禁煙の効果が尋常じゃない!今すぐタバコがやめたくなる25の理由

禁煙の効果が尋常じゃない!今すぐタバコがやめたくなる25の理由多くの人が何となくであれ「禁煙は体に良いこと」と認識をしているのではないかと思います。

しかしその一方で、なぜタバコには害があり、禁煙が必要なのか、具体的に説明できる人は少ないでしょう。

そこでこの記事では、「禁煙の効果・メリット」について具体的にお伝えします。禁煙を始めたい人にとっては、「タバコをやめる理由」にきっとなるはずです。それでは、早速見ていきましょう。

今回は、こちらの文献等を参考にしました。

 

禁煙の効果が尋常じゃない!今すぐタバコがやめたくなる25の理由

スポンサーリンク

 

味覚が鋭くなる

禁煙の効果としてもっとも早く、そして明白に実感できるのが「味覚が鋭敏になる」ことです。

実際に、禁煙によって「以前より食べ物が美味しくなった」との感覚を抱く人は多く、ついつい過食気味となってしまい、体重が増加してしまう人も少なくはありません。

これはタバコを止めたことにより、味覚が本来の機能に回復したことを意味します。

タバコの主成分は、大きくタールとニコチンに分けられ、タールは煙とともに口腔内や舌の表面に付着し蓄積されるため、味覚を妨害します。

また、ニコチンは舌の表面にある味蕾(みらい)と呼ばれる味を感じ取るための器官を麻痺させる作用を持ちます。

さらに、喫煙中はタバコに含まれるおよそ数千種類もの有害物質を分解するために「亜鉛」が利用されるのですが、亜鉛は味覚を正常に保つためにも用いられている栄養素です。

つまり、喫煙者の体内には亜鉛が慢性的に不足しているため、これもまた味覚を鈍らせる原因になります。

禁煙によってタールやニコチンは徐々に排出をされていき、亜鉛不足も解消されることから、禁煙を開始してから数日後には味覚は徐々に回復をしていきます。

 

肌が綺麗になる

禁煙を開始してから1ヶ月ほどすると、感動するほど肌が綺麗になることも禁煙のメリットとしてよく知られています。

タバコに含まれるニコチンは、血管を収縮させる作用を持つため、喫煙は肌へ栄養素をスムーズに行き届かなくさせ、慢性的な栄養不足状態の原因にもなります。

また、喫煙は活性酸素を発生させるため、これを除去するため抗酸化作用を持つビタミンCが大量に利用されてしまい、肌はビタミン不足にもなってしまいます。

さらに、肌の健康を保つ役割も担う亜鉛も、前述のとおり喫煙中は慢性的な不足状態となります。

こうしたことにより、喫煙者の肌は、シワやたるみ、クマなどが出来やすい状態となってしまうのです。

逆に禁煙は、栄養素の吸収や消費の流れを正常化することであり、結果として肌の状態を正常化させるということにつながります。

ちなみに、人間の肌の組織が古いものから新しいものに入れ替わる、いわゆる「ターンオーバー」はおよそ1ヶ月ほどの期間が必要なので、禁煙開始1ヶ月後に肌の変化を実感する人が多いようです。

関連記事:美容意識がある喫煙者必見!タバコが肌に及ぼす7つの深刻な悪影響

 

抜け毛・白髪が減る

ニコチンによる血管の収縮や、活性酸素などの有害物質の分解によるビタミンや亜鉛の慢性的不足は髪の毛にも悪影響を及ぼします。

特に、亜鉛はタンパク質を髪の毛や爪の主成分である「ケラチン」へと変化させる機能を持っています。

つまり、これが不足すると髪の毛は栄養不足となり、白髪や抜け毛が増え、毛が抜けた後の再生機能も低下してしまうのです。

禁煙は髪の毛の機能を正常な状態に戻し、結果として抜け毛や白髪を減らし、薄毛の予防にもなります。

 

冷え性が改善される

タバコのニコチンによる血管の収縮は、手足などの身体末端の冷えや体温の低下にもつながります。

実は、タバコを1本吸ってからニコチンが全身に作用をするまでに、およそ2時間程度の時間がかかると言われています。

つまり、もし2時間毎に1本タバコを吸った場合、起きている時間のほとんどが喫煙によって体が冷やされている状態になるのです。

禁煙によりニコチンを体外に排出することは、こうした冷え性や低体温症の対策にもなります。

 

