絶対にやめられる禁酒方法!無理せず酒飲みを卒業する18の作戦

絶対にやめられる禁酒方法!無理せず酒飲みを卒業する18の作戦お酒はいつの時代も人々の大きな悩みであり続けています。お酒が好きすぎて失敗してしまったことがある人もいるでしょう。

そんな苦い経験やトラブルをキッカケとして禁酒を志す人も多いですが、禁酒をすることはある意味では禁煙をすることよりも難しいとも言われています。

お酒はタバコに比べても日常的に接する確率が高くて簡単に手が出やすく、また飲酒に関しては「当たり前なこと」と見なす社会的な風潮があるため、禁酒の理解を得ずらいことも理由にあります。

ただし、決して禁酒を諦める必要はありません。お酒をやめたいという気持ちがあるなら、あなたにベストな方法を選択することで、無理せず禁酒を成功させることができます。

そこでこの記事では、誰でも成功できる禁酒方法をお伝えします。

お酒をやめれば、今までとは違う新しいライフスタイルと出会うことができます。お酒で人生を破壊する前に、今すぐ禁酒を決意して始めてみましょう。

 

絶対にやめられる禁酒方法!無理せず酒飲みを卒業する18の作戦

スポンサーリンク

 

酒(アルコール)のデメリットを理解する

これから禁酒を始めようとすとき、最初にするべきことはお酒(アルコール)のデメリットや危険性について理解をすることです。

お酒を飲み過ぎると体に良くないことは誰でも分かっていると思いますが、実際にはどのような害を引き起こすのかを調べてみましょう。

例えば、よく「お酒=肝臓に悪い」と言われていますが、それはアルコールが体内に取り込まれたときに、肝臓でアルコールが分解される際に肝細胞がダメージを受けるからです。

さらに、アルコールが分解される過程では「アセトアルデヒド」や「活性酸素」などの毒物が生成され、それがさらに人体にダメージを与えます。

もちろん酒(アルコール)の悪影響はそうした生化学的な面に留まりません。お酒によって失われるお金や人間関係のトラブル、さらに事故や事件に巻き込まれるリスクも増大します。

さらにアルコール依存症になってしまった場合、通常の社会生活を送ることが全く不可能になってしまうことも考えられます

このような酒(アルコール)のデメリットを事前にしっかりと認識しておくことで、主体的な危機意識を持って禁酒に取り組んでいくことが可能となります。

関連記事:お酒で人生を棒に振るな!禁酒による素晴らしい14のメリット

 

現在の状況を自覚する

禁酒に取り組んでいくためにやっておきたいのが、現在の自分の状況を理解することです。

今現在、どの位のペース(頻度や間隔)で、どの位のアルコール度数のお酒を、どれだけ飲んでいるのか(量)、それによってお金や時間などの面でどんな影響が出ているのか、に関して客観的に理解しておきましょう。

そして禁酒をすることによって「どうなりたいか」をしっかりとイメージし、明確な目標を立てるようにしてください。

「健康になりたい」「節約をしたい」「痩せたい」「お酒で壊れた人間関係を修復したい」など、目標がしっかりと定まれば禁酒の成功が目指せます。

 

禁酒セラピーを読む

これから禁酒を始めたいと思っているあなたにぜひ読んでもらいたい本があります。禁酒を目指す人のバイブルとも言われる作品で、「禁酒セラピー」というタイトルです。

この本の著者は数十年来のヘビースモーカーであったアレン・カーという人物です。自身の禁煙成功体験をまとめた著書「禁煙セラピー」が世界的な大ベストセラーとなりました。

この「禁煙セラピー」に書かれた方法論を禁酒に応用したのがこの「禁酒セラピー」であり、こちらも世界的な大ベストセラーです。

「禁酒セラピー」の内容を大まかに言えば、「飲酒」のメリットとしてよく語られる「リラックスできる」「人付き合いを円滑にする」といった良いイメージの俗説の誤りを正していくというものです。

これを読み終わった後、多くの人々が今後一切のお酒を飲みたいと思わなくなり、実際に禁酒成功率も非常に高いと言われています。

禁酒セラピー [セラピーシリーズ] (LONGSELLER MOOK FOR PLEASURE R)
アレン・カー
ロングセラーズ
売り上げランキング: 746

 

禁酒日を設ける

これまでお酒を飲むことが人生の最大、あるいは唯一の楽しみであった人が禁酒を決意する場合、いきなり完全な禁酒をするのではなく、まずは「禁酒日」を設けてみることから始めてみましょう。

