「禁煙で太る理由」と「禁煙で太ったときの対処法」12選

「禁煙で太る理由」と「禁煙で太ったときの対処法」12選今現在禁煙をしているという元喫煙者の方に多い悩み、それが”体重の増加”です。健康体になるはずの禁煙で、逆に太ってしまうという人は意外と多いと言われます。

では、なぜ禁煙によって体重は増加してしまうのでしょうか?またこれを解決する対処法はあるのでしょうか。

今回は、この禁煙によって太る理由と、太ったときの対処法についてお伝えします。

 

「禁煙で太る理由」と「禁煙で太ったときの対処法」12選

スポンサーリンク

 

禁煙で太る理由

 

味覚が鋭敏になる

禁煙時に太る原因として、最も多いのがこの味覚が鋭敏になるというものです。

そもそも喫煙中には、口の中では煙草の煙によってもたらされたタールが付着し、味覚の正常な働きが妨害されているという状態が続いています。

さらにタバコの主成分であるニコチンには舌の味蕾を麻痺させるという働きがあるため、そのこともあって味覚が正常に検知されなくなっていました。

また、喫煙中は身体において有害な活性酸素が生成され、これを分解するために亜鉛が用いられるのですが、この亜鉛は味覚を正常に保つために欠かすことの出来ない栄養素となっています。

つまり喫煙中の味覚はタール、ニコチン、亜鉛不足という3つの要因により正常な働きが出来なくなっているという状態にあります。

一方で禁煙をするということは、こうした味覚の阻害要因を無くし、本来の正常な働きに戻すということを意味します。

そのため味を喫煙時と比べてより鋭敏に感じることが出来るようになり、食べ物が美味しくなるのです。このため禁煙者はどうしても過食になりやすい傾向にあり、体重も増加してしまうのです。

 

ニコチンによる食欲減退からの回復

タバコの主成分であるニコチンは食欲を抑制する性質を持っているということが知られています。

ニコチンは血管から脳へと入る時、脳内物質の一つであり興奮作用を持つアドレナリンの分泌を促進させます。このアドレナリンは血糖値を上昇させる働きを持ち、血糖値の上昇は脳の満腹中枢を刺激し空腹を感じにくくさせます。

禁煙によりニコチンが体内から無くなることにより、食欲に関しても正常な状態へと回復がなされます。このため以前と比べ食欲が増進され、ついつい過食気味となってしまうのです。

 

胃の機能回復

喫煙は胃がんの原因として挙げられることも多いように、胃に対して少なからず負担をかけてしまいます。

タバコの主成分であるニコチンは血管を収縮させる作用を持つのですが、このことにより胃の血管も収縮し充分な栄養素が行き渡らなくなってしまいます。

さらにニコチンは胃液や粘膜物質の分泌を抑制させるためにさまざまな刺激に対する胃の防御力を下げてしまうのです。

これらの要因により喫煙者の胃はそうでない人間に比べ正常な機能を果たすことできなくなり、消化や栄養素の吸収などが妨げられます。

禁煙はこうした胃の機能を結果的に回復させるため、栄養素の消化吸収がなされやすくなります。その結果脂肪の蓄積もなされやすくなるため体重が増加するのです。

 

腸内細菌の活発化

タバコの煙に含まれる数千種類とも言われる有害物質は、腸内細菌を殺すという効果を持ちます。

腸内細菌は人間が栄養素をエネルギーとして吸収する際、それを吸収可能な物質に分解しサポートするという役目を負っているため、禁煙者の腸はエネルギーの吸収がしにくい状態となっています。

禁煙をすることにより、腸内細菌の生存率が向上し、また菌の種の多様性も増加するため栄養素の消化吸収がしやすい状態となります。そのためそうした栄養素が脂肪として体に蓄積されやすくなるのです。

 

代謝機能の回復

前述のとおりタバコには数千種類とも言われる有害物質が含まれているのですが、そうした毒素を分解するため、喫煙者の体はより多くのエネルギーを消費するようになります。

エネルギーの消費量が増大をするため、喫煙者はたくさん食べてもなかなか太りにくいという傾向があります。

しかし禁煙をすると、そのような毒素分解のためのエネルギーが必要とされなくなるため、余分な栄養素が脂肪として蓄積をされるようになります。

 