免疫機能が正常になる

喫煙は体内に有害物質を取り込む行為です。つまり、体は有害物質に対処するために、免疫機能を常時働き続けなければならないことを意味します。

さらに、前述の体の冷えは免疫機能の低下にもつながります。

このように喫煙によって免疫機能が働き続け疲弊してしまうと、重大な危機に際して対処が出来なくなる事態を招きます。

特に、免疫機能を低下によって引き起こされるもっとも危険な病気が「癌(がん)」です。

また、免疫機能が過剰反応をし、暴走をしやすくなるという危険性をも上昇させます。この免疫機能の暴走の典型的な例として知られているのが「白血病」です。

禁煙は、免疫機能を正常化するだけでなく、さまざまな病気に対するリスクを低下させるというメリットも持っています。

 

視力低下を防ぐ

意外と知られていないことですが、喫煙は視力の低下や加齢性黄斑変性症などのリスクを上昇させることも知られています。

これは詳しいメカニズムはまだ確定していないものの、どうやら長期の喫煙により網膜内の液体にタバコ由来の毒素が蓄積されることと、網膜の血管がニコチンにより収縮してしまうことが原因なのではないかと言われています。

また、実際に禁煙中の人の中には「目がよく見えるようになった」と感じる人も少なくないようです。

 

体臭が減る

タバコを吸っている人は、体臭が強くなりがちになります。

なぜかと言うと、ニコチンが体温調節を司る中枢神経を刺激し、汗をかきやすくなってしまうからです。

また他にも、タバコの煙に含まれるタールが皮膚や衣類に付着することにより、ヤニ臭が発生してしまうことも原因となります。

禁煙をすることは、こうしたニコチンやタールを除去することであり、結果的に体臭を弱くするという効果を持つのです。

 

骨の健康が改善される

背骨の骨と骨の間には、椎間板と呼ばれる軟骨組織が存在します。

背骨はこの柔らかい椎間板の周囲に張り巡らされた毛細血管より栄養素を取り込んでいるのですが、ニコチンによる血管の収縮は栄養素の吸収を妨げます。

さらに、タバコに含まれる数千種類もの有害物質を分解するため、大量のビタミンCが利用がされるため、軟骨成分の主成分であるコラーゲンを生成するためのビタミンCが不足してしまいます。

これらの要因により、喫煙者は腰痛を抱えやすく、椎間板ヘルニアになってしまう可能性も非喫煙者と比較して高くなります。

また、背骨以外にも他の部分の骨、特に軟骨に対して少なからず害をもたらします。そのため喫煙者はあらゆる骨の部位に関して、骨粗しょう症や骨折のリスクが高い傾向にあるのです。

禁煙は、全身の骨の健康を回復させることにもつながります。

 

呼吸効率が改善される

タバコを燃焼させるということは、必然的に一酸化炭素を生じさせます。

このため喫煙者はタバコを吸う度に一酸化炭素を吸い込むことになり、慢性的に軽い一酸化炭素中毒になっているのです。

一酸化炭素は血中のヘモグロビンと結合し酸素の供給を妨げるため、呼吸困難を引き起こします。

禁煙によって一酸化炭素を吸い込まないことで、呼吸効率を高めることができます。

 

睡眠リズムが改善される

睡眠リズムを司る脳内物質の一つに「アセチルコリン」というものがあり、これはニコチンとよく似た分子構造を持っています。

そのため、脳はニコチンをアセチルコリンと誤って認識してしまい、それにより喫煙者は睡眠が浅くなったり、あるいはタバコなしでは日中に眠くなってしまうこともあります。

禁煙はこうした睡眠リズムの正常化にもつながります。

 

生殖機能を回復させる

性衝動などを司る脳内ホルモンとして「テストステロン」が知られていますが、喫煙はこの物質の分泌を抑制する作用があるため、勃起不全や生理不順などを引き起こしやすくなります。

また男性の場合は、ニコチンにより性器内の血管が収縮することによっても、勃起不全が引き起こされることがあります。

禁煙はこうした生殖機能の改善にも効果をもたらします。

 