例えば、最初は一週間の内の1日を禁酒日に設定し、それに慣れてきたならば2日、3日と徐々に日数を増やしていき、最終的には完全なる禁酒に至るようにします。

ただし、こうした「禁酒」ならぬ「節酒」は、酒を完全に断ち切るにはあまり効果がないという意見があることも事実です。要するに「減らせばいいや」という軽い気持ちでいると、いつまでもダラダラと飲酒を続けてしまうのです。

ですので、この「禁酒日」を使った方法は、あくまでも重度のお酒好きの人が行い、それ以外の人は「節酒」をするのではなく最初から完全な「禁酒」を目指すようにしましょう。

 

ノンアルコール飲料を飲む

禁酒中はどうしてもお酒を飲みたくなってしまうでしょう。そのようなときは、本格的なお酒ではなくノンアルコール飲料を飲むようにするとおすすめです。

近年のノンアルコール飲料は味も本物のお酒にかなり近く、「飲酒感」をより実感しやすくなってきています。さらに低カロリーなものも増え、糖分の摂り過ぎもあまり心配する必要がなくなりました。

また、「本物のお酒だ」と思い込んで飲むことにより、自己暗示により酔っ払ったような感覚に陥ることが各種実験によって示されています。

ただし、現在市販されているノンアルコール飲料は、その名に反して実際には微量ながらアルコールが含まれているものもあります。

そのようなノンアルコール飲料を飲み続けた場合、本当の意味で完全に禁酒をしたことにはなりません。その点に関しては十分に留意をしておくようにしておきましょう。

 

炭酸飲料を飲む

禁酒中にどうしてもお酒を飲みたくなったときに、炭酸飲料を飲むことで気持ちを紛らわせるという方法です。

現在市販されているお酒には炭酸が入っているものが多いため、炭酸飲料を飲むことでお酒を飲んでいるような錯覚を得ることができます。

この方法は、ノンアルコール飲料で満足できるようになった人にも、さらなるステップアップとして試してもらいたい方法です。

炭酸飲料を選ぶ際には、糖分の摂り過ぎを防止するために無糖の炭酸水を買うようにするとなお良いでしょう。

 

甘いものを食べる

お酒の代わりとして甘いものを食べるという方法です。

通常、醸造酒にはかなりの量の糖分が含まれています。また蒸留酒にはそれ自体には糖分は含まれていないものの、製造過程で味付けとして砂糖やシロップが加えられているものが少なくありません。

糖分には若干の中毒性があり、酒への依存はアルコールだけではなく糖分に対する依存でもあることが知られています。

これらの事実を逆手に取り、酒ではなく甘いお菓子などを食べることにより禁酒を目指しましょう。

例えば、これまでお酒に使っていたお金を少々高価なお菓子に使って大きな満足感を得ることで、お酒に対する執着を断ち切る手助けになるでしょう。

ただし、この方法を行うときにはくれぐれも糖分の摂り過ぎには注意をするようにしてください。

 

主食と汁物を食べるようにする

毎日食事のときにお酒を飲んでいた人は、主食や汁物をあまり食べない傾向があるとされます。

実際、お酒を飲むことによって満腹感が生じるため、主食を食べられなくなってしまうことがあるようです。

ですので禁酒する場合には、毎食ごとに主食や汁物などを摂るように心がけるようにすると良いでしょう。

ただし主食や汁物を採るときには、糖質や塩分のとりすぎに注意をするようにしてください。また、おかずもできるだけ薄い味付けにすると良いでしょう。

 

その他の嗜好品を見つける

世の中にはお酒以外の嗜好品も数多く存在します。そのようなお酒の代わりとなるものを嗜むようにするという方法です。

嗜好品はお茶でもコーヒーでも何でも良いのですが、特におすすめなのがハーブ類です。カモミールやエルダーフラワーは禁酒用として使われることも多く、ハーブティーなどの形で摂取すると良い効果を実感できます。

気をつけたいのは、お茶やコーヒーにはカフェインが含まれています。カフェインにはアルコール程ではないものの中毒性があるため、摂り過ぎには注意するようにしましょう。

さらに、嗜好品の中でもタバコにはお酒以上のデメリットやリスクがあるので、禁酒目的であっても手を出さないほうが良いでしょう。

 

趣味を見つける

飲酒とは関係のない趣味を見つけるという方法です。特におすすめなのは、筋トレやジョギング、団体スポーツなど運動に関連する趣味を始めることです。

まず、運動と一緒に体重や体脂肪などの体を管理するようになると、健康への意識が傾くため、お酒を敬遠する気持ちが次第に強くなっていきます。

また、禁酒を続けているとどうしてもストレスが溜まりますが、運動によって汗を流すことはリフレッシュ効果があるためストレス発散になります。

ただ、運動以外にも自分がやりたい趣味を持つことは禁酒を成功するために大きく役立ちます。もしやりたい趣味が見つからないときは、子どものころにやりたかったことや好きだったことを思い出してみるといいでしょう。

