものです。

一方で忙しく暇がない状態では、余計なことを心配するような余裕はありません。

つまり、ただひたすらにやるべきことをやるということに意識を集中することで、「挙動不審になっているかもしれない」という不安感を感じることが無くなり、自然と挙動不審を無くしていくことが可能となるのです。

さらに、いくつものタスクをこなしていくことは、自分に対する自信にも繋がっていきます。

 

専門家を頼る

挙動不審を治すための最も確実な方法が、専門家を頼るというものです。

精神科医やカウンセラーなどに相談をし、精神分析療法、催眠療法、行動療法などさまざまな治療法を試しながら挙動不審を改善していきます。

また挙動不審の原因としては統合失調症やパニック障害、PTSD、社会不安障害や発達障害などの病気や障害が関与していることも多く、そうである場合は尚のこと専門的な治療を受ける必要があります。

 

まとめ

すぐできて、驚異的!挙動不審18の治し方。新たな一歩を踏み出そう

 

・冷静になる

・自分の長所を見つける

・短所を曝け出す

・わざと奇行をする

・他者中心から自己中心になる

・愛想を無理に振りまかない

・無理に会話を繋げない

・視覚的表現の活用

・対人シナリオを作っておく

・場数を踏む

・自律神経を整える

・瞑想をする

・憧れの人の真似をする

・身だしなみを整える

・鏡でチェックをする

・やりたいことをやる

・やるべきことをやる

・専門家を頼る

 

挙動不審だと一度でも言われると、とても気になることでしょう。

しかし挙動不審は治すことができます。

深刻に考えすぎずに、自分に合った方法を試していってみてください。


スポンサーリンク

【今だけ無料鑑定】あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!
その中でも恋愛運が女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に導き出される『天声神語』が大好評です!

もしかしたら別れた彼かもしれないし、いま付き合ってる人かもしれません、
いつ、どこで運命の人と会えるのか・・・今なら『全員0円』で鑑定してもらえます。

今年もあと1ヶ月 恋愛運が気になる人は是非お試しください。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新記事をお届けします