女性ホルモンの分泌を増やす

ニコチンは女性ホルモンの分泌も抑制する作用を持ちます。

これにより女性の場合は、生理不順や不妊、男性化が起こるほか、男性においても女性ホルモンの低下により、抜け毛の増加や情緒の不安定化が起こりやすくなります。

禁煙は、女性ホルモン分泌を正常化するという効果も持っているのです。

 

呼吸器疾患のリスクが低減する

タバコの煙には数千種類もの有害物質が含まれていますが、これらの物質は肺の粘膜に付着し、慢性的な炎症を引き起こします。

気管支に起きた炎症が気管支炎、肺胞に起きた炎症を肺気腫といい、これらを併せて「慢性閉塞性肺疾患(COPD)」と呼びます。

COPDの具体的な症状は、呼吸困難で、重度の場合には死に至ることもあります。現在日本では年間1万人以上がこの病で命を落としています。

禁煙は、これら呼吸器疾患のリスクを低減させるというメリットもあります。

 

消化器疾患のリスクが低減する

タバコの煙が胃などの消化器官に達した結果、胃酸の分泌が増加することによって起こるのが胃潰瘍です。

また、この胃酸の働きによって十二指腸潰瘍が引き起こされる場合もあります。

さらにマウスによる実験では、これら潰瘍に罹患した場合、喫煙が原因で治癒も遅れてしまうという結果が報告されています。

禁煙をすることにより、こうした消化器疾患のリスクを低減させることも可能となります。

 

癌(がん)のリスクが低減する

禁煙によって引き起こされる癌(がん)で、もっとも有名なものは肺がんでしょう。

ただ、肺がん以外にもタバコの喫煙はさまざまながんリスクを上昇させることが知られています。

例えば、肝臓がんや子宮頸がん、口腔がん、鼻腔がんに関しては、喫煙により発症リスクが上昇するということが証明されています。

また、まだハッキリとしたことは解っていないものの、大腸がんや乳がんに関しても、喫煙習慣との間に関連性があるのではないかという説が有力です。

禁煙はがんリスクを低減させることにも大きく役立ちます。

 

脳卒中のリスクが低減する

ニコチンによる血管の収縮、およびタバコの燃焼による一酸化炭素の発生は、動脈硬化をもたらし脳卒中のリスクを高めます。

禁煙はこれらリスクを低減させることにもつながります。

 

心臓病のリスクが低減する

これまで何度もお伝えしてきたように、ニコチンには血管の収縮作用があります。

そして、このことがもっとも大きく影響するのが「心臓」です。タバコを吸うことは心臓発作のリスクを高めます。

禁煙は心臓病のリスクを低減させることにもつながります。

 

精神疾患のリスクが低減する

喫煙によるニコチン依存は精神疾患のリスクを高めることも知られています。

さまざまな研究により、喫煙習慣によりうつ病の発症率が上昇することは、現在ではほぼ事実として確定しています。

禁煙をすることは一時的には離脱症状による精神変調のリスクが高まるものの、長期的にはメンタルヘルス面でも大きなメリットが存在します。

 

周囲の人々への健康被害が無くなる

タバコは喫煙者本人の健康リスクを高めるだけではなく、受動喫煙により周囲の人々の健康をも脅かします。

また、タバコの副流煙は喫煙者が吸う主流煙よりも有害物質が多いということも知られています。

禁煙をすることは、こうした周囲の人々への健康被害をなくす効果も持ちます。

 

胎児や乳幼児へのリスクが低減する

特に妊婦の場合、本人がタバコを吸ったり、周囲の人々からの副流煙を吸い込むことにより、胎児の流産や先天的な疾患のリスクが上昇します。

また、乳幼児においてもタバコの煙を吸い込むことは、乳幼児突然死症候群や喘息などの、呼吸器疾患を発症するリスクも上昇させてしまいます。

禁煙はこうした身近にいる胎児や乳幼児へのリスクを特に低減させます。

 

部屋が汚れなくなる

タバコの煙に含まれるタールは、喫煙をした部屋の壁や家具、小物などに付着し黄色や茶色に変色させます。

また、電化製品や電子機器にとってタバコの煙は直接的に故障の原因となる大敵です。

禁煙をすることにより、周囲の物を清潔に、長持ちさせることができます。

 