それと、禁酒をするためには何らかの「目標」が必要とお伝えしましたが、さらに一歩踏み出して「これから先、自分は何をやりたいのか」について考えることで、お酒を飲む時間やお金などが勿体なく感じられるようになっていきます。

飲酒はお金や時間だけではなく、アルコールの作用によって脳の働き自体を鈍らせるので、禁酒をすることで脳の活動を取り戻し、さらに生産的な活動をすることができるようになります。

そういう意味では趣味だけではなく、資格取得などの勉強においても禁酒は非常に大きな効果を発揮します。

 

小売店・飲食店などに近づかない

スーパーやコンビニなどの小売店や、レストランや居酒屋などの飲食店など、お酒を提供している店舗にはなるべく禁酒中は近寄らないようにしましょう。

こうした店舗に足を踏み入れると否が応でもお酒が視界に入り、欲していた頃の自分が蘇ってきてしまいます。

生活必需品などのどうしても必要なものはできる限り一度にまとめ買いをして、買い物の回数を減らし、趣味を充実させるようにしましょう。

また、外出をする際にも必要最低限の現金しか持ち歩かないようにして、お酒を衝動買いしてしまわないようにします。

 

飲酒する人に近寄らない

身近にいる飲酒癖を持った人にはなるべく近寄らないようにしましょう。家族などの同居人に飲酒癖を持った人がいるときは、食事の時間帯などをずらすようにしましょう。

また、職場やサークルなどで飲み会がある場合にも同様にできるだけ参加を断るようにしてください。どうしても参加しなければならないときは、なるべく早くその場から立ち去るようにしましょう。

そして禁酒をする際に考えたいのが、「これまでの『酒ありき』の人間関係を見直す」ということです。

「酒がなければ付き合えない」ような人間に関しては禁酒をキッカケとして見直し、趣味や資格取得に関連する人脈を作っていくようにします。

いずれにせよ禁酒をする場合には中長期的な視点で「自分の人生において何が必要なのか?」を真剣に考える必要があります。

 

ストレスを溜めない

禁酒の大敵となるのがストレスです。禁酒生活をするにあたっては、なるべくストレスを蓄積させないよう心がけてください。

アルコールには脳内物質の一種であるドーパミンの分泌を促進させる作用があります。このドーパミンは「快楽物質」とも呼ばれストレスの緩和や快感、興奮などの感覚を司ります。

このためストレスが多い人は本能的に酒を欲するようになってしまうのです。

ストレスを解消する方法としては、先に挙げた趣味や人間関係の見直しなどの方法があります。

さらに重要なストレス解消法としては「睡眠」が挙げられます。禁酒と睡眠に関しては次項にて詳しく解説をしていきます。

 

長時間の睡眠を取る

睡眠は人間にとって最も重要なストレス解消法となるため、しっかりとした睡眠を取ることで、アルコールに依存しなくても良い生活スタイルを手に入れることができます。

ただし、特に禁酒生活の最初の頃は、アルコールを摂取しないとなかなか眠りにつけないなど、睡眠障害に近い状態に陥ってしまう場合があります。

そのため禁酒の初期においては、通常よりも長めの睡眠時間を確保するようにしてください。特に夜間の晩酌が習慣になっていた人は、夜早めに寝てしまうのが良いでしょう。

また、どうしても眠れない場合は、日中に運動や肉体労働などをすることで疲労を蓄積させると、スムーズな入眠をすることができるようになります。

 

周囲の人に宣言する

禁酒生活を始めるにあたっては、周囲の人にその旨を宣言するのがおすすめです。

周囲の人に宣言をしておくことで、仮に自分が誓いを破ってお酒を飲みそうになっても注意をしてもらえるようになります。

また、そうした「宣言」をしてしまった手前、それを破ることが恥ずかしく感じられるようにもなり、お酒に手を出しにくくなります。

さらにこうした宣言をSNSやブログで行うのもおすすめです。

インターネットは全世界に開かれたものであるため、周囲の人達に加えてネット上の沢山の人々が自分の動向を見守っていると感じ、一層禁酒をやりとげようという意欲が湧いてくるようになります。

 

禁酒記録をつけていく

自分がどれくらいの期間、禁酒を達成したのかについては、目に見える形で記録を付けていくようにしましょう。

記録媒体は紙でもデジタルデータでも何でも良いのですが、できる限りすぐに目につくところに記録するのが良いでしょう。記録を目にすることで、それが励みになりさらに記録を伸ばしていきたいと思えるようになります。