ニコチン不足によるイライラ

タバコの主成分であるニコチンには神経を覚醒させると同時にリラックスさせるという作用があります。そしてまたこのニコチンには脳に対し強い依存性を持っています。

このため禁煙時にはこのニコチンの不足により、イライラした状態が続きやすくなってしまうのですが、これを緩和するため過食気味となってしまうことも少なくはありません。

 

禁煙で太ったときの対処法

 

こまめに運動する

禁煙時の体重増加の対処法としては、まずは何と言っても運動が効果的です。

運動をすることはエネルギー消費を増大させるほか、新陳代謝を向上させるため太りにくい体質を獲得することが出来るようにもなります。

ただし禁煙時はただでさえ精神面で負担がかかっている状態でありますので、激しい運動や無理な運動でストレスをかけ過ぎないよう注意をしましょう。

 

太りにくいものを食べる

禁煙時にどうしても食欲が収まらないという場合には、なるべく太りにくい食べ物を選ぶよう心がけましょう。

おすすめの食材としては食物繊維の多い野菜やカロリーの低い豆腐やこんにゃく、よく噛まなければならないスルメなどが挙げられます。

 

炭水化物を減らす

炭水化物は一度にたくさんの量を食べることができ、また消化吸収も良いため食べ過ぎることのないよう、注意が必要です。

特に夜間に関しては摂取し過ぎないようにしましょう。

ただし、炭水化物を極端に制限してしまうということは逆に脳や免疫系の機能低下に繋がってしまいますので注意が必要です。また肉体労働をしている人などに関してはこの方法はあまりオススメできません。

 

ゆっくりと食べる

食事をする際、ゆっくりと時間をかけて食べるということにより、満腹中枢を刺激し結果として食事量を減らすという方法もあります。

満腹中枢は血糖値の上昇によって刺激をされるのですが、速いスピードで食事を摂ると血糖値が上昇をするまでの間のタイムラグに余計に食べ過ぎてしまうのです。ゆっくりと食事を摂ることは、このタイムラグを埋めることに繋がるのです。

 

味覚を嗅覚で誤魔化す

味覚と嗅覚は相互依存的な関係にある感覚であるとされていますが、このことを逆手に取り、嗅覚による刺激で錯覚を与え、味覚を満足させてしまうという方法もあります。

この方法で最も良いのがハーブティーを飲むということです。

ハーブティーはほぼゼロカロリーであり、同時に嗅覚によって満足感を与える事が可能となります。またそれ以外の方法としてはガムを噛んでみるというのも良いでしょう。

 

ニコチンガムを噛む、ニコチンパッチを使う

タバコには数千種類もの有害物質が含まれていますが、その中で依存性を持つ物質がニコチンです。

取り敢えずニコチンだけを摂取し、それ以外の有害物質をシャットアウトするために用いられるのがニコチンガムであり、ニコチンパッチです。

特にニコチンガムに関しては通常のガムと同じように噛むという行為と香りによりある程度空腹感を緩和することが出来るため、禁煙時のダイエットには非常に効果的です。

 

まとめ

「禁煙で太る理由」と「禁煙で太ったときの対処法」12選

 

禁煙で太る理由

・味覚が鋭敏になる

・ニコチンによる食欲減退からの回復

・胃の機能回復

・腸内細菌の活発化

・代謝機能の回復

・ニコチン不足によるイライラ

禁煙で太ったときの対処法

・こまめに運動する

・太りにくいものを食べる

・炭水化物を減らす

・ゆっくりと食べる

・味覚を嗅覚で誤魔化す

・ニコチンガムを噛む、ニコチンパッチを使う

 

いかがでしたか?

禁煙による体重増加に関しては、身体機能が元に戻ろうとする一過程であり、あまり気にする必要はないという見方もあります。

禁煙を始めてから2,3週間程度で大まかな機能回復はされるので、それまで気長に待ってみるというのも良いでしょう。


スポンサーリンク

【今だけ無料鑑定】あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!
その中でも恋愛運が女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に導き出される『天声神語』が大好評です!

もしかしたら別れた彼かもしれないし、いま付き合ってる人かもしれません、
いつ、どこで運命の人と会えるのか・・・今なら『全員0円』で鑑定してもらえます。

今年もあと1ヶ月 恋愛運が気になる人は是非お試しください。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Dreamerから最新記事を毎日お届けします