「すぐキレる人」たちへの対応マニュアル!上手に扱う9つのポイント

「すぐキレる人」たちへの対応マニュアル!上手に扱う9つのポイント世の中には少なからず「すぐキレる人たち」が存在します。こうした人々に対処するということはそれだけでも気を遣って疲れてしまうものです。

そこで今回は、このような人たちに対する取り扱い方についてお伝えします。それでは、早速見ていきましょう。

 

「すぐキレる人」たちへの対応マニュアル!上手に扱う9つのポイント

スポンサーリンク

 

毅然と対応する

まず、「キレる」というのは幼児が泣きわめくのと心理的には同じ状態であり、大声をだすことによって自己の要求を通そうとする意志の表れだということを理解しましょう。

キレたことによって相手が動揺したことを認識した人間は、それを成功体験として学習するため、さらにキレやすくなってしまうということが非常によくあります。

そうした悪循環に陥らないようにするため、キレやすい人たちに対して対処する際にまず意識しておきたいのが「毅然とした態度で臨む」ということです。

下手にオドオドしたり焦ったりする態度を見てしまうことは、より相手をつけ上がらせ、さらに事態が悪化させることにつながります。

 

「キレている」ということを自覚させる

キレている人というのは、我を忘れているという場合も少なくありません。

そのような場合にはその相手に対し「自分がおかしなことをやっている」ということを自覚させる必要があります。

具体的には「皆がキレているあなたの姿を見ていますよ」というような具合で、第三者の視線を意識させると良いでしょう。

 

相手に質問してみる

人間の脳は「疑問」に弱いということが知られています。これは人間の脳は本能的に「分からないこと」があった場合に、それがもたらす不安感に対処するため、一時的であれそちらに意識を向けてしまうというものです。

「他者に対してキレている人」というのは基本的に「自分は分かっている」のに「相手は分かっていない」に対してキレているのであり、要するにこれは「疑問のない状態」であると言えます。

そこで前述の習性を利用し、おそらく「キレている人」が分かっていないであろう「疑問」を投げかけることにより、そちらに意識を向けるという方法があります。

 

放置する

もし「キレている人」が自分や周囲の人間の言うことに全く聞く耳を持たない場合には、どうしようもないのでその人の側を離れるなどして一旦放置するのが良いでしょう。

「怒る」ということは少なからずエネルギーを必要とすることであるため、同じ状態をそう長く続けることは出来ないのです。

怒りの感情はほとんどの場合時間とともに沈静化していきます。周囲の人間はそれを待てばよいのです。

 

「これ以上は付き合えない」と伝える

もし日常生活において非常にキレやすくなっている人がおり、あなたや周囲の人間がそれに耐えられなくなっているという場合には、その人に対し「もうこれ以上はあなたに付き合いきれない」ということをはっきり宣言するのが良いでしょう。

もし相手があなたや周囲の人間との関係を維持したいと考えている場合、それが破綻するのを避けるために自制をするようになるはずです。

 

排除する

自分の意志をはっきり宣言したとして、それでも相手が態度を改めないという場合には、断固として排除をしてしまうのが良いでしょう。

もしその相手が職場の部下であれば解雇するように働きかけ、上司であればパワハラとして訴訟を起こすのも良いでしょう。

また友人であれば絶交し、夫婦や恋人の場合は離婚などをします。こうした行動を取る際に注意をしたいのが、これまで相手がどのような態度を取ってきたのかということを列挙できるよう記録をするか記憶をしておく、もしくは第三者の証言を確保するということです。

 

同じようにキレる

はっきり宣言をしたけれども相手の態度が改善されず、尚且つあなたの側も関係解消まではしたくないという場合には、同じようにキレてみるというのも一つの手段かもしれません。

これはあなたの精神衛生上にとっても良いことではありますし、雨降って地固まるというように却って関係が改善されるということも考えられます。

 

ひとまず同意してみる

キレた人をなだめたり、ひとまず同意してみせるという方法もあるにはあるのですが、これは前述のとおり相手をつけ上がらせる可能性が高いためあまりおすすめはできません。

ただし、取り敢えずその場を凌ぐという意味では有効である場合もあります。

 

医療機関に連れて行く

「キレやすい人」というのは精神障害、発達障害、あるいはパーソナリティ障害など、何かしらの問題を抱えているという場合も少なくありません。

そのような人に対しては医療機関に連れて行くか、もしくは受診をしてみるということを勧めてみるということも良いかもしれません。もし相手自身もそうした自分の性格に悩んでいるという場合にはぜひこの方法をお勧めいたします。

また、今まで温厚だった人が急にキレやすくなったという場合には脳血栓や脳腫瘍、あるいは痴呆症などの重大な病気の兆候であるということも考えられます。

さらに事故などで脳に衝撃を受けたり、精神的に大きなショックを受けたという場合には、その後遺症で性格が変わってしまうということも珍しくはありません。

 

まとめ

「すぐキレる人」たちへの対応マニュアル!上手に扱う9つのポイント

 

・毅然と対応する

・「キレている」ということを自覚させる

・相手に質問してみる

・放置する

・「これ以上は付き合えない」と伝える

・排除する

・同じようにキレる

・ひとまず同意してみる

・医療機関に連れて行く

 

いかがでしたか?キレている、キレやすい人への対処法はその相手が「自分にとってどのような意味を持っているのか」によっても最適な方法が変化していきます。

ぜひこれらのポイントを参考に、適切な対処を心がけていってみてください。


スポンサーリンク

【今だけ無料鑑定】あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!
多くの女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報から導きだされる『福音ソウルメイト』が大好評です!

もしかしたら別れた彼かもしれないし、いま付き合ってる人かもしれません、
いつ、どこで運命の人と会えるのか・・・今なら『全員0円』で鑑定してもらえます。

今年もあと1ヶ月 恋愛運が気になる人は是非お試しください。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新記事をお届けします