認知症予防に効果絶大!「ボケない脳」をつくる記憶力アップ方法

認知症予防に効果絶大!「ボケない脳」をつくる記憶力アップ方法今回は、「記憶力をアップさせる方法」について紹介していきたいと思います。

「認知症」は日本人の国民病の一つであると言われています。ヨーロッパや東アジア、オーストラリアなどの諸国の同年代に比べ、日本人の認知症発症率は高いようです。認知症の対策としては、やはり日頃から脳を活発化させておくというのが効果的です。

ぜひこれらの方法を実践し、「ボケない脳」を作っていきましょう。

 

認知症予防に効果絶大!「ボケない脳」をつくる記憶力アップ方法

スポンサーリンク

 

絵を描いてみる

認知症予防に効果絶大!「ボケない脳」をつくる記憶力アップ方法
何かを記憶するとき、絵を描いてみることによって一度に記憶できる量を格段に増やすことが出来るようになります。

最初のうちは文字通り紙に絵を描くのですが、慣れてきた後は頭の中で絵を描くイメージをするようにしていきましょう。こうすることで日頃から絵(イメージ)によって記憶するという習慣が定着し、記憶力の向上につながります。

 

クラシック音楽を聴く

認知症予防に効果絶大!「ボケない脳」をつくる記憶力アップ方法
一般的にクラシック音楽、特にモーツァルトの楽曲には脳を活性化する効果があるとされています。実際に、学校や学習塾によっては、勉強の際にモーツァルトの曲をかけているところもあります。

また、モーツァルトほどではないものの、ヴェートーベン、バッハ、ブラームス、チャイコフスキー、ハイドンらの曲にも同様の効果が見られるようです。

 

リラックスできる香りを嗅ぐ

認知症予防に効果絶大!「ボケない脳」をつくる記憶力アップ方法
「香りを嗅ぐ」という行為は脳の短期記憶を司る部位である海馬などの大脳辺縁系を刺激する効果があると言われています。

特に効果が高いとされているのは、バラ、ジャスミン、カモミール、松、杉、ユーカリ、ラベンダー、レモンなど植物系の香りです。

 

軽く体を動かす

認知症予防に効果絶大!「ボケない脳」をつくる記憶力アップ方法
ウォーキングなど、軽めの運動は全身の血液の流れを活発にし、脳に運ばれる酸素や栄養素の量を増やします。

また脳と体のそれ以外の部分は「神経」によって繋がっているため、体の筋肉を動かすことで神経を通じて脳を刺激することが出来ます。

 

指の運動をする

認知症予防に効果絶大!「ボケない脳」をつくる記憶力アップ方法
全身運動とは別に、指の運動も脳の活性化および記憶力の向上につながります。老人ホームや介護施設の多くで、レクリエーションとして手芸や楽器演奏のプログラムが組まれるのはそのためでもあります。

また、かつて仏教の修行僧は、経文を暗誦するなど、記憶力を非常に要求される仕事でありました。

そんな中で編み出された修行法の中には「指」を用いたものが多くあります。その代表的なものが「ムドラー」で、広隆寺の弥勒菩薩半跏思惟像などにそれを見ることができます。

手の指は、人体の中でも特に神経が密集している箇所であるため、そこを刺激することは特に脳への効果が高いとされているのです。

 

食べ物、食べ方を工夫する

認知症予防に効果絶大!「ボケない脳」をつくる記憶力アップ方法
特定の食べ物を意識的に摂取することも、記憶力の向上につながるとされています。

まず、その代表的なものは不飽和脂肪酸(DHA)を多く含んでいるマグロ、イワシ、サバ、サンマなどの青魚です。また脳内伝達物質であるアセチルコリンを生成するレシチンを含んでいる食品としては、大豆、ピーナッツ、卵黄、穀類などがあります。

さらに記憶とダイレクトに結びついているとされる亜鉛を多く含む食品としては、レバーや貝類などが代表的です。

また、ベリー類に含まれているフラボノイドは認知症予防の効果が注目されています。最後に忘れてはならないのがブドウ糖です。ブドウ糖は脳にとっては唯一のエネルギー源となります。

また、食べ方の工夫も記憶力の向上に効果があります。朝食時にブドウ糖をしっかり取り、またよく噛んで食べることで脳の血管が拡張され、血流を良くすることもできます。

 

ガムを噛む

認知症予防に効果絶大!「ボケない脳」をつくる記憶力アップ方法
食べ物ではありませんが、ガムを噛むというのも「よく噛む」という点では記憶力の向上に効果があります。

一般的に人間を含む脊椎動物はものを噛む顎の進化ともに頭部の神経系を発達させ、脳を巨大化させていったと言われています。

 

情報をアウトプットする

認知症予防に効果絶大!「ボケない脳」をつくる記憶力アップ方法
記憶力を向上させる方法としては「一度インプットした情報をアウトプットする」というものもあります。

脳は一度インプットした情報を整理することで長期記憶として定着させるのですが、情報のアウトプットというのはその「整理」の作業を手助けすることになるのです。

やり方としてはやはり対面で、他人に対して説明やレクチャーをするというのが一番なのですが、ブログやSNSなどに書き込むというのも効果的です。

 

ものづくりをする

認知症予防に効果絶大!「ボケない脳」をつくる記憶力アップ方法
図画工作や調理など、創意工夫をし、頭のなかで段取りを考えながらものを作るというのは脳の中でも長期記憶や様々な異なった概念を結びつける想像力を司る前頭葉を活発化させます。

 

まとめ

認知症予防に効果絶大!「ボケない脳」をつくる記憶力アップ方法

 

・絵を描いてみる

・クラシック音楽を聴く

・リラックスできる香りを嗅ぐ

・軽く体を動かす

・指の運動をする

・食べ物、食べ方を工夫する

・ガムを噛む

・情報をアウトプットする

・ものづくりをする

 

いかがでしたか?このように記憶力をアップさせるのは非常に簡単なことから始めることが出来るのです。ぜひ今日からこれらの方法を実践していきましょう。


スポンサーリンク

【今だけ無料鑑定】あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!
多くの女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報から導きだされる『福音ソウルメイト』が大好評です!

もしかしたら別れた彼かもしれないし、いま付き合ってる人かもしれません、
いつ、どこで運命の人と会えるのか・・・今なら『全員0円』で鑑定してもらえます。

今年もあと1ヶ月 恋愛運が気になる人は是非お試しください。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Dreamerから最新記事を毎日お届けします