行動範囲が広がる

近年の社会全体の傾向として「喫煙不可」の店舗や施設などが増えてきている、ということが挙げられます。

さらに、喫煙者には専門の「喫煙スペース」が設けられ、かつてのように自由に歩きタバコなどもできなくなりつつあります。

このような状況下においては、喫煙習慣があるということは、それだけで行動の制約となってしまいます。

禁煙をによって「喫煙習慣」という束縛から開放され、より自由に行動できる範囲が広がるということを意味します。

 

節約になる

現在タバコは一箱400円以上となっており、継続して吸い続けることを考えると決して安い買い物ではありません。

どのくらいのペースで吸うのかにもよりますが、平均して1人あたりの1年間のタバコ代は、おおよそ数万円から十数万円程度になるとも言われています。

禁煙をするということは、これだけの金額を節約することにつながります。

また、もう一つ見落とせないのが、生命保険、医療保険などの「保険料」に関してです。

保険会社、あるいは契約プランによっては、喫煙者の場合、保険料を数割程度割増で払わなければならないものも珍しくはありません。

逆に非喫煙者の人には、タバコを吸わないことによる割引がされるという場合もあります。

 

時間の節約になる

禁煙はお金だけでなく時間の面でも節約につながります。

タバコを1本吸うということは、それだけでも約4分程度の時間を要します。

つまり、一日一箱吸う人は、タバコで1日1時間程度の時間を費やしていることになります。

またそれだけでなく、喫煙場所を探したり、そこに向かう時間やタバコを買う時間、タバコを我慢してストレスを感じていた時間、なども必要となるでしょう。

これまで喫煙のために使っていた時間を他の目的に使用することで、時間の有効活用ができるというメリットが禁煙にはあります。

 

火災リスクを低減させる

タバコのリスクでもっとも恐ろしいことの一つに「火事」が挙げられます。

タバコの火の不始末による出火は、放火に次いで日本の火事の原因の第二位です。

火事によって死亡をしたり、負傷をすることだけでも十分に恐ろしいのですが、さらに自分の財産などを失ってしまったり、他人の生命や財産などを奪ってしまう可能性もあります。

禁煙は、こうした万が一のリスクをも低減させる効果を持つのです。

 

まとめ

禁煙の効果が尋常じゃない!今すぐタバコがやめたくなる25の理由

 

  • 味覚が鋭くなる
  • 肌が綺麗になる
  • 抜け毛・白髪が減る
  • 冷え性が改善される
  • 免疫機能が正常になる
  • 視力低下を防ぐ
  • 体臭が減る
  • 骨の健康が改善される
  • 呼吸効率が改善される
  • 睡眠リズムが改善される
  • 生殖機能を回復させる
  • 女性ホルモンの分泌を増やす
  • 呼吸器疾患のリスクが低減する
  • 消化器疾患のリスクが低減する
  • 癌(がん)のリスクが低減する
  • 脳卒中のリスクが低減する
  • 心臓病のリスクが低減する
  • 精神疾患のリスクが低減する
  • 周囲の人々への健康被害が無くなる
  • 胎児や乳幼児へのリスクが低減する
  • 部屋が汚れなくなる
  • 行動範囲が広がる
  • 節約になる
  • 時間の節約になる
  • 火災リスクを低減させる

 

ここまで見ると、禁煙にはたくさんの効果やメリットがあると同時に、タバコには百害あって一利なしということを理解していただけたのではないでしょうか。

現在喫煙習慣がある人は、これをきっかけにぜひ禁煙を始めてみましょう。


スポンサーリンク

2017年のあなたの運勢はどうなのか、知りたくないですか?

「開運の言霊」では、2017年のあなたの運命が変わる瞬間をお教え致します!

スピリチュアルカウンセラーがあなたの今年の運勢を導き出し、今年はいい人に出会えるか、気になるあの人との近い未来の行く末、
今年するべきことなど今年のあなたの運命をズバリ知ることができますよ。

今なら鑑定結果を初回無料でプレゼントしてますので是非してみてくださいね!
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新記事をお届けします