また、ブログやSNSなどで記録を付けつつ、それを全世界に公開するのも良いでしょう。自分の記録に対しブログやSNS上でコメントなどが付けられれば、とても大きな励みとなります。

 

仲間に相談する

インターネット上にはあなたと同じようなお酒に関する悩みを抱え、禁酒をしたいと思っている人たちがたくさん存在しています。

そうした人たちと連絡を取り合い、互いに相談をしながら禁酒を進めていくことで、一人で禁酒をするよりも確実に目標達成をすることができるようになります。

インターネット上にはさまざまな禁酒に関するアドバイスや有益な情報が存在しており、そうしたものを積極的に活用していくのも良いでしょう。

また、インターネットだけではなく、禁酒やアルコール依存症の克服のための自助サークルなども日本全国で多々活動をしています。

その中には公益社団法人として全国規模で活動をしている「全日本断酒連盟」や、東京を中心にNPO法人として活動をしている「東京断酒新生会」、さらには全世界規模でアルコール対策を行っている「AA(アルコホーリクス・アノニマス)」などの組織もあります。

こうした組織や団体に参加することで、同じような悩みを持った人同士で助け合いながら禁酒に向けた努力をしていくことも可能です。

 

病院へ行く

もしあなたのアルコール依存がかなり深刻なレベルだという自覚があるならば、病院などで医学的な治療を行うのも一つの手段です。

現在は精神科、神経内科、麻酔科などさまざまな医療機関において、飲酒問題を専門的に診療するアルコール依存症外来などが設置されるようになってきています。

アルコール依存症の治療においては、啓蒙や精神療法(カウンセリング)を中心として、投薬療法や代謝によって体内の血液が完全に入れ替わるまで入院をするなどの方法が用いられています。

また、投薬治療に用いられる医薬品にはさまざまな種類のものが存在します。

アルコール依存症の治療薬(抗酒剤)は、服用後にお酒を飲むと非常に強い(副)作用をが引き起こされるため、禁酒に非常に効果が高いことで有名です。

もちろんそれらの作用はあくまでもアルコールに反応して起こるものであり、服用後飲酒さえしなれば何事もなく体外に排出されていきます。

ここからはアルコール依存症の治療でよく使われる治療薬(抗酒剤)を簡単にご紹介します。

レグテクト

日本国内では2013年に認可されたばかりの医薬品です。

これを使用してお酒を飲むと、脳に作用して二日酔いを意図的に引き起こし、脳に「酒=苦痛・不快感」などの記憶を植え付けることによって酒に対して忌避反応を起こさせる働きを持ちます。

副作用も激しく、容量を間違えると命に関わる可能性もあるため、慎重かつ適切な仕様が求められています。

シアナマイド

アルコールがアセトアルデヒドへと分解されることを阻害する作用を持ち、これを使ってお酒を飲むと急性アルコール中毒に似た症状を引き起こし、ときには激しい動悸などが起こることもあります。

その結果として身体が酒を受け付けなくなり、一度服用するだけで75%以上が禁酒に成功することができています。

しかし副作用も激しく、命に関わる可能性もあるため使用には注意が必要とされます。

ノックビン

基本的にはシアナマイドと似たような機能を持ちます。

ただし比較すると若干作用が弱く、また作用の持続時間が長いという特徴を持ちます。

 

まとめ

絶対にやめられる禁酒方法!無理せず酒飲みを卒業する18の作戦

 

・酒(アルコール)のデメリットを理解する

・現在の状況を自覚する

・禁酒セラピーを読む

・禁酒日を設ける

・ノンアルコール飲料を飲む

・炭酸飲料を飲む

・甘いものを食べる

・主食と汁物を食べるようにする

・その他の嗜好品を見つける

・趣味を見つける

・小売店・飲食店などに近づかない

・飲酒する人に近寄らない

・ストレスを溜めない

・長時間の睡眠を取る

・周囲の人に宣言する

・禁酒記録をつけていく

・仲間に相談する

・病院へ行く

 

このように禁酒にはさまざまな方法が存在します。

ぜひあなたの状態に合った方法を選択し、禁酒を達成していってください。

お酒をやめた世界にはこれまでにない感動が待っているはずです。


スポンサーリンク

【今だけ無料鑑定】あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!
多くの女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報から導きだされる『福音ソウルメイト』が大好評です!

もしかしたら別れた彼かもしれないし、いま付き合ってる人かもしれません、
いつ、どこで運命の人と会えるのか・・・今なら『全員0円』で鑑定してもらえます。

今年もあと1ヶ月 恋愛運が気になる人は是非お試しください。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新記事をお届けします