どんな状況でも緊張しない!「平常心」でいられる9つの方法

どんな状況でも緊張しない!「平常心」でいられる9つの方法大勢の人の前で何かを発表する時、あるいは初対面の人と会うときなど、緊張してしまって普段の調子が出せないという方は少なくないのではないでしょうか。

今回は、そんな方のために「緊張しない方法」について紹介していきたいと思います。それでは、早速見ていきましょう。

 

どんな状況でも緊張しない!「平常心」でいられる9つの方法

スポンサーリンク

 

事前にシミュレーションする

どんな状況でも緊張しない!「平常心」でいられる9つの方法
まずはなんと言ってもこれですね。事前に何度もシミュレーションを重ねることにより自信がついていきます。

またプレゼンなど大勢の人の間で喋るという場合には、できるだけ他の人に自分の練習を見てもらうようにしましょう。また、見てもらう人物は慣れ合いなどを避けるためあまり自分と親しくない人を選ぶとよいでしょう。

もう一つ、シミュレーションという観点で欠かさず行って欲しいのは脳内シミュレーションです。その場所に行きどんな話をするかということを一通りイメージし、それを繰り返します。またこの時には出来るだけポジティブなイメージを描くようにしてください。

 

呼吸を整える

どんな状況でも緊張しない!「平常心」でいられる9つの方法
その緊張するイベントの当日、あるいは直前には呼吸を整え、深い呼吸を心がけるようにしましょう。

深い呼吸は酸素を取り込むだけではなく、横隔膜を動かすことにより血流を滑らかにもします。この時には、普段と比べてとにかく時間をかけて呼吸をするということを意識するようにしてください。

理想としては吸気に5秒、呼気に10秒、一回の呼吸をおよそ15秒で行うと良いでしょう。

 

ガムを噛む

どんな状況でも緊張しない!「平常心」でいられる9つの方法
ガムなどを口に入れ噛むことは「噛む」という行為に意識を集中させることにつながるため結果として緊張を緩和する効果が期待できます。

また、ガムを噛むことにより口の中に唾液が分泌されるようになり、口の乾燥を防ぎ滑舌も良くなります。

 

音楽を聞く

どんな状況でも緊張しない!「平常心」でいられる9つの方法
イベントの前に好きな音楽を聴き、さらに音楽に合わせて軽く体を動かしたりするのもメンタルコントロールという点ではオススメです。

2000年のシドニー・オリンピックの際にマラソンの高橋尚子選手がこの方法を実践していることにより話題になりましたが、高橋選手以外にも数多くのスポーツ選手が同様のことを行っております。

 

完璧を求め過ぎない

どんな状況でも緊張しない!「平常心」でいられる9つの方法
過度に「失敗してはならない」などと思い込みすぎるのはプレッシャーを高めてしまいます。

ですが、実際には人前での発表にせよ初対面の人との対面にせよ、それに一回失敗したからといってすべての希望が絶たれてしまうことなどほとんどありません。

一回のチャンスでいきなり完璧を求めるのではなく、まずは6~8割程度の成功を意識してみるようにしましょう。

 

ゆっくりと話す

どんな状況でも緊張しない!「平常心」でいられる9つの方法
さて、いよいよそのイベントの本番という時には、あえてゆっくりと話すことを心がけてみてはいかがでしょうか。

全体的にゆっくり、考えながら話すことによって噛んでしまったり言葉に詰まってしまうということも少なくなります。

 

緊張しているということを打ち明ける

どんな状況でも緊張しない!「平常心」でいられる9つの方法
イベントの本番に、何をやってもどうしても緊張してしまうという場合には、思い切って今自分は緊張しているということを相手に言ってしまうのも良いでしょう。

どんな時にも緊張せず、常に平常心でいられる人間などこの世の中にはいません。一度打ち明けることが出来てしまえば、おおよその場合においてあなたの感覚は共感を得られることができるでしょう。

また、あなたが緊張していると打ち明けることにより相手もリラックスし、よりお互いに胸襟を開き話がスムーズに展開するということもあり得ます。

 

課題に集中する

どんな状況でも緊張しない!「平常心」でいられる9つの方法
緊張している時、多くの場合人は自意識過剰になっています。そんな時にはあえて意識を「自分」から「話題に挙げているもの」や「話をしている他人」に向けてみましょう。

「これに関して自分は何を伝えたいと思っているのか」「この人はどんな情報を知りたがっているか」ということに集中することにより自意識の楔から解放され、よりスムーズに話をする事が出来るようになります。

 

セロトニンを分泌させる

どんな状況でも緊張しない!「平常心」でいられる9つの方法
これは少し難しいかもしれませんが、常日頃から脳内物質の一種で、精神を安定させる作用を持つ「セロトニン」をより多く分泌させることにより、一大事の際にも落ち着いた言動が取れるようになります。

セロトニンの分泌を促す方法としてはまずはなんと言っても食事と睡眠が重要です。

食事はビタミンBを多く含む魚介類、ナイアシンを多く含む鶏肉、トリプトファンを多く含む大豆製品、そしてマグネシウムを多く含むナッツや海藻類を積極的に摂るようにします。

また常に「笑顔」を心がけるだけでもセロトニンの分泌を増やすことが出来るということが近年の研究では明らかになりつつあります。

たとえ楽しい気分でなかったとしてもあえて口角を上げることにより、筋肉が刺激され脳は「楽しい状態にある」と勘違いしてしまい、結果としてセロトニン分泌のスイッチを押してしまうのです。

 

まとめ

どんな状況でも緊張しない!「平常心」でいられる9つの方法

 

・事前にシミュレーションする

・呼吸を整える

・ガムを噛む

・本番前に音楽を聞く

・完璧を求め過ぎない

・ゆっくりと話す

・緊張しているということを打ち明ける

・課題に集中する

・セロトニンを分泌させる

 

いかがでしたか?

これらのポイントを実践し、少しずつ緊張を緩和することができるようになりましょう。


スポンサーリンク

【今だけ無料鑑定】あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!
多くの女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報から導きだされる『あなたの運勢』が大好評です!

もしかしたら別れた彼かもしれないし、いま付き合ってる人かもしれません、
いつ、どこで運命の人と会えるのか・・・今なら『全員0円』で鑑定してもらえます。

今年もあと1ヶ月 恋愛運が気になる人は是非お試しください。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Dreamerから最新記事を毎日お届けします