相手の機嫌を損なわない「断りメールの送り方」5パターン【男性編】

相手の機嫌を損なわない「断りメールの送り方」5パターン【男性編】もし休日に遊びのお誘いがあったとしたら、あなたはどうしますか?

それが可愛い女の子に誘いだったら、他に用事があったとしても二つ返事で答えるのではないでしょうか。

ところが、もしそれが気の進まない相手だったとしたら、どうでしょうか。どうやって断ろうか頭をフル回転させ、何かいい言い訳をと考えることでしょう。

もちろん、断りメールを入れるにしても相手や誘われた内容によって変更することが望ましいでしょう。

そこで、具体的な事例を挙げながら、相手の機嫌を損なわない「断りメールの送り方」を紹介していきます。

 

相手の機嫌を損なわない「断りメールの送り方」5パターン【男性編】

スポンサーリンク

 

上司から休日に飲みのお誘い

「日曜日に飲みに行かないか」会社の上司からこんなお誘いを受けたらどのように断れば良いでしょうか。本音としては、「休みの日にまで上司の顔は見たくありません」と言いたいところですが、ここはグッとこらえましょう。

「お疲れ様です。お誘いありがとうございます。せっかくお誘いいただいたにも関わらず申し訳ありませんが、その日は既に他の予定が入っております。またお誘い頂けると嬉しいです」

相手は上司ですから、このように丁寧な文体で送るのが良いでしょう。

あくまでもプライベートなので、どこで誰とどんな約束があるのかまでは言う必要はありません。最後に社交辞令として、「また誘ってください」の一文をつけるとベストです。

 

同僚からの合コンのお誘い

あなたに彼女がいるにも関わらず、同僚から「合コンに行こう」と誘われた場合、どのように返信するのがよいでしょうか。彼女が社外の人なら行ってもばれないかもしれませんが、周囲に内緒で社内の相手とお付き合いしていた場合、上手に断らなくてはいけません。

「お疲れ様です。申し訳ない、その日は学生時代のメンバーの集まりがあるから、難しそうです。頭数には入れてもらわない方が嬉しいかも」

ポイントは仕事を理由にしないことです。同僚ですから、上司の顔も見えますし、仕事の状況は見えてしまいます。そのため、同僚の見えない範囲である、「学生時代」を言い訳とします。

このとき、「彼女がいる」「彼女に怒られるから」などと女性の存在を匂わせてはいけません。隠している彼女の存在がどこから足がつくかわからないからです。

 

学生時代の友人から怪しい誘い

学生時代にとても仲が良かった友人ならまだしも、大して仲の良くなかった人物から飲みに誘われることがあるかもしれません。

こんなとき、大抵は何か面倒なお願い事が待っています。そのため、断りたいと思うのが自然です。そんなときはこんな風に断りメールを送りましょう。

「お久しぶり。最近どうしてる?仕事は順調?ごめん、最近仕事が忙しくてしばらく難しそうなんだ。またこちらから連絡する」

先ほどの同僚のパターンからは一転、学生時代の友人に断りメールを入れる際は、仕事を理由にしましょう。

仕事の状況であれば、相手は見えないからです。また、今後も会う気がない場合、「この日は難しい」という断り方はぜず、「最近忙しい」という曖昧な表現を使います。そうすることによって主導権をこちらへと持ってくるのです。

 

取引先からのゴルフのお誘い

取引先からのお誘いであれば、サラリーマンは基本断らない方が身のためですが、どうしても気が進まない、体力的に厳しいという場合には断りメールを入れる必要が出てきます。

「いつもお世話になっております。ゴルフのお誘い誠にありがとうございます。私もぜひご一緒させていただきたかったのですが、当日どうしても外せない仕事を抱えております。本当に残念ではありますが、今回は見送らせてください。今後また機会がございましたらまたお誘い頂けると幸いです。宜しくお願い致します」

取引先ですから、丁寧な文体で書きましょう。そして、「本当は行きたかった」「とても残念」という気持ちを文章に載せましょう。そうすることによって相手にとって悪い印象にはならないでしょう。

 

彼女からのデートのお誘い

彼女からデートに誘われたら、本当は行きたいかもしれませんが、どうしても気が乗らない、仕事で疲れているから今日は休みたいと思う日があるかもしれません。そんなときはどのように断りメールを入れるのがよいでしょうか。

「ごめん、今日まだ少し仕事が残っているからやらなきゃいけないんだ。終わったら連絡するから」

ポイントは「終わったら連絡する」というフォローです。「仕事があるから会えない」とはっきり言ってしまうと、彼女はきっと気分を害すでしょう。

そんな相手に対してフォローする意思を伝えておくことが重要なのです。

 

まとめ

相手の機嫌を損なわない「断りメールの送り方」5パターン【男性編】

 

・上司から休日に飲みのお誘い

・同僚からの合コンのお誘い

・学生時代の友人から怪しい誘い

・取引先からのゴルフのお誘い

・彼女からのデートのお誘い

 

断りメールのポイントは、相手との関係性や立場に配慮して送るという点です。嘘だとバレるような言い訳は双方にとってよろしくありません。

相手が納得するような言い訳を伝えましょう。

そして、次回会ったときにはきちんとフォローすることも人間関係を構築する上では重要です。


スポンサーリンク

【今だけ無料鑑定】あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!
多くの女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報から導きだされる『福音ソウルメイト』が大好評です!

もしかしたら別れた彼かもしれないし、いま付き合ってる人かもしれません、
いつ、どこで運命の人と会えるのか・・・今なら『全員0円』で鑑定してもらえます。

今年もあと1ヶ月 恋愛運が気になる人は是非お試しください。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新記事をお届けします